コンサルタントが使う思考法(フレームワーク)・問題解決方法「仮説思考とは」

仮説思考とは、限られた情報から最も可能性の高い結論を「仮の結論=仮説」として設定し、その仮説に基づいて仮説の実行、検証、修正を行っていく思考法です。仮説を設定することで、考慮・調査すべきことを大幅に絞り込めるので、非常に効率よく問題解決を進めていくことが出来ます。たとえ仮説が間違っていたとしても検証を経てすぐに修正することが出来るので、情報が少なくとも限られた時間内で仮説を出すことが重要です。

仮説思考のプロセス

仮説思考で問題に取り組む際は以下のようなプロセスとなります。
1. 状況の観察・分析…状況をよく観察し、課題の背景にあるものが何かを推察します。必要ならばデータで裏付けを取ります。
2. 仮説の設定…極力具体的な仮説を設定します。そうすることで、その後のプロセスから多くの情報を得ることが出来ます。
3. 仮説の実行…仮説に基づきプランを実行します。
4. 仮説の検証…実行結果を分析して、仮説が正しかったかを検証します。
5. 仮説の修正…仮説で想定した結果と比較し、間違っていれば適宜修正します。
以上のプロセスを繰り返していくことで、効率よくかつ迅速に問題解決に取り組むことが出来ます。

コンサルタントの仮説思考 〜ビジネスでの仮説思考の実践〜

ほとんどのコンサルタントもこの仮説思考を用いることで、問題解決業務に取り組んでいます。何故ならビジネス環境はとても複雑であり、問題にかかわる情報を全て網羅的に調査した後で結論を導くというのは全く現実的ではありません。そこで最小限の調査で仮説を立ててから調査に臨むことで、効率よく必要な情報を集め、仮説の検証・修正を繰り返しながら、論理的な結論を導き出していくのです。
以下仮説思考を実践的に使っていくための3つのポイントについて踏み込んで解説いたします。

1.具体的行動に結びつく仮説を持つ

多くの人が最初に結論を出せと言われても間違いなく戸惑ってしまうでしょうし、勘と変わらないのではないかと心配されるでしょう。しかし初めは勘でも良いのでとにかく結論を出すことが大事で、これこそが仮説思考の第一歩です。何故なら出した結論に対して「So What?」(だから何なのか?)と問い続けることで、結論を深めて具体化することが出来ます。
出した仮説に対して「So What?」と問い続ける目的は、仮説を具体的行動につながるレベルまで落とし込むためです。例えば、「体重が増えた」という現象について考えましょう。「So What?」と考えて何もなければ話は終わってしまいますが、もし気になることがあれば「体重が増えて血圧も上がりやすくなった」と仮説を深めることが出来ます。これを更に「So What?」により深掘りしていくことで、「高血圧の可能性があるので、体重を減らさないと健康に良くない」→「痩せるために運動をするべき」→「運動をするために週3回ジムに行くべき」と具体的な行動につなげることが出来ます。この例では「So What?」という問いを繰り返すことで「体重が増えた」という状況から、「高血圧かもしれないので、体重を減らすために週3回ジムに行くべきだ」という仮説を導くことが出来ました。
このように仮説を具体的な行動につながるまで深めていく方が、仮説の正誤を検証する上でも簡単ですし、正しかった場合にどうすればいいのかも明確です。最初は仮説が的を外していても、極力具体的な仮説を設定するようにして練習を続ければ、精度も大きく上がります。

2.導かれた仮説の裏にひそむ理由やメカニズムを考える

上述の「とにかく結論を出す」習慣がついてきたら、次に心がけることは「仮説の裏にひそむ理由やメカニズムを考える」ことです。つまりは、現在問題となっている、あるいは将来問題につながると予測される現象を生み出している仕組みや構造について考察することです。
「So What?」を繰り返して仮説を具体的な行動に結びつくレベルまで深めることが習慣化してくると、結果的に仮説の裏にひそむ理由やメカニズムを把握できるようになってきます。言い換えると、背景になっている仕組みや構造を把握していなければ具体的な仮説は出せないのです。「とにかく現状出せる結論」を出そうとすると、問題の背景にはどのようなメカニズムが働いているのか、どういう枠組みで問題を考えるのか、なぜこの枠組みでとらえたのか、といった理由を必然的に考えることになります。そうすることで実行後に結果が仮説と違っていても、理由やメカニズムが分かっていれば、後で容易に軌道修正することが出来ます。

3.「ベスト」を考えるよりも、出来るだけ早く「ベター」を実行する

ここまで「裏にひそむ理由やメカニズムも把握しながら、とにかく結論を出すこと」と述べてきましたが、未だに一つ疑問が残ります。それはどの段階まで深めた仮説を結論として、実行に移すべきかということです。答えはとにかく実行出来る段階であれば実行すべきですし、実行により状況が改善するのならばなおさらすぐに実行に移すべきだといえます。
何故ならそもそもビジネスの世界に絶対的正解がないからです。その上企業ごとに自社を取り巻く状況は全く異なり、近年はビジネス環境の変化も激しいので、画一的な正解など存在しません。競合含めて環境分析ばかりに躍起になっていては、実行するころには時代遅れといった事態になりかねません。
現状何かしらの問題があるならば、「ベスト」を考え抜くのは難しくとも、「ベター」な解決策は必ず存在するものですし、知恵を絞れば誰にでも考えることが可能です。ビジネスの世界では実行スピードも大変肝要なので、ベターな解決策が見つかればすぐに実行し、細かく軌道修正していくのが良いでしょう。

その他、コンサルタントの思考法(フレームワーク)・問題解決方法

初めての方へ

今すぐのご転職をお考えではない方へ「手に入れたいキャリアの築き方」 望むキャリアを手に入れる方法とは?弊社コンサルタントがキャリアの築き方をご紹介いたします。

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

未経験からのコンサルタント転職 求人特集 未経験からコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー(Strategy&) 第二新卒セミナー PwCコンサルティングの戦略コンサルティング部門(Strategy&)は、この度、社会人経験3年以下程度の第二新卒の方を対象にしたセミナーを開催いたします!

ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー 現役コンサルタントによるパネルディスカッションのほか、会社紹介、希望者を対象に選考会を実施致します。

「キャリアを考える。」夏季特別プライベート相談会 売り手市場で広き門に。求人が多い状況、だからこそ立ち止まって考える必要があります。

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

キャリア相談会のご案内 今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top