アクセンチュア 戦略コンサルティング本部 シニア・マネジャー 北村 昌英氏インタビュー

アクセンチュア 戦略コンサルティング本部 シニア・マネジャー 北村 昌英氏インタビュー

アクセンチュアの強み・特徴

アクセンチュアの強み・特徴

movin:

なるほど、ありがとうございます。
改めてお伺いしますが、アクセンチュアに入社されてから感じられたアクセンチュアの強み、特徴、醍醐味を伝えるとすると、どういった表現になりますでしょうか?

北村様:

「実行までコミットする」ということをトップが言っているだけではなくて、「文化としてすべてのメンバーに浸透している」ことではないでしょうか。例えば、プロジェクトの最終報告で非常に高い評価を受けても、1ヶ月後クライアントの中でうやむやになってしまったとしましょう。報告書は絶賛されたとしても、これは我々にとっては何の価値もなかったよね、とみんなが言います。だったら整った体裁の報告書なんて無くてよくて、手書きでもいいからとりあえず事業を前に進めてもらった方がよっぽど価値がある、とみんなが言います。

事業を動かして初めて価値がある、では動かすにはどうしたらいいんだ? そのためには僕たち何ができる?というところまで含めてストラテジーを考えるっていうのは、他のファームとの大きな差別化なのではないか、と思います。
この考えはもう「文化として根付いている」と思います。したがって、逆に単に色々な情報を仕入れて、「こういうのだったら面白いんじゃない?」っていう意見だけだと、「それってそのフィージビリティは?とか、「本当に生の声があるの?」などズバッと突き跳ね返される。論理的な面白さ・切れ味と、ちゃんと現場の生々しさ・現場感みたいなものを併せ持っていることが求められるわけです。

中途入社者はその「現場感」を元々持っているというのは強みだと思います。ですので、経営企画に居ましたというような方よりも、実際に顧客と向き合っていただとか、調達先としてパートナーと交渉していたとか、最前線にいらっしゃって現場感を持たれている方っていうのは、今後我々が戦略グループとして成長していくうえでも、とても必要になってくる人材なのでは、と思っています。そういう人が仲間になってくれることを私個人としては望んでいます。

movin:

コミットして実行していくためには、「現場感」が必要だということですね。

北村様:

そうですね、たとえ実行までサポートしない場合でも、立てる戦略そのものに現場感がないと意味がないと思いますので。「綺麗にまとまっている」とか「面白い考え方ですね」と言っても、それを実際に実行できないと意味がない。そういった意味で、中途入社の方には、実行のための現場感というケイパビリティやスキル、ノウハウをアクセンチュアに取り入れていきたいなと思っています。

movin:

そういったアクセンチュアの強みである「現場感」や「コミットする・実行するという文化」というのは、プロジェクトの中でも強く感じられるものですか?

北村様:

そうですね。プロジェクトでは強く感じます。逆に私がアクセンチュアに入った当時は、先ほど申し上げましたとおり、いわゆるコンサルタントとして「考える力」については訓練もされていなかったこともあり圧倒的に足りてなかった。一方で、年下の新卒入社のメンバーは、私が1日かけても考えられないことを1時間でどんどん決めていく訳ですよ。「こりゃ、凄い会社に入ったな…」、「やっていけるかな…」と思うとともに、「絶対見返してやる!」とも思っていましたね。

movin:

なるほど。そうしますと、中途で入社すると、コンサルタントとして「考える力」というのは後々鍛えられるので、あとは持ち合わせた「現場感」や「ネットワーク力」と組み合わさると、提供価値が出てくるということですか?

北村様:

そうです。申し上げたネットワークについても、やはり色々な人とコミュニケーションをとって色々なインプットをもらえるという点で非常に重要ですね。中途入社の方で失敗しがちなポイントとして、やはりみなさん優秀な方が多いのでプライドを持たれている一方で、「聞く力が足りない」という点があると思います。相手がいくら新卒入社の1~2年の若手だとしても、やはり成長できる人っていうのは、「なるほど、そうだね」と「聞く力」がある人が多いと思います。成長するためには人の言うことに真摯に耳を傾けることが必要で、この点については中途入社の方は特に気を付けて頂きたいなとは思います。

movin:

素直さが必要なのですね。

北村様:

そう、素直さですね、はい。みんな初めのうちは言われたことは何でもやらなければならないと思いますし、一方で「僕はこんなことをやるために戦略グループに入ったんじゃない」と思うこともあるかもしれませんが…。アポ取りや、資料のホッチキス留め、会議の事前準備で机を並べるとか…。

movin:

(笑)

北村様:

もう何でもやって、何でも吸収するっていう姿勢はとても大事ですね。真摯に何にでも耳を傾け吸収していけば、コンサルタントとして「考える力」っていうのは癖みたいなものでもあるので必ず身につきます。でも中途入社の方が持ち合わせている「現場力」は一朝一夕に身につけるのは難しいし、中途入社の方の重要なケイパビリティだと思います。特にマネジャーやシニア・マネジャーなどに昇進していけば、よりこの力がより生きてくると思いますので、それまでぐっと堪えて我慢することが必要なのだと思います。

movin:

なるほど。これまでのお話で、「現場の肌感覚」、「聞く力」、「素直さ」などのキーワードがいくつか出てきましたが、実際の面接でもそのあたりは見ていらっしゃるのでしょうか?

北村様:

そうですね。やはり自分が取り組まれてきた事業について、「〜〜だったんです!」と生生しく経験をお話できる方がいらっしゃったら、ぜひ採用したいなあと思います。でも、もちろんケースもやりますので、ロジカルシンキングは最低限見ますけれども。基本的な論理思考力に加えて、自分がやってきた事業に誇りを持って、「〜〜という背景で、〜〜が要諦だったと思います!」と自分の言葉で語ることのできる方とはぜひ一緒にお仕事させて頂きたいと常々思っています。

movin:

なるほど。弊社にいらっしゃる候補者の皆さまはどうしても「思考力」を偏重しがちなのですが、それ以外にも重要なポイントがあって、かつ思考力についてはあとから伸ばせるところも大きいということですかね?

北村様:

そうですね、素直に聞く力があれば、最大限に伸ばせるのではないか、と私は思いますね。

アクセンチュアでのワークスタイル

アクセンチュアでのワークスタイル

movin:

ありがとうございます。
次に、少し目線を変えて、これまでのアクセンチュアでのワークスタイルについてお伺いできますでしょうか。
北村様ご自身、メリハリというかオンオフの切り替え、ワークライフバランスについてはいかがでしょうか?

北村様:

オンとオフですか…。私はオフでも仕事が気になってしまうタイプなので(笑)。
ただ、子供が産まれてからは、完全にオフの状態を作って遊ぶ時間は作るようにしていますけれども、ついついメールとか見てしまったり…(笑)。
あと、週末はランニングをしたりしています。そうすると頭が1回ゼロベースになるので、変に家にいるよりも運動している方がリフレッシュしてまた翌週を迎えられますね。

movin:

週末は仕事をするとしてもご自宅でやられているんですか?

北村様:

そうですね、「アウトプットさえ出ればOK」というスタイルです。これはプロジェクトのメンバーにも、別に常に面と向かって話す必要はないし、「出すもの出せばOK」と言っています。ただ、これは私の個人的な考えということもあるのですがプロジェクトの内容によっても変わってくると思います。例えば、構想フェーズで方向性を出すというようなプロジェクトの段階ですと、各人がパソコンを見ながら分析してアウトプットが出るというのはなかなか難しくて、やはり集まってホワイトボードなどを使ってディスカッションしながら練り上げていくというプロセスは必要になりますので、「始めのところはやっぱり集まってやろう!」となりますが、一旦各人のタスクが明確になるとそこからは完全にロケーションフリーとなりますね。

movin:

そのあたりの自由度の高さはあるのですね。また、オンとオフが明確に切り分けられるというよりも、自然に仕事をやっているというのもありますか?

北村様:

そうですね、どこかに行った際に仕事と関係するようなイベントなんかがあったら、その会場に行って、チラシをもらったり、話しを聞いてみたりとか。そこで別に何かの作業をするわけではないにしろ、常にインプットを得ようと何かしらいつも気を遣ってはいますね。

movin:

常にアンテナを張っているということですね。

北村様:

そうですね。ただ私自身それが仕事をしているという感覚ではなくて(笑)。

movin:

なるほど。自然とやっていることなので、特に苦にならないし、でも何かしら仕事に活かされると?

北村様:

そうですね。でも、他のメンバーには「こういうことを真似しろよ!」とは絶対に言わないでおこうとは思っています(笑)。休む時は休む。それは個人個人でスタイルも異なりますので。

その他アクセンチュア情報

アクセンチュア求人特集 アクセンチュアの中でも特に積極採用を行っている各領域ポジションをご紹介させていただきます。

アクセンチュア(戦略) 転職・採用情報 会社概要から特徴、採用情報、キャリアパス・トレーニングなどをご紹介させていただきます。

アクセンチュア 戦略コンサルティング本部 インタビュー

初めての方へ

アーサー・D・リトル(ADL) キャリアアップセミナー 戦略コンサルティングファーム、アーサー・D・リトル(ADL)が11月26日(日)にキャリアアップセミナーを開催いたします。

デロイトトーマツコンサルティング合同会社(DTC) Strategyユニット中途採用セミナー 現役コンサルタントからDTCを選んだ理由やプロジェクト事例などの紹介もありDTC Strategyの理解を深めていただけるセミナーとなっております。

デロイトトーマツグループ 女性限定リクルーティングセミナー デロイトトーマツグループ全体でプロフェッショナルァームでのキャリアに興味ある女性を対象としたセミナーが開催されます。託児所も用意しております。

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

キャリア相談会のご案内 今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top