アリックスパートナーズ マネージングディレクター日本共同代表 深沢 政彦氏 野田 努氏 インタビュー

アリックスパートナーズについて - 具体的なプロジェクト事例

movin:

次に御社の具体的なプロジェクトの事例についてお聞かせ頂ければと思いますが、これまでお話の中で何度か「暫定経営陣」という言葉が出てきましたが、言葉から何となくのイメージはつくのですが、具体的に実際にはどのようなことをやっているのでしょうか?

深沢様:

CEOやCFO、COOなどその時々によりポジションは変わりますが、実際に経営の指揮をとります。期間はおおよそ1年前後、ただその期間は、処理しなければならない事柄の軽重と、後任の適任者が見つかるかで決まります。

movin:

では、ほぼ、一般の企業で社長がやることを御社がそのままやっている、ということになるのでしょうか?

深沢様:

その通りです。その間その会社が直面している問題の優先順位が、平時とはちょっと違っているというわけです。

movin:

そして先ほどのようなお話しの流れになるんですね。でも、突然外部から来たコンサルタントが経営者です、社長ですと言われても、その会社全体は上手く回るのでしょうか?

深沢様:

それを上手く回るようにするのが仕事です。

movin:

それは、何かポイントがあるのですか?

深沢様:

最後は「人間力」に行きつくところもあるのですが、最初は、現状認識をきちんと全員で合わせる。これが不可欠になります。現状から甘い期待は全部排除する。これを合わせることが出来れば、どのくらいのマグニチュードの変革が必要か、おのずと見えてきます。できれば、プロジェクトの初日または2−3日でこれを済ませたいところです。
真の現状が見えたら、それぞれ固有名詞で誰がどのくらい改善に責任を持ってもらうのか、あてはめていきます。そこから先は、リーダーがいてしっかりした組織であれば、その方にやって頂きます。そうでない場合は、うちの人間をリーダーにおいてやらせます。

movin:

そうすると逆に、本当に破綻寸前、というよりは、まだちょっと余裕があるくらいの会社の方がやりづらいのでしょうか?

深沢様:

そうですね、逃げどころがありますので。その企業に対して、どこまで認識を早い時点で合わせるか。できることならプロジェクトを契約する段階で合わせておきたいですね。仰る通り、大事な点です。

movin:

クライアントのもともとの経営メンバーは、どの程度残るのですか?

野田様:

ケースバイケースです。GMなどの場合は、既存事業を残すべき成長分野と清算すべき売却分野に分けて、後者の事業において、我々の同僚のアルバート・コッチがCRO(チーフ・リストラクチャリング・オフィサー)という暫定経営陣に就任し、改革を主導しました。事業再生に際して本来企業が行うべきことは、強みを持つ成長分野に経営資源を特化し、それ以外の事業は出来るだけ早く整理・売却し、その資金を株主などのステークホルダーに返すということです。ただ、普通の企業の経営陣はこういうことをやった経験が無いことがほとんどです。そのような特殊な状況における能力・経験を持っている我々のようなプロフェッショナルが、そのプロセスを断行することに価値が有ります。日本で支援したライブドアの案件でも同様の役回りを果たしました。事業の価値を高め、迅速に売却し、株主に対して、その対価を還元するというミッションです。
また、他のケースでは、事業会社の役員、CXOレベルの経営陣、あるいは部長レベルでクライアント組織に入っていき、そこで事業を改善しターンアラウンドを加速させる、という役割を果たすこともあります。
暫定経営陣といっても扱うケースは様々で、クライアント企業の状況によって、我々が果たす役割は異なってきます。

movin:

なるほど。御社については公開されている案件も多数ありますが、JALの場合どういう入りこみ方をされたのですか?

野田様:

JALについては、最初は一部の業務の効率化から入っていったのですが、それが成功裏に終わり、次第に抜本的な改革を支援してほしいと求められ、最終的には経営の企画部門まで入り、再生計画を一緒に作っていくところまで関わりました。そこでの我々の役割の大きな一つとして、妥当な前提条件をベースとした、確度の高い事業計画を作成・補強することにより、金融機関からの継続支援についての合意を取り付けるといったことが含まれます。

movin:

クライアントとその状況によって、だいぶ異なってくるのですね。有難う御座います。

初めての方へ

トリドール(丸亀製麺) 次世代リーダー キャリアセミナー 丸亀製麺で有名なトリドールが、9月27日(水)に次世代リーダーポジションについてのキャリアセミナーを開催いたします! 締切間近

コーン・フェリー・ヘイグループ キャリア採用セミナー 経営戦略と組織・人をつなぐ組織戦略コンサルティングの仕事内容と、この分野で培うことができるスキルやキャリアについて解説いたします。

「キャリアを考える。」夏季特別プライベート相談会 売り手市場で広き門に。求人が多い状況、だからこそ立ち止まって考える必要があります。

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

キャリア相談会のご案内 今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top