ボストン コンサルティング グループ(BCG) パートナー&マネージング・ディレクター 久保 直人氏インタビュー

  1. BCGの特長・強み
  2. BCGでの働き方:育成方針・アサインメント
  3. BCGでの働き方:ワークライフバランス
  4. BCGが求める人材像

BCGでの働き方:育成方針・アサインメント

movin:

よくわかりました。ありがとうございます。
次にBCGにおける働き方について、具体的には育成方針、キャリアパス、アサインメントなどお伺いできますでしょうか。

久保様:

まず「育成」について、これはどのファームも力を入れているポイントであるとは思いますが、もちろん我々BCGも非常に注力しております。日々のプロジェクト外のOFF-JTプログラムでは、日本独自のもの、アジアパシフィック地域のもの、グローバルで実施されるプログラムなどもあります。また、non-MBAの方については週末を使ったミニMBA的なプログラムなど用意されておりますし、海外MBA留学のサポートプログラムもございます。

また、日々のプロジェクトワークこそが育成の場ですが、BCGではコンサルタント1人1人について、「この半期のパフォーマンスはどうだったか」、「どこが強みで、どこを改善すべきなのか」、「この人はこの方針で育成していこう」など経営陣が多くの時間を使って議論を重ね、育成プランを検討しています。他業界から転職した方でも、早期にコンサルタントとして活躍できるようになるのは、充実したトレーニングに加え、そういったきめ細やかに育成する仕組みや風土も一助になっていると思います。

movin:

ありがとうございます。次に、海外で働くことのできるオポチュニティについてはいかがでしょうか?

久保様:

はい。コンサルタントからプロジェクトリーダークラスが海外オフィスで1年間勤務する「アンバサダー制度」、そして若手についても、同様に1年程度海外オフィスに派遣される「アソシエイト・アブロード・プログラム」、3カ月間の短期派遣プログラムがあります。
また、海外ビジネススクールへの留学や、海外オフィスへの転勤も、希望を出して実力が伴えば実現可能です。
もちろんプロジェクトベースで海外に行くことも頻繁で、比較的長期に亘るケースもままあります。

また、海外以外にも近年はコンサルタントが中期的な成長パスを自ら選べるよう、多様なキャリアパスを、"One BCG, Many Paths"として用意しています。例えば、企業や外部組織(官庁・NPO等)への出向、留学等の制度があります。
また、中長期的にジェネラルなコンサルタントとしてのキャリアを積むだけでなく、特定領域の専門性を高めてエキスパートになる、ナレッジチームに移りグローバル・チームの一員として働く、コンサルタントの人材育成のエキスパートになるといったパスもあり、どんどん多様化が進んでいます。

movin:

よくわかりました。
次にプロジェクトのアサインメントについてお伺いできますでしょうか。

久保様:

はい。BCGではプロジェクトアサインメントを担当する専任のチームがありまして、コンサルタントの稼働状況とプロジェクト状況に加え、育成の観点も考慮の上、アサインメントを決定していきます。

movin:

アサインメントに関しては、コンサルタントの方が希望を出すことは可能なのですか?

久保様:

はい、希望は出せます。一方でプロジェクト側の需要もありますので、そのマッチングですね。「自分はこういうことがやりたい」と手を挙げ続けていて、そのために努力もしていて、かつそのアサインメントが当人の成長にもつながるということであれば、アサインメントの希望が叶うチャンスは高まります。

movin:

コンサルタントクラスの方はどのパートナーの方のプロジェクトにもアサインされる可能性はあるのですか?

久保様:

そうですね。ただプロジェクト・リーダークラスになると、ある程度強みとする業界やテーマが決まってきます。若手のメンバーでも、たとえば元医師といった特定の分野に秀でた知見がある方で「自分は医療・ヘルスケアの領域でやりたい」というような明確な意思を持っている場合は、特定の領域のプロジェクトに継続してアサインされることもありえます。ただ原則としては若い時は色々な業界やテーマのプロジェクトを経験しながら、昇進していくにつれて段々と専門分野が決まっていく、という感じです。

movin:

これだけコンサルタントの人数が多くなるとアサインメントは大変でしょうね。担当のパートナーで分けてはいないのですよね?

久保様:

それはないですね。全員がひとつのプールにいて、アサインメントを行いますので、様々な業界、テーマに携わることが可能となります。もちろん大変ではありますが、プロジェクトメンバーに多様性を担保する上でも、パートナー等で固定しないことは大切だと考えています。

movin:

一方で、先ほどお伺いしましたトランスフォーメーションのような案件ですと、プロジェクトは比較的長期化する傾向にあるかと思いますが、そう言った場合のコンサルタントのアサインメントについて何か工夫されていますか?

久保様:

はい。おっしゃる通り、テーマが大きくなっている分、プロジェクトの期間も長いものが増えているのは事実です。一方、コンサルタントの成長という観点で考えた場合には、やはり多様な経験を積んでもらった方が良いと思っていますので、一定期間同じプロジェクトに入り続けている場合には、別のプロジェクトに移すという方針があります。

movin:

各コンサルタントの成長を大事に考えられていらっしゃるということですね。
よくわかりました。ありがとうございます。
その他コンサルタントのキャリアをサポートする仕組みなどはありますか?

久保様:

「キャリアアドバイザー」という制度があります。プリンシパルやプロジェクト・リーダーがキャリアアドバイザーとして、プロジェクトを離れた立場でコンサルタントやアソシエイトの育成を担っています。コンサルタントやアソシエイトというのはプロジェクトベースで動くので、同じプロジェクトマネジャーが1人をずっと見続けるというのはできませんので、各コンサルタントやアソシエイトにはキャリアアドバイザーという担当がつきます。
キャリアアドバイザーが、Aさんというコンサルタントと半期の中で一緒に働いた複数のプロジェクトマネジャーへのヒアリング、本人との面談等と通じて、Aさんの強み、改善点、アスピレーションなどを把握した上で、育成を議論する経営陣の会議に臨みます。そこで先程も申し上げた通り、経営陣とキャリアアドバイザーが1人1人についての育成についての議論をして、きちんと各人の育成に向き合い、コミットメントをしています。このように本当に各人の育成に関しては手厚いですね。

movin:

本当ですね。
一方で、戦略コンサルティングファームについて「Up or Out」の印象を強く持たれている方もいらっしゃるのですが、BCGでは実際のところいかがですか?

久保様:

「Up or Out」というと、問答無用に「カット」するというイメージを持っている方が多いのですが、そういったことはありません。ほとんどの方が、BCGでの経験を基に、新たにチャレンジしたいところに巣立って行っているというのが実態です。前述の会議で育成プランを議論。それを基に成長していくためにどうしたらいいか、などの話し合いを本人とした結果として、別のフィールドを選ぶという結論になる場合もあります。このような方々は、BCGで学んだビジネススキルを十分に活かして各方面で活躍しています。

movin:

よくわかりました。BCGはコンサルタントの育成を大事に考えていらっしゃるので、最低何年は必ず面倒を見るというようなお考えがありますか?

久保様:

何年、という具体的な数字で決めているわけではないですが、そういった感覚はあります。人によって成長カーブは異なりますので、1年や2年で、「ダメです」という判断を下すのはおかしいと思っています。

movin:

後になってグッと成長される方もいらっしゃいますしね。

久保様:

そうです。私自身がそうでしたから(笑)。
ですので、長期的な目線で各人の成長を助けるために先ほど申し上げたように様々なサポートの仕組みを設けているわけです。

BCGでの働き方:育成方針・アサイメント

movin:

次にワークライフバランスについて、久保さんがBCGにご入社された2003年からかなり大きく変わったのではと思うのですが・・・(笑)

久保様:

そうですね。すごく変わりましたね(笑)。
まず、プロジェクトとプロジェクトの間で必ず休みが取れます。
私の入社当初は一度に2本のプロジェクトを回していたので、必ずどちらか1つのプロジェクトは走っているという状況だったため、休みやすい環境とは言えませんでしたが、今は一度に1つのプロジェクトしか担当しません。
さらに、今は、コンサルタントが、ライフイベント(出産・子育て・介護等)や自己研鑽のタイミング等に合わせ、自らのワークライフバランスを柔軟に設計出来る制度を多数用意しています。例えば、Flex Leave(数ヵ月計画的に休職する制度)、Flex Time(パートタイムモデル)等があります。こうした制度は女性だけでなく、男性も育児等のために活発に利用しています。

movin:

それはグローバルでも同様の傾向でしょうか?

久保様:

そうです。グローバル全体でフレキシブルに働ける環境づくりには非常に積極的ですし、その中でも女性にさらに活躍していただく環境づくりは大きなイシューと捉え、これに対して色々な取り組みが進んでいます。

movin:

一方で、プロジェクト中はどうしても忙しくなってしまうこともあると思いますが…?

久保様:

メリハリが大事だと思います。ずっと一年中忙しいとなると耐えられないと思いますが、忙しい時はみんなで一緒になってガッと集中して取り組んで、それで気を抜くところはしっかり休む、と。
やはりそんなに楽な仕事ではないことは間違いないので、仕事柄多少無理をしなくてはならない時はどうしてもあるとは思います。私自身もメリハリをつけるようにしていますね。その分気を抜く時は気を抜く。
プロジェクトが終わる毎に休みが取れるという点では通常の事業会社よりも恵まれている、という見方もできるかもしれませんね。

movin:

久保様が入社された当時から比べると、プロジェクトの中での忙しさ自体も改善傾向にある印象ですか?

久保様:

そういうイメージはありますね。プロジェクトマネジメントも昔より進化していますし、その点で我々の腕が上がってきたということもあると思います。また、PTO(Predictability, Teaming, Open Communication)というプロジェクトチームの働き方を最適化するためのプログラムを導入しており、プロジェクト中の各メンバーのワークロードや状態を把握し、プロジェクト運営に改善の余地があれば素早く手を打つことにもオフィス全体として取組んでいます。

次のページ > BCGが求める人材像

ボストン コンサルティング グループ(BCG) インタビュー

初めての方へ

NTTデータ経営研究所 ビジネストランスフォーメーショングループ休日説明会兼選考会 本選考会ではグループ説明ののちに、そのまま面接を受験頂け、最終面接までのプロセスを1日で完了できます。

プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー(Strategy&) 第二新卒セミナー PwCコンサルティングの戦略コンサルティング部門(Strategy&)は、この度、社会人経験3年以下程度の第二新卒の方を対象にしたセミナーを開催いたします!

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

キャリア相談会のご案内 今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

転職支援実績

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 6F
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

よく見られているページ

キャリア相談会 -コンサルタントへの転職相談-

最新のコンサル業界情報、採用動向、転職成功のためのアドバイス

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

コンサル業界採用動向

最新のコンサルティング業界採用動向を領域別ご紹介いたします。

求められる人材像

コンサルタントになるには「何が」求められるのでしょうか。

未経験からのコンサルタントへの転職

コンサル未経験からコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ

転職事例・体験談

弊社サービスを活用されて見事コンサルタント転職を成功させた方々の転職事例です。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

ボストン コンサルティング グループ を含めたコンサル業界への無料プライベート転職相談会

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top