ローランドベルガーの書籍情報ローランド・ベルガー 転職情報

日本型インダストリー4.0

著者:長島聡 ローランド・ベルガー 日本共同代表
出版社:日本経済新聞出版社
出版日:2015年10月14日

本著では、インダストリー4.0の本質は、もともとの現場力が強い日本企業にこそ有効なコンセプトであることを示している。インダストリー4.0を、現場力や見える化といった日本企業の強みや日本の文化に融合することで、大きな力を発揮すると考えているためだ。
複雑なインダストリー4.0の考え方を、「つながる」「代替する」「想像する」という3つのキーワードで本質が分かるよう解き明かしている。

本質思考

著者:平井 孝志
出版社:東洋経済新報社
出版日:2015/1/23

理系大学の最高峰、MIT(マサチューセッツ工科大学)でシステムダイナミクスを学んだ筆者が、その教えを下敷きに、ビジネスで真にインパクトがある解を導き出す思考法「本質思考」を解説する。

現場論: 「非凡な現場」をつくる論理と実践

著者:遠藤 功
出版社:東洋経済新報社
出版日:2014/10/24

ベストセラー&ロングセラーになっている前著『現場力を鍛える』発刊から10年。その後の全エッセンスが詰まった集大成の一冊。現場に起点を置く経営の大切さと併せて、「必然性」「合理性」などの視点から疲弊する組織を再構築する手順を説いています。本書を読めば、どの現場も必ず強くなる。全ビジネスパーソンの知りたいすべてが凝縮しています。

戦略としてのブランド

著者:鬼頭 孝幸
出版社:東洋経済新報社
出版日:2012年10月

本書は、今後日本企業がグローバルで勝てるブランドを作り上げ、それを維持、強化していくには何をすべきかという難問に対して、企業事例も踏まえて具体的な解決の糸口、処方箋を提示しています。

350兆円市場を制するグリーンビジネス戦略

著者:グリーンビジネス・コンピタンス・センター、平井 孝志 / 遠山 浩二 執筆
出版社:東洋経済新報社
出版日:2012年1月

本書では、350兆円とも言われる世界のグリーンビジネス市場で、いったい何が行われているのか、最前線での取り組みと今後の潮流について解説をしています。そのうえで、日本企業がグローバル市場で勝ち残る方法として、「Made by Japan」、「Global Orchestrator」および「Global Service Provider」という3つの戦い方を提案しています。

脱『ケイレツ』経営 〜日中連合を足がかりに世界市場に挑む〜

著者:自動車戦略チームアジア
出版社:日経BP社
出版日:2011/11

本書は、その足がかりとして中国とのビジネス獲得および拡大を提案しています。すでに欧米系のメガサプライヤーが中国を含めた新興国での存在感を増している中で、日系部品メーカーにとってどのようなビジネス手法が有効なのか、様々な観点から可能性を提示しております

一歩先のクラウド戦略

著者:河崎 健一郎、アクセンチュアヒューマンパフォーマンスグループ
出版社:PHP研究所
出版日:2003/09

人や組織の生産性を最大化するにはどうすれば良いのか? ナレッジマネジメントという経営コンセプトは、「組織内で知識を共有化して活用していくことにより、個々人の生産性を向上させ、組織全体の生産性を最大化させようという試み」であると言われており、冒頭の問いかけに答えを見出すことができるコンセプトである。
本書は、ナレッジマネジメントを導入するにはどう設計し、定着化するためにはどこに注意すればいいか、を解説する実践マニュアルである。

ブランドのレシピ

著者:鬼頭 孝幸
出版日:2009/2
出版社:日本能率協会マネジメントセンター

経営者はもちろんのこと、実務の現場でも役立つよう、具体的な方法論や枠組みを示しながら、消費者から選ばれ続ける強く優れたブランドをいかに構築していくか、という永遠のテーマに取り組んだ。経営者やマーケティング、ブランドの担当者は当然のこと、開発や営業など各部門の担当者まで、ビジネスに携わる人々全てにとって、必ずや参考になる一冊である。

現場力復権

著者:遠藤 功
出版日:2009/1
出版社:東洋経済新報社

現場力という言葉が浸透し、。「現場力強化」を目標に掲げる企業が続出したものの、「掛け声」「計画倒れ」で終わるケースが少なくない。

なぜ、現場力の重要性を知りながらも、実現することができないのか、その原因と「さらに具体的な実践方法」を説く。

自動車部品産業 これから起こる7つの大潮流

著者:ローランド・ベルガー オートモーティブ・コンピタンス・センター(自動車グループ)
出版日:2008/12
出版社:日経BP社

本書では、激変する自動車産業における7つの大きな潮流として、「低炭素社会が迫るパワートレイン進化」「低価格車の台頭」「求められる経営革新」「重みを増す海外展開」「素材革命への対応」などについて詳説する。

事業戦略のレシピ

著者:鬼頭 孝幸・山邉 圭介・朝来野 晃茂、監修:遠藤 功
出版日:2008/5
出版社:日本能率協会マネジメント

本書は、「現状分析」「戦略プション策定」「オプション評価・絞込み」「計画・アクションへの落とし込み」という戦略策定の基本ステップにそって、それそれのステップでやるべきこと、留意すべきことを明快かつ詳細に解説すると共に、現場メンバーの「腹落ち感」を醸成する方法についても紹介する。

「結果の出る」コンサルティングで評価の高い弊社コンサルタント陣が、どのような視点で戦略を練り上げ、実行につなげているのか、実際の企業事例をふんだんに盛り込みながら、具体的に解説する。

プレミアム戦略

著者:遠藤 功
出版日:2007/12
出版社:東洋経済新報社

現場力シリーズの著者が書き下ろす、本邦初の本格的プレミアム論。「プレミアム」が乱発される現在、その定義から消費動向、海外企業に席巻される理由や対策まで事例を豊富に解説する。

顧客力を高める

著者:平井 孝志
出版日:2007/6
出版社:東洋経済新報社

顧客の「ブラックボックス化」が起きている。情報の氾濫によって、企業と顧客の距離が大きく広がってしまったことにその一因はある。しかしより根源的な問題は、顧客と同化するための”面倒くさい努力“を企業が放棄してしまっていることだ。本書の狙いは、この状況を打破するためのヒントを提供することにある。

伝えたいメッセージは、深く顧客を理解するための「マーケティング脳」を鍛え、業務連鎖の確立に向けた力を、すべてのビジネスマンが持つべきである、という一点に尽きる。
その能力を一言で「顧客力」と呼んでいる。それを実現していくための方法論が本書の中にちりばめられている。

ねばちっこい経営

著者:遠藤 功
出版日:2006/12
出版社:東洋経済新報社

「ねばちっこい」とは、茨城の方言で「粘り強い」「ねばっこい」という意味。「粘ること」「継続すること」は、企業にとって、きわめて「当たり前」のこと。しかし、この「当たり前」ができるかどうかが、企業を分ける生命線なのだ。

トヨタやキヤノン、ホンダやデンソーなどの「強い企業」では、何十年にもわたって地道に続けられている活動や取り組みが数多くある。「強い企業」は、どこも「粘り強い」。逆に「並の企業」は、じつに「飽きっぽい」。「強い企業」と「並の企業」を分けるのは、やっている「こと」自体にはない。ひとつの「こと」をやり続ける「時間軸」にこそ、競争力の格差を生み出す要因がある。

そんな企業活動における「粘り」は、どうすれば獲得できるのか。粘着力のない現場を分析し、粘りが生まれる仕組みとノウハウを説き明かす。

自動車部品産業 生き残りへの8つの課題

著者:ローランド・ベルガー オートモーティブ・コンピタンス・センター(自動車グループ)
出版日:2005/12
出版社:日経BP社 Automotive Technology

本書は、自動車産業を取り巻く環境下において自動車部品メーカーが生き残るための方策について「技術開発」、「エレクトロニクス強化」、「新規市場への進出」など8つの課題を取り上げ詳説する。

見える化

著者:遠藤 功
出版日:2005/10
出版社:東洋経済新報社

現場力の中核コンセプト「見える化」。それを整理・体系化できれば、現場力のいっそうの強化につながるはずだ。そこで、「見える化」を34の企業事例をもとに体系化し、経営において「見える」ことの意味と仕組みを解説したのが本書である。

組織力を高める

著者:古田 興司・平井 孝志
出版日:2005/2
出版社:東洋経済新報社

組織の力は「遂行能力」と「戦略能力」に分解され、これらは組織の要であるマネジャーの資質によって決まってしまう。経営コンサルタントとしての経験と複数の事業会社での経験を併せ持つ当社パートナーの平井が、最強の組織を創る為の具体的処方箋と、ミドルマネジャーに贈る熱いメッセージをこの一冊にまとめている。

現場力を鍛える

著者:遠藤 功
出版日:2004/2
出版社:東洋経済新報社

主体性を持つ「強い現場力」を企業が取り戻すには、どうすればよいのだろか。十五年以上、企業コンサルティングの実績を重ねてきた当社代表の遠藤功が、その経験を基に7つの条件をあげながら「強い現場」を取り戻す道筋を描く。

経営の構想力

著者:西浦 裕二
出版日:2004/2
出版社:東洋経済新報社

日本企業組織全体として、また個人として「構想力」をどのように磨いていったらよいのだろうか。そこに必要なのは、歴史の大きな流れや変化を捉える「大局的な視点」と、実際の現場で遭遇する事例によって気が付く「現場の視点」である。経営コンサルタントとして第一線を長年にわたり歩みつづける当社代表の西浦裕二が、独自のコンセプトをまとめあげた一冊。

自動車産業 勝者の戦略ガイドブック

編著:ローランド・ベルガー 自動車戦略チーム
出版日:2002/8
出版社:日刊自動車新聞社

自動車産業を取り巻く市場環境や競争環境は、劇的に変化している。

燃料電池自動車の商用化、第二世代テレマティクスの本格的始動など自動車のあり方そのものに影響を及ぼす技術が実用化され始め、自動車産業のビジネスモデルそのものが大きな変革に直面している。これまでのコア・コンピタンスが今後とも優位性をもたらす保証はどこにもなく、21世紀に通用する新たなビジネスモデルにおいて、新たなコア・コンピタンスを創り上げたものだけが、真の勝者となり得るのである。自動車産業向けのコンサルティングを数多く手掛け、常に最新のグローバル・スタディを行う当社専門スタッフが部品メーカーからディーラーまで自動車産業関係者のための戦略をナビゲートする。

リストラクチャリング

著者:水留 浩一・宮崎 真澄
出版日:2001/11
出版社:東洋経済新報社

バブル崩壊後、日本経済そして多くの日本企業が大きな岐路に立たされている。技術革新、グローバル化、メーンバンク制の崩壊など経営環境は多様に変化し、そのスピードは加速する一方である。景気を回復へ向かわせるためには、企業レベルの大規模な構造改革は必要であるが、人とコストを減らすだけの応急処置では企業は前に進めない。「リストラ」という雇用調整・事業撤退と「リストラクチャリング」とは別物である。本書は、「リストラクチャリング」の本質は成長戦略であるという観点のもと、ダウンサイジング的な部分も含め、その背景や具体的実行上の課題、その成功要件について様々な事例を引きながらの解説を試みた。国内・欧州に900件以上のリストラクチャリング(当社実績)を基に、その正攻法を紹介する。

ローランドベルガー 出身者一覧

ローランド・ベルガー関連インタビュー・求人特集

ローランド・ベルガー インタビュー ローランド・ベルガーの特徴や強み、コンサルティング事例、同社での働き方そして、ローランド・ベルガーが求める人材像についてお話を伺って参りました。

戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 「戦略コンサルタントになるために」キャリアについてのご相談や、戦略コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています。

戦略コンサルティングファームへの転職

ローランド・ベルガー
無料プライベート相談会

ムービンでは戦略コンサルタント、ローランド・ベルガーへのご転職をお考えの方へ、随時キャリアを含めた相談会を実施しております。

その他 戦略コンサルティングファーム

アクセンチュア(戦略グループ)Accenture

アーサー・D・リトルArthur D. Little

A.T. カーニーA.T. Kearney

ベイン・アンド・カンパニーBain & Company

プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー(旧ブーズ)PwC Strategy&

ボストン コンサルティング グループThe Boston Consulting Group

コーポレイト ディレクションCorporate Directions, Inc.

ドリームインキュベータDream Incubator Inc.

マッキンゼー・アンド・カンパニーMcKinsey & Company

ローランド・ベルガーRoland Berger

モニターグループMonitor Group 2012年、モニターグループ日本オフィスは撤退しました。掲載されている内容は、2012年以前の日本オフィスの内容になります。

国内戦略コンサルティングファーム

リブ・コンサルティング(戦略グループ)LiB Consulting

P&EディレクションズP&E Directions

初めての方へ

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

未経験からのコンサルタント転職 求人特集 未経験からコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ。

戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

ローランド・ベルガー を含めたコンサル業界への無料プライベート転職相談会

ローランド・ベルガー プライベート転職相談会 コンサル業界全般の動向や今後のキャリアについての無料相談会開催中!

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top