コンサルティング業界が再編成、新生PwCの狙いは

IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)の日本企業適用を前に、日本のコンサルティングファームが新しい競争に入りつつある。

 PwC アドバイザリーとプライスウォーターハウスクーパース コンサルタント(旧ベリングポイント)、プライスウォーターハウスクーパース HRSの3社は2010年1月1日に経営統合し、社名を「プライスウォーターハウスクーパース株式会社」に変更すると12月3日に発表した。PwC アドバイザリーはM&Aや事業再生を担い、PwC コンサルタントは経営戦略の立案からITシステム導入までのコンサルティング業務を担当。PwC HRSは組織・人事関係のコンサルティングを提供してきた。

 3社は統合で国内約1600人の人員を抱え、規模では国内有数のコンサルティングファームとなる。監査法人である、あらた監査法人や、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースとも協力し、顧客に総合的なサービスを提供する。

 12月3日に会見した新生プライスウォーターハウスクーパースの代表取締役社長内田士郎氏は日本のコンサルティング業界の流れを振り返り、新生PwCを「時代の要請だ」と説明した。同氏によると、1990年代はビジネスコンサルティングとアドバイザリー、テクノロジソリューションが個別に提供されてきた時代。2000年代はビジネスコンサルティングとテクノロジソリューションが融合し、コンサルティングファームやシステムインテグレータ(SIer)から提供されることが多かった。

 しかし、2010年以降は、「複合サービス案件の実行力」「クロスボーダー案件の実行力」「世界で通用する能力」の3つが必要と指摘。「ビジネスコンサルティングとディール、ITの機能を統合するPwCは時代の要請にあっている」と説明した。

 確かにビジネスコンサルティングとITソリューションの提供は多くのコンサルティングファームやSIerが行っているが、加えてM&Aの支援やコーポレートファイナンス、事業再生などを手掛けるディールアドバイザリー部門を抱えるコンサルティングファーム、SIerは多くない。内田氏は新生PwCのライバルとしてアクセンチュアやIBM、そして監査法人系のグループを挙げた。ただ、アクセンチュアやIBMは「メンテナンスやアウトソーシングが主体」(内田氏)といい、新生PwCが狙う「顧客の中に入り込んで一緒に経営課題を解決する」というスタイルとは異なるとの認識だ。

 監査法人系のグループはディールアドバイザリーでぶつかる相手といえる。あらた監査法人以外の大手監査法人(新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、あずさ監査法人)はいずれもグループ内にコンサルティングファームやディールアドバイザリーのファームを抱える。監査報酬の伸びが期待できない中で、各グループともコンサルティングやディールアドバイザリーの業務に力を入れたいところだ。あらた監査法人は「4大監査法人の中で一番小さい」(内田氏)といえ、監査対象企業数は多くない。結果としてコンサルティングサービスの新規顧客を開拓しやすいことも(皮肉なようだが)メリットといえる。

 ただ、国内は市場の低迷もあり、M&Aや事業再生は減少。「2006年をピークにディール件数は減っている」(新生PwCの代表取締役副社長三橋優隆氏)。そのため、新生PwCは顧客数を広げるのではなく、少数の企業に深く入り込み、確実に利益を上げる戦略を採る。内田氏によると新生PwCの顧客数は約150社。そしてそのうち50社で全体の売り上げの8割を占めているという。経営課題が起きてから対応をするのではなく、「すべてのビジネスサイクルに応じてサポートするデマンド−プル型のサービスを提供する」。新生PwCは上位50社に集中することで、今後3年間に年率15%の成長を目指す。陣容も1600人から2500人に増やし、ほかのコンサルティングファームと差別化する考えだ。

2009年 12月5日
atmarkIT

プライスウォーターハウスクーパース
世界151カ国に163000人のスタッフを擁する世界最大級のプロフェッショナルサービスファーム。、PwCアドバイザリー株式会社が、プライスウォーターハウスクーパース コンサルタント株式会社(旧ベリングポイント)、プライスウォーターハウスクーパースHRS株式会社を経営統合し、社名を「プライスウォーターハウスクーパース株式会社」に変更した。M&A/フィナンシャルアドバイザリー、監査、税務を含め、戦略から業務、ITまでトータルで一貫したコンサルティングサービスを提供している。

プライスウォーターハウスクーパースについて

コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 

初めての方へ

20代、コンサルティングファームへの転職 20代、コンサルティングファームへのご転職をお考えの方は是非ご一読ください!

アーサー・D・リトル(ADL) キャリアアップセミナー 戦略コンサルティングファーム、アーサー・D・リトル(ADL)が11月26日(日)にキャリアアップセミナーを開催いたします。 締切間近

デロイトトーマツコンサルティング合同会社(DTC) IP&S ユニット 休日選考会 当日ご面接にお越しいただける方については、最終面接までを同日中に実施する予定です。休日に1日で面接プロセスを完了できる機会です。

多忙な方へ!! 早朝個別キャリア相談会 いつもより少し早起きをして、是非当社コンサルタントにご相談されてみませんか?

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

キャリア相談会のご案内 今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top