戦略コンサルタント 転職特集

戦略コンサルティングファーム一覧戦略コンサルタント 転職特集

アクセンチュア(戦略グループ)

アクセンチュアは、世界で約20万人の従業員数を誇る世界最大のコンサルティングファーム。"High Performance. Delivered."という企業コンセプトを掲げ、世界中の様々な分野・産業に対し戦略、業務、ITなどのあらゆるコンサルティングを提供している。
経営コンサルティングを司る組織はマトリックス状に業界グループとサービスラインに分かれている。業界グループは、公共サービス・医療健康業、製造・流通業、通信・ハイテク業、素材・エネルギー業、金融サービス業の5つからなり、サービスラインは戦略をはじめとして、TOP、SCM、CRM、FPM 等に区分されている。
他戦略ファームよりも若くて活発な組織であり、高いパフォーマンスをあげれば若くして速いスピードで昇進できる傾向にある。また、同社を卒業したコンサルタントが多く起業家として活躍していることも特徴。また、ワークライフバランスの改善や、女性にも働きやすい職場環境づくりにも積極的であることも大規模ファームであるアクセンチュアとしての特筆すべき点である。

アクセンチュア(戦略グループ)のファーム詳細情報はこちらから

アーサー・D・リトル

アーサー・D・リトル(ADL)は 1886年にマサチューセッツ工科大学のアーサー・D・リトル博士により、米国で設立された世界最初の経営コンサルティングファーム。
技術力を中心としたマネジメントコンサルティングに強みを持ち、「技術をいかにビジネスや社会に応用するか」という現在のMOT(Management of Technology)に近いビジョンを掲げる。技術をコアコンピタンスとする企業に対する全社戦略・事業戦略や技術経営(MOT)、知的財産マネジメントを中心としたコンサルティング事業をグローバルに展開。
ADLのコンサルタントは日本を代表するような大手製造業の出身者が多く、また外資系戦略ファームの中でもファミリー的で温かい雰囲気を持ち、長い目でコンサルタントの成長を見守るファームであり、選考プロセスにおいては非常に数多くのコンサルタント、マネージャー、マネジメントメンバーとの面接が重ねられることも大きな特徴。

アーサー・D・リトルのファーム詳細情報はこちらから

A.T. カーニー

A.T. カーニー(ATK)は1926年に米国シカゴで創立された経営コンサルティングファーム。高度な専門性、目に見える成果の実現、顧客企業との密接な協働作業を最大の強みとし、現在では、全世界39カ国57の拠点に約3,000名のグローバルネットワークを擁する。あらゆる主要産業分野のグローバル1,000社や各国大手企業を中心顧客とし、戦略からオペレーション、ITに至るまで一貫した高品質のサービスを提供する。
A.T. カーニー(ATK)のコンサルティングは、その提供する価値がトップマネジメントに向けての戦略提案だけに止まらない点に特徴がある。これは他ファームのコンサルティングに失敗や反省点に基づいている。
社内ではワークライフバランス含め、働く環境を見直す社内プロジェクトが実施され、コンサルタントの定着率が近年顕著に高まってきている。またプロジェクトのアサインメントにあたっては、社内公募制度を採用しており、コンサルタントの希望が大きく加味されることも特徴となっている。又、育児休暇制度等が充実していることもコンサルタントの定着率の高さに繋がっている。

A.T. カーニーのファーム詳細情報はこちらから

ベイン・アンド・カンパニー

ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)は、1973年にビル・ベインによって設立された、経営コンサルティングファーム。
ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)の誕生以前のコンサルティングは、「レポートを提出したら終わり」という考え方が一般的であったが、ビル・ベインは「企業とともに問題解決を推進し、具体的な結果につなげることこそコンサルティングのあるべき姿」と考えてベインを立ち上げたところに由来している。 面接においては、マネージャー手前のコンサルタントクラスではある程度の即戦力性が求められるため、経営に関する幅広い知識を有しておいた方が好ましく、アソシエイトクラスであれば問題解決力のポテンシャルが高ければよい。海外オフィスとの連携が多く、海外プロジェクトへのアサインや海外オフィスへのトランスファー制度などが充実しており、比較的チャンスが多いファームである。

ベイン・アンド・カンパニーのファーム詳細情報はこちらから

プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー

プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー(旧ブーズ・アンド・カンパニー)(Booz & Company)は、1914年にエドウィン・ブーズにより創業(前身となるブーズ・アンド・カンパニー)された、世界的な経営コンサルティングファーム。2014年4月3日、プライスウォーターハウスクーパース株式会社とのグローバルな統合手続きを完了し、ブーズ・アンド・カンパニーは、その名称を「Strategy&(ストラテジーアンド)」に変更しました。
世界各国で民間セクター・公共セクターの双方に対してサービスを提供しており、「人的資源のコンセプト」、「プロダクト・ライフサイクル」、「サプライチェーン・マネジメント」、「スマート・カスタマイゼーション」、そして近年では「組織DNA」などの先進的コンセプトを開発していることでも有名。
他の大手外資戦略系のファームと異なり、先進的であったりチャレンジングであるようなテーマのプロジェクトであれば、クライアントサイズが中堅企業であったとしてもプロジェクトとして手掛けるなど、フレキシビリティと自由度を有するプロフェッショナルファームであると言える。

プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジーのファーム詳細情報はこちらから

ボストン コンサルティング グループ

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は、1963年ブルース・ヘンダーソンや、後に初代日本支社代表も務めたジェイムズ・アベグレンらによって設立された、経営戦略コンサルティングファーム。
ボストン コンサルティング グループ(BCG)のコンサルタントは最高品質や結果にとことんこだわる「プロフェッショナリズム」を有し、ファームとしては「多様性からの連帯」を掲げ、様々なバックグラウンドを持つ人材の個性を尊び、強みを伸ばす文化を有しているのが特徴。それによって、異なる強みを持ったプロフェッショナルの集合体・チームを形成し、チーム内で、時にはクライアントも含めて、徹底的にディスカッションを行うことで、新たなインサイトを生み出すことを可能としている。
同社を経て、経営者、大学教授等に転じた著名人も多く人材輩出ファームとしても有名。

ボストン コンサルティング グループのファーム詳細情報はこちらから

コーポレイト ディレクション

コーポレイト ディレクション(CDI)は、1986年にボストン・コンサルティング・グループに在籍していたコンサルタント10名により、国内初の独立系経営戦略コンサルティング会社として設立されたファーム。設立者の一人に、現在経営共創基盤で代表を務める冨山和彦氏がいる。
コーポレイト ディレクション(CDI)は欧米の合理的経営戦略思考を日本企業の経営に融合させることを基本テーマとすることで他ファームとの差別化を図る。20年余に亘り、国内外の一流企業や官公庁の外部ブレーンとして実績を重ね、戦略系コンサルティング業界において規模・質両面でのリーディングファームへと成長を遂げる。
日系のファームとして、社内の協調性やチームワーク重視の傾向が外資系ファームに比べより強いことが特徴。この点が選考プロセスにも現れている。面接では人物面、ファームとのフィット感をじっくり見られる傾向にある。

コーポレイト ディレクションのファーム詳細情報はこちらから

ドリームインキュベータ

未来のソニー・ホンダを100社育てよう」、を合言葉に、2000年6月にボストンコンサルティンググループの日本代表であった堀紘一をはじめとする幹部が立ち上げた、日本発のグローバル戦略コンサルティングファームです。
ベンチャーから大企業までの成長支援を行ってきたが、近年では、「技術」×「戦略」×「政策」の融合によりグローバルに新産業の創出・育成を行う「産業プロデュース」活動を加速させている。
また、中国、シンガポール、ベトナムに現地法人を積極展開し、成長著しいアジアと日本の産業の架け橋となるべく、日本企業のアジア展開を支援している。

ドリームインキュベータのファーム詳細情報はこちらから

マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・アンド・カンパニー(Mck)は、1926年にシカゴ大学の経営学教授ジェームズ・O・マッキンゼーと彼の仲間達によって創設された経営コンサルティングファーム。
1933年、マービン・バウアーがこの「仲間」に加わる。バウアーはその後、マネージングディレクターとして、マッキンゼーの成長を長期にわたってリードする。バウアーは"Fact-base(事実に立脚する)"、"Analytical approach(分析的アプローチ)"という概念、および科学的かつ論理的な問題解決の方法論を、経営コンサルティングの世界で初めて明確な形で確立する。
日本へのローカライズを遂げ、グローバル化のプロセスにおいて他ファームに数歩先行するファームと言える。それだけに選考プロセスでも英語力重視。選考プロセスでは先ず、外人との会話で英語力が試される。後半には外人パートナーとの英語でのケース面接が入ることが特徴。

マッキンゼー・アンド・カンパニーのファーム詳細情報はこちらから

ローランド・ベルガー

ローランド・ベルガー(RB)は、ドイツ・ミュンヘンに本社を置く、ヨーロッパを代表する経営戦略コンサルティングファーム。1967年の設立以来、40年にわたって、自動車、消費財、流通、化学、機械、医薬品などの製造業、そして、金融、情報通信、航空・運輸などのサービス業など幅広い業界のクライアントに対する数多くのコンサルティング実績を残してきた。
「現場感」「手触り感」「膝詰めの議論」「クライアントの腹落ち」…などローランド・ベルガーのコンサルティングを表現するワードが数多く生み出されていることも、戦略ファームの中でのその独自性と際立った特徴の表れであろう。
選考のプロセスにおいても、コンサルタントとして十分な論理思考能力や対人関係能力を試されるのに加えて、クライアントを想う心や高いプロフェッショナリズム、そして肉体的・精神的なタフネスも非常に重視される。

ローランド・ベルガーのファーム詳細情報はこちらから

戦略コンサルタント 関連情報- コンサル転職情報 -

戦略系コンサルファームリスト
戦略系コンサルティング求人情報

戦略コンサル求人情報

一部厳選した戦略コンサルティング関連の求人情報

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー

戦略ファーム インタビュー

大手戦略コンサルタントのインタビュー。リアルな戦略ファームの姿を伺えるかと思います。

戦略コンサルタント 転職成功事例

戦略コンサルへの転職成功事例

弊社サービスを活用して見事戦略コンサルタントへの転職に成功した事例をご紹介。

特集

「戦略コンサルタント」への転職は、他業界へのそれと比べて、はるかにハードルが高いものです。
書類作成から、コンサル独特のケースインタビュー、面接対策など入念な準備が必要になってきます。
弊社では、コンサル業界出身のキャリアコンサルタントが転職をサポート致します。
各コンサルティングファーム別の特徴や、最新の業界動向の提供、コンサルタント適性を高めるためのコーチングなど、「転職ありき」ではなく今後のキャリアを見据えてアドバイス・サポートさせて頂いております。

今すぐのご転職でなくとも、「戦略コンサルタント」というキャリアを少しでもお考えの方は、まずはご相談頂ければ幸いです。

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 6F
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

Page Top

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントへの転職方法

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.