戦略コンサルタント 転職特集

戦略コンサルティングプロジェクト戦略コンサルタント 転職特集

実際の戦略コンサルタントのプロジェクトとはどんな内容なのか、どの企業にどんなコンサルティングをしたのかを見ることは、企業間との秘密保持契約があり難しいことですが、 オープンとなっているコンサルティングプロジェクトや官公庁関連のプロジェクト、社会貢献活動(プロボノ)などを通してご紹介いたします。参考にしてみて下さい。

戦略コンサルティングファームのプロジェクト

JR東日本キヨスク業務改善 アーサー・D・リトル

戦略立案から実行のフェーズまでの3年間をかけて支援。事業戦略と整合したプロセスを再構築し、必要となるリソース・組織体制を整え、現場の再生支援・後押しを企図したプロジェクト。推進チーム作りや、システム設計、インテグレータ設定、新業務とシステムの現場への展開までをサポートしている。

各国政府への戦略策定 A.T.カーニー

・プエルトリコ「2025国家ビジョン」策定支援
・上海経済発展地区の海外投資促進策の立案とアクションプラン策定
・米国連邦政府関係機関「エネルギー戦略」策定支援
・ブリスベーン市(オーストラリア)「戦略調達プロジェクト」の実施と実行支援。
・サンパウロ市での新規経済投資を加速するための経済発展戦略立案と10年間のアクションプラン策定

日産自動車 PwCストラテジー(旧ブーズ)

国ごとバラバラであった同社の組織を、責任・権限おのはっきりしたグローバルな組織に移行し、この組織の主要要素(世界本社の機能、地域ごとの事業への権限委譲、各機能組織のグローバルな責任、所領開発の長期的な収益性責任)を規定した。

日本のスキンケアブランドの中南米戦略 マッキンゼー

某日系スキンケアメーカーが、中南米の特定国における消費者の商品選択要因を把握し、多くのブランドの中から、どのブランドを、どれぐらいの価格帯で、どのようなポジショニングで、どのチャネルで発売すべきかというプランを作成するために、マッキンゼーにコンサルティングを依頼。
質の高いチャネル戦略を策定して市場に適正な製品を提案、中南米市場での売上げは全社的な収益拡大となった。

このほかにも多くの大企業、有名企業のバックにはコンサルティングファームが存在し、各社の経営戦略から、新製品のマーケティングまで多くのコンサルティングを手掛けていると言われています。
実際にコンサルティング会社の方々と一緒に働いたことのある方も多いのではないでしょうか。
是非「戦略コンサルタント」の立場から上記のような数々のプロジェクトを牽引して行ってください!

戦略コンサルティングファームの社会貢献活動(プロボノ)プロジェクト

日本盲導犬協会 ボストン コンサルティング グループ

日本の盲導犬の数は、他先進国と比較して圧倒的に不足、しかしながら足元の寄付収入は頭打ちでこのままでは成長が大きく見込めない状態でした。
このような状況を受け、日本盲導犬協会では目標を定め7カ年計画を立案し、BCGとの実行計画策定プロジェクトを推進しました。

Malaria No More Japan(マラリア・ノーモア・ジャパン) ローランド・ベルガー

発展途上国支援の非営利団体のKSF(成功のカギ)の特定、それに基づいた活動計画骨子案の作成、複数回の議論等を通じて、Malaria No More Japanの日本国内、そして、アジアへの拡大の為の中期活動計画策定を支援。

国境なき医師団日本 ベイン・アンド・カンパニー

武力紛争や自然災害などにより生じた緊急性の高い医療ニーズに応えるため、中立・独立・公平な立場で医療・人道援助活動を展開している同団体。日本社会での同団体の活動への理解・支援を広げるための今後5年間の戦略を、ブランド構築を中心に支援。

一般的な戦略コンサルティングファームでのプロジェクトの流れ

もっとも「一般的なコンサルタントのイメージ」に近いと思われる、外資系コンサルティングファームのスタイルを想定してプロジェクトの流れを詳細に説明します。

1.クライアントから相談を受ける

コンサルティングの相談を受けた時点で、すぐに担当コンサルタントは、クライアントの社長や経営企画室のメンバーなどに訪問して意見交換をします。
ただし、この段階ではクライアント側も複数のコンサルティングファームに打診し、どのファームに依頼をするか見極めている場合もあります。何回かヒアリングをして、ある程度関係構築ができた段階で提案書の作成に移行します。

2.提案書を作成する

外資系コンサルティングファームの場合、企画書作成の段階になると、パートナーのみならずプロジェクトマネジャーもかかわることもあります。 提案書には「企業のおかれている状況の認識」「問題の背景」「課題の設定」「解決へのアプローチ」「具体的な作業内容」「アウトプットの概要」「取組体制」「プロジェクト期間」「コンサルティング料」などを記載します。

3.プロジェクトチームの立ち上げ

コンサルティングファーム側で正式にプロジェクトチームが発足すると同時に、クライアント側にもプロジェクトメンバーの選出を依頼します。当該事業部のエースを中心とするチームを設立し、優秀かつ影響力のある人を集めて社内の推進役を務めてもらいます。

キックフオフミーティング

プロジェクト発足後、まずは全員が集まってキックオフミーティングを行います。作業スケジュールの設計、各コンサルタントの割り振りなどが行われます。

4.インタビューを仮説の構築

インタビューは基本分析と合わせて、初期仮説構築の材料になります。
インタビュー対象は、経営幹部から第一線で働いている現場社員まで、プロジェクトによっては顧客接点の多い営業部が特に重視され、時にはクライアント営業社員と同行することもあります。
ここでのインタビュー結果と前項のミーディングを合わせて初期仮説を作ります。あくまでも仮説であり、この段階では仮説を立証する情報は不足しており、最終的に全く違う結論になることもあります。

戦略コンサルタントへの転職をお考えの方へ

一見華々しく見える戦略コンサルタントですが、自分自身を商売道具とし、あらゆる情報から仮説思考を構築、クライアント企業のために奔走しています。
弊社サービスにて戦略コンサルタントに転身した方々からは非常にやりがいがあり充実した日々を送っているというお話も伺っております。(転職体験談
戦略コンサルタントへの転職をお考えの方は是非一度弊社までご相談頂ければ幸いです。まずはざっくばらんにコンサル業界や今後のキャリアについてお話しできればと思います。

戦略コンサルタント 関連情報- コンサル転職情報 -

特集

「戦略コンサルタント」への転職は、他業界へのそれと比べて、はるかにハードルが高いものです。
書類作成から、コンサル独特のケースインタビュー、面接対策など入念な準備が必要になってきます。
弊社では、コンサル業界出身のキャリアコンサルタントが転職をサポート致します。
各コンサルティングファーム別の特徴や、最新の業界動向の提供、コンサルタント適性を高めるためのコーチングなど、「転職ありき」ではなく今後のキャリアを見据えてアドバイス・サポートさせて頂いております。

今すぐのご転職でなくとも、「戦略コンサルタント」というキャリアを少しでもお考えの方は、まずはご相談頂ければ幸いです。

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top