アリックスパートナーズ マネージングディレクター日本共同代表 深沢 政彦氏 野田 努氏 インタビュー

アリックスパートナーズについて - 働き方

movin:

実際に御社における働き方についてお聞かせ頂ければと思います。先ほどGMのお話もありましたがグローバルとの協働などはあるでしょうか。

深沢様:

国境に対する意識というものはアリックスパートナーズの中では薄いです。グローバルワンファームという言葉通りです。たとえばブルネイ航空の再生においては日本人スタッフが6〜7人現地に赴き、暫定経営陣として1年余り改革をリードしてきました。グローバルという言葉は色んな人が色々な使い方をしますが、我々の場合、まさに扱う課題も、一人一人の動き方も、グローバルです。別の事例で言えば、私が関わっているプロジェクトのうちの2つは、完全にドメスティックな事業なのですが、その業績改善のキーとなる要素に海外の知見が生きてくるところがあって、それぞれのプロジェクトに欧米のスタッフが複数参画しています。クライアント企業もその価値を認めて頂き喜んで頂いています。

movin:

いま世界中で動いているプロジェクトは全員で共有されているんですね。

深沢様:

はい、ナレッジシェアと言っても知見を紙に落とすことが重要なのではなくて、「誰が何を知見として持っているのか」というのがお互いわかるように、人と人を繋げることに大変努力していますし、そういった直接のコミュニケーションを推奨しています。また、逆にそれに反応しない人は変なやつだ、とみんな思うようなカルチャーが醸成されています。この点は大変ユニークだと私も思います。

movin:

たとえば具体的に何か事例はありますか?

深沢様:

たとえば、グローバルに対してE-Mailで「こんなこと知らない?」って送る事はコンサルティングファームでは良くありますよね。通常答えが一個も返ってこないこともありますけど、アリックスパートナーズではレスポンスが返ってこないことがないです。他には、「実は2日後にこういうことがあって、東京に、名古屋に、大阪に来てほしいんだけど…」と言えば、必要な専門家が来てくれます。やりくりして時間を作ってきてくれます。

movin:

それはおもしろいですね。ちなみに、御社はグローバルではかなり多様なメンバーが居ると思いますが、こんな変わったスペシャリティを持った人とかいらっしゃいますか?

野田様:

たくさんいますね。これまでお話してきたのは、アリックスパートナーズが持つ4つのプラクティスの内の一つだけです。
我々二人が属しているのは、エンタープライズインプルーブメント、EIと言って、所謂企業の業績改善や破綻前の再生を主に手掛けています。しかしもともとアリックスパートナーズは、チャプターイレブンを申請した企業をいかに早く再生させるか、ということをミッションとしていました。これをターンアラウンド&リストラクチャリングサービス、TRS、と呼んでおり、これがアリックスパートナーズの出自です。EIはこのTRSから派生したサービスですが、もう一つ派生したサービスが、フィナンシャルアドバイザリーサービス、FAS、と呼ばれるものです。しかし通常の会計系ファームのFASとは大きく異なり、我々が手掛ける案件は、訴訟対応や、企業の不正調査、移転価格などのエコノミックコンサルティングを主体とした幅広いものです。さらに一番新しいプラクティスとして、インフォメーションマネジメントサービス、IMS、があります。このプラクティスは、大量のデータをいかにビジネス上の経営判断に役立てていくか、というテーマを扱います。 たとえばBP(旧ブリティッシュ・ペトロリアム)がメキシコ湾で原油流出事故を出したときに、何十万という訴訟のクレームがありましたが、それらのクレームから二重請求などの不正請求を取り除いて整理し、如何に適正な損害額・支払額を確定させるか、といったテーマに力を発揮しています。TRSから派生した3つのプラクティスは、いずれも企業再生というテーマから派生しています。たとえば、FASが手掛ける不正調査は、企業が倒産・破綻するときによく起こりがちな何らかの不正を解明するものであり、その不正の内容を解明したり、資金を回収して株主に還元したり、ということもやっています。ですからチームメンバーのなかには不正調査に長けたもの、あるいはアメリカの裁判所できちんとエキスパートとして証言できる実績をもった者も多数います。また、グローバル全体で、それぞれの業種に特化した専門家が多数在籍しています。彼らはもともとその業界の企業に経営陣として在籍していた経歴を持つものも多数います。

movin:

そのような方々が世界中にいて、必要なときはいつでもアクセスできるとは心強いですね。
よくわかりました。色々とありがとうございます。

初めての方へ

20代、コンサルティングファームへの転職 20代、コンサルティングファームへのご転職をお考えの方は是非ご一読ください!

コンサルタント転職 いつから準備を始めればいい? トップキャリアコンサルタントが教える!コンサルタント転職活動、いつから準備を始めればいい?

高学歴 低収入からの脱出 - キャリアの大逆転!再構築方法 「思い描いていたキャリアとは違う」、「学生時代との同期と比べて給与が低い」、といった悩みを抱えている方へ

A.T. カーニー 休日選考会 普段忙しく平日で中々時間が取れない方にとってみれば短期集中で戦略コンサルタントになれる絶好の機会かと思います。

女性のためのキャリア相談会 元コンサルの女性キャリアコンサルタントが対応させて頂きます。転職について、これからのキャリアについて個別相談会を実施しています。

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

元コンサルのママ(主婦)のための再就職・転職相談会 これまで転職支援させて頂いたママさんたちの事例や、現在のコンサルティングファームの採用状況や各ポジションなど詳細にお話が出来ればと思っております。

大阪開催 キャリア相談会のご案内 大阪開催決定!ムービンではコンサルティング業界の情報や人気ファームの最新ニーズにご興味をお持ちの方を対象に、今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています。お気軽にご相談ください!

東工大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東工大出身者のために、今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。ざっくばらんにお話をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • ポストコンサルタント転職サイトポストコンサルタント転職サイト

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法などをご紹介いたします。

【必見】未経験からのコンサル転職

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録

Page Top