ポストコンサルタント転職

ポストコンサル 採用動向

採用マーケットは2008年後半〜2009年にかけての谷から回復が続き、現在は活況を呈しております。ポストコンサル転職もその波と同様と言えます。ただ気がかりは「上昇してきた波がいつ下降に向かうか」です。そのサイクルは避けては通れない道なので、そろそろ下降のタイミングが来ても何らおかしくはありません。そのため、転職をお考えの方はお早めに動いた方がよろしいかと思います。

マーケットのポストコンサルポジションニーズとしては、戦略コンサル出身者に向けては事業会社の経営企画、事業企画やPEファンドなどがメインのポジションになります。事業会社の案件としてはWEBビジネスの企業でのポジションが数が多いですが、製薬会社、自動車会社などの製造業も案件は見受けられます。
業務ITコンサル出身者はWEBビジネス企業の事業企画や、大手事業会社のシステム企画などのポジションへ移る方が多いです。外資系企業でのシステム関連のポジションも最近は多く出ており、英語力があるとポジションを見つけやすいと言えます。
フィナンシャルアドバイザリーのコンサル出身者向けのニーズとしては、事業会社での経営企画(投資絡み)や事業企画、外資系企業でのフィナンシャルアナリスト(事業部の数値管理を行う)、PEファンドなどがあります。投資絡みのポジションや外資系企業での案件は英語力は求められると考えて良いでしょう。

ポストコンサル 業界別採用動向

現在、業界として最も積極採用なのは、ネット系・ヘルスケア系ではありますが、消費財・IT・保険・素材などの各業界において募集ポジションが出てきています。
日系製造業も好景気の影響で採用を活性化しており、海外進出絡みでのポジションも良く見受けられるようになっています。
金融ではPEファンド、投資銀行にて若手の採用を行っています。下記にて具体的な各業界でのポストコンサル採用に関しての業界動向をいくつかご紹介します。

Web/モバイル業界

ベンチャー企業から大企業まで軒並み、次世代リーダー候補、事業戦略・サービス企画スタッフポジション、M&Aポジション、社内BPRポジションなどにコンサル出身者が入社していくケースが非常に多く見受けられます。しかしながら、例えば新規事業関連の職種については、新規事業のアイディアを持っていることや業界経験者を求める傾向が強くなっていますのでコンサルタント経験があれば転職できるという考えは誤りです。今後は海外進出を狙っている会社が多いため、英語が出来ることはプラスに働きますが、採用にあたってMUSTの条件とはなっておりません。

IT業界

WEB系を除くIT業界でもセールスプランニングやファイナンス、マーケティングなど幅広くコンサル経験者のポジションを求めています。外資系では英語が出来ることはほぼMUSTとなってしまいますが、給与も良く、動きが早い業界なので成果を早期に出せば昇進も早いです。
年齢レンジとしては30代の転職例が目立ちます。

医療・ヘルスケア業界

今後日本において業界自体が拡大していくことが見込まれるヘルスケア業界では、外資企業を中心に英語のできるコンサル経験者を採用しています。ポジションとしては経営企画、財務経理、マーケティングなどにコンサル経験者を採用する例があります。
ただ、上記Web/モバイル業界と比べると、コンサルでのヘルスケア領域での業務経験などを求める傾向があると言えます。
ヘルスケア業界は給与が非常に高く、ワークライフバランスが良い安定した業界なので、業界への興味があれば居心地のいい環境です。コンサルタントが給与を下げずに転職を叶えられる数少ない業界の1つです。

消費財業界

消費財業界でも、外資系企業を中心に英語のできるコンサル経験者を採用しています。
ポジションとしては上記同様、経営企画、財務経理、マーケティングなどにコンサル経験者を採用する例があります。マーケティング職などはコンサルティングファームでの業務内容と親和性が高いです。
一方で消費財は身近な業界のために、この業界への転職希望者が多いこともありますが、同業での経験を求める傾向は他の業界に比べて高い業界です。

金融

証券会社・銀行などでは大手日系企業において未だ業界経験者採用が目立ちますが、若手コンサル経験者であれば投資銀行部門での採用や銀行のシステム企画・社内コンサルなどでコンサル経験者の採用があります。
ファンドでは20代の英語のできるコンサル経験者であれば選考を行ってはいます。やはり狭き門ではありますが、徐々に採用ニーズは高まりを見せています。

保険業界

リーマンショックによって打撃を受けた外資保険企業もありましたが、急激に回復し、募集は積極的に動き出しています。最近では社内コンサルのポジションやシステム企画系のポジションでの採用ポジションがよく発生します。
第二新卒レベルというよりも、比較的経験を積んでいる20代後半〜30代でのポジションが目立ちます。この業界も英語が出来る、出来ないの差によってポジション数は大きく変わってくると言えます。ワークライフが比較的良く、働く環境を見直したい方が興味を持たれるケースが多いです。

製造業

製造業では日系・外資ともに大手の経営企画やマーケティングのポジションが不定期に出てきます。最近ではM&A絡みのポジションが多いです。また、特に日系企業ではM&Aでの海外進出を目指しているケースが多く、英語が出来ることを求められるケースが多いです。
ただ、日系企業では退職者があまりおらず、中途で採用する絶対数が多くは無いので、ポジション争奪戦の様相を呈しています。

特集

転職支援実績

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目20番33号 銀座サンケイビル 9・10階
copyright (c) Movin Strategic Career CO .,Ltd. All Rights Reserved.