投資銀行への転職をお考えの方へ

次の選択肢の一つとして投資銀行へのご転職をお考えの方が多くいらっしゃいます(ここではM&Aアドバイザリー業務等を行う部門を投資銀行としております)。
ただ投資銀行と言っても外資系、日系、様々であり、その仕事内容や、中途採用基準・転職のポイントなど詳細にご存知の方は少ないかと思います。
ここでは投資銀行へのご転職をお考えの方々に、その転職方法などをご紹介していきます。

投資銀行への転職 キャリア相談会

随時開催中 キャリア相談会 ムービンでは投資銀行の採用マーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

投資銀行の仕事・企業一覧What“IBD”

投資銀行の仕事では、M&Aアドバイザリー業務や、株式・債券の新規発行に関するアドバイス、引き受け等を担当している「伝統的な投資銀行業務」を行う投資銀行部門を想像する方が多いと思います。
弊社サイトではもちろん「投資銀行部門への転職」にスポットを当ててご紹介していきますが、そもそも投資銀行とは、という所からも業界理解を深めるために、各企業含めご紹介していきます。

投資銀行へ転職するためには?How to

投資銀行へ転職するためにはどうすればいいのか...

各社HPの採用ページを見ても、優秀な方、論理的思考能力の高い方、秀でた実績、などで、実際に求めている人材像など具体的に書かれておらず、
「どうすれば投資銀行へのキャリアが開けるのか」
「どんな経歴、経験、スキルがあればいいのか」
「どの企業で採用がオープンしているのか」
など詳細に知っている方は少ないかと思います。

ここでは、「投資銀行での採用基準・転職のポイント」「投資銀行に転職するためのキャリア形成方法」「転職のタイミング」についてご紹介していきます。

採用基準・転職のポイント 年齢、学歴、職歴、語学力の4つの切り口

まず近々の採用動向ですが外資系投資銀行金融機関では、投資銀行部門での若手ポジションの求人依頼が増えてきております。また、外資に限らず日系の証券会社の投資銀行部門においても若干名ではあるものの、投資銀行関連の求人が増加傾向にあります。
とはいえ、その選考基準は厳しく、厳選採用であることに変わりはありません。そこで投資銀行の中途採用基準・転職のポイントについて
年齢、学歴、職歴、語学力、という4つの切り口からご説明させていただきます。

年齢

同業他社の投資銀行部門の方を除き、投資銀行業務未経験の方の場合は採用対象となる・転職できる年齢は25歳前後〜30代前半までとなります。
投資銀行業務未経験の場合には採用されるポジションはアソシエイト止まりとなりますので、前述しました年齢が限界になるようです。
また30代の方の場合はより厳しく見られますので、海外MBAホルダーの方などが通過・転職しやすい傾向にあります。

学歴

原則、未経験者の方の場合には国内外問わず高学歴であることが求められます。
各国のトップレベルの大学を卒業していることが書類通過の必須条件ともいえます。しかしながら例外もあります。
それはMBAです。大学がトップレベルでなかった方でも海外のMBAトップスクールを卒業されている方にもチャンスがあるといえます。

職歴

投資銀行に転職される際に評価されるご経験としては大きく2つあると考えられます。1つ目がドキュメント作成能力、2つ目がファイナンススキルです。
この2つのご経験を兼ね備えている方は投資銀行への転職成功の可能性が高いと考えられます。
想定される職種としましては、戦略コンサルティングファームやM&AアドバイザリーファームでM&A関連の案件(ビジネスデューデリジェンスやバリュエーション)のご経験のある方や、監査法人でM&A関連のご経験をお持ちの公認会計士の方、総合商社や大手メーカーなどで事業投資や財務経験をお持ちの方、メガバンクでのコーポレートファイナンスなどが挙げられます。

語学力

投資銀行においては外資・日系問わず高い英語力が求められます。
いかに学歴が高く、職歴がフィットする方であっても英語が苦手な方は投資銀行への転職は難しくなります。外資系投資銀行では選考の場においても英語でのインタビューもございますし、また日系の投資銀行は英語があまり求められないイメージがありますが、中途で転職される方には英語力を求めてきます。
今後益々クロスボーダーの案件が増えていく中、プロパー社員には英語が得意な人材が少ないというのが、中途の転職者に英語力を求める理由です。ある外資系投資銀行の元MD(マネージング・ディレクター)の方から聞いたお話では、外資系投資銀行でプロモーションする人材は2通りとのことです。1つは案件獲得含め実力がある人材、もう1つは英語がネイティブレベルで話すことが出来、外国人のMDに気に入られる人材だそうです。
それだけ英語力は入社後も重視されるということですので、投資銀行へのご転職をお考えの方はぜひ英語力を磨いていただければと思います。

投資銀行に転職するためのキャリア形成

上記のとおり、投資銀行への転職は非常に門戸が狭く、合格率は数%です。
投資銀行が求める人材像から、投資銀行業界に挑戦するためには下記のようなキャリアパターンが想定されます。

・戦略トップファーム → 投資銀行
・大手M&Aアドバイザリーファーム → 投資銀行
・監査法人等 → 投資銀行
・大手事業会社(商社)投資関連部門 → 投資銀行


戦略トップファームでの1,2年の経験や、監査法人系はじめM&Aのリーグテーブル上位に名を連ねるようなM&Aアドバイザリーでの経験、監査法人での経験や、大手事業会社(特に商社)における投資関連業務経験があれば、投資銀行のアナリスト候補として、検討対象になるようです。

ムービンでは投資銀行業界へのご転職支援はもちろん、これらポジションへの転職支援にも強みを持っております。
投資銀行へのキャリアをお考えの方は、今後どのようなキャリア形成が必要なのか、そしてどんな可能性があるのか、是非ご相談頂ければ幸いです。
プライベートキャリア相談会も随時開催しておりますので、お気軽にご相談ください。

投資銀行への転職 キャリア相談会

随時開催中 キャリア相談会 ムービンでは投資銀行の採用マーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

転職のタイミング

投資銀行へ転職するためには「何が必要なのか」ご紹介してきましたが、一番重要なことは「タイミング」です。
募集要項をすべてクリアしていても、求人がなくては意味がありません。また企業ニーズによっては特定の業界に精通している人が欲しいなど、ピンポイントでの採用もあります。またリプレイスで1名急募と言うときもありますので、迅速に情報を得る必要もあります。
こういったチャンスを逃さないためにも我々エージェントにご相談頂ければと思っております。まずはお気軽にご相談ください。

投資銀行 転職事例Succes Story

大手日系証券会社 投資銀行部門への転職

有名私立大卒 31歳
Big4系アドバイザリーファームから難関の大手日系証券会社 投資銀行部門へ。

大手監査法人から外資系大手投資銀行 へ

有名国立大卒 26歳
英語力を活かし、グローバルトップの外資系証券にてチャレンジされたいお気持ちを強く持っておりました。

有名私立大学卒
28歳
大手メーカー 総合職 国内大手証券会社 投資銀行業務
有名国立大学卒
29歳
大手監査法人 公認会計士 外資系証券会社 投資銀行部門
有名国立大学卒
29歳
国内大手証券会社 投資銀行本部 外資系証券会社 投資銀行部門
有名大学卒/MBA卒
31歳
国内大手メーカー 海外営業 外資系証券会社 投資銀行部門

投資銀行 求人情報Recruit

下記に現在積極採用中の求人をいくつかご用意しました。気になる求人がございましたら是非ご相談頂ければ幸いです。

投資銀行への転職 キャリア相談会

投資銀行への転職をご希望される方も多くなり、弊社でもご相談に来る方が多くなっています。
なかなか、業界情報やどんなプレイヤーがいるのか、どんな仕事があるのかなど、詳しく知る機会はあまりないかと思います。
また、投資銀行が求める人材は時期によってめまぐるしく変わりますが、未経験の場合は、高いポテンシャルを求められ傾向にもあります。

業界の情報から、採用動向、そしてお悩みになっている部分など、ざっくばらんにお話が出来ればと思っております。

すぐにご転職をお考えでなくとも、3年・5年といった長い時間軸でのキャリア形成のご相談設けけておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。
※弊社サービス・ご登録など弊社をご利用するすべてのサービスは無料です。

日程 いつでも(担当キャリアコンサルとご相談ください)
場所 オンライン(ZoomやTeams、Skypeなどで承っております)
対象 投資銀行への転職をお考えの方、ご興味のある方
内容 本相談会では、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、キャリアチェンジ・キャリアアップ機会のご紹介、転職成功のためのアドバイスをさせていただいております。
お申込み方法

すでに弊社にご登録の方は担当コンサルタントにお問い合わせください。
ご登録頂いてない方は、こちらからお申し込みください。お申込み後、弊社コンサルタントよりご連絡いたします。ご応募お待ちしております。

“金融”“コンサル転職”に強いエージェント ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援をご提供いたします。

徹底的に寄り添うサポート

我々はお一人お一人に合わせ真摯に徹底的に求職者の方々と向き合いご支援させて頂いております。約20年、数十万人との面談により生み出され、数千人のコンサルタントへの転職成功の実績によって裏づけされた弊社独自のカウンセリングメソッドに基づく、適切なポジションのご紹介を致します。
もちろんキャリアコンサルタント一人のスタンドプレーではなく、チーム、会社一丸となってご転職をサポートしております。

転職支援実績No.1

我々はただの人材紹介会社ではありません。各企業別の書類・面接対策や、コンサルの場合ケース対策など受かるための対策を行います。ここで内容は言えませんが、我々が転職支援実績No.1を誇る理由でもあります。
日本政策投資銀行、野村證券、大手生命保険会社などの出身者を中心に金融業界出身者がキャリアコンサルタントです。それぞれが第一線にて活躍してきたプロ意識の高いスタッフです。

圧倒的な業界知識

ファンド、投資銀行をはじめ、国内大手有力コンサルティングファーム他、大手事業会社、有名ベンチャー企業など有名企業のほとんどがクライアント。業界出身者だからこそ得られる決して表には出てこない、業界・企業の最新情報をご提供致します。
また、各種ポジションにおいて必要なマインド・思考法・ドキュメンテーション能力等のビジネススキルを徹底指導致します。

“金融”“コンサル転職”に強いエージェント ムービンではお一人お一人に合わせた
転職支援をご提供いたします。

徹底的に寄り添うサポート

我々はお一人お一人に合わせ真摯に徹底的に求職者の方々と向き合いご支援させて頂いております。約20年、数十万人との面談により生み出され、数千人のコンサルタントへの転職成功の実績によって裏づけされた弊社独自のカウンセリングメソッドに基づく、適切なポジションのご紹介を致します。
もちろんキャリアコンサルタント一人のスタンドプレーではなく、チーム、会社一丸となってご転職をサポートしております。

転職支援実績No.1

我々はただの人材紹介会社ではありません。各企業別の書類・面接対策や、コンサルの場合ケース対策など受かるための対策を行います。ここで内容は言えませんが、我々が転職支援実績No.1を誇る理由でもあります。
日本政策投資銀行、野村證券、大手生命保険会社などの出身者を中心に金融業界出身者がキャリアコンサルタントです。それぞれが第一線にて活躍してきたプロ意識の高いスタッフです。

圧倒的な業界知識

ファンド、投資銀行をはじめ、国内大手有力コンサルティングファーム他、大手事業会社、有名ベンチャー企業など有名企業のほとんどがクライアント。業界出身者だからこそ得られる決して表には出てこない、業界・企業の最新情報をご提供致します。
また、各種ポジションにおいて必要なマインド・思考法・ドキュメンテーション能力等のビジネススキルを徹底指導致します。

転職サービスはすべて無料となっております。ムービンではお一人お一人に
合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、
転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

専任のコンサルタントが転職サポート致します。
ご自身では気づかれない可能性やキャリアプランのアドバイス、業界最新情報などをご提供いたします。

Page Top

ムービン金融サイト MENU

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

©Movin Strategic Career Co., Ltd.

ファンド・M&A・会計士などに特化した金融業界専門の転職支援サイトです。
転職支援サービスのご紹介
LINE 友だち追加