ファンドに転職するにはどうすればいいのか、どんなスキル・人材像が求められているのか
PE・VC、各種ファンドへのご転職をお考えの方へ、その方法や業界採用動向などをご紹介いたします。

※PEファンド・VCをメインにファンド転職についてご紹介していきます。
他ファンドについてはほぼ採用を行っていないことや、国内ファンドも少ないことから上記に絞らせていただいております。

ファンドへの転職は難しい

ファンドレイズに伴い人員補強をするファンドがいくつか散見され、有名日系PEファンド数社で若手の募集がある他、新興形のファンドではVPクラス以上の募集も出ていますが、やはり“即戦力”クラス尚且つ非常に優秀な人材を獲得したいのが各ファンドの本音です。具体的には以下のような人材像を求めています。

バックグラウンドexperience

ファンド経験者

ファンドは少数精鋭でもあるため、やはり即戦力人材を求める傾向にあります。

投資銀行

日系・外資投資銀行でのIBD系/M&A系人材を求める傾向はどのファンドも多いです

戦略系コンサル

PEファンドがクライアントとなったプロジェクト経験者やM&A戦略経験者を求める傾向にあります。

FAS系コンサル

FASの中でもM&A戦略や、バリュエーションに従事していた方は十分にチャンスがあります。

さらに、年齢・学歴も加味され、外資系であれば英語力も必須となってきます

どうすればファンドに転職できるのか

上記経験がない場合でも、極稀に会計士やポテンシャル採用として金融出身の若手層も選考するケースもありますが数年に一度、尚且つ1社といった限定的な採用です。
ですので、まず第一にファンドに行けるキャリアを築くことが重要になってきます。
キャリアパス事例からご紹介していきます。

キャリアパス例

大手証券会社法人営業から再生系ファンドへ

ファンド、投資銀行へのキャリアをお考えでしたが、当時のキャリアでは難しくより角度を上げるため、尚且つ今後のキャリア形成も考え積極採用中のFAS系ファームにご転職されました。FASではM&A戦略の経験を積まれ、日系ファンドがポテンシャル採用をスタートした段階で応募、面接対策など万全な準備をし、見事ファンドへのご転職に成功されました。

大手証券会社法人営業から再生系ファンドへ

再生領域へのご興味があり、将来のキャリアプランまで考え、まずは再生系コンサルにて経験を積み、その後再生系ファンドとキャリアを進められました。

政府系投資銀行から外資系PEファンドへ

外資系ファンドへの転職をご希望でしたが、最終的には日系PEファンドのみ選考が進み、当時は日系ファンドへ転職する決断を致しました。また英語力という部分で少し弱い部分もあったため、ご転職後も英語については意識しながら研鑽され数年ぶりに採用をはじめた外資系ファンドにしっかりとタイミングを合わせご転職されました。

大手事業会社から外資系PEファンドへ

金融バックグラウンドがなくファンドを志望されていましたが、キャリア上難しいため、まずはキャリア形成も含め戦略コンサルタントへのご転職を薦め、ファームにてM&A戦略などのご経験を積み、見事外資系PEファンドへのご転職を成功されました。

監査法人公認会計士から日系PEファンドへ

会計士からポテンシャル採用でファンドへの転職可能性もありましたが、かなり可能性が低いため、FAS系ファームにて、しっかりとご経験を積むキャリアをご提案しました。その後有名日系ファンドの募集が始まる段階で、再度ご連絡を取り合い見事当初ご志望されていたファンド業界への転職に成功されました。

ファンドにて求められる人物像

PEファンド、VC(ベンチャーキャピタル)それぞれに分けて、具体的な求められる人材をご紹介していきます。

PEファンド(バイアウトファンド)

(1)PEファンド業務経験者
(2)投資銀行・FAS系コンサルでのM&A経験者
(3)戦略系コンサルティングファーム経験者

のいずれか…というケースが大半となっております。
少し前までは外資系投資銀行出身者をはじめとするIBD系/M&A系人材を求めるファンドが非常に多かったですが、近年では戦略コンサルティングファーム経験者のみを求めるファンドも出ており、また外資系投資銀行出身者ばかり採用していた外資系PEファンドでも戦略コンサルティングファーム出身者を採用したいというオーダーが出ており、戦略コンサルティングファーム出身者の間口も広がっています。

いずれのバックグラウドの方でも、3-4年の経験を有してプロモーションしていることが求められ、また外資系PEファンドについてはビジネスレベルの英語力も必須となります。

上記の他、コンサルティングファーム経験者については、PEファンドがクライアントとなるPJT経験(投資判断におけるビジネスデューデリジェンスのPJT経験や、ファンド投資先のバリューアップPJT経験)がある方を歓迎するファンドが多いです。

事業会社出身者や会計士の方、IBD以外の金融バックグラウンドの方について、ポテンシャル採用を実施しているファンドはごく僅かになってしまいますが、一部、投資銀行/コンサルティング経験がない方でもポテンシャル採用の対象としているファンドもあります。

VC(ベンチャーキャピタル)

求める人材のスキルセットは主に下記の3点が挙げられます。

(1)財務分析力(投資対象を財務面から分析する能力)
(2)ビジネス力(事業の優位性・将来性を精査する能力)
(3)高いコミュニケーション能力(営業力)

ベンチャーキャピタルでは上記3点のスキルセットを軸に採用ターゲットを選定しております。
例えば、コンサル業界出身者で財務面にも明るい方や会計士の方でビジネスよりのご経験をお持ちの方などが採用ターゲットになります。もちろん投資銀行のM&Aアドバイザリー経験者や事業会社の投融資担当者もベストマッチです。

また、ベンチャーキャピタリストはカウンターパートナーがベンチャー企業経営者ということもあり、その様な方と深い関係を構築できるコミュニケーション能力や案件を開拓できるソーシングスキルも求められ、それらの能力を面接の場で確認されます。

ファンド採用動向でも触れましたが、ファンド各社へのご転職はタイミングが一番重要になってきます。ご自身のスキルセットやご志向に合うファンド求人が出ても、すぐにファンド求人はクローズになってしまったり、どんなファンドなのか中が見えにくい場合もあります。
まずはファンド業界動向に精通したムービンにご相談頂き、足元の状況や今後のキャリア形成など情報共有させて頂きながらお話をさせて頂ければ幸いです。お気軽にご相談ください。

ファンド業界の最新採用動向

ファンドについては、個別企業毎の差が大きいものの、一時期と比べると採用意欲は回復しつつあり、積極採用している企業も散見されます。

PEファンド(バイアウトファンド)については、ファンドレイズに伴い人員補強をするファンドがいくつか散見され、有名日系PEファンド数社で若手の募集がある他、新興形のファンドではVPクラス以上の募集も出ております。
また、一部の外資系ファンドでもアソシエイト〜シニアアソシエイトクラスの募集が出ており、業界最大手クラスのファンドでも毎年1-2名の狭き門ながらコンスタントに採用活動が行われております。

しかしながら、ファンドについては少ない採用枠が埋まり次第、ポジションがクローズとなってしまうため、タイミングが非常に重要であり、PEファンドへの転職においては、早いタイミングから業界情報を収集しつつ適切なタイミングを図ることが重要になります。
転職したいと思ったときにはポジションがクローズになっていた、というケースもありますので、まずは最新動向や、転職のタイミングを図るためにもご相談頂ければ幸いです。

ファンドへの転職 キャリア相談会

随時開催中 キャリア相談会 ムービンではファンド業界のマーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

ファンド転職の理解をより深めるために

投資ファンドの仕事内容

投資ファンドの仕事内容 PEファンドにおける基本的な仕事の流れをご紹介していきます。

投資ファンドの歴史

ファンド転職には何が必要か 採用動向をもとにファンドへの転職に必要な求められる人材像・注意点を解説いたします。

ファンドへの転職事例

ファンドへの転職事例 日本におけるファンド市場の歴史を年代別に解説いたします。

ファンド転職FAQ

ファンド転職FAQ ファンドへの転職でよくいただくご質問をまとめました。

PEファンド後のキャリア

PEファンド後のキャリア PEファンドでのキャリアからどのようなネクストステップがあるか解説いたします。

投資ファンドの歴史

投資ファンドの歴史 日本におけるファンド市場の歴史を年代別に解説いたします。

ファンドの種類

ファンドの種類 ファンドにはヘッジファンド、アクティビストファンドなど様々な種類があります。どんなファンドがあるかご紹介していきます。

ファンド、主要プレイヤー

ファンド、主要プレイヤー ファンドにはヘッジファンド、アクティビストファンドなど様々な種類があります。どんなファンドがあるかご紹介していきます。

ファンドのスキーム

ファンドのスキーム 投資ファンドは準拠する法律によってその設立方法、機能、税金等まったく異なってきます。そのため様々なスキームが存在します。

主要ファンドの経営者・トップマネジメントの経歴を紹介いたします。

主要ファンドの経営者・トップマネジメント 主要ファンドの経営者・トップマネジメントの経歴を紹介いたします。

ファンド関連 転職情報

キャリア別特集

銀行・証券の営業マンの次のキャリアは?

銀行・証券の営業マンの次のキャリアは?

銀行・証券リテール出身者の具体的な転職事例や転職の際のポイントをいくつかご紹介致します。

ベンチャーキャピタル(VC)への転職

ベンチャーキャピタル(VC)への転職

環境の好転により徐々に採用意欲が回復しつつある、ベンチャーキャピタル(VC)への転職・求人についての最新情報をご案内いたします。

【メガバンクからの転職先】評価される経験・スキルとポイント

【メガバンクからの転職先】評価される経験・スキルとポイント

メガバンク・地方銀行でのご経験が「転職市場、企業からどのようにみられているか?評価されているか?」「どのような経験・スキルをアピールすればよいか?」を中心にご紹介いたします。

初めての転職、準備しておくべきことは?

初めての転職、準備しておくべきことは?

初めての転職で何から始めていいのかわからないという方へ、準備しておくべきことをご紹介致します。

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。金融業界へのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。金融業界へのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。

Page Top

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

©Movin Strategic Career Co., Ltd.

ファンド・M&A・会計士などに特化した金融業界専門の転職支援サイトです。
転職支援サービスのご紹介