公認会計士の転職
会計士転職において数々の受賞歴 会計士のキャリアを考える

会計士の採用動向

会計士の転職先・キャリア

会計士の求人情報

会計士の転職体験談

業界TOPICS

公認会計士の転職採用動向MARKET REPORT

会計士の有効求人数

ここ数年で、会計士の採用間口は広がりを見せています。
M&A、事業再生、経営コンサルティング、ファンド、事業会社のファイナンスポジション(CFO含む)など様々な業界・職種にてニーズが高まっております。

詳しく年齢別で見ていきますと、
20代の若手では、ポテンシャル採用でコンサルティングファームやM&A、ファンドなど幅広い領域でのキャリア形成が可能になっております。
これから成長していく若手を企業も伸びしろに期待して採用を行っております。
20代会計士の方は、次に経験する専門性によって経営企画/事業企画やM&A、CFOなどの今後のキャリアの方向性が決まってくるため、慎重に見極める必要があると共に「何をやりたいのか」という明確な目標があると戦略的にキャリアを構築しやすいでしょう。

30代では、前半では20代同様に各企業でのニーズが高く、複数のキャリア形成が可能になっておりますが、年齢が上がってくるにしたがって、即戦力性を求められる様になってくるため今までの経験をどれだけ活かせるかが重要になって参ります。
求人ですと、30代後半〜40代では事業会社でのポジションの求人が多くなり、会計や内部統制、場合によってはCFOなどのハイクラスの求人が出てくることも珍しくありません。
ただ年齢と共に会計監査のみのご経験だけではなく、+αで事業会社経験やコンサル経験などビジネス側での経験を求める企業がほとんどとなっています。

転職のご相談を頂く会計士の方からお話を伺うと、将来のキャリアを考える上で会計監査だけの経験に危機感を持っている方が大多数を占めいています。
キャリアプランとしても監査業務という「守り」から、経営に直結する「攻め」の領域にキャリアをずらしていきたい方にとっては、各社積極採用が続いている今が絶好のチャンスとなっております。
以下にて、各転職先の会計士のニーズや最新の求人についてご紹介させて頂きますが、お気軽にご相談頂ければ幸いです。
転職相談のご面談では、より深い情報から転職成功のためのご支援を提供させて頂いております。
公認会計士の転職 FAQ

キャリアコンサルタント厳選 会計士 積極採用中の求人

大手優良老舗メーカーにて、経理部長候補として公認会計士資格保有者を募集! 業界トップシェア25%の超優良老舗メーカーで経営企画を見据えた経理責任者を急募中です!

詳細はこちらから

日系大手証券会社 投資銀行部門にて会計士を募集 日系大手証券会社投資銀行部門の若手未経験ポテンシャル採用枠です!投資銀行への転職チャンス!

詳細はこちらから

M&Aコンサルタント:有名日系M&Aファーム 有名日系M&Aアドバイザリーファームにて公認会計士資格取得者を募集中!

詳細はこちらから

有名アパレルメーカーで経営企画スタッフを募集 誰もが知っている日本ブランド、有名アパレルメーカーで監査業務経験者を募集です!

詳細はこちらから

会計士からの転職 キャリア相談会

会計士からの転職 キャリア相談会

随時開催中 キャリア相談会 ムービンでは会計士の方を対象に、現在の人材マーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

公認会計士の転職先 情報CAREER

具体的な求人企業例としては、Big4系の財務(FAS)アドバイザリーファームでは会計士を対象としたセミナー・選考会を積極的に打ち出しており、Big4以外でも、知る人ぞ知るグローバルブティックファームでも若手のポテンシャル採用がスタートしています。
その他、投資銀行や独立系のM&Aアドバイザリーファーム/経営コンサルティングファームでもポテンシャル層の採用意欲が旺盛ですので、引き続きこういった企業がねらい目の他、人気かつ狭き門でもあるPEファンドアセットマネジメント会社ベンチャーキャピタルでも、一部ポテンシャル採用がございます。

事業会社(大手・商社・ベンチャーなど)への転職においては、従来多かった日系大企業・外資系大企業のみならず、市場全体が伸びているベンチャー企業、IT系企業を中心としたメガベンチャーに転身されるケースも年々増えており、経理・経営企画ポジションは勿論のこと、上場前のスタートアップにCFOとして転職される方も増えています。

その他、新しい分野としては会計の専門性を活かせ、且つ先駆者・ライバルが少ない分野としてフォレンジックの分野に注目する方が増えきており、今後これらの分野への転職は益々人気が出てくると思われます。

各分野、領域別で会計士資格者の転職ニーズや採用動向、最新転職事例などをご紹介していきます。是非ご覧ください。

会計士からM&Aポジションへ

M&Aポジション

Big4を中心としたFAS系ファームから、独立系のブティックファーム、また日系・外資投資銀行などで積極採用が続いています。

会計士から企業再生ポジションへ

企業再生ポジション

20代の若手に関しては、監査経験のみでもポテンシャルを加味して選考・採用する企業も多く非常にチャンスとなっております。

会計士から経営コンサルタントへ

経営コンサルタント

コンサル業界全体として業績好調が続いており、採用も活発化しています。だからこそ自身の志向を踏まえたファーム選びが重要になります。

会計士から投資ファンドへ

投資ファンド

非常にハードルが高く、会計監査+αの経験が必要になってきますが、稀に若手限定のポテンシャル採用を行うファンドもございます。

会計士から事業会社・ベンチャーへ

事業会社・ベンチャー

経理・財務ポジションへの転職が特に多いですが、経営企画やCFO候補ポジションで数字に強い会計士の方を歓迎する企業も出てきています。

会計士からフォレンジック部門へ

フォレンジック部門

先駆者・ライバルが少なく、「第一人者」になりやすいチャンス溢れる分野。監査業務以外を経験したい方は選択肢の1つとしてお考えください。

会計士から監査法人・会計事務所へ

監査法人・会計事務所

大手、中堅監査法人共に採用意欲が高い状態で、監査だけでなくアドバイザリー部門でも積極採用を展開しています。

会計士から金融機関へ

その他金融機関

監査法人にて銀行・証券会社をはじめとした金融機関担当の部署にいらっしゃた方は主計部やリスクマネジメントの領域でニーズがあります。

会計士から戦略コンサルタントへ

戦略コンサルタント

戦略コンサルも積極採用していますが、採用基準が緩んでいる訳ではありません。徹底的にケースインタビュー対策が必要になってきます。

公認会計士向け 最新求人情報NEW JOB

最新求人情報 会計士向け

少数精鋭の税務系アドバイザリファームにて積極採用中!

企業情報: M&A・再編について会計、税務および評価等のプロフェッショナルが支援する独立系アドバイザリー・ファームです

PEファンドにて会計士の方を積極募集中!

企業情報: アジアを中心にグローバル展開もしているPEファンドです。

電力、ガス業界のM&Aポジションで積極採用中!

企業情報: 大手財務系コンサルティングファームです

年収〜2000万が狙えるコーポレートベンチャーキャピタルポジションがOPEN!

企業情報: 某上場企業の投資・コーポレートベンチャーキャピタル部門です

少数精鋭のアドバイザリーファームにて会計士を募集中!

企業情報: 日系ブティックM&Aアドバイザリーファームです

総合商社にてM&A担当者を募集!

企業情報: 日本を代表する総合商社の1社です!

公認会計士 転職体験談SUCCESS STORY

会計監査から大手FAS系、再生部門へ
会計監査から大手FAS系、再生部門へ 幅広いキャリア形成の可能性も考えながら事業再生領域にて自身の会計の知識を活かしたいと思い、転職活動を進められておりました。

詳細はこちらから

監査法人から国内大手証券会社 M&A業務へ
監査法人から国内大手証券会社 M&A業務へ 大手監査法人でのプロジェクトで、クライアントの1社がM&Aでの買収自身の業績を大きく伸ばしている姿を目のあたりにし転職を決意。

詳細はこちらから

大手監査法人から独立系M&Aブティックファームへ
大手監査法人から独立系M&Aブティックファームへ 海外MBAに留学中にご相談を受けSkypeやメールなどで密に連絡を取りながらご希望のM&Aアドバイザリーへの転職を成功致しました。

詳細はこちらから

外資系大手投資銀行 アナリスト(第二新卒)へ
外資系大手投資銀行 アナリスト(第二新卒)へ 英語力を活かし、グローバルトップの外資系証券にてチャレンジされたいお気持ちを強く持っておりました。

詳細はこちらから

その他、会計士の転職事例・体験談はこちらから

会計士資格保有者の方々へCAREER

ムービンでは、これまで多くの会計士の方の転職のご支援をさせていただいております。
会計士の皆様との面談を通じて感じたこととして、ご自身がどのような分野へご転職ができるのか、他の会計士の方がどのようなキャリアを積まれているか、ということをよく知らない方が多い印象を受けています。
また、漠然と会計のバックグランドを活かしたいと思いつつも、具体的にどのような方向性を目指せばいいのか、クリアに出来ていない、そもそもどのような選択肢があるのか体系的に整理できていない方も、意外と多いように見受けられます。
「先輩や同僚が転職をされたら、なんとなくそういうところに転職できるのだろう」と数件の事例から漠然と選択肢を考えている方が多く、こういった思い込みでキャリアの選択肢を狭めてしまうのは、正直もったいないと思います。

会計士のキャリア例

過去の数字のチェックでは無く、より会社の事業の将来を良くする仕事をしたいが、どのような選択肢があるか?

選択肢としては、「M&Aアドバイザリー」「事業再生コンサルティング」「戦略コンサルティング」「事業会社の経営企画」等、多数の方向がありますが、「どれくらい会計・ファイナンスの知識を軸にしたいか」「どれくらい事業にどっぷりとつかっていきたいか」といった観点でBestな選択肢が変わります。また、必要とされるスキルセットや勤務スタイル、その後のキャリアパスも大きく変わるため、複合的な視点でキャリアを考えることが重要です。

将来CFOを目指すにはどうしたらいいか?

CFOと一口に言っても「攻め」のCFOと「守り」のCFOによって、求められる経験・スキルセットが大きく異なり、またベンチャーのCFOとグローバル企業の日本法人のCFOでも、求められるスキルの優先順位が異なります。肩書だけで言えば、監査法人から直接ベンチャー企業のCFOに直接転職できるチャンスもありますが、「求めるCFO像」によってベストな選択肢は異なりますので、そちらからしっかりすり合わせさせていただいた上、お話させていただくことが重要かと思います。

プライベートエクイティファンドに興味があるが、どうすれば行けるのか?

大手プライベートエクイティファンドにファンドへのご転職の場合、戦略コンサルティング、M&Aアドバイザリーもしくは会社によっては事業再生コンサルティングの経験をお持ちの方が対象となりますので、いずれかの経験を積むステップを挟むことが必要です。しかしながら、数少ないながらも会計士から直接PEファンドに転職できるチャンスもあり、実際に弊社経由で過去数件、監査法人から(上記の経験無しに)直接PEファンドに転職されたケースがございます。

情報収集がキャリア選択肢を分ける

会計士のキャリアパス事例にもあるように、事業会社、金融機関、コンサルティングファーム等々様々な分野で会計士方のニーズがあります。
会計分野はどの時代においても必要不可欠ですし、その時その時でホットな分野は変わってきます。
現状では、コンサルティングファーム/アドバイザリーサイドですと、M&A、事業再生、そして東芝をはじめとした多数の企業の不正で着目を浴びるようになったフォレンジック関連業務なども、ホットなテーマの1つかと思います。他方、事業会社サイドでは、ベンチャーのCFO/CFO候補ポジションが圧倒的にホットな分野となっておりますが、こういった現在のマーケットニーズをしっかりと把握することがまずは非常に大事になってきます。

キャリアを考えるために

皆様の中には会計バックグランドを活かして何がやりたいかということで迷われている方もいらっしゃるんではないでしょうか。そうお考えの方は、ぜひ一度弊社へお越しください。まずは、ご自身の志向の整理のためにもご相談ベースでも全く構いませんので弊社へお越しいただければと存じます。
弊社ではこれまでの過去の実績から会計士資格を保有されている方が、様々な領域でご活躍されている事例を多く見ています。その為、最新の各業界動向や、採用状況、また会計士の方のキャリア形成を皆様にご提供できるのではと考えております。ご登録に来たからといって転職を強要することは全くありません。まずはお気軽な気持ちでご登録いただけますと幸いです。

マーケット状況やご志向、キャリアプランの相談でも結構でございます。
ご自身の可能性を知りたいという方はぜひ一度弊社スタッフへお問い合わせください。
ご自身では気づかれない可能性も見つかるかもしれません。


転職事情・業界トピックスCOLUMN

会計士の英語力の必要性
会計士の英語力の必要性 ビジネスのグローバル化に伴い年々英語力の必要性は高まっていますが、どのポジションに転職するか、どのようなキャリアに進みたいかで英語の必要性は変わってきます。具体的にどんなポジションで英語が必要なのかご紹介していきます。

ベストな転職のタイミングとは
ベストな転職のタイミングとは 「転職するならいつのタイミングがベストか?」というご質問をよく頂きますが、典型的な質問でありながらも非常にご回答が難しいご質問であり、「ベストな転職のタイミング」の正解は1つでは無く、様々な要素が絡みあって解が導き出されます。

転職市場における米国公認会計士(USCPA)の価値とは
転職市場における米国公認会計士(USCPA)の価値とは USCPA取得者が転職市場において評価されるポイント、転職可能性が比較的有利になるポジションなどをご紹介していきます。

「キャリアを考える」会計士資格保有者の方々へ
「キャリアを考える」会計士資格保有者の方々へ 「これから会計バックグランドを活かして何をやりたいですか?」この質問で悩んでしまう方も少なくないと思います。これまでやってきたことを棚卸し、自身のキャリアを考えることも時には必要です。少し立ち止まって一緒に考えてみませんか?

会計士からの転職 キャリア相談会

会計士からの転職 キャリア相談会

随時開催中 キャリア相談会 ムービンでは会計士の方を対象に、現在の人材マーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

キャリア別特集

銀行・証券の営業マンの次のキャリアは?

銀行・証券の営業マンの次のキャリアは?

銀行・証券リテール出身者の具体的な転職事例や転職の際のポイントをいくつかご紹介致します。

ベンチャーキャピタル(VC)への転職

ベンチャーキャピタル(VC)への転職

環境の好転により徐々に採用意欲が回復しつつある、ベンチャーキャピタル(VC)への転職・求人についての最新情報をご案内いたします。

【メガバンクからの転職先】評価される経験・スキルとポイント

【メガバンクからの転職先】評価される経験・スキルとポイント

メガバンク・地方銀行でのご経験が「転職市場、企業からどのようにみられているか?評価されているか?」「どのような経験・スキルをアピールすればよいか?」を中心にご紹介いたします。

初めての転職、準備しておくべきことは?

初めての転職、準備しておくべきことは?

初めての転職で何から始めていいのかわからないという方へ、準備しておくべきことをご紹介致します。

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。金融業界へのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。金融業界へのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。

Page Top

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

©Movin Strategic Career Co., Ltd.

ファンド・M&A・会計士などに特化した金融業界専門の転職支援サイトです。
転職支援サービスのご紹介