銀行への転職

メガバンク・銀行出身者の方が転職に際して、
・転職市場、企業からどのようにみられているか?評価されているか?
・どのような経験・スキルをアピールすればよいか?
メガバンク・銀行出身者の方への転職情報をご紹介いたします。

一部のコース別採用を除き、銀行内でのキャリアは様々な部署を3-5年単位でローテションし、ジェネラリストとして幅広い経験を積んでいくキャリアになります。
新卒の場合、最初は支店にて銀行業務の基礎を学び、様々な部署に異動していくキャリアが主となります。中途採用の場合も、上記ローテションに組み込まれるケースが多く、入社時の部署にて数年勤務した後は、違う部署に異動となる可能性がございます。

また、特筆すべき点として、一部の役員を除き50歳前後から関連会社や顧客企業への出向・転籍という形で銀行を「卒業」することになり、他業種と比べると早いタイミングで銀行のキャリアを終え、新たな環境でキャリアを再スタートすることになります。

逆に、若いうちに銀行を「卒業」し、新しい環境にチャレンジするケースも年々増加しており、「より専門的な分野でのキャリア構築」を志向されてM&Aアドバイザリー会社や再生コンサルティングファームに転職されるケース、「融資では無く投資業務に従事したい」という理由で独立系投資会社に転職されるケース「より事業面から顧客を支援したい」との想いから戦略コンサルティングファームに転職されるケース…といった形で、様々な分野に転職されています。

上記以外にも事業会社の財務や経営管理系ポジションに転職されるケースも有、メガバンク出身の若手は「財務会計の基礎知識」「事業面・財務面の分析力」「ポテンシャルの高さ」を買われて様々な業界に転職しています。

他方、銀行でのキャリアは「ジェネラリストとして幅広い経験を積んでいくキャリア」である故、「転職しやすいタイミング」があるのも事実であり、銀行外でのキャリアを構築を視野に入れる際には、戦略的にキャリア構築を行う必要があります。

弊社では銀行業界出身の方向けのキャリア相談会も行っており、転職ありきで無くキャリアのご相談を受け付けておりますので、キャリアについてお悩みの際には、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

CAREER PATH

これまでの経験を活かすのか、それともポテンシャル枠として異業種・異業界への転職なのかそれぞれ可能性のある転職先としてご紹介していきます。

評価されるポイントとは!? 銀行出身者必見!ポジション別解説!

銀行の方と言っても部署・ポジションによって、スキルやご経験は様々かと思います。同業となる他の銀行・金融機関の同様のポジションにご転職されるのであれば、銀行での全てのご経験が活きますが、ここでは異業種に転職する際に評価されやすい代表的なご経験・スキルの例をご紹介させていただきます。

法人営業経験

RM(Relationship Manager)として法人営業業務に従事してきた経験・顧客と折衝してきた経験は、異業種の営業職でも評価されます。

経営企画・事務企画・業務企画経験

銀行で経営企画・事務企画・業務企画といった企画系業務に従事されてきた経験は、金融機関を対象としたコンサルティングファームなどで非常に評価されます。
また、計数管理・海外進出の企画・マーケティング企画といった銀行特有ではない企画経験は、異業種でも活かせることが多く、評価されます。

リスク管理・企画経験

IT戦略・企画、システム開発・運用(インフラ)、システム開発・運用(市場系、リテールなど)、海外システム企画、サイバーセキュリティ企画・管理など

業績不振先・不良債権処理の対応経験

事業再生のコンサルティング・事業再生ファンドにおいては、銀行という立場で業績不振先に対応してきた経験、不良債権処理に従事した経験は非常に評価されます。
事業再生の業務では、銀行は重要なステークホルダーの1つであり、銀行という立場で当該業務に取り組んできた経験がダイレクトに役に立つことは多く、また銀行の目線・考え方が分かっていることは、立場が変わっても役に立ちます。

財務分析経験

コーポレイトファイナンス系の業務につくのであれば、基本的な財務分析経験は必須であり、基本的なBS/PL/CF分析をしてきた経験は評価されます。馴染みない方には、基本的な内容でも財務分析は非常に敷居が高く、意外と異業種で精通している方は少ないです。
またM&A・事業再生・融資といった業務でなくとも、事業会社の財務で資金調達に従事する、企画部門で予実管理をするといったポジションでも、定量的に数字を分析してきた経験は評価されます。

注意すべき転職時のポイントスムーズに転職活動を進めるために

「完全な情報」を求めすぎず、まずは動き出す

転職を考えてご相談にいらっしゃるものの、ついつい情報を集めることに時間をかけすぎてしまい、なかなか転職活動に踏み切れないまま、お仕事が忙しくなって活動を中断する…という事例がしばしばございます。
事前情報をしっかり集めることももちろん大事ですが、事前に集められる情報はどうしても限られてしまいますので、普段のお仕事同様、転職活動も「足を使って生の情報を集める」ことが重要です。面接を通じて生の情報を収集しつつ、「必要な情報」を特定し、走りながらポイント絞って情報集めていくことが重要です。
情報収集についても弊社ムービンをご利用ください。金融業界専門のキャリアコンサルタントがサポート致します。

タイミングを逃さない

前段の項目と被りますが、転職活動にはタイミングも重要です。
お仕事のタイミングは勿論のこと、年齢の面でも20代の方が30代よりも圧倒的に選択肢が多いので、転職の「旬」を逃さないことが重要です。
また、本当は銀行での業務があまりフィットしていないにもかかわらず、過剰に頑張りすぎてうつ病になってしまう・体調を崩してしまい退職・休職してしまう…というケースも残念ながらございますので、こういった事態になる前に、外の世界を見てみることが重要です。

見かけのリスクを過度に恐れない

メガバンクは近年も経営も安定しており、また行内で自身がどのようにキャリアを積んでいくか、どのような可能性があるか、良くも悪くも「ある程度見えている」ので、現職で勤務を続けることは低リスクかと思います。こちらと比べると、転職することは高リスクに見えるかと思います。

しかしながら、かつて13行あった都市銀行は大半が合併・統合の嵐に巻き込まれ、またリーマンショックのような出来事が発生すれば金融業界も再度大きなリスクにさらされます。
どのような環境の変化があっても、自らの力で運命を切り開いていけるスキル・経験があれば、見かけほどリスクは大きくなく、逆に見かけ上のリスクが小さくとも、会社が潰れてしまうと再就職できるスキル・経験が無い…という事態では、万が一の際のリスクが極めて大きくなります。

最終的には自身の生き方・キャリア観次第ではありますが、見かけのリスクを過度に恐れてしまうと、本質を見誤ってしまう恐れがあります。

優先順位をつける

どんな会社、どんな業務にも良い点・悪い点があり、全ての点において最高という選択肢はありません。
現実には存在しない「理想の会社」を追い求めるのではなく、キャリア・仕事に求める事を明確にし、自身が求める物に優先順位をつけた上で、現実的な選択肢の中から一番自分に合うものを選ぶ姿勢を持つことが重要です。

銀行からのキャリア・転職事例直近の転職成功事例

弊社ムービンにてご支援させて頂いた直近の転職事例をいくつかご紹介いたします。
他にも様々な業界、ポジションへの転職事例がございますので転職体験談をご覧いただくと共に、ご自身のキャリアの可能性を知るためにも是非一度ご相談頂ければ幸いです。

メガバンクからBig4系FAS M&Aポジションへの転職

ご経歴 男性 28歳 中堅私立大卒 メガバンク
ポジション Big4系FAS M&Aポジション
転職理由 専門性に乏しい業務を行っていたことや、大企業特有の人事ローテーションに不安を感じた為

詳しくはこちらから:
転職成功体験談: メガバンクからBig4系FAS M&Aポジションへの転職

【転職成功体験談】メガバンクの法人営業から大手M&A仲介へ

ご経歴 男性 27歳 中堅私立大学 メガバンク 支店法人営業
ポジション 大手M&A仲介 M&Aコンサルタント
転職理由 経営者(またその法人)を相手に支店貸出金の期中管理や取引先の企業分析、与信取引の支店内審査等、融資業務に従事してきましたが中小企業を多く相手にしていく中で、世の中に事業承継のニーズがとても多い事に気が付いたのが転職を考えるきっかけになりました。

詳しくはこちらから:
転職成功体験談: メガバンクの法人営業から大手M&A仲介へ

【転職成功体験談】地方銀行から独立系再生コンサルファームへ

ご経歴 男性 29歳 有名私立大学 地方銀行 法人営業
ポジション 独立系再生コンサルティングファーム コンサルタント
転職理由 地方銀行で勤務していた中、事業再生業務に関与し、再生業務のフィールドで更に活躍したいという想いが芽生え転職を決意しました。

詳しくはこちらから:
転職成功体験談: 地方銀行から独立系再生コンサルファームへ

【転職成功体験談】メガバンクからAIベンチャーの企画ディレクターへ

ご経歴 男性 28歳 有名国立大卒 メガバンク RM/営業企画
ポジション AIベンチャー企業 企画ディレクション
転職理由 ローテーションが前提でゼネラリストを育成する組織である銀行に、キャリアとして疑問を感じたことがきっかけでした。

詳しくはこちらから:
転職成功体験談: メガバンクからAIベンチャーの企画ディレクターへ

マーケット状況やご志向、キャリアプランの相談でも結構でございます。
ご自身の可能性を知りたいという方はぜひ一度弊社スタッフへお問い合わせください。
ご自身では気づかれない可能性も見つかるかもしれません。


キャリア別特集

銀行・証券の営業マンの次のキャリアは?

銀行・証券の営業マンの次のキャリアは?

銀行・証券リテール出身者の具体的な転職事例や転職の際のポイントをいくつかご紹介致します。

ベンチャーキャピタル(VC)への転職

ベンチャーキャピタル(VC)への転職

環境の好転により徐々に採用意欲が回復しつつある、ベンチャーキャピタル(VC)への転職・求人についての最新情報をご案内いたします。

【メガバンクからの転職先】評価される経験・スキルとポイント

【メガバンクからの転職先】評価される経験・スキルとポイント

メガバンク・地方銀行でのご経験が「転職市場、企業からどのようにみられているか?評価されているか?」「どのような経験・スキルをアピールすればよいか?」を中心にご紹介いたします。

出身業界・ご志向別 「キャリアの考え方」

出身業界・ご志向別 「キャリアの考え方」

各出身業界・バックグラウンド・ご志向別に、どのようなキャリア選択肢があるのか、採用動向や実際にご支援させて頂いた転職事例などをご紹介いたします。

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。金融業界へのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。

お一人お一人に合せた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。金融業界へのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。

Page Top

ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

©Movin Strategic Career Co., Ltd.

ファンド・M&A・会計士などに特化した金融業界専門の転職支援サイトです。
転職支援サービスのご紹介