HP、Electronic Data Systemsの買収交渉を認める

Hewlett-Packard(HP)は米国時間5月12日、Electronic Data Systems(EDS)の買収交渉を行っていることを認めた。

 まずWall Street Journal(WSJ)が、複数の匿名情報として、HPがEDSを120億〜130億ドルで買収することで両社が交渉していると報じた。WSJによると、世界最大規模のコンピュータメーカーとITサービスプロバイダーである両社は、早ければ13日にも合意に達する可能性があるという。

 この記事が掲載されるとHPの株価は6%下落し、HPは同社の株の取引が停止されていることを認めた。EDSの株価はこのニュースを受けて27%上昇した。

 15日に第2四半期の業績発表を予定しているHPは、12日の株式市場修了後にプレスリリースを出した。

 「合意に達する、あるいは契約が完了するという保証はまったくない。HPは、合意に達するか、話し合いが終わりを迎えるかするまでは、さらなるコメントの予定はない」と、声明に記されている。

 EDSも12日午後、両社が「進んだ話し合い」を持っていることを認める声明を出したが、詳細は明らかにしなかった。

 2007年のEDSの売り上げは221億ドルで、前年比で4%増加となっている。HPの2007年の売り上げは1040億ドルだった。

 この買収が成立すると、HPは企業顧客を争うIBMに対し、より強力な競争力を持つことになる。IBMも、グローバルサービス部門があるので、サーバなどバックエンドのハードウェアを長期のサービス契約とともに提供できる。しかし1つ違いがある。HPにはPC事業があり、2007年はPC販売台数で世界トップを獲得した。一方IBMはPC部門を4年前にLenovoに売却している。

(この記事は現在翻訳中です。随時更新していきます)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。

 調査会社IlluminataのアナリストであるGordon Haff氏は「HPは、ある意味もっとIBMのようになりたいと思っていたのだろう」と話す。「これは、単なる製品や技術のプロバイダーであるよりも、ソリューションプロバイダーとしての度合いを強めるためにHPがやろうとしてきたことと、完全に整合している。これが意味をなすかどうかはかなりの部分、HPがどのような額で合意を引き出せるかにかかっている」

 大手コンサルティング企業の獲得にHPが乗り出したのは今回が初めてではない。2000年、HPはPriceWaterhouse Coopers(PWC)の獲得交渉を行った。議論の的になったこの買収は、当時の最高経営責任者(CEO)Carly Fiorina氏による大変革の第1弾だった。しかし、2000年秋に売り上げが著しく不足し、ウォール街の不安が大きくなったことで、HPはこのアイデアを取り下げることになった。その2年後、IBMがPWCを35億ドルで買収したのに対し、HPは戦略を大幅に変えてPCメーカーのCompaqを買収した。あれから8年、両社とも規模はずっと大きくなったが、このEDS買収は両社を同じ立場に立ち戻らせるように思える。

 HPは近年、企業の基盤ソフトウェア会社に大金を注ぎ込んでおり、Mercury Interactive、Opsware、SPI Dynamics、Bristol Technology、Peregrine Systemsなどを買収している。HPがこうして得た企業向けソフトウェアを大規模なコンサルティング部門と結合させれば、システム管理ソフトの「Tivoli」のようなパッケージ製品を中心に据えたコンサルティングサービスを販売できるIBMのグローバルサービス部門と、真っ向から衝突する。

2008年 5月9日
CNET Japan

日本HP
2007年に総売上高で1000億ドルを超え世界第1位のIT企業となったコンピュータ関連企業。1963年に日本の横河電機とヒューレット・パッカードとの合弁企業、横河ヒューレット・パッカード (YHP) として設立。最近では、データセンターを中心とするIT基盤、および企業、個人、公共・公益におけるITサービスの変革に向けて『HP Cloud』を展開しており、その中で、クラウドを取り込みながらITサービスの最適化を実現する『HP Hybrid Delivery』ソリューションを提供している。また、クラウド環境の設計・構築・管理・運用のアーキテクチャの提供だけでなく、クラウドの企画段階までをサービスで体系化している。

日本HPについて

コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 

初めての方へ

離職中の方に向けた個別キャリア・転職相談会 20代〜30代の方で現在離職中の方に向けた個別キャリア・転職相談会です。

ベイン・アンド・カンパニー ケースインタビューワークショップ ベイン現役コンサルタントによる、ケースインタビューとはそもそもどういうものか、何のために行うのかといった内容のワークショップです!

デロイトトーマツコンサルティング合同会社(DTC) Technologyユニット休日選考会 当日ご面接にお越しいただける方については、最終面接までを同日中に実施する予定です。休日に1日で面接プロセスを完了できる機会です。

アビームコンサルティング ITMSセクター採用セミナー 1日選考会 なかなか平日に都合がつかない方にとっては「セミナー+選考」という絶好の機会かと思います。

テラモーターズ 会社説明会&選考会 日本発のEVベンチャーであるテラモーターズにて会社説明会&選考会を開催いたします。

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

東大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

東工大出身者のためのプライベートキャリア相談会 東工大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

一橋大学出身者のためのプライベートキャリア相談会 一橋大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

キャリア相談会のご案内 一橋大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

メールマガジン

戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 6F
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

Page Top

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントへの転職方法

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.