現在人気職種の一つとなっている「コンサルタント」

コンサルタントといっても戦略、IT、人事、財務アドバイザリーなど様々な領域に特化したコンサルタントが存在していますが、すべてのコンサルタントの役割は企業の様々な経営上の課題を明らかにし、解決策を提示し、その実現を支援することです。

コンサルティング業界の市場規模は年々成長しており、現在は1,800億円から3,000億円程度と言われています。アメリカのコンサルティング業界の市場規模が6兆円から10兆円程度と言われているので、日本やアジアにおいては、これから大きな成長が期待されている業界といえます。

コンサルティングファームの種類

コンサルティング業界を理解するうえで、まずはコンサルティングファームをご紹介していきます。成り立ちや得意とするコンサルティング領域によって大きく分けて7つに分類することが出来ます。

戦略系コンサルティングファーム: 欧米に本社を置く外資系が多く、経営戦略を得意としている。大企業や外資系の顧客を中心にグローバルに展開している。

IT系コンサルティングファーム: ITを活用した業務改革やシステム導入などを得意としている。

人事系コンサルティングファーム: 人事制度や育成・研修、年金など人事部門が抱える課題に特化。

金融系コンサルティングファーム: 財務アドバイザリーやM&Aなどのコンサルティングを提供している。

シンクタンク系ファーム: 大手金融機関が立ち上げたファームで、官公庁向けのリサーチや経営・ITコンサルティングを提供している。

総合系コンサルティングファーム: あらゆるテーマで戦略〜IT、実行までのサービスを一気通貫で提供している。Big4を母体とし大規模ファームでもある。

国内独立系コンサルティングファーム: 日本で独自に発祥・進化を遂げ、主に中堅・中小企業を対象に幅広いコンサルティングを手掛けている。

コンサルティングファーム一覧

コンサルタントの役職と仕事内容

コンサルティングファームは多種多様にありますが、コンサルタントの基本的な役職、仕事内容は変わりません。まずは役職(キャリアパス)から見ていきましょう。
各職位の呼び方はファームごとに異なる場合がありますが、基本的に以下の4つに分けられます。昇格については各ファームで決められた基準によって決められています。

◆パートナー
(ディレクター、ヴァイスプレジデント、プリンシパルなど)
パートナーの大きな仕事は案件の獲得(営業)とコンサルティングファームの経営です。パートナーだけがコンサルティングの真の魅力を味わえるポジションです。

◆マネージャー
(プロジェクトマネジャー、マネージコンサルタントなど)
プロジェクトの管理、顧客との折衝、予算管理が仕事の中心。プロジェクト全体に責任を持つポジションです。

◆コンサルタント
(シニアアソシエイト、アソシエイトなど)
コンサルタントには、実作業+マネジメントスキルが重視されます。仮説を立てて検証していくことが大きな仕事です。未経験からの中途入社の場合はこの職位からのスタートになることが多いです。

◆アナリスト
(アソシエイト、リサーチャーなど)
アナリストの仕事には地味なものが多いが、現場にもっとも近い役割を担う。新卒入社の場合コンサルタントキャリアのスタートととなるポジション。中途入社の場合でもこの職位からスタートすることがあります。

基本的に明確な所属部署はなく、プロジェクト毎に編成されるチームに参加してプロジェクト内の業務を担当します。そのため、プロジェクトごとに一緒に働く上司や同僚が変わることもあり、海外や地方へ出張して働いたりすることもあります。

コンサルタントの仕事

コンサルティングプロジェクト(コンサルタントの仕事)

コンサルティング案件はパートナークラスの営業や、直接ファームへの依頼、競合他社とのプレゼンテーションで受注が決まります。

◆プレゼンテーション 企業のおかれている状況、問題の背景、解決へのアプローチ、取組体制、プロジェクト期間など、プロジェクトの提案書を作り、企業の経営層へのプレゼンテーションを行います。プレゼンでは複数のコンサルティングファームとコンペを行うこともしばしばあります。

◆案件受注 クライアントに提案を受け入れてもらい正式にプロジェクトを受注します。ここでコンサルティングファーム側でメンバーが選出されプロジェクトチームが組まれます。また同時にクライアント側でもプロジェクトメンバーの選出を依頼し、社内の推進役を務めてもらうようにします。

◆キックオフ・ミーティング チーム発足後、全員で集まり顔合わせと、プロジェクト全体の体制、スケジュールなどの確認を行います。

◆インタビュー・仮説 問題解決の仮説構築のため、クライアント社内や社外の専門家にインタビューをしたり、データ収集をし材料を集めていきます。問題解決に向けて仮説を立て、検証するサイクルを繰り返し、クライアントとも議論しながら進めて行きます。

◆課題解決方法の決定 これまで集めた情報・データを基に最終的な課題解決方法を策定していきます。チーム内で議論し最終的に提案すシナリオを固め、中身を充実させてから最終報告、提案に臨みます。

◆提案・実行支援 最終的な結論を経営層に報告・発表します。この報告が終われば、ひとまずプロジェクトは終了です。近年では策定した課題解決方法を実行するため、クライアントと一緒に実行支援まで行うコンサルティングスタイルが多くなっています。クライアントに成果が出るよう定着に向けて改善を図りながら支援していきます。

コンサルティングプロジェクト事例

コンサルタントの仕事の魅力

コンサルタントにおける魅力は人それぞれかもしれませんが、
・若いうちから経営というテーマの仕事が出来ること
・誰もが知っている企業の経営支援が出来ること
・プロジェクトを完遂したときの達成感
・顧客からの感謝
といったことに、やりがいや魅力を感じる方が多いです。

また、
・海外案件などグローバルに活躍できる機会
・高い年収
・身に付けたコンサルティングスキルを生かした更なるキャリアアップの可能性
なども大きな魅力のひとつでしょう。

近年日本でも「コンサルティング」が浸透し2000年当初から比べると案件の量や、規模、コンサルティングファーム自体の数も非常に多くなりました。
現状、ほとんどのコンサルティングファームでは積極採用中で、コンサルタントへのキャリアをお考えの方にとっては、非常にチャンス化と思います。

コンサルタントになるには - 求められる人材像 -
コンサル業界採用動向

弊社ムービンではコンサル業界出身者のキャリアコンサルタントが転職サポートしております(弊社転職サービスはすべて無料です。書類添削からケース面接対策まで転職の全てをフルサポート。)
また、お蔭様でコンサルティング業界への転職支援については業界No.1を誇っております。
キャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。コンサルタントへのご転職をお考えの方、1年後、2年後と、先を見据えてのご転職をお考えの方も問題ありません、ぜひ一度我々にご相談ください。

ムービンの転職サービスについて
転職体験談 - ムービン転職支援実績 -

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top