ウルシステムズ -コンサルティングファームリスト-

ウルシステムズは2000年に設立された、戦略的ITによってお客様にビジネスの成功をお届けするコンサルティングファームです。
お客様の成功をITで支援するコンサルティングサービスと、ビジネス革新を支える日本発のソフトウェアソリューションを提供しています。
また、ソフトウェアベンダーや高い技術力を持つSIerとの積極的な協業やアライアンスを推進しており、クラウドコンサルティングやスマートフォンコンサルティングなど、新規分野への参入も積極的に行っています。

特集・インタビュー:ウルシステムズ

ウルシステムズ株式会社 インタビュー

漆原社長に、ウルシステムズのミッションや事業内容、仕事にかける想いや人事制度などをお伺いしました。

会社概要:ウルシステムズ

社名ウルシステムズ株式会社
URL日本:http://www.ulsystems.co.jp/
設立2000年(平成12年)07月
代表漆原 茂
所在地東京都中央区晴海 1-8-10 トリトンスクエア タワーX 14F
沿革
平成12年ウルシステムズ株式会社を設立
平成18年ジャスダック上場

組織体制:ウルシステムズ

従業員数(平成22年3月31日現在)
コンサルティング事業 103名
ソフトウェア事業 15名
全社(合計)129名

事業概要・領域:ウルシステムズ

コンサルティングサービス

発注者であるお客様ご自身が主導してビジネスとITとのギャップを埋めていくために、
ウルシステムズは4つの独自のコンサルティングサービスを提供します。

IT戦略立案支援

- ビジネスの目的(Goal)とITの不整合によるギャップを解消
- お客様のビジネス戦略を支えるIT戦略を立案
お客様のビジネス革新を実現する事業戦略に合致した、最適なIT戦略の立案を行います。
ビジネスの目的(Goal)とシステム化計画との不整合によるギャップを埋め、ビジネスを成功に導きます。

〇IT戦略立案
お客様の中長期的な経営目的を実現するために必要なIT戦略を立案し、IT投資の方向性と全体のあるべき姿を立案いたします。短期的なビジネスニーズと中長期戦略のバランスを考慮し、お客様事業価値の拡大という視点でIT投資効果の最大化を目的とします。

〇全社ITグランドデザイン
現状のIT全体状況を踏まえた上で、投資コストと運用コストを考慮した全社ITのグランドデザインを行います。
部門横断のITガバナンスを確立することで、現行システムの無駄な肥大化やシステムの乱立を防ぐことができます。

〇システム化計画立案
IT戦略を具体化していく上で、既存システムや技術・予算などの各制約条件を考慮した上で、最適なシステム化計画を立案します。
具体的なアクションプランを策定することで、優先度の高いビジネスから効果的にシステム化を実施することができます。

業務分析・要件定義

- 業務(Activity)の理解不足による要件とシステムのギャップを解消
- ビジネス戦略を確実に実現する業務とシステムを定義
お客様の事業戦略を確実に実現する業務要件を策定します。
業務(Activity)の理解不足によるシステム要件とのギャップを埋め、戦略に合致した業務オペレーションを実現します。

〇ビジネスモデリング
UML等のモデリング技法を用い、業務の現状やあるべき姿を可視化し、業務部門とIT部門の要件のズレを無くします。
システム全体像を早期に合意できると共に、要求の乖離を未然に防止し、精度の高い開発見積もりや開発計画の立案が可能になります。

〇業務分析・設計
お客様の現状の業務及び業務上の課題を分析し、あるべき業務を立案・設計します。
経営と業務両方の課題からあるべき姿を検討することで、正しい優先順位で業務改善を実施することができます。

〇要件定義
策定されたあるべき業務から、最適なシステム要件を定義します。
プロトタイピング等の手法により、事前にシステムの操作性やイメージを業務部門と調整することで、確実に運用できるシステム要件を定義できます。

プロジェクトマネジメント

- お客様自身のプロジェクトマネジメント力を強化、開発工程(Process)のギャップを解消
- お客様主導でのプロジェクト遂行を支援しベンダー依存脱却を実現
お客様ご自身のプロジェクトマネージメント力を強化することで、ベンダー依存から脱却した、お客様主導でのプロジェクト遂行を支援します。
システム開発工程(Process)の不手際から生じるギャップを埋め、予定通りのコスト・期間・品質でのプロジェクト遂行を可能にします。

〇プロジェクト管理支援
お客様側のプロジェクトマネジメントに参画し、プロジェクトのリスクや問題点を早期に洗い出しその解決をご支援します。
ベンダーの成果物のレビューやスケジュール管理、リスク管理などを適切に行い、先手を打って対処していくことで、システム開発プロジェクトを予定通り円滑に進めます。

〇RFP策定・ベンダー選定
システム開発要件を明確に定義し、RFP(提案依頼書)を作成し、お客様にとって最適な開発ベンダーの選定をご支援します。
中立な立場で、コストだけでなく開発ベンダー個々の技術力も具体的に見極めながらベンダーを評価することで、確実なシステム開発の成功をお約束します。

〇開発プロセス標準化
開発ベンダーにロックインされないように、開発プロセスの標準化策定から定着までご支援します。
ウォーターフォール型や最新のアジャイル開発手法にいたる各種開発方法論を、お客様の現場に最適な形にカスタマイズしてご提供します。
マルチベンダー環境でも安定した品質でシステムを開発できる仕組みが構築できます

〇システム要員育成
IT部門のプロジェクトマネージャなど、社内要員の教育・育成をご支援します。
中長期的な視点でIT部門の要員を強くすることで、ユーザー主導のシステム開発とプロジェクト推進を可能にします。

戦略的IT開発・技術支援

- 先端技術導入に必要なスキル(Skill)不足を梃入れ
- 最先端IT技術を活用した戦略的IT構築を支援
最先端のIT技術を活用したシステム構築を支援します。
開発ベンダーや要員に必要なスキル(Skill)のギャップを埋め、ビジネス要求からくる機能や性能を十分満たす戦略的ITの開発を可能にします。

〇戦略的ITの開発
ウルシステムズの技術力と経験をもとに、技術的に難易度が高くユーザー要求を固めづらい戦略的ITを迅速に構築します。
ユーザーの要望を的確に把握しつつ、アジャイル手法で満足度の高いシステムをタイムリーかつ確実に提供します。

〇アーキテクチャ設計・構築
業界標準やオープンソース技術を活用し、生産性・保守性の高いアーキテクチャを迅速かつ安価に提供します。
主要な共通部品等をフレームワークとして提供し、クラウド・マルチベンダーや異種システムに適用できる業務基盤を構築します。合わせて開発環境等の整備・導入も行い、開発効率の向上による納期短縮と品質向上を実現します。

〇先端技術検証
公正・中立な立場から、お客様に最適な技術や製品の評価を行い、導入を支援します。
プロトタイピング等の手法を活用することで、事前に先端技術の導入リスクを低減できます。

〇システム品質向上
ベンダーの成果物やソースコードを直接レビューし、お客様の求める品質基準と出来上がってくるシステムのズレを未然に防止します。
プログラムの潜在バグや、セキュリティ・性能等の問題を事前に発見し、高い品質のシステムに改善することができます。

テクノロジーサービス

ビジネスを加速するための最先端テクノロジー。
ウルシステムズが誇る業界最高峰のIT技術サービスをご紹介します。

BlueRabbit: 業務向けNoSQLクラウドサービス

スケーラブルなNoSQL上に、トランザクション機能と自動運用機能を付加。
クラウド上で、高速で安価な業務システムをRDBMS無しで構築できます。

White-eYe: クラウド型DWHプラットフォーム

エンタープライズDWHをクラウド上に実現。Amazon Redshiftを中心に、ETLやBIツール、運用基盤を整備した業界初のソリューションです。

ULFIRE: インメモリーデータグリッド

超高速処理に欠かせないインメモリー技術を更新系にも適用できるようにした業界最先端のソリューションです。金融や通信などの基幹業務に適用できます。

CEP/Streams: 超高速リアルタイムデータ処理

Webへの侵入検知やカード不正利用防止、リアルタイムリコメンデーションなど、「今」を高速に解析し処理するためのCEP/Streams技術を紹介します。
ウルシステムズは既に大規模な適用実績があります。

Hadoop: ビッグデータの分散バッチ処理

大規模なビッグデータを分散で高速処理するプラットフォームHadoop。
ウルシステムズはHadoop初期から業界に貢献すると共に、大規模業務システムへ適用してきました。

cFramework: Webアプリケーション・フレームワーク

cFrameworkは、EJB、サーバ・サイドJavaにフォーカスしてWebアプリケーションの開発をしてきた多くの経験とノウハウをベースに開発されたWebアプリケーション構築フレームワークです。

Talend: クラウドデータ統合基盤

クラウドと基幹業務を連携するためのデータ基盤のソリューションです。
ウルシステムズはTalendのコンサルティングパートナーとして大規模基幹系への実績を積んでいます。

Identity Manager: 統合ID管理

ハイブリッドクラウド時代の統合ID管理ソリューションを提供します。
クラウド環境での内部統制やセキュリティ強化、ITガバナンス強化を支援します。

Cache:高性能オブジェクトデータベース

InterSystems Cach?はRDBMSを凌駕する高速なオブジェクトデータベースです。
ウルシステムズはインターシステムズのアプリケーションパートナーとして、Cacheを使った高速な基幹業務システムの構築をおこなっています。

Agile:基幹業務アジャイル開発

基幹業務のアジャイル開発の老舗として、業務に合致したITをすばやく作るノウハウを提供しています。

開発方法論と業務フレームワーク

ユーザー主導でITを構築するための、当社独自の方法論と業務フレームワークをお客様にカスタマイズする形で提供しています。

ファームの魅力(特徴):ウルシステムズ

高度な技術力、そして先端技術に対する卓越した知見を武器に、企業の業務改革や最適化を支援しています。また、労働集約型のビジネスから脱却し、独自の知的資産の蓄積と開発に力を入れています。
具体的には方法論やフレームワークの構築をはじめ、独自のソフトウェア開発まで行っています。

APSフレームワーク

ウルシステムズでは各ステークホルダー間に存在するギャップを体系化し、それぞれのタスクベースの頭文字をとり、「GAPS」と名付けました。
ウルシステムズではこのギャップを埋めるべく独自のコンサルティングサービスをお客様へ提供しております。

ULBOK

「戦略的IT」を成功させるには、ビジネスに関する深い知見と先端的ITの最新知識と経験が求められます。
ウルシステムズでは様々なお客様へのサービス提供で培った知見を、独自の知識資産「ULBOK」として作り上げており、「ULBOK」を武器にお客様へ高い品質のサービスを迅速に提供しております。

戦略的ITとは

従来、日本のIT投資の多くはインフラや運用保守、或いは業務の電子化、効率化といった「守り」のITシステムに振り分けられてきました。
しかし、これからは他社との競争優位を加速し、事業の急速な成長を支え、売上、利益の増加を目的とする、「攻め」のITシステムが重要になりつつあります。
この「攻め」のITを扱うのがウルシステムズが呼ぶ「戦略的IT」であり、多くの企業が「戦略的IT」に投資して業界での競争力を増し、業界内でのリーディング企業になっています。

ユーザー主導開発が成功の鍵

「戦略的IT」を成功させるには、ユーザー企業が主導的立場で戦略的ITプロジェクトを推進していかなければなりません。
その開発スタイルを、ウルシステムズでは「ユーザー主導開発」と呼んでいます。
ITシステムのプロジェクトにおいて、単にパッケージを導入したりベンダー・SI企業に任せっきりにするだけでは自社のビジネスに最適な戦略的ITは出来上がりません。
経営と業務とIT部門が一体となり、ユーザー企業自らがITプロジェクトを主導していくことが、戦略的IT投資成功の秘訣なのです。

プロジェクトの事例紹介

金融サービス

株式会社 マネースクウェア・ジャパン(M2J) 様

- ユーザー主導開発で基幹システムを刷新し、最先端の高速処理化を実現

〇背景と課題
日本のFX事業の先駆者であるマネースクウェア・ジャパン(M2J)様は、今後の中長期的な成長戦略を睨み、IT投資の見直しと、これに伴う基幹システムの刷新の必要性を感じておられました。
しかしながら、「現行システムが持つ独自の注文方式をそのまま活かしつつ、価格生成に加えて値洗い処理も高速化する」という要求を実現するための選択肢は多くはありませんでした。
1つ目の選択肢である「システムの全面刷新」を行えば、膨大なシステム投資が必要となります。次善の案である「市販パッケージの導入」では、同業他社との差別化が図りにくく、同社の特長を欠いてしまいかねないとの懸念がありました。

〇ご支援内容とプロジェクトの成果
・第三の選択肢――短納期・低コストなアジャイル・リフォームをご提案
弊社は、まずは、最もビジネス上の重要性が高い「ディーリング業務」に的を絞って高速化を図るという「部分再構築」をご提案しました。
新システムに対する要求で真に重要な部分をM2J様と共に選定し、順次システムの刷新を進めた結果、プロジェクトの開始から4ヶ月で全面再構築を完了し、従来比約10倍という飛躍的な処理能力の向上を実現することができました。

・アジャイル・リフォームの勘所
まずは、M2J様と共に「ビジネスの要求を実現するために、システム上、真に重要な部分は何か?」を考え、同時に弊社は、業務要件からM2J様独自のビジネスルールを実現している現行システムの仕様を紐解きました。その上で、独自の発注システムはそのまま残し、基幹システムの内部構造のみを再設計することで、短期間のうちに目的を達成するシステム刷新を実現しました。
また、開発コストは、既存システムに比較して、約3分の1まで圧縮することができました。

流通サービス

大手小売業 様

- PMOを確立し、巨大プロジェクトを納期どおりに完遂

〇背景と課題
日本全国に店舗を展開するお客様は、規模や業種が多岐に及ぶグループ各社が、それぞれ独自の会計システムを使用しているために、グループ全体の決算数値を得るのに時間がかかるという課題を抱えておられました。
この課題を解決するため、お客様はSIベンダーとともにグループ全体を統括する会計システムの構築プロジェクトを開始されましたが、プロジェクトはその進行に連れ、状況の把握が困難になり、スケジュールどおりのカットオーバーの実現が危ぶまれる事態に陥ってしまいました。

〇ご支援内容とプロジェクトの成果
・お客様自身により運営されるPMO(プロジェクトマネジメント機能)設立をご提案
お客様とともに、プロジェクト迷走の原因であった全体計画を精査し、リスク洗い出しと優先順位付けを実施。スケジュールどおりのカットオーバーを可能にする新しい計画案を立案するとともに、会議体を定義しお客様自身の手で運営されるPMOを設立し、プロジェクト推進体制を確立しました。

・要素技術の利用方法を標準化し、以降の開発のモデルケース化
EAIツールやアプリケーションサーバーなどのミドルウェア技術を用いたアーキテクチャ設計を支援し、同時にこれを維持管理、活用するための標準化を行いました。

・当初予定の期日に、無事新システムのカットオーバー
お客様自身の手によるプロジェクト管理の推進により、 プロジェクト全体が軌道にのり、当初予定していた日付に無事新システムのカットオーバーを迎えることができました。また、策定された標準は、多数のグループ企業に展開されるシステム開発基盤となりました。

情報サービス

全日本空輸(ANA) 様

- 最先端のプラットフォームを導入し、さらなる競争力を備えた開発体制を構築

〇背景と課題
旅客交通業最大手の全日空(ANA)様は、年々増加するインターネット予約に対応するため、「インターネット予約システム」の刷新に取り組んでおられました。
更に、激化する競合とのサービス競争に打ち勝つためには、迅速なサービス展開が必須であり、安定したサービス基盤の上で短期間でのサービス構築が求められていました。

〇ご支援内容とプロジェクトの成果
・大規模トランザクションを支えるアーキテクチャ設計を実施
非常に大規模なトランザクションが安定して実行できるプラットフォーム上にインターネット予約システムを実現。国内最大級の航空券予約サイトとして、利用者がストレスなくサービスを利用できるようになりました。また、新サービスを次々と提供できる基盤が構築できたことによって、大きなビジネス成果をあげています。

・開発プラットフォームとプロジェクトマネージメント手法を定着化
今後のビジネスの成長に合わせ、お客様ご自身で迅速にシステムを開発できるように、技術要員を育成することもまた、ANA様のご要望の一つでした。
そこで弊社は、集中トレーニングとOJTにより、今回設計したプラットフォームと開発手法の定着化を図りました。開発・運用・保守の効率化は著しく、大幅なコスト削減につながっています。

製造サービス

三菱マテリアル株式会社 様

- ユーザ部門とIT部門の強固な協働体制を確立し、SCM改革を実現

〇背景と課題
大手非鉄金属メーカーの三菱マテリアル様は、事業環境の変化への柔軟な対応を実現するサプライチェーンマネジメント(SCM)改革を推進しておられました。
各ビジネスユニットが直面する経営課題を解決するため、既存のやり方にとらわれない新しいSCMシステムのコンセプトを創造し、それにもとづいて新ビジネスプロセスを設計、そのプロセスのPDCAサイクルの実行を強力に支援する情報システムを一から再構築する。プロジェクトは非常に大規模な取り組みとなりました。

〇ご支援内容とプロジェクトの成果
・将来像や新ビジネスプロセスをユーザ部門とIT部門が協働で設計
三菱マテリアル様は、期待されたビジネス成果を実現するための将来像や新ビジネスプロセスを、ユーザ部門とIT部門が協働で設計し、システム要件にしっかりと落とし込んで定義していくことを要望しておられました。
弊社は、モデリングやファシリテーションといった知見とノウハウを活用し、お客様自身の手によるビジネスプロセスとシステムの設計をご支援いたしました。

・システムの「継続的改善」による最良なシステムの維持
現場の知恵をシステムに反映するためには、短期間で実際に稼動するシステムを作成し、フィードバックを素早く取り込んでいくことが重要です。
そこで、1ヶ月単位でシステムの本番リリースを行い、現場の意見を吸い上げながら段階的に基幹システムの仕上げを実施しました。このプロセスを継続的に実施することにより、構築したSCMシステムは常に最良のものに維持され、在庫削減、生産効率向上、リードタイム短縮、納期遵守率向上などのビジネス効果を生んでいます。

・お客様ご自身の「アジャイル開発プロセス」の定着と展開
IT部門のスタッフが主体となって実施する開発プロセスの設計・実践・改善をご支援したことで、複数ビジネスユニットに効率的に展開できるお客様ご自身の「アジャイル開発プロセス」をチームにしっかりと定着させることができました。
このプロ ジェクトの成功により、別ビジネスユニットのSCMシステム開発プロジェクトでも同じ方法論を採用して開発が進められています。

コンサルティングファーム一覧

戦略系コンサルティングファーム

マッキンゼー アンド カンパニー
ボストンコンサルティンググループ
プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー(旧ブーズ・アンド・カンパニー)
ローランドベルガー
Corporate Directions Inc
アクセンチュア(戦略グループ)
A.T.カーニー
モニター グループ
アーサーディーリトル
ベイン アンド カンパニー

ビジネス&ITコンサルティングファーム

ウルシステムズ
スカイライト コンサルティング
フューチャーアーキテクト
キャップジェミニ
ジェンパクトコンサルティング(旧:ヘッドストロング・ジャパン)
KPMG-BPA
CDIソリューションズ
ガートナー ジャパン
レイヤーズコンサルティング
ケンブリッジテクノロジーパートナーズ
ビジネスブレイン太田昭和
アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ(ATS)
アバナード
NTTデータ
電通国際情報サービス(ISID)
ウィプロ(Wipro)
タタ コンサルタンシー サービシズ ジャパン
マヒンドラサティヤム(旧サティヤム コンピュータ サービス)
SAP
日本オラクル
マイクロソフト
日本ヒューレット・パッカード(日本HP)
デル(DELL)
SAS Institute Japan
ワークスアプリケーションズ
ワークスアプリケーションズ

財務アドバイザリー系ファーム

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー
プライスウォーターハウスクーパース(旧PwCアドバイザリー)
アドバンスト・ビジネス・ダイレクションズ
エスネットワークス
レコフ
KPMGFAS
EYTAS
株式会社マーバルパートナーズ(旧アビーム M&A コンサルティング)
GCAサヴィアン
みずほコーポレートアドバイザリー

国内独立系コンサルティングファーム

朝日ビジネスコンサルティング
リブ・コンサルティング
タナベ経営
日本LCA
ビジネスコンサルタント
日本コンサルタントグループ
船井総合研究所
日本能率協会
日本経営システム
ジェムコ日本経営
NBCコンサルタンツ

企業・再生系コンサルティングファーム

アリックスパートナーズ
経営共創基盤
山田ビジネスコンサルティング
フロンティア・マネジメント

監査法人一覧

あらた監査法人
監査法人トーマツ
KPMG税理士法人
新日本監査法人
あずさ監査法人

総合系コンサルティングファーム

アクセンチュア
デロイトトーマツコンサルティング
シグマクシス
プライスウォーターハウスクーパース
日本IBM
アビームコンサルティング
クニエ(QUNIE)
日立コンサルティング
ベイカレントコンサルティング
KPMGコンサルティング
EYアドバイザリー

シンクタンク系

NTTデータ経営研究所
富士通総研(FRI)
三菱UFJ リサーチ&コンサルティング(MURC)
三菱総合研究所(MRI)
野村総合研究所(NRI)
日本総合研究所(JRI)
みずほ情報総研
大和総研
みずほ総合研究所
三井情報(MKI)

組織人事/チェンジマネジメント系ファーム

マーサー ジャパン
タワーズワトソン
ヘイコンサルティング
エーオンヒューイットジャパン
コーチエイ(コーチA)
リンクアンドモチベーション(LMI)
リクルートマネジメントソリューションズ(RMS)
グロービス
APIコンサルタンツ
プラウドフット

医療・ヘルスケア系コンサルティングファーム

メディヴァ
アルティディアグループ
KPMGヘルスケアジャパン
ヘルスケアシステムズ
グローバルヘルスコンサルティング
日本経営グループ
IMS Japan
エムスリー
サイプレス
キャピタルメディカ
メディカルクリエイト
CDIメディカル

業務&業界特化系コンサルティングファーム

グリーンフィールドコンサルティング
アイ・アール ジャパン
ジェネックスパートナーズ
PwC's PRTM
アットストリーム
シンプレクスコンサルティング
イーソリューションズ
プロティビティ
ZSアソシエイツ
ネクステック
サイエントジャパン
iTiDコンサルティング
ドリームインキュベータ
ビービット
博報堂コンサルティング
サイモンクチャー&パートナースジャパン
アイ・エム・ジェイ
ネットイヤー
トーマツリスクサービス
マネジメントソリューションズ
プライマル

初めての方へ

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

今すぐのご転職をお考えではない方へ「手に入れたいキャリアの築き方」 望むキャリアを手に入れる方法とは?弊社コンサルタントがキャリアの築き方をご紹介いたします。

離職中の方に向けた個別キャリア・転職相談会 20代〜30代の方で現在離職中の方に向けた個別キャリア・転職相談会です。

ベイン・アンド・カンパニー ケースインタビューワークショップ ベイン現役コンサルタントによる、ケースインタビューとはそもそもどういうものか、何のために行うのかといった内容のワークショップです!

デロイトトーマツコンサルティング合同会社(DTC) Technologyユニット休日選考会 当日ご面接にお越しいただける方については、最終面接までを同日中に実施する予定です。休日に1日で面接プロセスを完了できる機会です。

アビームコンサルティング ITMSセクター採用セミナー 1日選考会 なかなか平日に都合がつかない方にとっては「セミナー+選考」という絶好の機会かと思います。

テラモーターズ 会社説明会&選考会 日本発のEVベンチャーであるテラモーターズにて会社説明会&選考会を開催いたします。

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

東大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

東工大出身者のためのプライベートキャリア相談会 東工大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

一橋大学出身者のためのプライベートキャリア相談会 一橋大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

キャリア相談会のご案内 一橋大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

メールマガジン

戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 6F
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

Page Top

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントへの転職方法

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.