外資系コンサルティングファームへの転職

今や、外資系コンサルティングファームへの転職をお考えの方は非常に多くなっています。この記事をご覧の方々も、そういった方がほとんどでしょう。
しかしその反面、「外資系コンサルに本当に転職すべきなのかわからない」、「外資系コンサルに転職なんてできるのかわからない」という方も多いことかと思います。

そんな方たちにむけて、外資系コンサルティングファームに転職するとどのようなメリットがあるのか、マッキンゼーやボストンコンサルティングなど外資系コンサルティングファームへの転職を成功させるにはどうすればよいのか、ということについてご紹介いたします。

外資系コンサルに転職するメリット

高いスキルが身につく

外資系コンサルティングファームは、普通の事業会社よりも高い生産性が求められるため、その分高いビジネススキルが身につきます。
身につくスキルの一つとして挙げられるのが、"論理的思考力"です。
コンサルタントとして働く以上、常に論理的に考える必要があります。コンサルほどに働いて論理的思考力が鍛えられる仕事はほかにないといってもよいでしょう。

そのほかで身につくスキルとしては、"高いタスク処理能力"があります。
先述したように、外資系コンサルティングファームでは、高い生産性を発揮することが求められます。そして外資系コンサルで働く人たちは、求められるだけの生産性を発揮するために、高いタスク処理能力を身に付けいてます。外資系コンサルに転職し、そのような高いタスク処理能力を持った人たちと一緒に仕事をすることで、自然と自分にも高いタスク能力が身につくことになります。

また、外資系コンサルで働くことで、プロジェクトマネジメント力も育まれます。
コンサルタントの仕事は、無計画では成り立ちません。定められたリソースと時間でクライアントを満足させられるだけの結果を出す必要があります。そのため、コンサルタントとして働くことで、精緻に計画を立てる能力、想定外の事態が起きた時に柔軟に計画を変更できる能力、その計画通りにプロジェクトを進める能力などのプロジェクトマネジメント力がはぐくまれます。
これら外資系コンサルで働くことによって身につくスキルは、転職しても高く評価されることが多いです。

長期休暇を取りやすい

コンサルは一般に、"激務"というイメージを持たれています。
今ご覧になっている方の中にも、コンサルを「一年中休む暇なく深夜まで仕事に向かうような仕事」というふうに捉えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。
しかし、実際のところ、コンサルタントは案件に合わせて働きます。
したがって、忙しい時期は確かに忙しいのですが、案件がクローズすれば1〜2週間ほどの長期休暇が取りやすいということです。
要するに、働く時はばっちり働き、休む時はばっちり休む、といった生活の仕方になるわけです。

人脈

外資系コンサルティングファームに転職することで、非常に広範で有益なネットワークを手に入れることができます。というのも、外資系コンサルティングファームには、高い能力と向上心を持った方が多く、そういった方達は、各分野でシニアマネジメントになっていたり、転職して、他企業・他業界で重要な存在として活躍する傾向にあるからです。
このような方々とのコネクションを築いておくことで、レファレンスによって案件を獲得できるようになるのはもちろんのこと、後々のキャリア面でも有利になります。

経営に携わることができる

通常の事業会社であれば、経営に携わると思えばそれなりに年齢を重ねなければなりません。
しかし、外資系コンサルの、経営コンサルタントや戦略コンサルタントの職種に就けば、クライアント企業の経営に携わることができるようになります。もちろん、どれだけ深く携われるかは、実力次第の部分ではありますが、年齢に振り回されることは決してありません。
この点も外資系コンサルの大きな魅力の一つと言えるでしょう。

なんといっても高給取り

外資コンサルと言えば、何と言っても"高給取り"のイメージです。
有名なファームであれば、コンサルタントで年収1000万越えは当たり前で、マネージャーで2000万近く、パートナークラスになって5000万を超えるのも、非現実的ではない世界です。

以上紹介させていただきましたように、外資系コンサルタントというのは、様々なメリットのある非常に魅力的なキャリアといえるでしょう。

弊社ムービン・ストラテジック・キャリアでは、そんな外資系コンサルへの転職を志す方々を支援しております。
「外資系コンサルへ転職したいけど、適性があるかわからない」、、「どうすれば外資系コンサルの選考を通過できるのかわからない」、「自分にとって外資系コンサルのキャリアを踏むことが適切なのかわからない」などのお悩みをお持ちの方は、是非一度、ムービンにご相談ください。
数々の外資コンサル転職を成功に導いた経験を持つキャリアコンサルタントが、完全無料でご相談・選考対策を承ります。

ムービンの転職サービス

外資系コンサルへの転職を成功させるには

外資系コンサル転職は難しい??

外資系コンサルティングファームへの転職をお考えの方にとって、最も不安な点が、やはり "選考に通過できるかどうか" といことでしょう。
ご存知の通り、外資系コンサルティングファームの選考通過率はとても低く、ファームによっては通過率1%未満とも言われているほどです。
  このような数字だけ見ると、外資系コンサルへの転職活動は、全くもって現実性の低い、無謀な試みのように思われるかもしれません。

しかし、実は外資系コンサルの選考は、やりようによって、選考通過確率を飛躍的に高めることができます。選考を通過する可能性は、どなたにでも十分にあるのです。

現状の選考通過率が低い主な理由としては、多くの転職志望者が選考に際して、ファームからチェックされるポイントを理解しないまま面接に挑んでいることが挙げられます。
これは逆に言うと、選考で見られるポイントを理解したうえで、しっかりと対策を積めば、選考を通過するのは十二分に可能であるということです。
次項では、外資系コンサルの転職に際して把握しておくべき選考のポイントについてご紹介いたします。

外資系コンサル転職に際して 〜選考のポイント〜

外資系コンサルの選考においては、おおまかに分けてコンサルタントとしての能力適性と志望動機の二点が見られます。
コンサルタントとしての能力適性に関しては、具体的には、論理的思考力コミュニケーション能力の二点で判断されます。外資系コンサルの選考では、選考全般を通じて候補者の論理的思考力とコミュニケーション能力を見極めようとしてきます。
そんな選考の中でも特徴的な選考が「ケース面接」と呼ばれる形式の面接です。

「ケース面接」とは、「日本全国にガソリンスタンドはいくつあるか?」、「コンビニの売上を伸ばすにはどうすればよいか?」、「食糧不足問題を解決するにはどうすればよいか?」などといった、一見すぐには答えの出ないような問題が課されます。
この手の面接を通過するには、"入念"な事前対策を"適切な"形で行うことが必要になってきます。

志望動機に関しては、具体的には、「なぜ、弊社なのか? 現職ではダメなのか? 」、「なぜ、他の競合ファームでないのか?」、「なぜ、今回のポジションなのか?」といった質問がされます。
こういった質問に的確に、淀みなく答えるためには、応募するファームの特徴、応募するポジションの具体的な仕事内容をしっかりと把握していることが必要です。
とはいえ、独力でファームの特徴や各ポジションの具体的な仕事内容を把握するのは、難しいものがあります。
 各ファームのHPを見ただけで、ファームの違いが分かる方は少ないでしょう。
また、特に大手ファームであれば、数百名から数千名の規模であるため、部門別採用になっており、応募部門(ポジション)によって、役割・仕事内容が異なります。そのため、ファーム別、ポジション別の対策が必要です。

随時開催中 キャリア相談会 -コンサルタントへの転職相談- ムービンではコンサルティング業界の情報や人気ファームの最新ニーズにご興味をお持ちの方を対象に、今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています。

初めての方へ

20代、コンサルティングファームへの転職 20代、コンサルティングファームへのご転職をお考えの方は是非ご一読ください!

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

未経験からのコンサルタント転職 求人特集 未経験からコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

デロイトトーマツコンサルティング合同会社(DTC) IP&S ユニット 休日選考会 当日ご面接にお越しいただける方については、最終面接までを同日中に実施する予定です。休日に1日で面接プロセスを完了できる機会です。

30代・40代のIT経験者向け 個別キャリア相談会 今後のキャリアを見据えると40歳前後というのはとても大切な時期です。今後のキャリアに悩んでいる30代・40代のIT経験者の方は是非ご相談ください!

多忙な方へ!! 早朝個別キャリア相談会 いつもより少し早起きをして、是非当社コンサルタントにご相談されてみませんか?

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

キャリア相談会のご案内 今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top