ボストン コンサルティング グループ(BCG) 転職・採用情報The Boston Consulting Group

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は、1963年ブルース・ヘンダーソンや、後に初代日本支社代表も務めたジェイムズ・アベグレンらによって設立された、経営戦略コンサルティングファーム。
全世界に50ヶ国以上、90以上のオフィス、約22,000 人のスタッフを擁する。(2021年6月現在)東京オフィスは1966年にボストンに次ぐ2番目の拠点として設立され、名古屋オフィスは2003年に開設。その後2020年に大阪、京都とオフィスを開設している。
同社を経て、経営者、大学教授等に転じた著名人も多く人材輩出ファームとしても有名。

外資系戦略ファームにおいて最大規模を誇っており、業界・テーマを広くカバーしていることが大きな特徴。コンサルタントが多いということは≒案件数が多い、幅が広い、ということで日本全体に対する影響力、プレゼンスも大きい。
デジタルへの取り組みも積極的で、BCG Digital Ventures、Platinion、Gammaなどの専門の組織を立ち上げ、これまでの「戦略コンサルタント」採用だけでなく、アナリティクス、エンジニア、デザイナーを採用して自らプロダクトを作ったり、開発まで行っている。
最近の動向においては、アフターコロナにおいて、今後どのように不確実な状況に対応していけばいいのか、そのような場合での経営戦略案件が多く、トレンドキーワードとして脱炭素・カーボンニュートラルのプロジェクトテーマも多い。

RECRUIT ボストン コンサルティング グループ(BCG)の中途採用情報

ボストン コンサルティング グループ(BCG)では通年で中途採用を行っております。
BCGは、多様な学歴、実務経験、価値観、思考のアプローチ、専門知識を持った、熱意ある柔軟な発想の人材を求めています。物理学や歴史学、化学、法律等、いずれのバックグラウンドの方も、BCGにおいてビジネスリーダーとして成功を収めています。
学業において優秀な成績を収めていることは必要ですが、それだけでは十分ではありません。的確な質問をする好奇心、新しい方向性を打ち出す勇気と創造性、同僚やクライアントとの連携能力、アイデアを行動に移すリーダーシップスキルなどの発揮も期待しています。

面接プロセスは、候補者によって異なりますが、通常2回以上の選考(面接や筆記試験等)が行われます。面接は基本的にビヘイビア面接(通常の質疑応答面接)とケース面接の2つのパートに分かれます。

未経験からコンサルタントへ転職する方法

ビヘイビア面接(通常の質疑応答面接)

コンサル適性があるのか、BCGのどの領域で活躍いただけるかを判断するためにバックグラウンドや今までの経験についての質疑応答や、志望動機を聞かれます。 必ずしも相手に合わせた内容を面接で言えばいいわけではなく、自身のやりたいことを軸に話を進めるべきでしょう。なぜBCGなのか、なぜコンサルなのか、説得力、納得感、ロジカルさが重要です。

ケース面接

クライアントが直面する経営課題などを例題にケースが課せられ、徹底的にコンサル適性があるのか、論理的思考能力があるのか、を判断されます。「正しい答え」や「間違った答え」というものはなく、面接官は思考プロセス、戦略的アプローチ、説得力のある解決策を提示する能力を見ています。
「ケース面接」を突破するための対策方法と勉強法

求められる人材像

BCGは、多様な学歴、実務経験、価値観、思考のアプローチ、専門知識を持った、熱意ある柔軟な発想の人材を求めています。物理学や歴史学、化学、法律等、いずれのバックグラウンドの方も、BCGにおいてビジネスリーダーとして成功を収めています。
学業において優秀な成績を収めることは必要ですが、それだけでは十分ではありません。的確な質問をする好奇心、新しい方向性を打ち出す勇気と創造性、同僚やクライアントとの連携能力、アイデアを行動に移すリーダーシップスキルなどの発揮も期待しています。

募集職種

戦略コンサルタント ソフトウェアエンジニア
データサイエンティスト
プロダクトマネジャー
UI/UXデザイナー
など、
ボストン コンサルティング グループ(BCG)が提供するコンサルティングサービスは幅広く、戦略コンサルタントだけでなくBCG Digital Venturesでのエンジニア、デザイナー、データサイエンティストの募集ポジションもあります。

ボストン コンサルティング グループ(BCG)の中途採用情報

CAREER CHANGE ボストン コンサルティング グループ(BCG) 転職支援・内定事例

ボストン コンサルティング グループ(BCG)へご興味のある方は、是非一度弊社までご相談頂けると幸いです。
弊社ではこれまで多くの方をボストン コンサルティング グループ(BCG)へとご支援させて頂いております。 そのバックグラウンド(前職)も様々で、大手通信企業、電力会社、消費財、Webサービス、商社、IT企業、人材研修企業、銀行、証券、保険、メディア、医師、研究開発など、以下弊社ムービンにおける転職支援実績も合わせてご参考にして頂ければ幸いです。

転職支援事例(前職・年齢)

前職 学歴 ご年齢(性別) 転職先
化学メーカー 31歳(女性) 国立大卒 BCG
素材メーカー 30歳(女性) 有名私立大卒 BCG
化粧品メーカー 27歳(男性) 有名私立大卒 BCG
消費財メーカー 31歳(男性) 有名私立大卒 BCG
食品メーカー 32歳(男性) 国立大卒 BCG
大手自動車メーカー 35歳(男性) 国立大卒 BCG
産業機械メーカー 32歳(男性) 国立大卒 BCG
メガバンク 24歳(女性) 有名私立大卒 BCG
大手証券会社 27歳(女性) 有名私立大卒 BCG
外資証券会社 26歳(男性) 有名私立大卒 BCG
大手保険会社 32歳(男性) 国立大卒 BCG
中央省庁 27歳(男性) 国立大卒 BCG
総合商社 30歳(男性) 国立大卒 BCG
AI関連企業 27歳(女性) 有名私立大卒 BCG
大手ネット企業 28歳(女性) 有名私立大卒 BCGデジタルベンチャーズ
大手Webメディア企業 28歳(男性) 国立大卒 BCG
メガベンチャー 30歳(男性) 有名私立大卒 BCGデジタルベンチャーズ
総合印刷会社 27歳(男性) 有名私立大卒 BCG
日系製薬企業 33歳(男性) 有名私立大卒 BCG
運輸・インフラ企業 25歳(男性) 国立大卒 BCG
メディア・広告会社 27歳(女性) 国立大卒 BCG
大手ソフトウェア企業 25歳(男性) 有名私立大卒 BCG
通信・ハイテク企業 34歳(男性) 有名私立大卒 BCG
大手法律事務所 33歳(女性) 有名私立大卒 BCG
医師 34歳(男性) 有名私立大卒 BCG
総合系コンサルファーム 34歳(女性) 有名私立大卒 BCGデジタルベンチャーズ
シンクタンクファーム 27歳(女性) 有名私立大卒 BCG
Big4系FAS 32歳(男性) 国立大卒 BCG

転職体験談

戦略コンサル

第一志望ファームへ!約5ヶ月に渡る転職活動を経てBCGへ

年齢:20代
前職:外資消費財メーカー マーケティング

戦略コンサル

大手金融機関からBCGへの転職!外資系戦略ファームへの挑戦

年齢:20代
前職:大手金融機関

戦略コンサル

総合コンサルからDigital BCGへの転職成功体験談

年齢:34歳
前職:総合系コンサルティングファーム

ボストン コンサルティング グループ(BCG) 転職支援・内定事例

FEATURE BCGの特徴・強み

「Working with client」「カスタムメイドの解決策」という哲学のもと、クライアントと緊密なパートナーシップを築き、お互いが協力し合うことで、独自の解決策や新たなインサイトを生み出し、両者それぞれ単独では生み出せない優れた成果を実現することを目指している。この成果を実現するために、ボストン コンサルティング グループ(BCG)のコンサルタントは最高品質や結果にとことんこだわる「プロフェッショナリズム」を有し、ファームとしては「多様性からの連帯」を掲げ、様々なバックグラウンドを持つ人材の個性を尊び、強みを伸ばす文化を有しているのが特徴。
それによって、異なる強みを持ったプロフェッショナルの集合体・チームを形成し、チーム内で、時にはクライアントも含めて、徹底的にディスカッションを行うことで、新たなインサイトを生み出すことを可能としている。

個だけでなく組織能力を最大限に発揮した強みも持っているBCGだが、そのため面接プロセスにおいても候補者の個性や強みを引き出したり、実際のプロジェクトのようにディスカッションベースで展開していくことが多い。面接官とのディスカッション(ケーススタディやフェルミ推定)を通して、ボストン コンサルティング グループ(BCG)のコンサルタントとしての可能性を見られるため、かなりタフな上にメッキだと直ぐに剥がれることになる。

ボストン コンサルティング グループの特徴・強み(概要)

Company Information BCG 会社概要

社名ボストン コンサルティング グループ合同会社
代表 秋池 玲子(BCG日本共同代表)
内田 有希昌(BCG日本共同代表)

秋池 玲子 氏プロフィール
キリンビール株式会社、産業再生機構等を経て2006年にBCGに入社。産業再生機構では、支援先の経営者として事業再生に従事。経済同友会などにも参加し副代表幹事も務めている。政府系委員も歴任。

内田 有希昌 氏プロフィール
株式会社三和銀行(現 三菱UFJフィナンシャル・グループ)を経て1998年にBCGに入社。BCGのトランスフォーメーションとターンアラウンドの専門ユニットであるBCG TURNのNortheast Asia Systemのリーダー。
従業員数グローバル:22,000人以上(2021年6月現在)
資本金非公開
売上高86億ドル(2021年11月現在)
株式公開非上場
所在地(日本オフィス) 東京オフィス
東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 日本橋室町三井タワー25階

名古屋オフィス
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ36階

大阪オフィス
大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー17階

京都オフィス
京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88K.I.四条ビル2階

Digital Ventures Tokyo Office
東京都渋谷区恵比寿4-5-3 ブエナビスタ恵比寿2階
子会社・事業部門・ユニット BCG Digital Ventures
BCG Digital Venturesは、大企業と共にデジタル領域のイノベーションを創出することに特化した組織です。デジタルやデザインの領域における深い知見と、ボストン コンサルティング グループの企業経営や産業に関わる広範な専門知識を相乗的に活用して、グローバルに事業を展開しています。

BCG Design & Technology (Platinion)
IT/デジタルにおけるテーマ別のエキスパートによる組織。Digital Design、Engineering、Product Management、Architecture、Agile Delivery、Cybersecurityといった主要な6つのケイパビリティを有し、業務上不可欠なITアーキテクチャやデジタルソリューションの開発と実装に注力したコンサルティングサービスを提供。

BCG Advanced Analytics (Gamma)
数学やコンピュータサイエンスの博士・修士などで構成される、データサイエンティストの専門家集団。主にAI/アナリティクス領域の専門組織で機械学習やディープラーニング、ビッグデータ処理などAI/アナリティクスなどの要素技術、認識アルゴリズムや予測アルゴリズム、解釈技法などの応用技術など幅広い領域でプロジェクトを手掛けている。

BCG OMNIA
Data & Software Solutions

BCGヘンダーソン研究所
未来のビジネス&社会を形作るアイデアの開発

BrightHouse
PURPOSE(存在意義)の発掘と浸透

Expand
金融サービス機関の意思決定サポート、インテリジェンス、カスタマイズされたリサーチ

Inverto
調達&サプライチェーン・マネジメント

Centre for Public Impact
政府機関の成果向上を支援する非営利財団

転載元:https://www.bcg.com/ja-jp/about/about-bcg/overview.aspx

PROJECT ボストン コンサルティング グループ(BCG)のプロジェクト事例

ボストン コンサルティング グループ(BCG)のプロジェクト事例を一部抜粋してご紹介いたします。
BCGは、世界各地域における産業や経営機能についての豊富な知識と経験をもとに、経営上の重要課題についてのコンサルティングを展開しています。

伊勢丹とBCGDV

デジタル×事業立ち上げの専門部隊であるBCGDVが三越伊勢丹のデジタル戦略策定をサポート。


プロジェクト事例の詳細はこちら

ルワンダ支援

2035年までに中所得国になるという政府目標のための戦略構築。


プロジェクト事例の詳細はこちら
ボストン コンサルティング グループのプロジェクト事例

CAREER PATH ボストン コンサルティング グループ(BCG)のキャリアパス

BCGのコンサルティングスタッフは、いくつかのポジションに分かれています。入社後、それらのポジションを経験することで成長し、キャリアを積みます。
BCGでは多様な視点を重視しているため、様々な経験や知識をもったメンバーでチームを構成します。経歴、性別、人種、民族、出身地域などが異なる、多様な個性が一丸となりプロジェクトに臨みます。メンバー一人ひとりが尊重されると共に、チームの一員としての自覚をもって貢献することが求められます。 経験などに応じチーム内で役割分担をしながらも、対等なメンバー同士として、喧々諤々の議論を繰り広げ、刺激し合うことで斬新なアイデアを生み出しています。

アソシエイト
国内外の大学、大学院から新卒として、もしくは実務経験が3年未満の方が入社すると、アソシエイトとして経験を積むことになります。アソシエイトは、幅広い業界・分野のプロジェクトの経験を通じて、ビジネスで直面する問題に対する洞察力、問題解決などの高度なコンサルタントスキルを学んでいきます。実務経験や医師、弁護士等専門職としてのご経験がが3年以上ある方は、シニア・アソシエイトとしてプロジェクトに貢献することになります。シニア・アソシエイトは、より幅広いテーマについて深い洞察力を発揮し、クライアントとの協働を通じてアイデアを進化させ、問題解決をドライブします。

コンサルタント
十分な実務経験のある方がBCGに入社すると、コンサルタントとしてプロジェクトに貢献することになります。コンサルタントは、プロジェクトの中心的な存在です。クライアントの経営の問題点を探り、戦略を展開し、成果の実現を目指してクライアントと密接にかかわり、プロジェクトを進めます。

プロジェクト・リーダー
プロジェクト・リーダーは、非常に多角的な役割が求められるポジションです。コンサルタント、チーム・リーダー、プロジェクト・マネジャー、いずれの役割においても力を発揮することが求められます。プロジェクトの全体像を把握しながら、戦略の中心となる発想や概念を築き、分析の方向性を示します。また、時間、予算管理を行い、ワークプランを描きます。提案した戦略とその基となる分析結果を、クライアントに理解、納得して頂き、改革へと導く重要な役割を果たします。

プリンシパル
プリンシパルは、コンサルタント、プロジェクト・リーダーとしての十分な能力を持ち、プロジェクトマネジメントに対し、より幅広い責任を任されます。BCGの携わるプロジェクトが、クライアントの経営戦略に効果的に活かされるよう努め、さらなる課題を踏まえて、次の戦略に向けて働きかけていくことも行います。また、プロジェクトやリサーチから得られたインサイトを共有していく責任もあります。

パートナー
パートナーは、マネージング・ディレクター & パートナーチームや、他のシニアリーダーチームと密接に協働し、クライアントに確実にインパクトをもたらすよう、BCGのチームメンバーを育成し、オフィスの発展に貢献します。クライアントにとって信頼のおけるアドバイザーとして、カスタムメイドの解を提供し、新しい考え方・手法を開発・発信して、BCGをさらなる高みに導くのです。

マネージング・ディレクター & パートナー
BCGのマネージング・ディレクター & パートナーは、コンサルティングスタッフの総括責任者として、プロジェクトに関わります。また、パートナーのもう一つの責任は、クライアントとのリレーションを発展・拡大させていくことです。クライアントの利益を常に最優先に考え、効果的な解決策を導くために、プロジェクトチームを指揮し、BCGの提言の質を常に高く担保する責任を持ちます。

BCGでは、多くのサポートやインスピレーション、フレキシビリティ、成長の機会を得ることができます。
社内プラットフォーム内で利用できる幅広いオンライン学習や、キャリアのあらゆる段階で成長し、成功するために必要なコンサルティング、リーダーシップ、クライアント開発スキルを構築するのに役立つ詳細なプログラムなどを用意しています。
また海外オフィスへの転勤・勤務もあり、毎年25%を超えるスタッフが海外で働いています。

BCGのキャリアパスについて 詳細

TRAINING SYSTEM ボストン コンサルティング グループ(BCG)のトレーニング制度

BCGでは、多くのサポートやインスピレーション、フレキシビリティ、成長の機会を得ることができます。エントリーレベルのアソシエイトでもシニアパートナーでも、BCGのコアカリキュラムは、キャリアのあらゆる段階で成長し、成功するために必要なコンサルティング、リーダーシップ、クライアント開発スキルを構築するのに役立つ詳細なプログラムを提供します。

BCGのトレーニング制度について 詳細

SALARY ボストン コンサルティング グループ(BCG)の平均年収

平均年収はコンサルティングファームということもあり他業界と比べて高くなっています。
基本的にはコンサル業界は成果主義であり上記でご紹介した役職キャリアパスに応じて給与は上がっていきますが、年齢に関係なく評価に応じて年収がアップしていきます。

ボストン コンサルティング グループ(BCG)全体の平均年収は1377万円
となっており、
年収レンジは400-3000万円となっています。※1

※1:openwork ボストン コンサルティング グループ(BCG) 年収・給与

以下ご参考としてボストン コンサルティング グループ(BCG)と同じ外資系戦略コンサルティングファームの役職と年収水準になります。
戦略系コンサルティングファームでは30才前後で中途入社した場合900-1300位が見込まれます。(絶対ではありませんのでご留意ください。)

役職 年齢 コンサル経験 固定給与 業績賞与
アナリスト 22~28歳 0~3年 500~800万円 固定給の20%
コンサルタント 25~35歳 0~6年 900~1300万円 固定給の20%
マネージャー 28~40歳 2~10年 1400~2000万円 固定給の30%
プリンシパル 32~45歳 5~15年 1700~2500万円 固定給の30%
パートナー 35歳以上 7年以上 2500万円以上 業績次第
コンサルタントの年収・給与

BCG 関連インタビュー・求人特集

BCG インタビュー BCGの特徴や強み、コンサルティング事例、同社での働き方そして、BCGが求める人材像についてお話を伺って参りました。

戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 「戦略コンサルタントになるために」キャリアについてのご相談や、戦略コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています。詳細はお問い合わせください。

NEWS 最近のボストン コンサルティング グループ(BCG)の動向

女性コンサルタントの活躍

世界をリードする経営コンサルティングファームとして、転職したいファーム(新卒就職など就活生にも)としても非常に人気がある「ボストン コンサルティング グループ」。
ここ数年で注目すべきは、まずは女性コンサルタントの活躍への取り組み、制度改善です。
BCGでは女性にとって働きやすい環境を目指しており、ワーキングマザーへの支援や、さまざまなキャリアパスやポジション、海外オフィスへの転勤、時短勤務など、能力や個人の希望に合わせ柔軟な選択肢が用意されておりフレキシブルにBCG内でもキャリア構築が出来る環境。また特別休暇として産前・産後休暇、育児休暇等も整備している。
BCGはワークライフバランスに関する問題に対して表面的なアプローチだけでなく、Apprenticeship in Action (AiA)というイニシアチブを立ち上げ、社員の定着率や満足度の向上、管理職への昇進を推進するための主要なテーマにおいてよりよい働き方を追求しています。
こうした活動により、Fortune誌による「女性が働きやすい職場ランキング」や、Working Mother誌においては「ワーキングマザーにとって理想的な会社上位100」において選出されており、女性コンサルタントの成長機会・活躍のため、非常に力を入れています。
※女性・男性に限らず優秀なコンサルタント候補を積極採用中です。
中途採用情報はこちらから

01

数々の受賞実績

BCGではコンサルティングサービスの実績はもちろんですが、Consulting Magazine誌の「Best Firms to Work For (最も働きがいのあるファーム)」ランキングでBCGは3年連続1位に、Fortune誌の「働きたい会社Best 100」で、BCGは8年連続トップ5にランクインし、2018年は全体で4位となっています。
これらはBCGに所属するコンサルタントが同社でのやりがいの実感や、BCGに転職したい、BCGで働きたいという方々が評価をしており、非常に影響力のあるコンサルティングファームであると言えるでしょう。


Consulting Magazine’s Best Firm to Work For
Consulting Magazine誌の「Best Firms to Work For (最も働きがいのあるファーム)」ランキングでBCGは5年連続1位。

A 2019 FORTUNE 100 Best Companies to Work ForR
Fortune誌の「働きたい会社Best100」で、BCGは11年連続でトップ10にランクイン。

Working Mother’s 100 Best Companies
2018年、BCGはWorking Mother誌によって、米国の親たちが「最も働きたい会社ベスト100社」の1つに選ばれました。12回目の選出です。

HUMANRIGHTS CAMPAIGN AWARD FOR WORKPLACE EQUALITY INNOVATION
2019年、12回目となる調査で、BCGはLGBT従業員に対する平等性が認められ、「職場における平等」指標で満点の評価。

GLASSDOOR'S BEST PLACES TO WORK
米キャリア情報・企業レビューサイトGlassdoorによる「Best Places to Work(働きやすい企業)」ランキング2018年版でBCGは3位に選出されました。社員からの評価のみに基づいて決定される「Employees' Choice Award」も受賞。

IAOPの「WORLD'S BEST OUTSOURCING ADVISORS」
2017年、BCGはIAOP (国際アウトソーシング専門家協会)から「All Star (オールスター)」賞を2年連続で授与されました。IAOPの「2017 Global Outsourcing 100 (2017グローバル・アウトソーシング100)」プログラムにおいて、9つの審査カテゴリのうち6つで満点を獲得。

FAIRYGODBOSS'S BEST COMPANIES FOR WOMEN 2017
女性向け労働環境評価サイト、Fairygodbossで、「女性にとって公平で働きやすい職場」としてBCGが第1位に選出。

CATALYST AWARD 2018
BCGは、女性が働きやすい職場作りを支援する非営利団体、Catalystにより2018年Catalystアワードの受賞企業4社のうちの1社に選出。

転載元:https://www.bcg.com/ja-jp/about/about-bcg/overview.aspx

02

ITバックグラウンド人材の積極採用

BCGに中途入社したコンサルタントの前職は、銀行出身者もいれば、商社出身者、ベンチャー企業出身者、医師や弁護士など大変バラエティに富んでおり、多様なバックグラウンド、領域・分野を持つ人材が活躍しています。これもBCGの大きな強みの1つですが、 企業が抱える経営課題・問題が複雑化し、特にITに関わる技術進歩が著しい中、企業でも変化が求められるようになり、IT・デジタルをテーマとした経営戦略課題が多くなってきています。BCGでもこういった背景を基に、ITバックグラウンド人材の採用を今までより積極的に進めています。
システム開発のプロジェクトマネジメント、アーキテクト、ビッグデータ分析などの経験者はもちろん、セールスエンジニア、技術営業、SI出身者の方にとっても十分チャンスがあると言えます。
コンサルティングスキルついては入社した後から、研修や実際にプロジェクトを通して高めていって頂ければと思います。(コンサルタント未経験者には高いコンサルスキルは求められません。)

戦略トップファームのコンサルタントになれるチャンスです!ITバックグラウンドの方で、より詳細を知りたいという方は是非一度弊社までご相談ください。
(※BCGではもちろんIT人材のみならず、戦略コンサルタントについては通年で採用しております。こちらは共通して高いコンサルスキルを求められます。)

03

BCGデジタルベンチャーズ

近年では、従来の戦略コンサルティングに留まらず、別組織として「BCGデジタルベンチャーズ」を立ち上げ、デジタルを核とした事業アイデアやプラットフォーム、革新的製品を迅速に開発・展開すると共に、投資も行い、長期的な育成などグローバルに展開しています。
日本においても2016年に東京に新センターを設立。代表にはBCG→オリコン副社長→ザッパラス社長→BCGの経歴を持つ平井氏が担当し、世の中を変えたい、という熱いパッションをもったメンバーがそろってます。

BCGデジタルベンチャーズはBCGが買収したデジタル関連企業を母体とした、BCGの100%子会社ですが、提供しているサービスについてはBCGと一線を画しています。 得意な領域は、ウェブデザインや人間行動学、3Dプリンティングなどで、BCGのコンサルタントが持つ能力と全く違い、コンサルティングだけにとどまらず、新製品、新サービス、新ビジネスなどの創出、0→1の事業作り、最新テクノロジーの活用、プロダクト開発まで手掛けています。
今までは大手総合系ファームを皮切りに、デジタル分野に舵をきるファームは見られましたが、BCGデジタルベンチャーズは、それに加えたプラスアルファの事業創出も担っているという点では非常に特徴的です。今後のBCGデジタルベンチャーズの動きに注目です。

BCGデジタルベンチャーズにご興味のある方は一度弊社までご相談ください。

04

大阪オフィス、京都オフィスを同時開設

2020年7月1日、大阪と京都にオフィスを開設。日本法人としては、1966年開設の東京オフィス、2003年開設の名古屋オフィス(旧:中部・関西オフィス)に次ぐ拠点となります。
二つの都市に拠点を構えることにより、異なるビジネス文化が育まれてきた大阪、京都、それぞれにおいてクライアント組織とより緊密に協働するとともに、基盤となる地域の特色や固有性をふまえた支援を展開しています。
近年需要が急速に高まっているデジタル化の領域でも、専門家集団であるDigitalBCG Japanの知見を活用し、関西地域の企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援に取り組んでいます。
【京都オフィス】京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88 K.I.四条ビル2階
【大阪オフィス】大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー17階

ちなみに、よくボストン・コンサルティング・グループと表記されることもあるが間違いで正式にはボストン コンサルティング グループが正しい表記となっている。

05

BCGでの採用ランク

中途採用の場合にはこれまでの経験や面接評価でランクは分かれますが、コンサル未経験からの転職の場合、シニアアソシエイトもしくはコンサルタントのランクでの採用となるケースが多いでしょう。
コンサルティング経験がある方は経験年数や面接評価によって左右されますが、他社ファームからBCGへと転職するケースも近年では増えている傾向にあるかと思います。

06

BCG 関連書籍

BCG 次の10年で勝つ経営 企業のパーパス(存在意義)に立ち還る
日本企業が次の10年に輝きを放つために、経営者やリーダーたちは、何を経営の軸とし、組織を勝利に導くのか。本書ではグローバル市場の構造変化と、企業経営のパラダイムシフトについて、その本質を概説。
企業活動の根幹となる企業目標、戦略、組織、人材マネジメントについて、変化の時代を勝ち抜くためのアクションアジェンダと考えるべきポイントを提言している。
さらに、目指す企業のあり方を実現するための、「パーパス(存在意義)」を基点とした企業変革について解説している。



BCGが読む 経営の論点2021
新型コロナウィルスの世界的な感染拡大で幕を開けた2020年代。競争のロジックは本格的に変わり始めた。
本書は世界的なコンサルファームのトップコンサルタントたちが、2021年以降、考えるべき重要テーマについて解説したもの。先が見えない時代を生き残るために必要な12の論点がこの1冊。

07

“コンサル転職”に強いエージェント ムービンが提供する独自サービス

徹底的に寄り添うサポート

我々はお一人お一人に合わせ真摯に徹底的に求職者の方々と向き合いご支援させて頂いております。約20年、数十万人との面談により生み出され、数千人のコンサルタントへの転職成功の実績によって裏づけされた弊社独自のカウンセリングメソッドに基づく、適切なポジションのご紹介を致します。
もちろんキャリアコンサルタント一人のスタンドプレーではなく、チーム、会社一丸となってご転職をサポートしております。

転職支援実績No.1

我々はただの人材紹介会社ではありません。各コンサルティングファーム別の書類・面接対策や、コンサル独特のケース対策など受かるための対策を行います。ここで内容は言えませんが、我々が転職支援実績No.1を誇る理由でもあります。
BCG、ローランドベルガー、DTC、PwC出身者を中心に元コンサルタントがキャリアコンサルタントです。コンサルタントとして悩み、喜びを味わってきたプロ意識の高いスタッフです。

圧倒的な業界知識

国内大手、有力コンサルティングファームがすべてクライアント。元コンサルタントだからこそ得られる決して表には出てこない、コンサルティング業界・企業の最新情報をご提供致します。
また、コンサルタント候補としての必要なマインド・思考法・ドキュメンテーション能力等のビジネススキル、コンサルタントになるための準備を元コンサルタントが徹底指導。

専任のコンサルタントがご登録から書類・面接(ケース)対策、ご入社まで
だけでなく入社後の慣れない環境へのアドバイスも行っております。
お一人お一人に合わせた転職支援サービスをご提供しております。

コンサルタントへの転職ならムービンにご相談ください

その他 戦略コンサルティングファーム

株式会社ムービンストラテジックキャリア

初めての方へ

弊社ムービンをはじめて知った方、はじめてサイトに来て頂いた方に、弊社ムービンの転職サービスについてのご紹介と弊社HPの活用方法をご紹介いたします。

20年以上にわたりコンサル業界に特化したご転職支援を行っています。スタッフも少数精鋭でホンモノの人脈・情報を有しております。

コンサルティングファームはもちろん、国内・外資の大手事業会社をはじめ、ファンド、投資銀行、ベンチャーなど様々な支援実績がございます。

コンサル業界専門だからこそ各コンサルティングファームの圧倒的な情報量を保有しており、戦略系、総合系(BIG4)、IT、人事など外資系日系を問わず、国内大手の有力ファームすべてがクライアント

無料転職相談・登録

プライバシーマーク

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

【必見】未経験からのコンサル転職

ノウハウ大公開!
コンサルタント転職・対策方法

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法などをご紹介いたします。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

ご登録はこちらから

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

ボストン コンサルティング グループ を含めたコンサル業界への無料プライベート転職相談会

ボストン コンサルティング グループ 転職相談会 コンサル業界全般の動向や今後のキャリアについての無料相談会開催中!

コンサル業界への転職ならムービン

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

無料転職登録