コンサルタントの年収・給与転職したらどれくらい?

コンサルタントの年収・給与

過去3年間で戦略コンサルファームに転職した4人に1人がムービン経由

コンサルタント転職をお考えへの方へ
詳しいコンサル業界情報から採用動向、選考についてなど、
どのような準備をしたらいいのか、
プライベートキャリア相談会を随時実施しております。

いますぐキャリア相談に申込む

気になるコンサルタントの年収ですが、様々なデータからご紹介していきます。
これら年収データはあくまでも参考値としてご覧ください。中途採用でのコンサルタント給与は、その方のこれまでの経験や実績、面接での評価などから総合的に判断され、コンサルティングファーム別に決まった制度から決定されます。

以下コンサルティングファームの役職と年収水準、ファーム領域別の給与ランキングの他、コンサルタントの給与が高い理由や評価制度についてご紹介します。

コンサルの年収

以下では複数のコンサルティングファームから収集した情報をまとめ役職別に年収水準を取りまとめました。
そのため下記の表には該当しない例外的な給与や役職の事例も存在し、一概にこの給与というわけではありません。 個別のコンサルティングファームの実情と比較すると役職名や数値が異なる場合もありますのであくまでも参考数値として見て下さい。

役職 年齢 コンサル経験 固定給与 業績賞与
アナリスト 22〜28歳 0〜3年 500〜800万円 固定給の20%
コンサルタント 25〜35歳 0〜6年 700〜1300万円 固定給の20%
マネージャー 28〜40歳 2〜10年 900〜2000万円 固定給の30%
プリンシパル 32〜45歳 5〜15年 1300〜2500万円 固定給の30%
パートナー 35歳以上 7年以上 2500万円以上 業績次第

コンサルティングファームでは年齢・性別に関係なく評価され、所謂、年功序列のような評価基準はなく完全に実力により、役職・給与が決定されます。
中途採用のメインターゲットである20代後半〜30代前半でコンサルタントとして転職する場合、年収は700万円-1300万円位が見込まれます。各役職の中でもさらに細かくランクが分かれているため、同じコンサルタントという役職でもランクによって年収が異なります。

国税庁によると日本の平均年収は458万円のため、上記の表からみてもコンサル業界の平均年収が高いことがわかります。
参照:国税庁「令和4年分民間給与実態統計調査結果」

コンサルタントの仕事についてはこちらから
経営コンサルタントの具体的な仕事内容についてはこちらから。

5分でわかるコンサルティング業界
コンサルティング業界について知りたい方はこちらから。簡単にコンサル業界を理解できます。

コンサルタントになるために必要なこと
コンサルタントになるには「何が」求められるのでしょうか。

コンサルタント転職 関連情報

初めての方へ

初めての方へ

初めての方へ

初めての転職、初めてムービンを知った方へ、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からのコンサルタント転職 その対策方法とは?

特集

【必見】未経験からのコンサルタント転職 その対策方法とは?

未経験からコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

キャリア相談会

相談会

キャリア相談会

今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。ざっくばらんにお話をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

戦略コンサルタントキャリア相談会

相談会

戦略コンサルタントキャリア相談会

戦略コンサルティングファームにご興味のある方に、キャリアやコンサル業界についての個別説明会を随時実施しています。

ファーム領域別に見るコンサルティングファームの年収・給与

さらに細かい年収水準を見ていきましょう。
戦略・総合・外資・IT・FAS・組織人事など領域別にご紹介します。

戦略コンサルティングファーム

以下では複数の戦略コンサルティングファームから収集した情報をまとめ役職別に年収水準を取りまとめました。 そのため下記の表には該当しない例外的な給与や役職の事例も存在し、一概にこの給与というわけではありません。
個別の戦略コンサルティングファームの実情と比較すると役職名や数値が異なる場合もありますのであくまでも参考数値として見て下さい。

役職 年齢 コンサル経験 固定給与 業績賞与
アナリスト 22〜28歳 0〜3年 500〜800万円 固定給の20%
コンサルタント 25〜35歳 0〜6年 900〜1300万円 固定給の20%
マネージャー 28〜40歳 2〜10年 1400〜2000万円 固定給の30%
プリンシパル 32〜45歳 5〜15年 1700〜2500万円 固定給の30%
パートナー 35歳以上 7年以上 2500万円以上 業績次第

平均年収の高いコンサル業界の中でもトップクラスの給与水準を誇るのが戦略コンサルティングファームです。
20代後半〜30代前半でコンサルタントとして中途入社した場合900万円-1300万円位が見込まれます。
昇格しマネージャーになると年収は固定給(ベース給)+業績賞与(ボーナス)で年収は2000万円を超えます。 新卒入社や第二新卒クラスで入社した場合、20代後半でマネージャーになる方も多くいらっしゃいますので、20代で年収2000万円を達成することも可能です。

戦略コンサルティングファームの年収事情についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。
戦略コンサルの平均年収

ファーム別年収ランキング

さらに細かく戦略コンサルティングファームの年収を見ていきましょう。
以下ランキングはopenworkからの参照データであり、この年収が絶対というわけではありません。
実際に上場していファームの有価証券書からの平均給与と乖離がある場合もございます。参考程度でご覧いただければ幸いです。
※opeworkより参照

ファーム名 平均年収年収レンジ
ボストン コンサルティング グループ(BCG) 1576万円 650万円〜3000万円
A.T. カーニー 1391万円 590万円〜5000万円
マッキンゼー・アンド・カンパニー 1339万円 600万円〜3000万円
ベイン・アンド・カンパニー 1278万円 500万円〜3000万円
ローランド・ベルガー 1254万円 550万円〜4000万円

さらに詳細な戦略コンサルティングファームの年収ランキングはこちらをご参照ください。
戦略系コンサルティングファーム 年収ランキング

総合系コンサルティングファームの役職と年収水準

以下では複数の総合コンサルティングファームから収集した情報をまとめ役職別に年収水準を取りまとめました。 そのため下記の表には該当しない例外的な給与や役職の事例も存在し、一概にこの給与というわけではありません。
個別の総合コンサルティングファームの実情と比較すると役職名や数値が異なる場合もありますのであくまでも参考数値として見て下さい。

役職 年齢 コンサル経験 固定給与 業績賞与
コンサルタント 22〜30歳 0〜3年 500〜700万円 固定給の10〜20%
シニアコンサルタント 25〜35歳 0〜6年 700〜900万円 固定給の10〜20%
マネージャー 28〜40歳 2〜10年 900〜1400万円 固定給の10〜20%
シニアマネージャー 32〜45歳 5〜15年 1300〜1800万円 固定給の10〜20%
パートナー 35歳以上 7年以上 2000万円以上 業績次第

30歳前後で総合系コンサルティングファームに中途入社する場合、マネージャーかそうでないかにもよりますが年収は600万円-1000万円位です。
マネージャーになると最大で年収は1500万円〜1800万円程度になります。新卒入社や第二新卒で入社した場合、20代でマネージャーになる方も多くいらっしゃいますので20代で年収1500万円を実現することができます。
中にはパートナーレベルになれば戦略系コンサルティングファーム以上というケースも多々あるそうです。(絶対ではありませんのでご留意ください。)

総合系コンサルティングファームの年収事情についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。
総合コンサルの年収

ファーム別年収ランキング

さらに細かく総合系コンサルティングファームの年収を見ていきましょう。
以下ランキングはopenworkからの参照データであり、この年収が絶対というわけではありません。
実際に上場していファームの有価証券書からの平均給与と乖離がある場合もございます。参考程度でご覧いただければ幸いです。
※opeworkより参照

ファーム名 平均年収年収レンジ
クニエ(QUNIE) 1003万円 500万円〜2000万円
PwCコンサルティング 954万円 400万円〜2500万円
デロイトトーマツコンサルティング(DTC) 937万円 400万円〜2500万円
アクセンチュア(AC) 926万円 400万円〜6000万円
EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC) 902万円 450万円〜2400万円

さらに詳細な総合系コンサルティングファームの年収ランキングはこちらをご参照ください。
Big4コンサルティングファームの年収ランキング

外資系コンサルティングファームの役職と年収水準

以下では複数の外資コンサルティングファームから収集した情報をまとめ役職別に年収水準を取りまとめました。 そのため下記の表には該当しない例外的な給与や役職の事例も存在し、一概にこの給与というわけではありません。
多種多様な外資系ファームから算出しているため、少し幅広い年収レンジとなっています。また個別の外資系コンサルティングファームの実情と比較すると役職名や数値が異なる場合もありますのであくまでも参考数値として見て下さい。

役職 年齢 コンサル経験 固定給与 業績賞与
コンサルタント 22〜30歳 0〜3年 500〜800万円 固定給の10〜20%
シニアコンサルタント 25〜35歳 0〜6年 700〜1300万円 固定給の10〜20%
マネージャー 28〜40歳 2〜10年 900〜2000万円 固定給の10〜30%
シニアマネージャー 32〜45歳 5〜15年 1300〜2500万円 固定給の10〜30%
パートナー 35歳以上 7年以上 2000万円以上 業績次第

外資系コンサルティングファームでは年齢・性別に関係なく評価され、所謂、年功序列のような評価基準はなく完全に実力により、役職・給与が決定されます。

年収はベース給+ボーナスで構成されており、昇格のタイミングで年収が急激にアップします。
例えば、第二新卒クラス(社会人1〜3年目)でアナリストとして外資戦略コンサルに転職した場合、入社時のベース給は600万円程度ですが、数年後コンサルタントに昇格した場合、ベース給は一気に1200万円程度に跳ね上がり、さらに優秀な方は20代でマネージャーに昇格する方もおり、年収は2000万近くに到達することもあります。
外資系コンサル=高収入を表す良い例かと思います。

外資系コンサルティングファームの年収事情についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。
外資系コンサルの年収

ITコンサルティングファーム 年収ランキング

ファーム名 平均年収年収レンジ
ガートナー ジャパン 1257万円 620万円〜2500万円
SAP 1091万円 450万円〜2160万円
キャップジェミニ 901万円 500万円〜2300万円
アバナード 821万円 480万円〜1400万円
ウルシステムズ 820万円 550万円〜1200万円

ITコンサルティングファームの年収事情についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。
ITコンサルタントの年収

シンクタンク系コンサルティングファーム 年収ランキング

ファーム名 平均年収年収レンジ
野村総合研究所(NRI) 1070万円 350万円〜2000万円
日本総合研究所(JRI) 1044万円 550万円〜2500万円
三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC) 923万円 420万円〜2000万円
三菱総合研究所(MRI) 838万円 420万円〜1500万円
NTTデータ経営研究所 754万円 400万円〜1200万円

シンクタンク系コンサルティングファームの年収事情についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。
シンクタンクの年収

組織人事コンサルティングファーム 年収ランキング

ファーム名 平均年収年収レンジ
コーンフェリー・ジャパン 1071万円 600万円〜2750万円
リクルートマネジメントソリューションズ(RMS) 861万円 350万円〜1600万円
コーチエイ(コーチA) 795万円 450万円〜1000万円
グロービス 764万円 600万円〜1000万円

組織人事コンサルティングファームの年収事情についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。
組織人事コンサルの年収

FAS 年収ランキング

KPMG FAS 1243万円 400万円〜3200万円
経営共創基盤(IGPI) 1069万円 410万円〜2500万円
フロンティアマネジメント 1054万円 500万円〜1850万円
DTFA(デロイト トーマツ フィナンシャルアドバイザリー) 1028万円 500万円〜3500万円
PwCアドバイザリー 1027万円 460万円〜2700万円

FASの年収事情についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。
FASの年収

参考:M&A仲介(M&Aコンサルタント) 年収ランキング

ファーム名 平均年収年収レンジ
M&Aキャピタルパートナーズ 3000万円 600万円〜5000万円
日本M&Aセンター 1209万円 400万円〜3000万円
ストライク 1066万円 600万円〜2500万円

なぜコンサルタントの給料は高いのか?料金体系と仕事内容

料金体系は「1人当たりの単価×人数×期間」

上記のように他業界と比較するとコンサル業界の平均年収は高くなっています。
コンサルタントの年収が高い理由について実際にクライアントがコンサルティングファームに支払う報酬をもとに見ていきます。

コンサルティングファームやプロジェクトの規模によって異なりますが、プロジェクトでは責任者のパートナー1人、そしてマネージャー1人、コンサルタント2〜3名のチームでプロジェクトを進めていきます。
それぞれ役職において単価が異なりますが、大手コンサルティングファームを例に出すと、3か月程度のプロジェクトに支払われるコンサルティングフィーは2000万円〜3000万円くらいになります。

東洋経済を参照すると、コンサルティングフィーの料金体系は
「1人当たりの単価×人数×期間」
となっています。クライアントの予算に合わせるため、単価の高いパートナーが関わる日数を抑えたりして、コンサルティングフィーを調整します。

役職単価/月
パートナー1000万円
マネージャー650万円
コンサルタント350万円

※東洋経済オンライン出典

このようにコンサルタントの年収が高い理由の1つとして高額なコンサルティングフィーが挙げられます。

経営課題解決という希少性と難易度の高い仕事

コンサルタントの仕事の希少性からその報酬は高くなります。
例えば戦略ファームの場合、扱うテーマはCEOアジェンダであり業界においてトップクラスの売上を上げている企業がコンサルティングを頼んでいるということは非常に難易度の高い課題だと言えます。
もちろん各企業にいおいて社内メンバーを選出し、特命プロジェクトを推進させることは可能ですが、
・通常業務もあるためプロジェクトに入る人材リソースがない
・これまでにない課題のため社内ノウハウがない
・他社や他業界での成功事例、グローバルマーケットの情報インプットがない
・そもそも社内でやるには時間が掛かりすぎる
などの理由からコンサルティングファームに依頼するわけです。

現在の企業経営を取り巻く環境は複雑且つかなりのスピードで変化しています。
こうした中で短期間にベストな戦略を考えるためにはコンサルティングファームという存在価値が非常に高くなるのです。

前置きが長くなってしまいましたが、上記のような理由からコンサルタントという希少性を考えると、自ずとその報酬も高くなっていきます。
極論になってしまいますが、たとえコンサルティングフィーが数億になったとしても、その結果数十億、数百億という売上に繋がるのであれば、そのインパクトは大きいですよね。 なのでコンサルタントが必要とされているのです。

では高い給与をもらうコンサルタントはどのような仕事をしているのでしょうか?
コンサルティングファームやポジションによって異なりますが、コンサルタントの仕事は大きく分けると所属するコンサルティングファームの領域で変わってきます。
代表的なプロジェクト内容と共に各コンサルティングファーム別にご紹介していきます。

戦略コンサルティングファーム
企業の経営戦略立案や新規事業、マーケティング戦略から人事、M&Aなど、いわゆるCxOの経営陣が抱える経営課題解決を軸としてコンサルティングを提供しています。
また特徴としてグローバルにオフィスを展開するファームが多く、世界トップ企業(大企業)のコンサルティングを手掛けています。

総合コンサルティングファーム
その名の通り経営戦略から業務IT、さらには実行・保守など上流から下流まで一気通貫でコンサルティングを手掛けています。
多くは部門・ユニット別に業界やテーマごとにコンサルタントが分かれて所属しており、専門性を磨きながらエキスパート人材として大企業向けのコンサルティングを提供しています。

IT系コンサルティングファーム
IT戦略やシステム導入、DXなどIT領域を得意とするコンサルティングを展開。
業務オペレーション領域において強みを発揮するファームが多いですが、最近では最上流の戦略領域からIT・デジタルを活用したコンサルティングを提供するファームも出てきています。

FAS系ファーム
主にM&A領域において、戦略からエグゼキューション、その後のPMI(企業統合)までをサポートしています。
Big4と呼ばれる大手会計事務所を母体とするファームが多く、M&Aの他にも事業再生やPPP/PFI領域のコンサルティングを提供するファームも存在します。

人事系コンサルティングファーム
人事部門に対するコンサルティングを提供するファーム。プロジェクトにおいては人事制度や組織開発、研修や採用、報酬、年金まで人事全般を網羅した案件が特徴的。
人事領域の中でもさらに制度だけ、研修だけと特化するファームも目立っており、外資系だけでなく日系ファームも多い。

中堅中小企業向けコンサルティングファーム
100〜1000人規模の中小企業向けにコンサルティングを展開するファームです。特徴的な点は大企業向けとは違い、1人のコンサルタントが受け持つ範囲が広いということ。 財務面から現場オペレーション、実行のところまで伴走しながらコンサルティングを提供しています。また製造業特化など業界にテーマを置いたファームも多い。

完全実力主義!コンサルタントの評価制度

基本的にはコンサル業界は成果主義であり上記でご紹介した役職キャリアパスに応じて給与は上がっていきますが、年齢に関係なく評価に応じて年収がアップしていきます。 自分の実力に見合った給料を得ることができるコンサル業界ですが、コンサルティングファームの評価制度はどのようになっているのでしょうか?

例えば、弊社ムービンとのインタビューの中でベイン・アンド・カンパニーのマネージング・パートナーの 奥野 慎太郎 氏はこのように述べています。 Q.ベインの評価の仕組みについて教えて頂けますでしょうか。

ベインの評価基準は非常に明確でシステマチックにできています。新入社員からマネージャーぐらいまではずっと同じ項目で評価し続けます。アウトプットが期待値から離れていることはないかとか、頼まれた分析ができているかとか、クライアントのニーズを捉えて分析や設計ができるか、あるいはクライアントが気付いていないものに気付き提言できるようになっているかとか、項目はずっと同じで期待値が変わっていきます。新入社員がマネージャーを目指そうと思ったらこういうことができるようにならないといけない、というのが全部書いてあります。また評価基準もグローバルで統一されているので、海外オフィスのコンサルタントと一緒に働くことになっても、そのコンサルタントの評価を見ればすぐにスキルが分かり、ケースを通してどういうエリアを強化していけばいいかなども明確です。例えば、私がサンフランシスコで新しいプロジェクトに入り、一緒に仕事をしたことがない上司につくとしましょう。 その上司から「ところで君は何がパフォーマンスの課題なの?」と聞かれ、「20個あるうちの3番目と13番目なんです」というと、「あああれとあれね、じゃあこういうことをやっていけば今後1ヶ月でパフォーマンスが良くなるかもね」というような話ができます。

また、私たちは360度評価制度を採用していますので、私自信も様々なポジションのメンバーからのフィードバックを受けます。評価項目は異なり、問題解決に力を出しているかとか、お客様とのリレーションをしっかり構築・維持しているかとか、チームを適切にマネジメントしているかとかですが、点数をつけるだけではなく、具体的な改善点などのコメントも書いてもらいます。シニアメンバーでも、建設的なフィードバックによって自己研鑽に繋がりますし、ボーナスや昇進などの評価にも大きく影響していますので、非常に民主的な仕組みだと思います。

ベイン・アンド・カンパニー マネージング・パートナー 奥野 慎太郎

ベインと同じ外資戦略コンサルティングファームであるボストン コンサルティング グループ(BCG)でもコンサルタントは論理的思考力やコミュニケーション能力、クライアントとのやりとりやチームへの貢献などの大きな項目からさらにそこから分かれる細かい項目で数値化されて評価されます。
またこのスキルセットとは別にポテンシャルという軸でも評価されます。スキルセットにおいて基準値を満たすと昇進前のテスト的な意味合いで上の役職の仕事を任されます。問題がなければ次のキャリアパスへ進みます。
このようにBCGでは「次の役職に昇進するための最低業務経験期間」「経験期間後、次の役職への昇進目安期間」など、ロールの経験期間と次の昇進までの目安が決められています。

またダイヤモンドオンラインでは評価制度を改革することで社員の士気を急上昇させたとしてデロイト トーマツ コンサルティング(DTC)が取り上げられています。
デロイトではコンサルタントに対して直属の上司だけでなく他のチームの上司も交えて多面的な評価が下されます。特定の評価者の思い込みに左右されず評価の透明性を高めています。 さらに実際の評価では定量的な成果ばかりではなくプロセスや努力といった過程も重視され、また部下から上司に対する評価も行われます。

ムービンが転職支援させて頂いたコンサルタント平均年収

弊社が昨年ご支援させて頂いた平均年収は、
720万円
でした。(平均年齢:29.2歳)
内定時の役職においては、アナリストクラスからシニアマネジャークラスでパートナーについては省いております。また一部、給与の決まった第二新卒クラス採用も含まれております。

また未経験からのコンサルタント転職においての最高年収は、
1,520万円
となっており、1,400万円以上でも複数名いらっしゃいました。

高年収の要因としては、個々によって違いますが、
よくある例としては、コンサルティングと親和性のある業務を多数経験していた、その当時ファーム側が求める経験・実績を持っていた、さらに面接での評価(コンサル適性)が高かったなどがあります。

転職で年収アップするならコンサルタント!

以下の表は厚生労働省が公表している、すべての業界・業種における「転職で年収が上がる人の割合」です。

年齢 転職して年収アップに成功した人の割合(全業界・業種)
20 〜 24 歳 47.1%
25 〜 29 歳 42.9%
30 〜 34 歳 38.4%
35 〜 39 歳 36.8%

出典:厚生労働省「令和3年雇用動向調査結果の概況」

転職することで年収がアップする人の割合が最も高い20歳〜24歳の年齢層でも、半数以上の方が転職後年収が上がっていないことがわかります。
一方でコンサル業界への転職の場合、弊社ムービンの25年以上の豊富な転職支援実績からみると、年齢問わず未経験から転職する9割の方が年収アップに成功しています。

つまり、コンサル転職は年収を上げたい方にもおススメの転職先といえます。
さらに上記の表からもわかる通り、コンサル転職も同様に年齢が若ければ若いほど転職して年収がアップする可能性が高くなります。 そのためコンサル業界への転職をお考えの方、興味がある方はぜひお早めにご相談ください。

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。 コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

キャリア相談会 プライベート個別相談会開催中 キャリア相談会 コンサル転職に関する疑問・不安はプロに聞くのが一番早い!ざっくばらんに話せる個別相談会を随時実施しています。今すぐの転職をお考えでない方も歓迎していますのでお気軽にご相談ください。

書籍出版記念 久留須シニア・パートナー特別キャリア相談会 個別相談会開催中! 書籍出版記念 久留須シニア・パートナー特別キャリア相談会 久留須シニア・パートナーの書籍出版を記念してコンサル業界のこと、キャリアのこと、をお答えする特別キャリア相談会を開催します!

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。


			A.T.カーニー 会社紹介・出身業界別コンサルタント座談会 2024年6月6日 (木) 19:30-21:30 締切:2024年6月1日 (土) A.T.カーニー 会社紹介・出身業界別コンサルタント座談会 外資戦略コンサルティングファームのA.T.カーニーにてキャリアセミナーが開催されます。APAC代表 兼 日本代表 関灘様による会社紹介および中途入社コンサルタントによる出身業界別座談会が予定されています。

BCG(ボストンコンサルティンググループ) 女性向けキャリアセミナー 2024年6月20日(木) 18:30 締切:2024年6月13日(木) BCG(ボストン コンサルティング グループ)女性向けオンラインセミナー 当日は会社紹介、現役コンサルタントによるパネルディスカッションやグループセッションを予定しております。戦略コンサルに興味のある女性の方は是非お気軽にご参加ください。

【女性】ベイン・アンド・カンパニー 女性向けキャリアセミナー 2024年6月11日(火)19:00 締切:2024年5月30日(木) ベイン・アンド・カンパニー 女性向けキャリアセミナー ベイン・アンド・カンパニーが、女性向けオンラインキャリアセミナーを開催いたします。当日は、現役女性コンサルタントとのQ&Aセッションを実施し、働き方や会社のサポート制度等についてお話をさせていただきます。

ローランド・ベルガー MBA壮行会 2024年6月5日(水) 19:00-20:30 締切:2024年5月28日(火) ローランド・ベルガー MBA壮行会 2024年にビジネススクール/大学院への留学を予定されている方を対象にしたMBA壮行会が開催されることになりました。当日は現役戦略コンサルタントの生の声をお聞きいただけるプログラムとなっております。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング ITコンサルタント キャリアセミナー 2024年5月23日(木)19:00~20:00 締切:2024年5月21日(火) EYストラテジー・アンド・コンサルティング ITコンサルタント キャリアセミナー TC-Technology Transformationではテクノロジー全領域に亘り、戦略策定から導入支援に至るまでの包括的なサービスを提供し、クライアントの競争力強化を支援。ITプロフェッショナルとしてプロジェクトに参画する。

フューチャー ITコンサルタント/ITアーキテクト 1日選考会 2024年6月8日(土) 締切:2024年6月2日(日) フューチャー ITコンサルタント/ITアーキテクト 1日選考会 有名ITコンサルティングファームにて1日選考会が開催されます。当日は、まずカジュアル面談(会社紹介)からスタートし、同社の理解を深めていただいた後に選考に臨んで頂きます。開発経験(言語問わず)があり、未経験からITコンサルタントへ挑戦したい方は是非この機会にご応募下さい。

ドルビックスコンサルティング サステナビリティ部門 キャリアセミナー 2024年5月16日、5月30日 6月13日、6月27日(木)19:00~ ドルビックスコンサルティング サステナビリティ部門 キャリアセミナー 総合商社×コンサル×サステナに興味がある方必見!応募意思不問ですので是非お気軽にご参加ください。

ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 開催日程多数! ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 高年収かつWLB良好!コンサル経験者必見!急成長中の総合系コンサルティングファームでキャリアセミナー開催!

その他セミナー一覧はこちらから

SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。 SDGsプロジェクト始動! ムービンは持続可能な開発目標を支援しています ムービンはSDGsに賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

TOPへ

株式会社ムービンストラテジックキャリア

初めての方へ

弊社ムービンをはじめて知った方、はじめてサイトに来て頂いた方に、弊社ムービンの転職サービスについてのご紹介と弊社HPの活用方法をご紹介いたします。

20年以上にわたりコンサル業界に特化したご転職支援を行っています。スタッフも少数精鋭でホンモノの人脈・情報を有しております。

コンサルティングファームはもちろん、国内・外資の大手事業会社をはじめ、ファンド、投資銀行、ベンチャーなど様々な支援実績がございます。

コンサル業界専門だからこそ各コンサルティングファームの圧倒的な情報量を保有しており、戦略系、総合系(BIG4)、IT、人事など外資系日系を問わず、国内大手の有力ファームすべてがクライアント

プライバシーマーク

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

【必見】未経験からのコンサル転職

ノウハウ大公開!
コンサルタント転職・対策方法

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法をご紹介します。

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

これから何を準備すればいいのか、疑問・不安に思っている方へ「コンサル転職対策プライベート相談会」を開催します。

パートナー 特別キャリア相談会

パートナー 特別キャリア相談会

弊社トップエージェント陣による特別キャリア相談会(1on1)を開催します。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

1分程度の入力で簡単登録できます

コンサルタント転職支援、実績No.1の人材紹介会社ムービン。業界出身者が転職をサポート!

ムービン

まずはキャリア相談から

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

日本初!コンサル業界特化転職エージェント 創業25年以上の転職ノウハウ