最新コンサル業界採用動向 - コンサルタント中途採用情報 -

戦略系コンサルティングファーム 採用動向

戦略系ファームについては、ここ数年の傾向を引き継ぎ積極採用中です。
基本的に事業会社からのポテンシャル採用を行っていますが、ファームによっては第二新卒クラスの採用を積極化したり、30代後半の専門性高い人材を積極的に採用する方針を出していたりしますので、昨年以上と言っても良いかもしれません。

年齢層別でみますと、第二新卒クラスは、昨年は採用を控えていたファームも今年から積極採用に転じたり、昨年積極的に採用していたファームは今年も引き続き積極採用モードです。
20代半ばから30代半ばは、戦略ファームが最も採用したい層ですが、こちらは依然として積極採用です。戦略ファームは少数精鋭ですが、ここ数年の業績好調のファームがが増えていますので、その結果採用人数自体が増加傾向にあります。選考基準は基本的に変わっていないですが、後述する業界の専門知識も加味されえますのでチャンスが徐々に広がっているとみることもできます。
30代後半は、昨年に引き続き、より高い業界知識や専門性を持つ方を採用する傾向が強まっています。また、AIやIoT、ロボティクス、アナリティクス、デジタルなどの新しい技術の知見がある方も非常に求められています。

業界別でみますと、製造業(特に自動車)、通信ハイテク、ヘルスケア、素材系、金融(特に生損保)、IT系(SIer、ベンダー)、商社、官公庁など、非常に幅広い業界の方を求めています。
これらの業界経験、専門性が高い方は30歳後半でも採用される可能性が高まっています。

専門性としては、特に近年は戦略系ファームでも戦略の実行支援や全社トランスフォーメーションなどのプロジェクトが増えており、営業やCRM、サプライチェーン(SCM)、研究開発、生産技術・生産管理などの領域の専門性が高い方が求められています。
また、戦略立案段階からITの知見を要するプロジェクトも増えているため、IT全般(オープン系、インフラ、ネットワーク等)やデジタル系(WEBマーケ・広告、アナリティクス等)の知見を持つ方が求められていますし、戦略立案もアジャイル型になりつつあるため、アジャイル開発の経験者にも興味を持ち始めています。

上記の業界知識や専門性に加えてコンサルティング経験がある方は、戦略コンサルタントとして早期の立ち上がりが期待できるため、総合系やシンクタンク系ファーム、独立系ファームからの転職事例も増えています。

英語については、日本企業は年々海外にシフトしていますので、グローバルプロジェクトの増加を背景として英語力が高い方の採用ニーズは益々高まっていますが、国内プロジェクトも多いため選考ステップの中で英語を必須にしているファームはまだ限られている状況です。

2020年には景気が落ち込むという予想や、RPA(Robotic Process Automation)の普及により昨年はメガバンクが大量の人員削減を行うことにしたり、今後AIがさらに進化・普及すること等を考慮しますと、今年は戦略コンサルタントへの転職のベストタイミングではないかと思います。
不景気になればコンサル経験者のみでポテンシャル採用をしないファームも出てきます。今後のキャリア形成も含め戦略コンサルタントへの転職はキャリアの上で優位になる可能性が高いです。まずは業界研究や情報収集などのご相談からでも全く問題ございませんので、お気軽にお問合せ下さい。

戦略系コンサル 求人情報
コンサルタントとして求められる人材像
【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

総合系コンサルティングファーム 採用動向

総合系ファームについては、第二新卒を対象にしたポテンシャル人材をはじめ、各インダストリー(製造、流通、金融、小売、公共、ヘルスケア、素材、エネルギーなど)や各ソリューション(Technology、組織人事、経理財務、SCM、CRM、M&Aなど)に関わる業務経験が有る方を幅広く採用しています。

ここ数年、採用意欲が高い状況が続いていることから、コンサルティングファーム出身者(年齢問わず)であれば、コンサルワークのご経験が魅力的なアピールポイントとなり、ご経歴に近いポジションは勿論のこと、他インダストリー/ソリューションへのキャリアチェンジを実現される方も非常に多くなっております。

事業会社出身者であれば、ご年齢としては30代半ばくらいまでがメインターゲットになっています。
20代後半くらいまでの方については、これまでのご経験に囚われることなく、その方の持つポテンシャルを重視し、選考を進めていることがほとんどであるため、ご準備次第で総合系ファームへのご転職を実現することが可能です。
なお、30代に差し掛かると、これまでのご経験(業界知見等)を活かしたアピールが非常に重要になり、専門領域に沿ったところであれば、ポジションも数多く用意されています。
しかしながら、このような各ファームの好景気もいつまで続くか分からないため、コンサル未経験の方は特にお早めにご準備を進められることをお勧めいたします。

また、クライアントとしては、一部上場などのいわゆる大企業(日系・外資)が多く、海外進出支援などをはじめとしたグローバルプロジェクトが多いことも特徴です。
そのために、外国籍の社内メンバーやクライアントも比較的多く、今後英語力をより活かして仕事をしたいといった方には魅力的な環境が整っていると言えます。

その他、プロジェクトにおいては、一つのクライアントに対して一気通貫でコンサルティングを行うことが多く、それによって戦略、業務、ITと幅広く関わることが出来るため、その名の通り、コンサルタントとして総合的なノウハウ、あらゆる局面に対応できるスキルセットを身に着けることが出来るのも魅力の一つです。
※総合系ファームでは、他部門との協業も多く、そういった経験を重ねることで強み領域の幅も大きく広がってきます。

最近では、AIやIoT、RPAなどの領域にも積極的に参入を進めていることから、このような領域に強い人材の採用も積極的となっています。
また、戦略系ファームなどに比べると幅広い知見を持つ経験者を求める傾向がある(企業として幅広く受け入れる柔軟なマインドがある)ため、例えば医者や弁護士、官僚といったバックグラウンドの方の採用も積極的に行っています。

総合系ファームの次のキャリアとしては、事業会社やベンチャーの経営ポジションや、ファンドなどの投資×コンサルティングといった領域を選ばれる方が多くなっています。
なお、最近の傾向として、転職先となる企業様(ポストコンサルポジション)において、「経営戦略領域のみ」、「IT領域のみ」の経験がある方というニーズは減少傾向にあります。
これは、経済や顧客のニーズの流動的な状況に対応するために、総合系ファームで培うことのできる幅広い経験や知見を求めているという意味でもあります。

その他、総合系ファームには戦略プロジェクトへのアサインに特化したポジションもありますので、そういった志向をお持ちの方については、戦略系ファームと比較しても十分なキャリアを積むことが可能です。
総合系ファームと呼ばれる企業は数多くございますので、各社ごとの違いなども含め、ぜひ一度ご相談ください!

総合系コンサルティングファーム 求人情報
コンサルタントとして求められる人材像

ビジネス&IT系コンサルティングファーム 採用動向

ビジネス&IT系コンサルティングについては、引き続き高い採用意欲が継続しています。
今年のトレンドは、「AI・RPA」がキーワードとなっており、昨今、話題となっている人工知能(AI)やロボティクス技術(RPA(Robotic Process Automation))を活用したホワイトカラー効率化・自動化をテーマとした業務革新プロジェクトなどの案件が激増しており、業務IT領域での「AI・RPA」案件を多く手掛け始めている印象です。

特に、金融、製造、エネルギー、サービス業界などを中心にAI・RPAの導入が進んでいる傾向が強いです。国内大手金融機関などでは、経理・ 財務業務にRPAを活用し、会計伝票の起票・照合や日次会計レポートの作成で効率化を進めるなど、経営課題を解決する手段にAI・RPAが利用されているのが今年のトレンドです。

「業務コンサル、ITコンサル、SE」経験がある方には、新しいキャリアを手に入れることが出来る1年になるでしょう。さらに、今後のトレンドとなるAI・RPAの経験が出来るのも魅力となります。

ビジネス&IT系コンサル 求人情報 - ITコンサルタント転職サイト
コンサルタントとして求められる人材像

財務アドバイザリー系コンサルティングファーム 採用動向

BIG4を中心とする大手財務コンサルティングファームについては、全体的に高い採用意欲が継続しています。
顕著な動きとしては、従前から採用意欲が高いコーポレイトファイナンス、バリュエーション、トランザクションサービスに加えて、M&A戦略、PMI関連のポジションでコンサルティングファーム出身者を求める動きが高まっています。
また、業界別の専門チームを立ち上げる動きも出てきており、金融業界や商社業界、エネルギー業界等、ヘルスケア業界を中心に、特定業界のM&A経験が豊富な方へのニーズが高まっています

BIG4以外の中堅の財務コンサルティングファームでは、中堅・中小企業の再生案件はもちろん、事業承継や組織再編に伴う中堅・中小企業のM&Aのニーズが高まっており、会計士資格経験者や銀行出身者を求める企業が多数出ております。

その他、コンサルティングファームではありませんが、プライベートエクイティファンドについても、複数の大手〜中堅ファンドで若手の募集が出ており、戦略コンサルティング経験者やM&Aアドバイザリー経験者、事業再生コンサルティング経験者を積極的に採用しています。

財務アドバイザリー系 求人情報 - 金融、ファンド、M&A転職サイト

会計士の資格をお持ちの方へ会計士の採用ニーズについて金融、ファンド、M&A転職サイト内でご紹介しておりますので是非ご覧下さい。
コンサルタントとして求められる人材像

組織人事系コンサルティングファーム 採用動向

組織人事系ファームは、引き続き、専門ブティック系、総合系ファーム、シンクタンク、人材育成/研修系など各ジャンルで幅広く、未経験者採用も積極的に行っています。

外資系専門ブティックファームではコンサルニーズの高まりにより、これまで採用に消極的だったファームも未経験者採用を行い始めております。
「外資系=英語ネイティブ」のイメージがありますが、若手ポテンシャル採用枠として基本的な論理的思考力、コミュニケーション能力を面接で発揮できる方は英語力がない方も採用されています。
テーマとしては、外資のブティック系コンサルティングファームにおいても、HRTechや人材育成などにも手を広げ始めています。

総合系ファームは引き続きHRtechならびにBPR(業務改善)のニーズが高まっています。また、大手日系企業からの引き合いを中心にグローバル案件は引き続き多くあります。
コンサルティングファーム経験者はもちろん、Sier、ITベンダー在籍者へのニーズが高まっています。また、若手で英語が得意な人材、事業会社の企画職人材など何か1つでも特徴がある方は人事関連未経験者も採用されている状況です。

シンクタンクにおいても組織人事領域の採用は引き続き活発です。
グループ・銀行からの紹介案件は引き続き増え続けており、ブティック系、総合系と同じくコンサルティング未経験者の採用を行っております。

会計事務所、税理士事務所系のコンサルティングファームにおいても組織人事案件のニーズが増えております。
これまでは組織人事系案件に対応できるコンサルタントが個別に担当しておりましたが、徐々に組織人事コンサルティングチームを新設する動きが出てきています。チーム立上げ期から参画できる良い機会として人気があります。

人材育成/研修系も大手から設立間もない小規模ファームまでどこの会社も業績好調で積極採用しております。
組織開発・人材育成に興味がある方であれば、職務経験はあまり問わず営業・企画・SEなどいろいろなバックグラウンドの方が入社しております。

上記のような積極採用の背景から、人材紹介会社も各社積極採用しております。
大手人材紹介会社はRPO(採用アウトソーシング・採用代行)など新たなビジネスサービスを開発し、クライアントに提案しているため、様々な職種で積極採用しております。
RA(リクルーティングアドバイザー)・CA(キャリアアドバイザー)以外も引き続き採用しております。RAは営業経験がある方が望ましいですが、若手は幅広い方がご入社しています。もちろん小規模なブティック系人材紹介会社においても軒並み各社積極採用しております。

組織人事/チェンマネ系 求人情報 - 組織人事コンサルタント転職サイト
コンサルタントとして求められる人材像

医療コンサル系コンサルティングファーム 採用動向

医療コンサルティングファームの採用は引き続き堅調ですが、完全なポテンシャル採用は抑え気味で、何かしら尖った経験やコンサルティング経験をお持ちの方に絞って採用する傾向が強くなっています。

まず昨年採用意欲の高かった総研・シンクタンクのヘルスケア部門ですが、ある程度ポテンシャルでの採用は落ち着き、ヘルスケア業界での経験に加え、高い英語力をお持ちの方、一流大学卒業で高い情報処理力が期待できる方、データ分析や統計学などの知識・経験を持ちデータ分析に強みを持つ方など、何かしら尖ったご経歴をお持ちの方を採用する傾向にシフトしています。

また、総合系コンサルティングファームのヘルスケア部門もMR経験のみの方などの採用はかなり抑え気味で、高い英語力や、修士号以上を持ち医薬品の研究開発などの尖った経験をお持ちの方、何かしらコンサルティング経験をお持ちでヘルスケア分野の経験をお持ちの方などを採用する傾向が強くなっています。

独立系の医療コンサルティングファームでは、医療業界出身のポテンシャル採用も引き続き継続しており、看護師、薬剤師、放射線技師など医療専門職の若手や、病院の医事・会計業務経験者といった方々がコンサルタントへのキャリアチェンジを果たされており、今後もしばらくはこの傾向が続きそうです。

医療コンサルティングファームは、今まで積極的にポテンシャル採用を行ってきた背景もあり、各社ともに完全なポテンシャルの採用意欲は減退気味です。医療コンサルティングファームへの転職を果たすためには、一流大学卒といった学歴を武器とするか、英語力を身に着ける、統計学やデータ分析などの専門性を身に着ける、といった自主的な努力も必要になってくるものと思われます。

今の自分で医療・ヘルスケア分野のコンサルティングに転職可能なのか、転職するためには今後どのような準備をすればよいのか、ご興味・ご関心をお持ちの方は是非お気軽に弊社ムービンまでお問い合わせください。

病院・医療コンサルタント 求人情報 - 医療コンサルタント転職サイト
コンサルタントとして求められる人材像

ポストコンサル系 採用動向

採用マーケットは2008年後半〜2009年にかけての谷から回復が連続しており、現在も調子はいい状態です。マーケットは景気に連動、という部分はポストコンサル転職も同様であり、現在数多くの案件が動いている状態です。
ざっくりと世の中では景気はオリンピックまで、と言われていますが、それが正しいとすると今から1年〜1年半ぐらいのタイミングが転職の好機です。転職では個人の能力値の幅よりも、企業の採用意欲の方が何倍も重要になります。タイミングを逃さないよう、ご注意ください!!

マーケットのポストコンサルポジションニーズとしては、戦略コンサル出身者に向けては事業会社の経営企画、事業企画やPEファンドなどがメインのポジションになります。事業会社の案件としてはWEBビジネスの企業でのポジションが数多いですが、製薬会社、自動車会社などの製造業も案件は見受けられます。
業務ITコンサル出身者はWEBビジネス企業の事業企画や、大手事業会社のシステム企画などのポジションへ移る方が多いです。外資系企業でのシステム関連のポジションも最近は多く出ており、英語力があるとポジションを見つけやすいと言えます。
フィナンシャルアドバイザリーのコンサル出身者向けのニーズとしては、事業会社での経営企画(投資絡み)や事業企画、外資系企業でのフィナンシャルアナリスト(事業部の数値管理を行う)、PEファンドなどがあります。投資絡みのポジションや外資系企業での案件は英語力は求められると考えて良いでしょう。

ポストコンサル系 求人情報

第二新卒ポジション 採用動向

第二新卒採用は、企業によって多少の偏りはあるものの、コンサルティングファームを中心に積極的に採用を進めています。

特に、一部のコンサルティングファームでは、ビジネスが好調なことを背景に慢性的な人手不足に陥っており、若手層に対する採用ニーズも依然として強い状況が続いています。また、その他の業界においても、ある大手証券会社の投資銀行部門がアナリストクラスの未経験ポテンシャル採用を開始したり、その他の事業会社においても業界未経験・第二新卒歓迎の採用を加速させるといった動きが目立ちつつあります。

異業種・異業界へのキャリアチェンジを目指す若手の方にとっては、多くのチャンスがある状況と言えます。

第二新卒 求人情報

初めての方へ

20代、コンサルティングファームへの転職 20代、コンサルティングファームへのご転職をお考えの方は是非ご一読ください!

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

未経験からのコンサルタント転職 求人特集 未経験からコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

Monitor Deloitte(モニター デロイト)への転職相談会 2018年6月より始動したモニターデロイト。現在の採用動向や求める人材など詳しくお話させていただきます。是非ご相談ください!

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)への転職相談会 デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)へ転職を希望している、もしくはどの部門を志望するかを相談したい等々、どのような事でも結構です。お気軽にご相談ください!

夏の賞与(ボーナス)をもらって転職!キャリア相談会! 「とりあえずボーナスをもらってから」転職という方を対象に夏に向けた転職キャリア相談会を随時開催しております。

東大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

30代・40代のIT経験者向け 個別キャリア相談会 今後のキャリアを見据えると40歳前後というのはとても大切な時期です。今後のキャリアに悩んでいる30代・40代のIT経験者の方は是非ご相談ください!

多忙な方へ!! 早朝個別キャリア相談会 いつもより少し早起きをして、是非当社コンサルタントにご相談されてみませんか?

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • ポストコンサルタント転職サイトポストコンサルタント転職サイト

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

20代、未経験からのコンサルティングファームへの転職

20代、コンサルティングファームへのご転職をお考えの方は是非ご一読ください!

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top