サステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルタント 転職・求人特集

サステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルタント 転職・求人特集

近年、サステナビリティは重要な経営アジェンダの一つとして関心が高まっており、サステナブル投資やサステナビリティ経営を推進する企業が増加しています。
企業にとってSDGs/ESGへの取り組みは、社会的責任や貢献度合いを社内外へ周知し、従業員の内発的動機付けを発揮させ、長期的には企業価値を大きく向上させる、"世界基準の経営戦略を活用すること"と言えます。
機関投資家の間では投資の意思決定において従来の財務情報だけでなく、サステナビリティの取り組みの中のESGにも注目しており(ESG投資)、ESGの観点が薄い企業は大きなリスクを抱えた企業だとマーケットで判断される可能性があります。

こうした背景の中、経営コンサルティングファームにおいてもクライアント企業からのサステナビリティ領域のコンサル依頼も多く、当領域の専門チームを組織したり、ファームによっては一つの部門として立ち上げるなど、企業のESG経営、SDGs対応にコンサルティングサービスを提供しています。
サステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルはSX(サステナビリティトランスフォーメーション)とも呼ばれており、サステナビリティの実現を支援するだけでなく「事業戦略に紐づけたサステナビリティの実現」を視野に継続性のある中長期的な視点での事業戦略の策定を支援しています。
サステナビリティ領域のコンサルプロジェクトは急速に増えており、ファーム側としても人手不足が続き、どのファームでも積極採用を展開しています。

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。 コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

サステナビリティ関連ポジションの採用動向

まず、コンサルティングファームだけでなく、事業会社も含めたサステナビリティ関連のポジションについての採用動向からご紹介していきます。
背景として、事業会社においてもこうしたポジションにおける採用熱が高まらない限り、コンサルティングファームにおいても1つのアジェンダとしてコンサルティングを提供するマーケットの位置づけが出来ないという現状があります。
例えば、財務経理におけるコンサルティングを提供する=クライアント企業でも財務経理担当者がいる、中長期の戦略立案のコンサルティングを提供する=クライアント企業でも戦略企画担当者がいる、という前提になっているため、 一般事業会社の採用動向や、企業における取組の熱の高さは、これからコンサル転職を考える方にとっても知るべき一つの情報になります。

さて少し脱線してしまいましたが、 まず、企業全体のサステナビリティ関連の採用動向ですが、冒頭ESGへの取り組みが企業としても急務になっている昨今、どの業界でもサステナビリティ推進、SDGsポジションの積極採用が目立っています。
銀行、証券、メーカー、小売、どの企業でもサステナビリティの専任ポジションはもちろんですが、通常のフロント、バックポジションどちらでもサステナビリティを付帯した動きが必要になるため、カーボンニュートラルやサステナビリティを踏まえた業務遂行という仕事内容が追加されている企業も目立ちます。

まだこの領域での専門人材がいないため、応募要件として「SDGs・サステナビリティ・ESG」の経験者と書かれている求人は少なく、総じてプロジェクトマネジメント経験や何かしらの企画経験、またコーポレートスタッフとしてプロジェクト推進してきた方、などがメインターゲットとなっています。
一方コンサルティングファームですが、実は事業会社とほぼ同じ経験要件となっているポジションが多いです。コンサルの場合には、他にも「コンサル適性」=論理的思考能力やコミュニケーション能力なども見られますが、 「経験」という部分においては、一般事業会社もコンサルも変わらず、専門人材がいないということでどちらかというと、ソフトスキルに重きを置いている傾向あるかと思います。

未経験からのサステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルタントへの転職は可能?

未経験からでもサステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルタントへの転職はできます。
サステナビリティポジションは専門人材が不足している状況なので、各ファームにおいて「SDGs・サステナビリティ・ESG」の経験者について厳しくしているファームは少ないです。

各コンサルティングファームの同ポジションにおける求人を見てみると、サステナビリティ領域の経験は必須ではなく歓迎要件としている求人が多いという現状です。

サステナビリティ関連の求人を弊社でも取り扱っているので、ご興味のある方はぜひお気軽にご相談ください。

求められる人材像 - サステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルタントになるために

コンサルティングファームに絞って各社の求人情報から「求める要件」を見ますと

・経営企画/事業企画における実務経験
・ESG関連の実務経験
・官公庁出身者
・大学時代ESG、サステナビリティ、環境領域などの勉強をしていた方
・コンサル経験者
・ロジカルシンキング/コミュニケーション能力

が主で、基本的には経営コンサルタントとしての基礎能力に、ファームによってはSDGs/ESGにおける何かしらの経験を求めている傾向にあります。
SDGs/ESGにおける経験については、かなり曖昧な表現となっていますが、大学時代やボランティアでの経験でもOKとしているファームもあり、やはりこの領域での経験者が少ない分、条件としてはまだ厳しくないかと思います。
また他領域からのキャリアチェンジとしてコンサル経験者も積極的に採用しています。今後はSDGs/ESGで専門性を高めていきたい、という方は大きなチャンスかと思います。

テーマは違いますが、以前リスク/セキュリティ領域のコンサルティングニーズが高まっていた時、今回のSDGs/ESGと同じように領域経験者はまだ少なく、SE出身者という要件で人材を募集していました。しかし5年以上経った現在ですと、その要件はリスク領域の経験者必須、という募集要項に変わってきています。
この状況を踏まえると、SDGs/ESG領域についても同じようなことが言えるかと思います。現状、経験者が少ないため要件自体は厳しくないですが、数年後には企業におけるSDGs/ESG実務経験者が必須要件となってくるでしょう。
SDGs/ESGコンサルティングにご興味のある方は早めの行動から、転職活動をスタートしたほうが良いかと思います。

キャリア相談会

随時開催中 キャリア相談会 ムービンではコンサルティング業界や事業会社のマーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

キャリア相談会

随時開催中 キャリア相談会のご案内 ムービンではコンサルティング業界や事業会社のマーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

コンサルティングファームの選考フロー

選考ステップ
書類選考→適性検査→面接複数回
ファームによって選考回数や、適性検査の有無で変わってきますが、概ね以上のように進んでいきます。

書類選考
応募書類においては応募ポジションとこれまでの経験・スキルとの親和性が重要で、さらにはコンサルタントとして不可欠な論理的思考能力があると評価してもらう内容でなくてはいけません。特にコンサル未経験者の場合には、これまでの業務と応募ポジションの業務内容との接地面を多くするような書き方で、自身にコンサル適性や、ある程度即戦力としての人材であるとアピールすること、なぜコンサルへの転職なのか、という部分も記載するべきポイントです。
また、サステナビリティ領域において何を実現したいのか、明確な志望動機も必要です。

筆記試験
応募企業によって筆記試験の有無が変わります。転職エージェントを通じて事前に筆記試験の対策が必要かどうかは連携するといいでしょう。また通常面接対策を優先することにより筆記試験対策が甘くなり、筆記で不採用となるケースもありますので、面接対策同様しっかりと準備はすべきでしょう。

面接対策
面接内容は、志望動機(なぜコンサルなのか)、これまでの業務経験について掘り下げた質問からコンサル適性の確認がされます。ロジカルに答えることがポイントですが、事前に「なぜコンサルなのか」「なぜ応募ファームなのか」をご自身の中でも腹落ちするよう自己分析を重ね準備・対策をする必要があります。
書類選考でも述べた通り、なぜサステナビリティなのか、サステナビリティを通して何を実現したいのか、当然面接官から質問されるので、論理的に説明できるように準備をしておきましょう。
また最近では一部ポジションでケースも出題される場合あります。

各コンサルティングファームの動き

欧米ではすでにSDGs/ESGへの取り組みはかなり進んでいるため、グローバル展開をする日本企業にとっては無視できない状況にあります。
ESG投資を経営戦略のひとつとして意識せざるを得なくなっていますが、実際には多くの企業において探り探りになっている事実もあり、 「SDGs経営」が求められる流れの中で多くの企業からコンサルティングファームへの期待が集まりはじめています。

アクセンチュア

すでにサービスラインの一つとして「サステナビリティ」が入っており、 クライアント企業がサステナビリティ目標を達成し、成果を上げるための支援を提供。パートナー企業は、ソフトウェア最大手やクラウド関連企業から、中小規模の革新的なイノベーターに至るまで多岐にわたっています。
また、世界経済フォーラム、国連グローバルコンパクト、WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)といった国際組織とも協働しており、さらにアラベスクS-Ray(Arabesque S-Ray)やリアクティブテクノロジーズ(Reactive Technologies)といった企業への戦略的なマイノリティ投資も行っています。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング

EYは、「Building a better working world (より良い社会を構築すること)」をパーパスに掲げるファームです。パーパスに基づき、「長期的価値をClient、People、Societyにもたらすことができる、信頼され、独特のプロフェッショナルサービスを提供する組織」であることを追求しています。
EY ストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社のクロスインダストリー組織である「ストラテジック・インパクト・ユニット」に属する 「ESG エコノミクス・ストラテジー・チーム」では、ESG 対応型の経済・経営への変革推進を支えるコンサルティングサービスを提供しています。
・TCFDやSDGsを梃子にした社会課題解決型事業オポチュニティ創出、ルール形成
・ESG競争力強化による差別化戦略、共鳴できる顧客を優先するセグメント戦略
・ESG視点での持続可能なバリューチェーン変革(人権監査やサーキュラーエコノミー対応など)
・ESG投資をテコにしたファイナンス戦略とESG投資家を営業機能へと導くことができるビジョナリーCFOへの変革

PwCコンサルティング

PwC Japanグループでは、サステナビリティ経営をStrategy、Transformation、Reportingの大きく3つのステップに分けて、サステナビリティ経営支援サービスを包括的に提供しています。また、特に注目度の高い気候変動、生物多様性、人権の3つのテーマについても個別に支援しています。

デロイト トーマツ コンサルティング

国連/国際NGO等との独自ネットワークを活用したSDGsに関する深い知見と、グローバルなネットワーク、SDGsを起点とした事業・経営戦略策定における国内有数の実績を有しており、SDGsや社会課題解決をテコに成長を目指す企業を強力に支援しています。
(1)自社にとっての重要課題を見極め先進的なリスクとオポチュニティをおさえるSustainability Sensing
(2)社会課題解決と自社の競争優位性の向上を両立するルール形成戦略やイノベーション戦略の立案
(3)自社の強みと社会課題解決によって生まれる市場の可能性を掛け合わせた骨太な新規事業戦略の立案
(4)サステナビリティドリブンのコーポレートブランド戦略の立案
(5)社会課題解決型ビジネスの理念の社内浸透・実行支援 などの広範かつ骨太なサービスを提供しています。

野村総合研究所(NRI)

NRIのサステナビリティコンサルティングは、サステナビリティ経営によって獲得できる経営成果を「競争戦略」「リスクヘッジ」「ロイヤリティエンゲージメント」の3つと捉え、NRIの知見を結集し、クライアント企業の持続的成長の実現を支援しています。
すでにNRI自身もサステナビリティの重要性から自社WebサイトにてNRI自身の取り組みについても掲載しています。

日本総合研究所(JRI)

事業を通じた社会課題解決により、ESG投資家や従業員、顧客等のマルチステークホルダーから信頼される企業経営を支援

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)

ESG/サステナビリティの戦略の策定から、推進体制や仕組みの構築、具体的な取り組み推進、情報開示の高度化に至るまで、幅広い業種の企業を支援している。

日立コンサルティング

企業の生み出す社会価値・環境価値・経済価値を、デジタルテクノロジーを活用して向上させ、社会と企業のサステナビリティを実現する、サステナビリティトランスフォーメーション(SX)を推進しています。

一部のコンサルティングファームのみの紹介ですが、上記のように大手コンサルティングファームをはじめ多くのコンサルファームがESG/サステナビリティにおけるコンサルティングに力を入れています。
さらに詳しいファーム情報を知りたい方は是非お気軽にお問い合わせ下さい。

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。 コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

サステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルタントの今後・将来性

大手コンサルティングファームのPwCのインタビューで坂野氏と磯貝氏は以下のように述べています。 気候変動などの危機が迫る時代、SXの重要性がどんどん高まる
気候変動や経済格差などの問題が顕著になるにつれ、危機感を募らせたステークホルダーが規制強化を訴え、ESG投資が活発化しました。 世論もそれに追従し、外部不経済に無頓着な企業が敬遠される流れが生まれたことがSXの重要性が高まっている大きな原因だと考えています。
PwCグループでも2020年にはSXをはじめ、企業のサステナビリティに関する活動を総合的に支援する専門組織「サステナビリティ・センター・オブ・エクセレンス」を設立しました。
PwCサステナビリティ合同会社 坂野 俊哉

未来予測でコストと収益を計算、長期的な視点で戦略を立てる
SXに向けて企業はまずはじめに外部不経済を取り込んだビジネスモデルに転換した場合の市場規模とコストを予測することから始めたほうがいいかと思います。 未来予測は、「規制とソフトロー(非拘束的合意)」「社会の価値観」「テクノロジー」の3つの変数によって変わるため、外部不経済を抑えるためのコストと将来の財務リターンを計算して判断します。
投資は、たとえ3年、5年といったスパンで回収できなくても、10年後の原材料の安定調達や、炭素税支払いの削減につながるかもしれません。長期的な視点で戦略を立てることが重要になります。
PwCサステナビリティ合同会社 磯貝 友紀
※PwC HP参照
上記のインタビューからわかる通り、今まさにあらゆるコンサルティングファームが力を入れているSDGs/ESG領域ですが、「SDGs経営」がどのようなものかを具体的にイメージが出来たとしても、それが企業にとってどの程度利益をもたらすものか、具体的な数字が見えない状況では動き出せないという企業は非常に多く存在しています。

世界全体での市場規模は、試算の結果、「SDGsビジネス」の市場規模は小さいもので70兆円、大きなもので800兆円程度に上ることが明らかになっています。経営層、事業部は日々自社に関連する「○○製品・サービス」の市場規模と同様に「SDGsビジネス」の市場規模の数字を意識する必要があります。 SDGsへの取り組みは単なる「コスト」ではなく企業の「儲け」、すなわち企業の損益計算書の営業利益から上の部分に直結するものです。

このようにまだ、世界でも始まったばかりのテーマであるSDGs/ESGは今後軸を置いていくことで大きなビジネスチャンスへと繋がるのです。大手コンサルファームであるPwCのレポートの通り、今後サステナビリティにおける企業ニーズは増え続けると予想されます。

転職事例

まだ事例は少ないですが、弊社ムービンで、ご支援させていただいた方の年齢、バックグラウンド、転職先をいくつかピックアップしてご紹介いたします。

年齢・性別 前職企業 転職先
35歳(女性) 自動車メーカー 外資系戦略コンサルティングファーム
25歳(男性) 外資系コンサルティングファーム 監査法人アドバイザリー部門
28歳(男性) データアナリティクス企業 大手総合系コンサルティングファーム
25歳(女性) シンクタンク・リサーチ企業 外資系戦略コンサルティングファーム
25歳(男性) 官公庁 監査法人アドバイザリー部門

上記の通り、転職バックグラウンドは様々で、サステナビリティの経験がない方もいらっしゃいます。
あるコンサルティングファームでは企業からのサステナビリティ領域における問い合わせが多すぎて一部断っている状況のようです。

まだまだこの領域での専門人材は少ないかと思います。業界先駆者としてのチャンスでもあります。サステナビリティ、ESG関連での業務経験がある方や、コンサルティング経験者で今後のキャリア軸に悩んでいる方は絶好の機会かと思いますので、まずは採用マーケットの情報集からでも構いません。お気軽にご相談頂ければ幸いです。

まずはキャリア相談会から

キャリア相談会

随時開催中 キャリア相談会 ムービンではコンサルティング業界や事業会社のマーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

キャリア相談会

随時開催中 キャリア相談会のご案内 ムービンではコンサルティング業界や事業会社のマーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

転職難易度は?

サステナビリティの領域に限らず、コンサルタントへの転職は一般的に難しいと言われています。
コンサルタントは非常に人気の転職先でありライバルが多いことで競争率も高いですが、本当にコンサルタントとして活躍できるのか、ファームに合う人なのかを複数回の面接で徹底的に見られるため、おのずと面接通過率も低くなり、自主応募、リファラル、エージェント経由すべてにおいて内定率は1%未満とも言われています。

だからこそ、しっかりとした選考対策が必要です。
情報収集から、書類作成、さらには面接対策まで、未経験で知らない業界である「コンサル」について個人で対策するには限界があります。 そのため、ぜひコンサル業界に精通した転職エージェントを利用して頂きたいです。
弊社は日本初のコンサル特化エージェントとして創業以来トップクラスの支援実績を誇っております。転職に関わるすべてを無料でサポートしておりますのでまずはご相談頂ければ幸いです。

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。 コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

転職FAQ

サステナビリティとは、環境や経済などに配慮した活動を行うことで、社会全体を長期的に持続させていくという考え方。
温室効果ガス対策や森林保護、電力消費量の削減といった環境保護、地域社会の生産性拡大や経済成長における経済開発、ジェンダー平等やダイバーシティなどの社会開発の観点に基づく取り組みが重視されています。

個人差はありますが、弊社にご登録頂いてから約3か月ほどで内定をとられ、その後現職の退職交渉や引継ぎなどを経て、転職活動開始から半年ほどで入社に至ったケースが多いです。
もちろん、仕事の都合やご家庭の都合もあり、弊社にご登録から3年後にコンサルタントへとご転職された方もいらっしゃいます。
弊社ではエージェントサービスを提供する際に、特にご転職するまでの期間を設けておりません。中には十数年ご連絡を取り続けている転職希望者の方もいらっしゃいます。
時間も重要ですが、ご転職のタイミングやご自身が納得したうえで決断されることも大切です。弊社も全力でキャリア形成のサポートが出来ればと思っております。

コンサルティング業界における転職活動において必要な準備は以下の通りです。
・コンサル業界の情報収集
・履歴書・職務経歴書(英文レジュメ)の用意
・コンサルティングファームへの応募
・面接日程のスケジュール調整
・面接対策
・内定後の条件面談
・内定承諾
・退職交渉
例えば、ケース面接やフェルミ推定の対策なら、書籍から知識をインプットし、思考プロセスを整理して回答する必要があります。しかし、これらを個人で日々働きながら行うのは非常にパワーも掛かり難しいかと思います。
だからこそ転職エージェントを利用してください。
ムービンでは業界情報のご提供から、履歴書・職務経歴書の添削、ケース面接・選考対策(各社ごと)、面接日程調整から内定後の条件交渉や入社日交渉など、転職に必要なすべてを無料でサポートしております。
個別相談会も随時行っていますのでお気軽にご相談ください。

サステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルタントとは

各コンサルティングファームのコンサル事例や将来性などの話をしてきましたが、そもそもサステナビリティコンサルタントはどんなことをしているのかを解説していきます。
サステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルタントは、サステナビリティの実現や「事業戦略に紐づけたサステナビリティの実現」を視野に中長期的な視点での事業戦略の策定を支援しています。
そもそもサステナビリティとは、環境や経済などに配慮した活動を行い、社会全体を長期的に持続させていく考え方のことで、具体的に温室効果ガス対策や電力消費量の削減、貧困問題への対応、ジェンダー平等・ダイバーシティへの対応などがあります。

上記でも書いた通り、現状として企業のESG・SDGsへの取り組みが活発となっており、どの業界でもサステナビリティ領域のポジションを積極採用している状況です。

サステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルタントの仕事内容

サステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルタントの仕事内容として、サステナビリティ領域の戦略立案や実行支援、気候変動・ネットゼロ対応支援など多岐に渡っており、案件も企業からのコンサル依頼も増加しています。
背景として、国連によるSDGsの策定やGPIFのESG投資促進などが挙げられ、サステナビリティの関心が高まっています。
このような企業の関心に応え、サステナビリティ・気候変動・次世代エネルギー・GX・ESG・生物多様性・人権領域における戦略立案・実行支援のようなプロジェクト案件も今後増加していくでしょう。
現状、サステナビリティ領域のコンサルタントが不足しているため、「SDGs・サステナビリティ・ESG」の経験者ではなく、論理的思考能力やコミュニケーション能力といったコンサル適性や事業会社での企画経験など要件を厳しくしているファームが少ないため、同領域で専門性を高めていきたい、キャリアチェンジをしたい方におすすめです。

プロジェクト事例

コンフィデンシャル案件もあるため、企業サイトからオープンになっているサステナビリティ領域のプロジェクト以下にご紹介いたします。

デロイト トーマツ コンサルティング:企業の2050年サステナビリティ経営戦略を、国と協力して構築
デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は、関係諸機関と協力し、企業の2050年の将来ビジョン、超長期的なサステナブル経営戦略の構築を支援。
サステナブルな視点から企業の戦略を作ることは、企業単体では非常に難しいですが、DTCのコンサルティングスキルと気候変動・エネルギーの専門性をベースにサービスを提供した。
実績とDTCの総合力を活かし、単なる戦略立案だけでなく企業経営のマインドや組織体制を変革することを支援し、プロジェクトを成功に導いた。

PwCコンサルティング合同会社:IT技術力と電力・エネルギーの知見を活かして社会の脱炭素化に貢献
PwCコンサルティングは、関西電力グループの1つである株式会社オプステージにの脱炭素事業を支援。
関西電力グループは「ゼロカーボンビジョン2050」を掲げており、脱炭素化を進めてきたが、既存事業領域に留まらず新規事業構築という攻めの要素を加えようと思ったことが支援を依頼するきっかけ。
そこでPwCコンサルティングは、脱炭素市場の全体像を定義したうえで、一つ一つの市場に対して成長のキードライバーを特定し、当該ドライバーの動きを勘案しながら将来動向を予測するというアプローチを提案した。
市場動向の全体像、将来市場の見立て、顧客分析の一連の市場分析をPwCコンサルティングがサポートしたことで、オプステージのシナジー創出部分に注力し検討することができた。

  • KPMGコンサルティング:輸送・出張によるCO2排出量を「見える化」
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC):太陽光発電関連製品事業における事業計画策定支援


サステナビリティ(SDGs/ESG)コンサルタントへの転職を成功させるためには?

25年以上にわたり日本初のコンサル転職支援特化エージェントとして転職支援とその実績を積み重ねてまいりました。(コンサル業界への転職支援実績No.1)
着実に実績を重ねてきた結果、リクルート社、ビズリーチ社から日本No.1のエージェント表彰を受けるなど、コンサルティング業界に関する専門家集団としてのユニークなポジショニングを確立しております。
ムービンの転職サービスについて

コンサルティングファームは非常に人気企業となっていますが、その門戸は狭いものとなっています。上記でご紹介した通り、どんなコンサルティングファームがあり、どんな特徴・強みを持っているのか、そして選考対策から面接日程の調整まで、働きながら個人でやるには限界があります。だからこそ転職エージェントを利用してください。
ムービンではコンサル業界出身者のキャリアコンサルタントが、業界情報のご提供から、履歴書・職務経歴書の添削、ケース面接・選考対策(各社ごと)から面接日程調整など、転職に必要なすべてを無料でサポートしております。

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。 コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

サステナビリティ(ESG)×コンサル 求人一覧

以下、現在積極採用中のコンサルティングファームの求人情報をいくつか厳選してご紹介いたします。是非ご興味のある方はご相談、お問い合わせ頂ければ幸いです!
下記案件以外にも一般事業会社も含めたサステナビリティ関連求人がございますので、合わせてご相談頂ければ幸いです。

special101_1

ボストン コンサルティング グループ(BCG):外資戦略ファームで脱炭素・カーボンニュートラルをやりたい方必見!

会社概要誰もが知る戦略トップコンサルティングファーム。外資系戦略ファームにおいて最大規模を誇っており、業界・テーマを広くカバーしていることが大きな特徴。コンサルタントが多いということは≒案件数が多い、幅が広い、ということで日本全体に対する影響力、プレゼンスも大きい。同社を経て、経営者、大学教授等に転じた著名人も多く人材輩出ファームとしても有名。

現在BCGのエネルギープラクティスチームの採用熱が高まっています。
エネルギー業界の特長としては、規制産業だったのを緩和しようとしていて、とても図体が大きい企業を今後どうするかを監督官庁を味方につけながら変えていくというダイナミックな動きが起きている業界です。

エネルギー業界を盛り上げていきたい方や脱炭素・カーボンニュートラルに興味のある方はぜひこの機会にご応募ご検討下さい。
ポジション戦略コンサルタント
職務内容主にエネルギー業界のクライアントに対して戦略コンサルティングを手掛けます。
プロジェクト案件は、カーボンニュートラルをテーマとすることが多く、水素やEVなどのエネルギーシフトに応じてビジネスモデルをどう変えていくかの戦略立案から具体的な実行を手掛けています。
他にも業務・オペレーション改善や海外プレイヤーの日本参入(洋上風力など)、海外オフィスの水素関連案件にアサインされることもあります。
募集要項脱炭素・カーボンニュートラルに興味のある方を積極採用中です!

・社会人経験5年程度以上
以下いずれかに該当する方
・コンサル経験者(エネルギー領域の経験尚良)
・エネルギー企業 (電力会社、ガス・LPG会社、石油会社(元売り・上流会社いずれも))
・商社(海外ビジネス経験尚良)
・グローバル・コモディティを扱われている方(石油・ガス・石炭・シェールオイル、バイオマス・再エネ、鉄鋼など)
・EV充電系・電池/車載バッテリー・EMS・次世代モビリティ関連のご経験
・プラントエンジニアリング出身者
年収経験スキルに応じて

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

special101_2

PwCコンサルティング:【新設ポジション】コンサルでサステナやりたいならPwCコンサルティング!

会社概要BIG4として知られる有名コンサルティングファーム。

今回サステナビリティ・トランスフォーメーション強化のため新部門「SII-SX」が設立されました。コンサル経験者もしくは事業会社でサステナビリティ領域の経験がある方を採用中です。ジュニア層からシニア層まで幅広く採用する予定だとのことです。

PwCコンサルティングはコンサルティングファームの中でもサステナビリティに力を入れており、同領域で業界をリードしているファームですので、コンサルでサステナをやりたい方はぜひこの機会にご応募ご検討ください。

◆注力テーマ:下記領域に興味のある方を募集しています!
キーワード:
・オーガニックな成長 
→脱炭素(サプライチェーンの脱炭素等)、GX、ESGリスク(人権含む)、人的資本
・加速的な成長
→LCA(Auto系)、生物多様性
・先進性、新規性テーマ
→価値創造経営(長期的な成長を見据えて無形資産への投資)
ポジションコンサルタント
職務内容従来はサステナ部門の開示の話や、投資家への説明についてのプロジェクトが多かったが、最近サステナ部門が経営企画部門の下につくことが増えてきていることから、経営に関わることやオペレーショナルなところまで踏み込んだプロジェクトなど、領域拡大中です!

【PwC×サステナ】
特に価値創造経営、生物多様性について、PwCコンサルティングは明確な方法論を確立しており業界をリードしている。
企業全体のサステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)を支援していることから、案件の幅が広い。(脱炭素チームなどテーマごとに区切られていないため、業界・テーマ問わずに幅広くSXに携わることが可能です。)
募集要項 以下いずれかに該当する方
・コンサル経験者
・事業会社におけるサステナビリティ業務経験者
年収経験スキルに応じて

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

special101_3

EYストラテジー・アンド・コンサルティング:ESG・サステナチームが新規立上!サステナ領域未経験のポテンシャル層も採用中!

会社概要BIG4として知られる有名コンサルティングファームの1つ。
サステナビリティ、ESGについては近年専門チームとして立ち上がり、クライアントニーズにこたえると共に社会のサステナブルな成長実現を支援しています。戦略から活動展開、開示系(開示支援)まで手掛けており、政府のルールづくりや企業のESGに対する投資家との意見交換なども行っています。
ポジション戦略コンサルタント
職務内容・TCFDやSDGsを梃子にした社会課題解決型事業オポチュニティ創出、ルール形成
・ESG競争力強化による差別化戦略、共鳴できる顧客を優先するセグメント戦略
・ESG視点での持続可能なバリューチェーン変革(人権監査やサーキュラーエコノミー対応など)
・ESG投資をテコにしたファイナンス戦略とESG投資家を営業機能へと導くことができるビジョナリーCFOへの変革
・TCFDなど非財務情報開示にかかる世界トレンドへの日本企業の影響力強化
・他部門との協業による日本版ESGスタンダードの確立と世界展開

クライアントは自動車をはじめ製造業、小売や省庁系などが多い。
募集要項・事業会社での経営企画や事業開発、または業務改革の実務経験(サステナ領域未経験ポテンシャルOK)
・サステナビリティ×コンサル領域への意欲
・論理的思考力、問題解決力、コミュニケーション能力
年収経験スキルに応じて

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

special101_4

KPMGコンサルティング:サステナ領域における戦略コンサルタントポジションがオープン!

会社概要BIG4として知られる有名コンサルティングファームの1つ。社会課題への対応・解決に取り組み、将来の持続可能で選ばれるための変革、SX(Sustainability Transformation)は全産業におけるテーマとなっています。今回はそんなSX領域における戦略コンサルタントポジションのご紹介です。ビジネスで社会課題を解決したい方必見です。
ポジションSX戦略コンサルタント
職務内容「自社におけるSXとは?」という根本的な問いから出発し、パーパス定義、経営方針立案・事業戦略策定・オペレーション変革・イノベーション創出といった様々なSX関連テーマの検討・実行を多様なエキスパートの連携により支援します。

プロジェクト事例
<経営理念・長期戦略・ブランディング>
・サステナビリティビジョン策定支援、マテリアリティ分析
・サステナビリティ戦略策定・推進部門立ち上げ支援
・SXブランディング支援
・統合思考による価値創造モデル策定支援
・長期シナリオプラニング支援
<事業戦略・オペレーション変革>
・サステナブルプロダクト開発戦略支援
・サステナブルサプライチェーンに向けたベンチマーク調査
<脱炭素>
・脱炭素新規事業創出支援
・クリーンテック投資調査支援
・SAF(Sustainable Aviation Fuel)事業開発支援
・ネットゼロ戦略立案、ロードマップ策定
・カーボンマネジメント体制構築・デジタル技術活用支援
<サーキュラーエコノミー>
・サーキュラー製品戦略策定支援
募集要項・有名大卒以上
・気候変動・脱炭素などに関する何かしらの知識・経験
年収経験スキルに応じて

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

special101_5

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC):【サステナブル戦略】新規求人オープン!

会社概要日本を代表する大手総合シンクタンク。今回は、ESG投資・金融・非財務情報開示(サステナブルファイナンス)分野における調査研究を行う持続可能社会部(サステナブルビジネス戦略センター)の求人がオープン!
2030年の持続可能な開発目標(SDGs)や2050年カーボンニュートラルの達成に向けて、持続可能性(サステナビリティ)課題に戦略的に対応する事業や企業へのファイナンスの重要性が高まっています。サステナブルビジネス戦略センター(CSBS)では、ESG投資・金融(サステナブルファイナンス)やその基礎となる企業の非財務情報開示を推進する政策の立案や実行支援に関する調査研究を行っています。
ポジションサステナブルビジネス戦略センター
職務内容官公庁を中心とする様々なクライアントに対し、ESG投資・金融(サステナブルファイナンス)に関する政策研究に携わっていただきます。

【主なクライアント】
・ 官公庁(環境省、経済産業省、金融庁等)
・ 民間企業(事業会社、金融機関、業界団体等)
募集要項・大卒以上
・ 業務の成果を報告書や各種説明資料等で表現するための論理的思考力・文章力
・ PCスキル(エクセル、ワード、パワーポイント等での資料作成)
・ 海外情報の机上調査が可能な程度の英語力
年収経験スキルに応じて

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

special101_6

日本総合研究所(JRI):【若手ポテンシャル採用】日本総研のサステナポジション

会社概要大手シンクタンクファーム。公共と民間の双方の領域の案件バランスがよく、官民連携の分野で特に強みを有している。主体性重視の組織で、競合が展開していないような経営ソリューションを個々のコンサルタントが編み出す形で事業を展開しており、グループの立上げや所属グループの選定や関わる案件も、個人の意思を重視する大きな自由度が特徴。

現在サステナコンサルタントポジションの採用ニーズが高まっており、若手優秀層の完全ポテンシャル採用も実施されています。直近弊社ムービンでも大手損害保険会社で法人営業経験のみの20代の方もオファーを獲得しています。第二新卒クラスも採用ターゲットとなっていますので、サステナに興味のある若手の方、コンサルに興味のある若手の方はこの機会にご応募ご検討ください。
ポジションコンサルタント(サステナビリティESG/SDGs戦略)
職務内容サステナビリティ/ESGを中心とする以下の領域を対象に、戦略策定/マネジメントに関するアドバイザリーを民間企業に提供しています。併せて、サステナビリティ分野におけるスタンダード/政策にかかるアドバイスを提供しています。
募集要項若手優秀層完全ポテンシャル採用中!

・一流大卒以上
・若手の方

第二新卒クラスも採用ターゲットとなっています。相談ベースでも構いませんので興味のある方は是非お気軽にご相談下さい。
年収経験スキルに応じて

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

special101_7

みずほリサーチ&テクノロジーズ:【公共・官公庁】政府の脱炭素政策を支援するポジションがオープン!

会社概要シンクタンク系コンサルティングファーム。「リサーチ」・「コンサルティング」・「IT」を担うみずほフィナンシャルグループの中核会社として、〈みずほ〉の非金融のビジネスを牽引するメインプレイヤーを担っています。「One Mizuho」のスローガンをもとに、〈みずほ〉の顧客基盤を活かしながら、戦略、組織人事、サステナビリティ、デジタル等の様々な領域においてコンサルティング業務を行っています。
ポジションコンサルタント(政府の脱炭素政策立案支援)
職務内容中央官庁や公的研究機関に対して、カーボンニュートラルの実現に向けた政策立案及び政策実行の支援を実施します。近年では関連分野における企業からのリサーチ・コンサルティング案件の受注も増加しています。

◆官公庁を対象とした脱炭素政策分野に関する政策立案・実行支援
◆官公庁や研究機関を対象とした脱炭素政策分野に関するデータ収集、分析(諸外国の研究者や政府関係者との協力しながら実施する場合があります)
募集要項・有名大卒以上
・論理的思考力
・コミュニケーション能力
年収経験スキルに応じて

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

special101_8

あずさ監査法人:【第二新卒】未経験サステナビリティポジションがOPEN!

会社概要BIG4と呼ばれる有名監査法人の1つ。KPMGのメンバーファームで監査や各種証明業務をはじめ、株式上場支援、財務関連アドバイザリーサービスなどを提供している。
現在サステナビリティ人材を急募しています。コンサル未経験OK、第二新卒大歓迎です!興味のある方はぜひ一度ご相談ください。
ポジションサスティナビリティ・ESGコンサルタント
職務内容1.ESG指標/CDPの評価向上支援
  ESG指標(FTSE、MSCI、DJSIなど)評価向上支援
  CDP等への質問書回答支援
2.ESG情報の第三者保証業務/環境安全監査
  サステナビリティレポートの非財務情報保証業務
  環境安全コンプライアンス調査(EHS監査)
  ESGデューデリジェンス
3.統合報告・サステナビリティ報告の開示支援
  統合報告書高度化支援
  サステナビリティレポート高度化支援
  GHG排出量等環境指標算定支援
4.サステナビリティ戦略/計画立案支援
  サステナビリティ経営ビジョン方針の策定支援
  重要課題特定支援(KPI/目標設定支援)
  サステナビリティ戦略/計画の立案支援
  気候シナリオ分析支援(TCFD)
  ESG会計・環境/社会インパクト定量化支援
5.CSR調達/人権DD関連支援
  サプライチェーンマネジメント・CSR調達運用支援
  人権DD・人権関連アドバイザリー
  RBA対応支援
6.サステナブルファイナンス支援
  ESG投融資運用支援
  PRI/PRB導入・対応支援
  投資先のESG/SDGs経営支援
7.その他
  新規事業創造プロセスの可視化(ESG視点)
  サステナビリティ情報の管理の高度化支援
  サステナビリティ情報システムのデジタル化支援
募集要項・第二新卒
・有名大卒以上
・ESG、サステナビリティにご興味の有る方

育成プログラムを組んで、ESG人材に育て上げる仕組みのため、ポテンシャルのみでの採用になります!
あずさ監査法人は安定の大企業でもあります。若手でESG・サステナに興味のある方はチャンスです!
年収経験スキルに応じて

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

special101_9

社名非公開:【未経験歓迎】サステナに興味のある営業経験者必見!

会社概要サステナビリティに特化したコンサルティングファーム。
事業内容としても、国内で競合がほぼおらず、取引先も大手が多いです!
・CO2排出量を見える化する
・再生エネルギー導入、削減分をクレジット化して新しい価値の創造
・カーボンクレジットの価格上昇リスク対策
等、行っております。
ポジションコンサルタント
職務内容事業主体者として国内及び海外(主に発展途上国)におけるカーボン・クレジット創出プロジェクトの開発や、社内及び協業する企業のITサービスやコンサルティングサービスを活用した気候変動対応関連のソリューションの開発・提供等、急速に変化するクライアントのニーズを捉え、先端的なソリューションの開発・提供を推進していただきます。国内外の売上数千億円以上の企業を中心に気候変動対策関連のソリューション開発・提案、提供及びそれに伴うコンサルティングを推進していただきます。

社内の日本人以外のスタッフや先進的なサービス・知識を有する欧米・香港企業との協業で業務を進めるため、英語を日常的に用いたグローバルな環境で業務を実施していただけます。
募集要項・営業経験
・業務経験はないがサステナ領域に興味・関心のある方
年収経験スキルに応じて

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

special101_10

社名非公開:【未経験可】環境戦略ポジションがオープン!環境・サステナに特化したコンサルティングファーム

会社概要環境経営・サステナビリティ経営分野に専門特化したコンサルティングファーム。今回募集するポジションでは大手グローバル企業に対して環境戦略・計画立案支援をしていただきます。未経験者も歓迎です!サステナ・環境領域に興味のある方は是非一度ご相談ください。!

【会社の魅力】
・クライアントの8割以上が売上高5000億円超の大企業。
・クライアントのニーズに応える為、コンサルティングファームで環境マネジメントコンサルティング及びサステナビリティアドバイザリー業務に従事してきた経験豊富なコンサルタントが業界トップレベルのコンサルティングを提供。
・環境問題の2大テーマであるカーボンニュートラルコンサルティングとサーキュラーエコノミーコンサルティングの両テーマに対応している
・コンサルティングとソリューションサービスを組み合わせることでより実務的で専門的な知見とノウハウの習得が可能、環境分野の専門家を目指す方にとっては、多くの機会と幅広い業務経験を通して成長する機会が得られること
ポジション環境経営コンサルタント
職務内容大手のグローバル企業を相手に長期・短期の環境戦略・計画の立案支援などを行い、クライアントの環境経営・サステナビリティ経営に関する課題を捉え、実務的なコンサルティングサービスを提供する事を軸に環境経営コンサルティングを行っていただきます。
また大手企業に対しCOP21を背景とした、気候変動対策に対応した長期・短期の環境戦略・計画の立案支援を行います。他にもESG投資の高まりを受けた情報開示に関する情報開示支援やCDP等による企業評価制度における評価向上に関する支援を行います。

【主な業務内容】
(1)企業の環境経営戦略に関する支援
(2)企業のカーボン戦略(CO2削減)に関する支援
(3)再生可能エネルギー導入・CO2削減計画立案等に関する支援
(4)企業のESG関連の情報開示(CDP、DJSI等)に関する支援
(5)SBT、TCFD対応等に関する支援
(6)Scope1、2、3の算定支援
(7)サーキュラーモデル構築に関する支援
(8)上記に関連する調査
募集要項【必須要件】
以下いずれかに該当する方
・環境及びサステナビリティコンサルティングの経験が少しでもある方
・事業会社での環境・サステナビリティ関連部署の経験が1年以上ある方
・環境分野でのコンサルティング
・調査業務に関する業務経験
・LCAの調査、分析、コンサルティング

【歓迎要件】
・海外でのコンサルティング業務経験
・ESGに関する業務の経験等
・ビジネスレベルの英語力
※TOEIC800点以上(目安)
年収経験スキルに応じて

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。 コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

求人トップへ戻る

メルマガ登録はこちらから

キャリア相談会 プライベート個別相談会開催中 キャリア相談会 コンサル転職に関する疑問・不安はプロに聞くのが一番早い!ざっくばらんに話せる個別相談会を随時実施しています。今すぐの転職をお考えでない方も歓迎していますのでお気軽にご相談ください。

書籍出版記念 久留須シニア・パートナー特別キャリア相談会 個別相談会開催中! 書籍出版記念 久留須シニア・パートナー特別キャリア相談会 久留須シニア・パートナーの書籍出版を記念してコンサル業界のこと、キャリアのこと、をお答えする特別キャリア相談会を開催します!

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー オンラインキャリアセミナー 2024年7月23日(火)19:00 締切:2024年7月11日(木) ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー ベイン・アンド・カンパニーが、グローバルリーダーを目指すビジネスパーソンを対象にオンラインキャリアセミナーを開催いたします。希望者にはケース面接対策ワークショップを実施いたします。是非ご参加ください

KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 毎週第一・第三水曜日 12:00~13:00 KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 現場で働く生の声を候補者に届けようとスタートした取り組みで、毎週、現場社員と採用リクルーターがトークセッションを実施しています!是非お気軽にご参加ください!

ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 開催日程多数! ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 高年収かつWLB良好!コンサル経験者必見!急成長中の総合系コンサルティングファームでキャリアセミナー開催!

DTFA 事業再生部門 一日選考会 2024年8月3日(土) 締切:2024年7月28日(日) DTFA 事業再生部門 一日選考会 内定獲得者多数!有名FASで事業再生に関わりたい方はこの機会にご応募下さい。

【外資系コンサル】アバナード アドバイザリー部門 一日選考会 2024年7月20日(土)締切:2024年7月16日(火) 【外資系コンサル】アバナード アドバイザリー部門 一日選考会 未経験から外資系コンサルへ!アバナードにて一日選考会が開催されます。エンジニアやSler出身者、コンサル経験者はこの機会にご応募ご検討下さい。

その他セミナー一覧はこちらから

SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。 SDGsプロジェクト始動! ムービンは持続可能な開発目標を支援しています ムービンはSDGsに賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

TOPへ

株式会社ムービンストラテジックキャリア

初めての方へ

弊社ムービンをはじめて知った方、はじめてサイトに来て頂いた方に、弊社ムービンの転職サービスについてのご紹介と弊社HPの活用方法をご紹介いたします。

20年以上にわたりコンサル業界に特化したご転職支援を行っています。スタッフも少数精鋭でホンモノの人脈・情報を有しております。

コンサルティングファームはもちろん、国内・外資の大手事業会社をはじめ、ファンド、投資銀行、ベンチャーなど様々な支援実績がございます。

コンサル業界専門だからこそ各コンサルティングファームの圧倒的な情報量を保有しており、戦略系、総合系(BIG4)、IT、人事など外資系日系を問わず、国内大手の有力ファームすべてがクライアント

プライバシーマーク

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

【必見】未経験からのコンサル転職

ノウハウ大公開!
コンサルタント転職・対策方法

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法をご紹介します。

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

これから何を準備すればいいのか、疑問・不安に思っている方へ「コンサル転職対策プライベート相談会」を開催します。

パートナー 特別キャリア相談会

パートナー 特別キャリア相談会

弊社トップエージェント陣による特別キャリア相談会(1on1)を開催します。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

1分程度の入力で簡単登録できます

コンサルタント転職支援、実績No.1の人材紹介会社ムービン。業界出身者が転職をサポート!

ムービン

まずはキャリア相談から

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

日本初!コンサル業界特化転職エージェント 創業25年以上の転職ノウハウ