MBAホルダー 転職・求人特集!

MBAホルダー 転職・求人特集!コンサル、外資系企業への転職特集!

MBA(経営学修士)ホルダーは以前からコンサルティングファームや外資系企業、投資銀行やファンドなどファイナンス系の企業で好まれる傾向でしたが、最近では日系企業の経営企画に加えてベンチャー企業においても特定領域の修士・博士号をお持ちの方の採用も目立ちます。
MBAホルダーの方に向けて、MBAを活かして転職するときのポイントやMBAを歓迎している求人をご紹介します。

弊社ムービンではマッキンゼー、P&G、モルガン・スタンレー、KKRなど各業界のトップ企業の求人を多数取り扱っています。転職を考えているMBAホルダー向けにキャリア相談会を実施中ですのでお気軽にご相談ください。

MBAホルダーは転職できるのか?

できます。
ただしMBAがあるからといって転職に成功できるわけではありません。

どの企業においても言えることですが、中途採用においてはこれまでの経験・実績などの即戦力性が求められます。
ここではMBAホルダーの方が選考において何をアピールすべきなのか、転職を成功させるために抑えるべきポイントについて解説致します。

転職市場でMBAが評価される理由・ポイント

転職市場においてMBAホルダーは
・論理的思考力
・英語力・コミュニケーション能力
が評価されます。

論理的思考力

MBAホルダーはビジネスにおける論理的思考力が鍛えられているかと思います。
ソーシャル経済メディアのニュースピックスでも働きながらビジネススクールに通いMBAを取得した株式会社LA Solutions代表取締役CEOの入駒慎吾氏は、MBAを取ることはビジネスのルールを知ることと同じだと述べている他、以下のようにコメントしています。 ビジネススクールでは、しっかりとしたビジネス知識をベースにした議論を何度も、何度も交わすことにより、総合的な思考力を鍛えることが可能になります。たとえば自分自身のビジネスアイディアに対してそのビジネスをやるべきかどうか、そのメリット、デメリットなどを様々な立場の人たちから意見してもらうのは、ビジネスをやっていく上で得るものが絶対的に多いでしょう。
※ニュースピックス一部抜粋
さらにビジネススクールでは基本的な経営学やマネジメントにプラスして時代に合ったカリキュラムが用意されているため、MBAホルダーはビジネスの基礎に加えて未知の問題を解決する実践的な力が養われているかと思います。

このビジネスにおける論理的思考力が転職市場においては重視されます。特にトップ外資系戦略コンサルティングファームの選考ではその傾向が顕著で、ケース面接など論理的思考力をチェックする選考ステップがあります。

英語力・コミュニケーション能力

MBAを取得できる大学は国内でも増えてきていますが、やはり選考を有利に進めることができるのは、スタンフォードやハーバードなどの米国TOP10大学やヨーロッパの有名大学、日本なら一橋などのいわゆるMBA銘柄大学のMBAホルダーでしょう。

MBA銘柄大学には世界中から優秀な人材が集まっており異文化環境の中でビジネスについて議論します。つまりこれらの大学のMBAホルダーは、世界の第一線のビジネス現場で通用する英語力・コミュニケーション能力があると評価されます。

マッキンゼー・アンド・カンパニー、P&G、モルガン・スタンレーなどの外資系企業への転職にはビジネスレベルの英語力が必須ですが、日系企業においても例えばリクルートにおいては売上の半分は海外事業、というように早いスピードでグローバル化が進んでいるためビジネスレベルの英語力をお持ちの方を求めています。

グローバル化が進み激しく世の中が変化する現代において、MBAホルダーは転職市場において論理的思考力や英語・コミュニケーション能力が評価されるでしょう。 参考:外資系企業の方がMBAは評価されやすい?
コンサルティングファームや投資銀行などの外資系企業では、経営陣がMBAを取得していることが多く、出世にもMBAが必要になる企業もあるため日系企業よりもMBAホルダーが評価されることが多くなっています。

MBAホルダーの採用動向

コンサルティングファーム

コンサルティングファームへの転職ではMBAホルダーは有利になりますが、MBA必須という雰囲気は薄れてきています。
どの大学のMBAでもいいわけがなく、米国TOP10やヨーロッパの有名大学、日本なら、一橋などがいわゆるMBA銘柄大学になっています。
戦略コンサルティングファームの場合にはコンサルタント未経験者には高学歴という条件が重要になってきますが、そうでない場合でもハーバードビジネススクールなど、前記トップクラスのMBAを持っていると、ご年齢にもよりますが最初の就職リターンマッチも可能になってきます。
ただし、あくまでも有利になるのは書類選考でのお話です。
最も重要なのは問題解決能力とそれを裏付ける実績・経験になってきます。

外資系企業でのMBA採用動向

外資系企業でもMBA取得者は優遇される傾向はあります。 しかし、一番重要なのは実務経験です。 MBAホルダーの方々が活躍されている企業は、MBA取得者に対しての見方も変わってきますが、採用する企業側としては当然のことながら採用する職種の実務経験を優先するため、MBA取得後は専門分野を強化し、ご自身がどの業種・業界のプロフェッショナルで、それに加えMBA取得者でどの職種にその能力を生かせるのかを明確にすることが重要になります。

MBAホルダーが転職を成功させるには?

MBAがあるだけで転職が有利になるわけではない

国内MBAなのか海外MBAなのか、また年齢や応募先企業によって異なりますが、MBAがあるからといって必ずしも転職できるわけではありません。
これまでの実務経験や面接評価の方が選考において評価の比重が大きいといえます。

事業会社・金融機関は即戦力が求められる

外資系・日系問わず事業会社・金融機関の中途採用では即戦力が求められるため一番重要になるのは実務経験です。 MBAは選考において実務経験の付加価値能力として評価されます。
MBA取得後は専門分野を強化し、ご自身がどの業種・業界のプロフェッショナルで、それに加えMBA取得者でどの職種にその能力を生かせるのかを明確にすることが重要になります。

コンサルティングファームはポテンシャル採用

コンサルティングファームでは、事業会社・金融機関と異なり未経験者のポテンシャル採用も実施しています。(ポジションやファームによっては相応の経験・バックグラウンドが必要になる場合もあります。)

そのポテンシャルとは
・論理的思考力
・コミュニケーション能力
の2つの能力です

MBAホルダーの方はいずれの能力もビジネススクールで鍛えられているかと思います。
コンサルティングファームの面接では
「なぜMBAを取ったのか?」
「なぜ転職するのか?」
「なぜコンサルなのか?」
「なぜ応募先の企業なのか?」
について質問を深堀されますのでキャリアに一貫性をもって論理的に説明できると選考を通過する可能性が高くなるでしょう。

転職支援事例・体験談

弊社ムービンでは多くのMBAホルダーの転職をご支援させていただいております。 前職やバックグラウンド、転職先など掲載しておりますのでご参考になれば幸いです。

直近の転職支援事例(一部)

名前 前職学歴 転職先
NDさん 男性 28歳 外資消費財メーカー有名私立大学 外資系コンサル
MKさん 女性 29歳 メガバンク国立大卒 外資系コンサル
RIさん 女性 27歳 広告代理店国立大卒 外資系コンサル
OTさん 男性 29歳 総合商社国立大卒 外資系コンサル
RTさん 男性 30歳 総合商社国立大卒 外資系コンサル
THさん 男性 29歳 大手IT企業有名私立大 外資系コンサル
UTさん 男性 28歳 大手IT企業有名私立大卒 外資系事業会社
TMさん 男性 28歳 総合商社国立大卒 外資系事業会社
AIさん 女性 29歳 官公庁国立大卒 外資系事業会社
KHさん 男性 33歳 外資系コンサル国立大卒 外資系ファンド
SIさん 男性 33歳 日系投資銀行国立大卒 外資系ファンド
CKさん 男性 31歳 外資系コンサル有名私立大卒 外資系ファンド
YTさん 男性 29歳 外資系コンサル国立大卒 外資系投資銀行
TOさん 男性 28歳 会計士有名私立大卒 外資系投資銀行
KKさん 男性 29歳 メガバンク国立大卒 外資系投資銀行

MBAホルダーの転職体験談

MBAホルダーの転職先の中でも人気のコンサルティングファームへキャリアチェンジした方々の転職体験談を一部ご紹介します。

MBA取得のきっかけ
「人の役に立ちたい」「地元に学びを還元したい」という気持ちで公務員になりましたが、年を重ねるごとに日々のオペレーションや細かい内部ルールに追われ、自分が本当にやりたいのはこの仕事なのかわからなくなりました。
なにより社会課題解決に向けて徹底的に議論できる人も場も身近にいないことがストレスになっていったため、自費留学によりMBAを取得することにしました。

MBAで得たこと
MBAを通じて、官民問わず様々な組織の動きの理解や、じっくりデータ収集・分析と向き合う時間、仲間たちと議論し一丸となって課題に取り組むパッションを得ました。
卒業後のキャリアは、同じく社会貢献性が維持しやすく、課題解決に注力でき、成長を常に求められる環境を希望しており、色々思案した上でコンサルタントを目指すことにしました。

実際の選考の様子
MBAを取得していたこともあり転職を有利に進めることができるだろうと考えていましたが、選考序盤に一次面接でことごとく落とされました。
ムービンさんに、今まで自分が何を大事にキャリアひいては人生を歩んできたのか、具体的にどんな行動で自分の強みを磨いてきたか、これからどんな自分になりたいか、自分が所属する組織と共有したいバリューは何か等々、もう一度キャリアについて整理しましょうとアドバイスを頂き、面接で理路整然と話せるようになりました。

転職活動を振りかえって 海外留学の最中でしたが時差の影響を全く感じさせないスムーズなやりとりもありがたかったです。 候補先企業・自分間の連絡調整にご苦労が絶えなかったと思いますが、積極的に情報やご助言をくださり、ちょっとした質問にも迅速なお返事をいただけ、おかげさまで選考に集中することができました。

詳細はこちら:海外MBA留学先からのリモート転職活動・大手ファーム公共コンサル部門へ

MBA取得のきっかけ
スタートアップベンチャーにてマーケティングを担当していましたが、業務を通じて不確定で変化の早い現代において、最善な判断を行っていくためには自分自身の更なる成長が必要だと痛感し、意を決して会社を辞め国内のビジネススクールに進学しました。
ビジネススクールを卒業後は仕事を通じて多くの経験が得られるコンサルタントの職につきたいと考えていました。

書類作成
ポイントとしては過去の実務経験を通してどういったスキルや強みがあるのか、そしてコンサルタントとしての素質があるのか、どうやってコンサルファームに貢献できるのかといったことを端的に書くこと。
書き直しては添削していただき、何度もメールでやり取りを行い、志望動機も含めて約1ヵ月間掛けてコンサルファームに提出できるレベルの書類を完成させました。

ケース面接対策
ビジネススクールに通っていたので思考力には自信がありましたが、ムービンさんとの対策を通じて指摘されたことが多数ありまだまだ論理的思考が甘いと痛感し、より一層思考して取り組む癖が付いたと思います。

選考中の様子
面接後は必ず振り返りをして、ムービンさんにフィードバックしていただきました。 私の場合は端的に答えようとするあまりに発言した内容に具体性が欠け抽象的になっていましたが、振り返りを通じて修正することができ、次の選考では実経験からの事例を話に組み入れ、具体性を持たせた説明を意識して行うことができました。

転職活動を振りかえって
コンサルタントファームへの転職を実現する上でここまで対策する必要があるのかムービンに登録するまでは分かっていませんでしたが、転職活動を終えた今書類の書き方やケース面接の対策は非常に重要だと感じました。 特にケース面接は慣れが必要なため十分に時間を取って、対策をしていくことが必要であると思います。また経験がない人ほど客観的なアドバイスが重要になるかと思いますが、その点は実績が豊富にあるムービンであれば問題ないかと思います。(もちろん本人のやる気次第ですが。)
私の場合はビジネススクールの1年次から登録し転職活動は2年次半ばからと長期間に渡るサポートをお願いしてしまいましたが、転職活動までの準備期間もケース課題の添削など長期間継続したサポートをいただけました。

詳細はこちら:国内MBAから大手コンサルファームへの転職成功

MBA転職におけるよくあるご質問

MBAホルダーの転職において求職者の皆様からよくいただくご質問をまとめてみました。

英語力
まずは海外MBAを取得されている方は当然授業やカリキュラム、ビジネスケースはすべて英語など外国語が主流となる他、留学後に異文化環境におけるコミュニケーションも必要になるため、ビジネスの最前線でも通用するビジネスクラスの英語力は大きな期待となっています。
外資系企業だけでなく国内大手企業の場合でもグローバルに展開し海外売上比率も増している昨今において、必ず英語を必要とされるポジションや業務は存在するため、海外MBA出身者のように英語力を有する人材は評価ポイントとなっています。
一方で国内ビジネススクールの場合には日本語が主流となるため、国内MBAを選択肢として取った方においては、なるべく英語力を鍛えるため、実践的なビジネス英語を磨く機会を別途設けておく必要があるかと思います。
前述のとおり、グローバルを意識する企業は今後まだまだ増え続けます。そのためプラスアルファのスキルとして英語力は非常に大きなアピールポイントとなるためです。

論理的思考能力
MBAは他の資格とは大きく性質は違っており、経営修士という学位であり企業によっては学歴と判断されます。 またMBAなどのビジネススクールでは単に経営学における数量分析や戦略、組織行動や、フレームワークなどを学ぶだけでなくビジネスケースを用いながら実業家、実務家を養成する場所です。
カリキュラムについていくためには論理的思考能力は必須であり、自ずとビジネスや経営における論理的思考能力が磨かれ、ある意味エキスパート人材として期待する企業も少なくありません。

MBAそのものの価値 現在では少なくなりましたが、外資系企業やコンサル、金融業界では海外MBAを持っていること自体に価値評価する企業もありました。
クライアントビジネスの場合、相手側と対峙するときに20代、30代のまだ若い人材が年上の方とコミュニケーションする機会も多いです。そのためビジネスをしらない若手と思われないために MBAを取得しているという箔を利用するわけです。
また優秀な人材が揃っているというアピールにもなります。 ただ最近では、この傾向も薄くなっており、期待する面は少なくなっている印象です。

昔から今も金融業界や外資系企業においてはMBAを好む企業はありますが、 経営・管理系職、財務、人事、企画といったコーポレート部門の職種に転職する場合に有利です。 MBAなどのビジネススクールではカリキュラムの中にこうした、経営戦略や財務会計、マネジメントなどの管理系の実務に直結した内容があるため、 即戦力として期待されています。
ただし、やはり実際の経験に勝るものはありませんので、まったくの未経験でMBAがあるから、これら職種の経験者と同等というわけではありません。 こうした一般企業における職種を希望する場合にはMBA×実務経験という武器があるとより有利になるでしょう。

約1000万円を超す平均年収というデータや、MBA取得後に大幅な給与アップを実現した方もいらっしゃいますが、業界・職種・転職者の志向によって大きく変わるため、一概には言えませんが、 国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、日本の給与所得者の平均年収は約433万円ということですので、MBA取得者の平均年収は、日本の給与所得者の平均年収よりも高い傾向にあるとは言えます。

MBAホルダー向けキャリア相談会

弊社ムービンではMBAホルダーの方向けにキャリア相談会を実施中です。MBAを活かしてキャリアチェンジをお考えの方、MBAを取得したもののキャリアに悩んでいる方は是非お気軽にご相談ください。

MBAホルダー向け キャリア相談会随時開催中!

MBAホルダー歓迎求人

MBAホルダーを歓迎しているコンサルティングファームや金融機関、事業会社の求人をご紹介します。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
(このほかにも多数求人はございます。)

【社名非公開】外資系戦略コンサルティングファーム

会社概要誰もが知るトップ外資系戦略コンサルティングファーム
ポジション戦略コンサルタント
職務概要有名企業への戦略コンサルティング
応募要件・有名大卒以上
・ビジネスレベルの英語力
・MBAホルダー歓迎

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

求人のトップへ戻る

サイモンクチャー・アンド・パートナーズ

会社概要トップライン(売上高)の成長に特化したグローバルコンサルティングファームで、プライシング、セールスそしてマーケティング戦略の最適化に係るコンサルティングサービスを提供。
特に、プライシング分野では世界トップファームで、プライシング戦略、顧客セグメンテーション、ユーザーエクスペリエンス、ポートフォリオ設計、製品のバンドリングから、顧客との交渉テクニックやセールスエクセレンスまで、マネタイゼーションにつながるあらゆるテーマについて実績があり、書籍なども世界のMBAの授業などでも使用されています。
現在コンサル未経験者もポテンシャル採用中
ポジション戦略コンサルタント
役割概要戦略コンサルティング業務
テーマとしては、成長戦略に関するコンサルティング(新規事業開発、デジタル戦略、シナリオプラニング、グローバル含めたポートフォリオ立案・遂行、等)がメイン
要件・有名大学以上で、MBAがあると尚可(ただ実質的にはMBA必須)。
・英語での業務に問題ない方。
・数字に強い方。
・ プライシングを学んだことがあり、興味を持っている方。

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

求人のトップへ戻る

P&Eディレクションズ

ポジション戦略コンサルタント
会社概要国内戦略コンサルティングファーム。経営コンサルティングを手掛け、クライアントは大企業からベンチャー企業まで幅広く、事業領域もリサーチ、新規事業開発、ファイナンス戦略などの立案から、顧客紹介、チャネル開拓などの実行まで、多岐にわたる。

特に、成長戦略に強みがあり、業務改善やコスト削減だけの案件は手掛けない。成長戦略を描き、しっかりと戦略を実行するところまで行なう。成功報酬型のM&Aアドバイザリーや投資も手掛け、M&Aアドバイザリーでは、大企業の子会社売却、ファンドの投資先EXIT売却先ソーシング、事業再建企業のスポンサーソーシング、ベンチャーの資金調達などを手掛けている。
職務概要大企業からベンチャー企業まで幅広いクライアントに対して、成長戦略・新規事業開発・ファイナンス戦略等の立案
応募要件・有名大卒以上
・MBAホルダー(国内外含む)

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

求人のトップへ戻る

【社名非公開】外資系PEファンド

ポジションアソシエイト
会社概要世界有数のグローバルPEファンド
職務概要プライベートエクイティ業務
応募要件戦略系ファームもしくは投資銀行出身者
・MBAホルダー歓迎
・ビジネスレベルの英語力

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

求人のトップへ戻る

【社名非公開】外資系投資銀行

ポジションアソシエイト
会社概要世界最大の金融グループ。商業銀行が母体ではあるが、近年では投資銀行化の色彩をより一層強めており、米国や欧州ではM&Aアドバイザリー業務等、投資銀行部門の各種リーグテーブルにおいて、大手投資銀行を抑え、トップに顔を出すようになってきている。
職務概要投資銀行本部の若手社員は、アソシエイト(既卒経験者またはMBAホルダー)というレベルからキャリアをスタートします。案件遂行チームの主要メンバーとして、案件執行のための実務面を中心に回していく人材となっていきます。あらゆる業務段階において、マネージング・ディレクター、ディレクター、バイス・プレジデント、アソシエイト、アナリストといった全てのレベルの社員と緊密に連携して業務を遂行し、経験とともに高度な責務を引き受けます。2年目以降のアソシエイトは職責範囲が広がり、裁量権も増して、お客様との直接の接点が増えていきます。可能な限り早い段階でお客様と接することにより、競争力を維持するためのクライアントマネジメントスキルを習得します。
応募要件・有名大卒以上、MBA保有者歓迎
・ビジネスレベルの英語力(TOEIC900以上)
・M&A等投資銀行業務経験者、ファイナンスのバックグラウンドをお持ちの方

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

求人のトップへ戻る

外資系消費財メーカー P&G

ポジションマーケティング・ブランドマネージャー
会社概要売上高は年間825億ドル、事業拠点は世界80か国にわたる、世界最大の日用消費財メーカーであり世界有数のマーケティング企業。
職務概要 消費者の生活に密着し、消費者の生活を向上するブランドづくりをリードする。
また、ブランドのビジョン・目標を立て、それを達成するための優れたマーケティング活動を行い、チームをリードし、ブランドを経営する。
この2つにかかわっていただきます。

<ブランドづくり(ブランドマーケティング)>
消費者の生活に密着して、日々のくらしの中に埋もれた満たされない潜在的ニーズを理解し、より多くの消費者により大きな満足やうれしい驚きを提供し続けるブランドをつくり、長期的に成長させていく。また、それをどのように伝えていくかを戦略的に考え、消費者に触れるメッセージを作り、包括的マーケティングプランを策定し実行する。

<ブランドの経営>
短期・中期・長期のブランド目標設定と経営戦略の策定、損益管理を行う。

勤務地は日本、シンガポールのどちらかとなります。
応募資格 ・4年生大学/大学院をご卒業後、実務経験をお持ちの方
・TOEIC 800点以上
・MBAホルダー歓迎
・実務経験8年未満程度の方(ポテンシャル人材育成の観点から)

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

求人のトップへ戻る

【社名非公開】大手総合電機メーカー

ポジションM&A・戦略投資担当
会社概要従業員数でも日本TOP10に入る日本を代表する総合電機メーカー。
職務概要M&A、戦略投資プロジェクト推進
応募要件<MUST>
・投資銀行等でのファイナンシャルアドバイザリ−業務経験
・会計・ファイナンス・法務等の経験
・契約条件の交渉
・TOEIC 800点以上

<WANT>
・海外留学、海外勤務経験
・MBAや公認会計士等の資格

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

求人のトップへ戻る

【社名非公開】日系総合人材企業

ポジション新規事業開発
会社概要人材・教育・福祉・スポーツ・地方創生など多角的に事業を展開しているグループ企業。直近3か年では平均売上伸長率171%と離職率6%以下という安定性
職務概要事業計画や営業戦略の策定からメンバーマネジメントまで、より良いビジネスモデル作りとより良い組織作りを通して、グループの事業成長に貢献して頂くことがミッションです。
大局観に基づいた中長期的な戦略を描き、多様な事業の責任を担いながら事業成長を実現させる、チャレンジングなポジションです。

◆仕事内容
新規事業責任者として、事業のアイディア出しから企画、リサーチ、立ち上げ実務まで、新規事業を生み出し育てる全ての業務をお任せします。また、戦略やマネジメントなど上流の仕事だけでなく、顧客もしくはパートナー企業との折衝や、イレギュラー対応など、実務面も幅広くお任せしたいと考えております。

・新規事業のプロジェクト立上げ
・新規事業の企画
・事業可能性を検証するためのマーケットリサーチ
・商材、サービス開発のための研究
・新規事業の立ち上げ実務(ビジネスモデル構築、営業活動、人材採用など)

応募要件事業責任者としての仕事となりますので、オーナーシップ、リーダーシップ、問題解決能力を高い水準でお持ちの方を期待しています。

【Must】
・経営理念への共感
・新規事業の立ち上げ経験及び、事業責任者として事業をグロースさせたご経験
・事業企画推進または戦略コンサルタントなど、「現場を理論で解釈し、理論を現場に活かす」ための基本的な経営リテラシーと顕著な実績や幅広い経験を持ち、熱い心と戦略思考で新規事業創出に情熱を持って取り組むことが出来る方

【Want】
・ビジネススクール(MBAまたは同等の課程)卒業または認定を受けている方
・ビジネスレベルの英語力を持ち、外国籍の方と対面折衝をしたご経験
・5名以上のメンバーマネジメントのご経験

ムービンの転職サービスは無料です。
ご興味のある案件がある場合には、まずはこちらからご登録ください。
この他にも、ご志向に合う求人をご紹介いたします。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

求人のトップへ戻る

MBAホルダー向けキャリア相談会

弊社ムービンではMBAホルダーの方向けにキャリア相談会を実施中です。MBAを活かしてキャリアチェンジをお考えの方、MBAを取得したもののキャリアに悩んでいる方は是非お気軽にご相談ください。

MBAホルダー向け キャリア相談会随時開催中!

【特集】MBA×コンサル

上述した通り、中途採用においては即戦力性が求められます。
そのため、希望するキャリアがこれまでの経験・実務とかけ離れている場合、MBAを取得しすぐに転職することは難しくなっています。
ですがMBAホルダーの中にはMBAの知識を活かし、キャリアチェンジしたいという方もいると思います

では一体どうすればいいのでしょうか?
年齢や職種にもよりますが、MBAをすぐに活かそうとせず、ワンステップ踏むことを考えることも大切です。

ここからは、MBA取得者に人気の転職先であり、キャリアの選択肢を拡大するという意味でワンステップとしても効果的なコンサルティングファームへの転職についてフォーカスしてご紹介します。

そもそもコンサルタントとは?

コンサルタントとは、クライアント企業の経営課題明らかにし、企業の戦略立案や業務プロセス改善、システム導入など、その課題を解決するための方法を考える、あるいは改善の手伝い、アドバイスをする仕事です。
そもそもコンサルタントは「相談する、助言を求める」という意味の英語の「コンサルト(consult)」が由来となっており、何かしらの商品を売るのではなく、課題解決のコンサルティングそのものがサービスであり、その対価を受け取る職業です。
簡単に言えばコンサルタントの仕事は「クライアント企業をいかに儲けさせるか」に尽きます。

コンサルタントは、それぞれが専門性を持って問題解決に従事しており、例えばプロジェクトの種類でいうと経営戦略、IT、人事、金融・財務、など細かく分かれており、業務内容も異なります。クライアントも様々で、製造業・流通・公共・医療・金融・通信など幅広い業界の企業がクライアントになります。

MBAホルダーがコンサルを選ぶ理由

・年収アップ!最上位職は億越えも!
・将来企業したい!どこでも通用するビジネス力
・キャリア選択肢拡大!好きな会社に転職できる!
・ポテンシャル採用が中心のためコンサル未経験から業界トップ企業に挑戦できる!

MBAホルダーの方がコンサルティングファームを転職先として選ぶ理由は様々ありますが、このような理由が多く見られます。
上述した通り、コンサルティングファームではテーマ×業界で無数の組み合わせがあり、プロジェクトを通じて様々なビジネスを経験することができます。
MBAで学んだことを実践することもでき、どこでも通用するビジネススキルが身につくため、将来独立して起業したい方や、投資銀行・PEファンドといった即戦力性が求められる企業へ転職することも可能です。(※年齢や経験にもよりますが)

実際に弊社ムービンの転職支援でMBA取得後、コンサルに転職した方の転職理由を一部ご紹介します。 RSさん 31歳 女性 官公庁
卒業後のキャリアは、社会貢献性が維持しやすく、課題解決に注力でき、成長を常に求められる環境を希望しており、色々思案した上でコンサルタントを目指すことにしました。

YYさん 28歳 男性 ベンチャー企業
スタートアップベンチャーにてマーケティングを担当していましたが、業務を通じて不確定で変化の早い現代において、最善な判断を行っていくためには自分自身の更なる成長が必要だと痛感し、意を決して会社を辞め国内のビジネススクールに進学しました。
ビジネススクールを卒業後は仕事を通じて多くの経験が得られるコンサルタントの職につきたいと考えていました。

コンサルタントに求められる人材像やスキル

スキル面においては以下のコンサル適性が求められます。
コンサル未経験者の中途採用においては基本的に「ポテンシャル採用」を行っています。

そのポテンシャルとは
論理的思考能力(ロジカルシンキング)
コミュニケーション能力
の2つの能力で、書類選考や面接において候補者に「コンサル適性」があるのか見極めています。

コンサルタントの仕事は企業の経営課題を明らかにし問題解決することで最終的に「クライアントの収益をあげること」ですが、実際に経営の経験を積んだ方は少数であるため、ポテンシャルが重要視されています。 一部のファームやポジションによっては相応の経験・バックグラウンドが必要になってきます。
金融機関向けのコンサルタントであれば、金融関連の職種であること、人事コンサルであれば同じく人事経験と、親和性が求められる傾向にあります(絶対ではありませんが)。
求める人材像においては、業界を代表するコンサルティングファームのコンサルタントの方々にお話を伺ってきたので一部抜粋してご紹介します。 マッキンゼー・アンド・カンパニー
シニアパートナー 桑原 祐 氏

マッキンゼーは明確にポテンシャル採用です。
では何をみてポテンシャルを判断するのかというと、大きく分けて2つあります。
「人間力」と「問題解決力」です。

「人間力」というのは、「Client Interest First」と「People Development」をベースに考えています。 つまり、クライアントのことを第一に考えるのが大事で、さらに人を育てることも大事なわけですから、本質的に人に興味がないとこのミッションを達成することは絶対にできません。 そのため、人に対する「共感力」「エンパシー」が本当にあるか、人としての魅力があるかというのを見ています。
あとは「協働する」ことができるかどうかです。協働するということはチームで動けるということです。また、協働する中では「リーダーシップ」も必要になります。つまり「協働するリーダーシップ」というのは非常に難しいものなので、このような動き方を今までの人生の中でしてきたかどうかを見ています。 これは、部活動でもいいですし、サークル活動でもいいですし、仕事の中の経験でもいいですし、何でもいいんです。どこかで「協働するリーダーシップ」をやってきたかどうか、です。

そしてもう一つの「問題解決力」ですが、ただナイスガイなだけではコンサルティングは難しいので、明確にロジカルシンキングが強いことが大事です。ですが、これは単純に「頭が良い」ということではありません。物事を考え抜くことに努力をする力があるか、徹底的に考え抜こうとするか、です。考えるきっかけとなる好奇心や探求心があるかも大事です。
何かについて考えていて、「あ、大体分かったからもういいや」という方はマッキンゼーには向かないです。「こうかな」という答えが出たら、「ん?まてよ、でも…」とさらにもう一段深く入って考えてみる。そしてさらに、まだもう一段入っていく。というような考える力のことです。
マッキンゼー・アンド・カンパニーへの転職・中途採用情報
ベイン・アンド・カンパニー
マネージング・パートナー 奥野 慎太郎 氏

DXのような非連続な発展の可能性や、パンデミックやマクロ経済の逆風といった様々な要因にからくる不確実性の高い時代で、ビジネスイシューも単独で考えられるものはなく、統合的に考えることができるコンサルタントが不可欠です。
ベイン・アンド・カンパニーへの転職・中途採用情報
ローランド・ベルガー パートナー
中野 大亮 氏

クライアントから弊社のコンサルタントが高い評価を得る要因として「提案する力」や「仕掛ける力」があると思います。
クライアントが「この人たちよく分かっているな」とか、「新しい切り口を持ってきてくれたな」とか、「我々の思いを汲んでくれているな」などと思って頂けるような、いわゆる"Audience Analysis(オーディエンスアナリシス)"を大事にしています。
つまり、ある1つのテーマでもその裏側に潜む"Hidden Agenda"のようなものが当然あって、例えば「クライアントのこのキーパーソンは次の昇進を目指して大きな手柄を欲しがっている」など、極端な話をするとそう言った「裏側」まで読みに行くような"Audience Analysis"にまで緻密に気を配っています。
ローランド・ベルガーへの転職・中途採用情報

必要な資格はあるのか?

特別なスキルや資格は必要ありません。このことからもMBAホルダーの方はMBAがあるからといって転職できるわけではないことがわかります。
英語については、一部のコンサルティングファームでは英語を使ったケース面接、外国人との英語面接を実施します。ただし、ほとんどのコンサルティングファームは日本語だけで対応可能です。

以下の記事でコンサルタントに必要な資格について詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。
コンサルタントに必要な資格

選考ステップ

書類→適性検査(実施しない場合もあり)→面接複数回

ケース面接と呼ばれるコンサルティングファーム特有の面接が実施されることもあります。
ケース面接ではコンサルティングファームで実際に取り組むような課題について解決策を面接官とディスカッションしていく形式の面接です。
現役のコンサルタントが面接官をやることが多く、ケース面接を通じて候補者の論理的思考力や課題に取り組む姿勢をチェックし、コンサルの現場で一緒に働いていけるかを判断しています。
ですので「特定の回答を出すこと」を求められているわけではなく「考え方」を見られており、論理的に説得力のある自分なりの結論を示すことが求められるのです。

ビジネススクールにおいて議論を重ねてきたMBAホルダーの方は、ケース面接で論理的思考力とコミュニケーション能力をアピールすることができるかと思います。

面接のポイント

コンサルの面接では

「なぜ転職するのか?」
「なぜコンサルなのか?」
「なぜ応募先の企業なのか?」

そしてMBAホルダーの方は
「なぜMBAを取ったのか?」

について質問を深堀されますのでキャリアに一貫性をもって話すことが必要です。
これまでの職務経験から論理的思考力・コミュニケーション能力といったコンサル適性をアピールすることができれば、選考を通過する可能性が高まるでしょう。

転職成功者に聞いた「どんな対策をした?」

情報収集
Kさん 29歳(アクセンチュアへ転職)
書籍を2冊ほど読み、インターネットや新聞、雑誌などから各社の特徴や注力分野をリサーチしたり、ムービンのHP掲載の各ファームのインタビューも一通り目を通しました。

T.K.Mさん(ボストン コンサルティング グループへ転職)
基本的に読書:論理的思考、データ分析、マーケティング、経営理論、リーダーシップなどに関する本。特にムービンさんがお勧めして下さった本は2回以上読んだものも多い。

Aさん(デロイト トーマツ コンサルティングへ転職)
ムービンのエージェントさんとの面談を通じてコンサル業界の理解を深め、さらにコンサル業界関連の書籍で振り返りながら細かい部分を見ていきました。
書類対策
Nさん 26歳(アビームコンサルティングへ転職)
コンサルファームが一般的に求めている能力を理解した上で、どんな能力が自分の中で活かせそうか分析した上で職務経歴書を作成しました。私は面接力が平均以下たっだので、とにかく自分の強みをアウトプットできるように書類でしっかりと自分自身を棚卸ししました。

Nさん 29歳(日立コンサルティングへ転職)
ムービンさんと履歴書、職務経歴書を添削ベースでやりとりして仕上げていきました。勘所を教えて頂いたので仕事もしながらですが約1週間ほどで完成しました。またファームよっては志望動機が必要だったので、全部ムービンさん頼りになっていましたが、すり合わせをしながた作っていきました。

Sさん 28歳(ローランド・ベルガーへ転職)
ムービンさんに頂いたアドバイスやリファレンスを踏まえながら、転職を決断するに至った経験を軸にしながら準備。当たり前ではありますが、相手の求めていること、そしてこちらが最も伝えたいことをしっかり織り込みながら整理
面接対策
Yさん (マッキンゼーへ転職)
ケースの解法の本を数冊読み、通勤時間などを使って自分でお題を決めて、ひたすら数をやっていました。さらにムービンさんにも都度見てもらい指摘ポイントを頂きながら、また自分でやってみるを繰り返していました。

TAさん(A.T. カーニーへ転職)
応募ファームの説明会に参加したり、インタビューが掲載されているWebサイトやファームHPをチェックしてイメージを膨らませていました。あとは実際の面接を受けた後にムービンにフィードバックしてアドバイスをもらい軌道修正しながら進めていきました。

K.Rさん(ベイン・アンド・カンパニーへ転職)
書類:筆記:面接の質問:ケース=1:0.5:0.5:8 ぐらいの割合でケースに大きく時間を割いていました。ムービンさんから例題を頂いたり、質より量だと思って、自分で考えたケースや過去出た問題をひたすらノートに解いていきました。

コンサルタントの年収・給与

以下ではマッキンゼー、ベイン、BCGをはじめとする複数の外資戦略コンサルティングファームから収集した情報をまとめ役職別に年収水準を取りまとめました。
そのため下記の表には該当しない例外的な給与や役職の事例も存在し、一概にこの給与というわけではありません。
個別のコンサルティングファームの実情と比較すると役職名や数値が異なる場合もありますのであくまでも参考数値として見て下さい。

役職 年齢 コンサル経験 固定給与 業績賞与
アナリスト 22〜28歳 0〜3年 500〜800万円 固定給の20%
コンサルタント 25〜35歳 0〜6年 900〜1300万円 固定給の20%
マネージャー 28〜40歳 2〜10年 1400〜2000万円 固定給の30%
プリンシパル 32〜45歳 5〜15年 1700〜2500万円 固定給の30%
パートナー 35歳以上 7年以上 2500万円以上 業績次第

MBAホルダー向けキャリア相談会

弊社ムービンではMBAホルダーの方向けにキャリア相談会を実施中です。MBAを活かしてキャリアチェンジをお考えの方、MBAを取得したもののキャリアに悩んでいる方は是非お気軽にご相談ください。

MBAホルダー向け キャリア相談会随時開催中!

MBA 関連情報

キャリアアップのためにMBA(経営学修士)取得を目指す人は少なくありません。 毎年、米国を中心とした海外でMBAを取る日本人が約700人いるといいます。 企業の海外へのMBA派遣も一部の大手企業を除き、以前よりは少なくなりましたが、それでも自費でという考えをもった方も多くなってきています。

さてそのMBAですが現在では国内MBAも主流となってきていますが、海外と国内ではMBAにおける評価が違うのか、さらにはMBAホルダーは転職に有利なのか、その他MBAランキングなどの情報も含めてご紹介していきます。

MBA採用動向

採用動向

MBA採用動向

コンサルティング会社や外資系投資銀行への転職ではMBAホルダーは有利になりますが、MBA必須という雰囲気は薄れてきています。

就職希望ランキング

ランキング

就職希望ランキング

MBA取得者が働きたい企業ランキングです。(money.cnn.comで紹介しているコンテンツになります)是非ご自身のご参考にしてみて下さい!

MBAランキング

ランキング

MBAランキング

海外のサイトから参照したMBAランキングです、現在活躍中の日本のビジネスパーソンも合わせてご紹介致します。

MBA取得は転職に有利?

転職情報

MBA取得は転職に有利?

MBAが好まれる傾向のある企業において、選考時に実務経験の付加価値能力として評価されます。

日本国内MBAは意味がない?

転職情報

日本国内のMBAは意味がない?

日本国内MBAに限らず、MBAについてはそのもので有利になるわけではなく、MBAで学んだことをどう体現するかが重要になります。

MBAホルダー向けキャリア相談会

キャリア相談会

MBAホルダー向け キャリア相談会随時開催中!

MBAを取り今後のキャリアに悩んでいる方を対象に、今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

MBAホルダー向け キャリア相談会随時開催中!

topic

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

株式会社ムービンストラテジックキャリア

初めての方へ

弊社ムービンをはじめて知った方、はじめてサイトに来て頂いた方に、弊社ムービンの転職サービスについてのご紹介と弊社HPの活用方法をご紹介いたします。

20年以上にわたりコンサル業界に特化したご転職支援を行っています。スタッフも少数精鋭でホンモノの人脈・情報を有しております。

コンサルティングファームはもちろん、国内・外資の大手事業会社をはじめ、ファンド、投資銀行、ベンチャーなど様々な支援実績がございます。

コンサル業界専門だからこそ各コンサルティングファームの圧倒的な情報量を保有しており、戦略系、総合系(BIG4)、IT、人事など外資系日系を問わず、国内大手の有力ファームすべてがクライアント

プライバシーマーク

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

【必見】未経験からのコンサル転職

ノウハウ大公開!
コンサルタント転職・対策方法

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法をご紹介します。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

ご転職相談、ご登録

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

1分程度の入力で簡単登録できます

コンサルタント転職支援、実績No.1の人材紹介会社ムービン。業界出身者が転職をサポート!

ムービン

無料転職相談・登録

まずはキャリア相談から

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

無料転職登録

日本初!コンサル業界特化転職エージェント 創業25年以上の転職ノウハウ