コンサルタントという職業

コンサルタントの仕事・業務内容

コンサルタントの仕事・業務内容

コンサルタント希望者でもあまり良く知らない仕事内容。現役コンサル達がどんなふうに日々の仕事を行っているのか?どんな価値観を持ってこの仕事に向かっているのか?
彼らの仕事の日常や業務内容、プロジェクトから戦略、IT、人事系など各領域のコンサルタントの仕事内容をご紹介致します。

コンサルタントの1日・仕事内容

コンサルの日常

コンサルタントの1日・仕事内容 コンサルタントの仕事は「プロジェクトベース」で、一般的な事業会社と比べるとその働き方は大きく異なっています。
プロジェクトを受注するとその都度チームが組成され、プロジェクト期間中はそのチームメンバーと働くことになります。上司も部下も毎回違ってくることも特徴的です。
その中で、コンサルタントたちが日々どんな仕事しているのか、各領域のコンサルタントの1日を追ってみました。

コンサルタントの1日・仕事内容

コンサルの役職・職位別で違う仕事内容

コンサルタントの役職・職位別での仕事

コンサルの役職・職位別での仕事 コンサルティングファームで働く社員「コンサルタント」は、経験年数や期待される役割に応じていくつかの職位(キャリアパス)に分かれています。 そして、その職位ごとに求められる仕事内容も変わり、例えば新卒・第二新卒中途に相当するアナリストクラスは主に情報収集・分析と資料作成が主な仕事になり、中途入社で多いコンサルタントクラスは課題を解決する仮説の構築・検証作業など一般的に「コンサルタント」とイメージされる仕事内容になります。

コンサルの役職・職位別での仕事

領域別で違うコンサルティングファームの仕事

領域別で違うコンサルティングファームの仕事

領域別で違うコンサルティングファームの仕事 職位ベースだけでなく、コンサルタントの仕事はコンサルティングファームの領域・種類に応じて異なってきます。例えば戦略系コンサルにおいては企業の経営戦略や新規事業立案、M&A戦略などがあり、IT系ですとIT投資やシステム構築、デジタル関連などが多くなってきます。このように各分野・業界に特化したファームや、中小企業向けに特化したファームなど多数存在し、最近ではAIなどのデジタル領域やDX(デジタルトランスフォーメーション)といったテーマに特化したファームも出てきています。
近年ではこのファームだからこのプロジェクトという垣根は無くなりつつありますが、領域別でコンサルタントの仕事内容を知ることにより、どんなファームがあるか、どんなプロジェクトがあるのか、ひいてはコンサルの理解にも繋がるかと思います。

領域別で違うコンサルティングファームの仕事

・戦略コンサルティングファーム
企業の経営戦略の領域をメインにコンサルティングを手掛けており、テーマとしては中長期戦略策定、新規事業立案、M&A戦略、マーケティング戦略などCxOが抱える経営課題のプロジェクトなどが代表的です。

・総合系コンサルティングファーム
その名の通り、企業が抱える課題を経営層から事業部まで一気通貫でコンサルティングを手掛けており、幅広い業種、業界にも対応している点が特徴的です。扱うテーマも幅広いため通信、金融、製造業、公共、医療などの業界と、SCM、人事、戦略、CRMなどの機能でチームが分かれており、プロジェクトの際には各部門ごとに協力しながら進めていきます。

・財務アドバイザリー(FAS)系ファーム
財務、ファイナンスやM&A領域におけるコンサルティングを手掛けています。大手FAS系ファームにおいては、さらに事業再生や、PPP/PFI、フォレンジックなどのテーマも扱っており国内におけるM&Aがメジャーとなってきている昨今では各社規模も大きくなってきています。

・人事コンサルティングファーム
人事部門に対するコンサルティングサービスを提供しており、人事制度や人材研修・人材開発、給与や年金制度改革から採用支援などHRに関わる課題解決を手掛けています。

・IT系コンサルティングファーム
ITコンサルについては、上流となるIT戦略から、どのようなシステムを導入すればいいのかなど、広範囲にわたるIT領域を手掛けています。開発まで行うファームもあれば要件定義まで行い、残りはパートナーのSIerなどに開発を依頼するファームなど様々です。

・医療系コンサルティングファーム
医療機関や医療機器メーカーなど医療ヘルスケア領域に特化したコンサルティングサービスを提供しているファームです。一部、外資系戦略ファームや総合系コンサルティングファームの1部門においてもサービス提供していますが、医療・薬事の業界知識や法制に長けており、業界ならではの慣例なども熟知しているため幅広いコンサルティングが提供可能となっています。プロジェクトにおいて、例えば病院経営や医療機関へのシステム導入、製薬企業の業務オペレーション改善、近年では増加しつつあるM&Aの戦略立案から統合プロジェクトなどもサービスラインとしてカバーしています。

・再生系コンサルティングファーム
2000年以降増えてきた領域ですが、企業全体もしくは事業部単位で業績低迷・悪化での危機的状況を立て直すためのコンサルティングサービスを提供しています。再生支援の絵を描くだけでなく、財務・コスト削減・オペレーション改善など直接企業に入り込んで実行支援をするファームもあり、再生専門から一部門として再生コンサルを提供するファームなど様々です。

合わせて以下、プロジェクト事例やコンサルのプレゼン資料もご覧ください。

コンサルプロジェクト事例
戦略系、総合系、IT系、シンクタンク系などのコンサルファームでのプロジェクト事例をご紹介します。

コンサルタントのプレゼン資料
プレゼン1つで数千万の価値があるとも言われているコンサルタントの仕事にはどのくらいのアウトプットレベルが求められているのか、ぜひご覧ください。

コンサルタントの仕事例:大手企業・各国政府のコンサルティングファーム利用例

日産自動車

- 世界本社プロジェクト - (プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー)
国ごとバラバラであった同社の組織を、責任・権限おのはっきりしたグローバルな組織に移行し、この組織の主要要素(世界本社の機能、地域ごとの事業への権限委譲、各機能組織のグローバルな責任、所領開発の長期的な収益性責任)を規定した。
PwCコンサルティング(Strategy&)

JR東日本

- 技術管理システムの導入 - (IBMビジネスコンサルティングサービス)
研究開発の過程で発生する膨大な資料を電子化し、ドキュメントの作成→保存→廃棄までのサイクルを効率的に運用管理し、さらに知的財産として効果的な活用をめざした。同時に、当システムでは研究開発プロセスに伴うプロジェクト管理機能や予算管理機能も盛り込み研究開発に関わる事務作業を直接支援した。
日本IBM(GBS:グローバル・ビジネス・サービス)

JR東日本

- 目覚めるキヨスク - (アーサー・D・リトル)
戦略立案から実行のフェーズまでの3年間をかけて支援。事業戦略と整合したプロセスを再構築し、必要となるリソース・組織体制を整え、現場の再生支援・後押しを企図したプロジェクト。推進チーム作りや、システム設計、インテグレータ設定、新業務とシステムの現場への展開までをサポートしている。
アーサー・D・リトル

花王

- グロ−バル展開強化を目指した業務標準化 - (アビームコンサルティング)
グローバル展開の柱となるアジア各国での業績のさらなる向上を見据え、業務の標準化と業務改善を推進するため2000年10月に「KAO ABSプロジェクト」を開始。ERPパッケージとしてSAPを選定し、アジア22拠点において4年5ヶ月にわたり壮大なスケールの導入プロジェクトを展開した。
アビームコンサルティング

各国政府

- 政策支援 プエルトリコの2025年国家ビジョン策定 -(A.T.カーニー)
上海発展経済地区の海外投資促進策の立案とアクションプラン策定(A.T.カーニー)
アメリカ内国歳入庁(IRS)の顧客中心がた組織への変革(ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン)
オランダ政府ハイテク産業インキュベーション支援(ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン)
A.T.カーニー

コンサルタントの仕事の進め方

コンサルティング案件はパートナークラスの営業や、直接ファームへの依頼、競合他社とのプレゼンテーションで受注が決まります。
その後プロジェクトの規模や難易度、テーマに合わせてチームが組成され、課題解決にあたります。アサインされるコンサルタントは役職に沿った指揮系統で集められ、プロジェクトが終了するとチームは解散となり、また新たなプロジェクトにアサインされます。そのため毎回一緒に働く同僚や上司、部下が変わってきます。これはコンサルタントの仕事で特徴的な点と言えるでしょう。(コンサルティングファームの組織形態は一般企業とは大きく異なり明確な所属部署はありません。大手・総合系ファームでは専門ユニットがありますがユニットを横断してチームを編成することがほとんどです)。

チーム編成はファームによって異なりますが、一方的に割り振られる場合もあれば、希望者を募り面談をして決定する方法などがあります。近年ではある程度自分の希望や、身に付けたい専門性からアサインされる傾向にあるそうです。
プロジェクトは同時に2〜3つ担当する場合もあり、クライアント先に常駐する場合やグローバル案件であれば出張はもちろん、日本オフィスだけでなく他国のメンバーと協業する場合も少なくありません。(入社直後は通常1人1プロジェクトを担当)

プロジェクトでの仕事内容は役職ごとにある程度決まっており、個々のスタンドプレーではなく、それぞれの役割を担うことによりチームでクライアントのプロジェクト成功まで導いていきます。

コンサルティングプロジェクトの進め方は以下のようになります。
◆プレゼンテーション
企業のおかれている状況、問題の背景、解決へのアプローチ、取組体制、プロジェクト期間など、プロジェクトの提案書を作り、企業の経営層へのプレゼンテーションを行います。プレゼンでは複数のコンサルティングファームとコンペを行うこともしばしばあります。

◆案件受注
クライアントに提案を受け入れてもらい正式にプロジェクトを受注します。ここでコンサルティングファーム側でメンバーが選出されプロジェクトチームが組まれます。また同時にクライアント側でもプロジェクトメンバーの選出を依頼し、社内の推進役を務めてもらうようにします。

◆キックオフ・ミーティング
チーム発足後、全員で集まり顔合わせと、プロジェクト全体の体制、スケジュールなどの確認を行います。

◆インタビュー・仮説
問題解決の仮説構築のため、クライアント社内や社外の専門家へのインタビューやヒアリング、ファーム内にあるナレッジ・知見を活用しながら調査・データ収集をし材料を集めていきます。問題解決に向けて分析および仮説を立て、検証するサイクルを繰り返し、クライアントともさまざまな仮説を立て検討・議論しながら進めて行きます。

◆課題解決方法の決定
これまで集めた情報・データを基に最終的な課題解決方法を策定していきます。チーム内で議論し最終的に提案するシナリオを固め、中身を充実させてから最終報告、提案に臨みます。

◆提案・実行支援
最終的な結論を経営層に報告・発表します。この報告が終われば、ひとまずプロジェクトは終了です。近年では策定した課題解決方法を実行するため、クライアントと一緒に実行支援まで行うコンサルティングスタイルが多くなっています。クライアントに成果が出るよう定着に向けて最適な改善を図りながら支援していきます。

コンサルティングファームによってはグローバルに展開しているファームもあり、海外オフィスと連携したり、逆に海外プロジェクトにアサインされる可能性もあり、英語が出来る・出来ないではコンサルタントとしてのキャリア形成において大きな違いが出てくるでしょう。外資系ファームでは英語必須のところもありますが、日系で国内のみのコンサルティングを手掛けるファームでは英語力は不問となっています。

コンサルタントの仕事の魅力・やりがい

コンサルタントにおける魅力・やりがいは人それぞれかもしれませんが、
・世の中にインパクトを与えられる
・プロジェクトを完遂したときの達成感
・いろいろなバックグラウンドを持った人たちと働ける
・成長環境
・若くして企業の経営に関われる
・コンサルの考え方が身に付く
・誰もが知っている企業の経営支援が出来ること
・顧客からの感謝
といったことに、やりがいや魅力を感じる方が多いです。

また、
・海外案件などグローバルに活躍できる機会
・高い年収
・身に付けたコンサルティングスキルを生かした更なるキャリアアップの可能性
なども大きな魅力のひとつでしょう。

未経験からコンサルタントになるには/求められるスキル・資格

基本的にコンサルタント採用においては各社「ポテンシャル採用」をして行っております。
コンサルタントの仕事は「クライアントの収益をあげること」これに尽きます。企業の経営課題を明らかにし解決することが仕事ですが、経営の経験を積んだ若手は少数であることや、自らの経営経験を売るわけではありませんのでポテンシャルが重要視される傾向にあります。

ただ特定の業界向けや、業界知識が必要なコンサルタント職については、相応の経験・バックグラウンドが必要になってきます。
金融機関向けのコンサルタントであれば、金融関連の職種であること、製造業であれば同じく製造関連と、親和性が求められる傾向にあります(絶対ではありませんが)。

重要なのは論理的思考能力、コミュニケーション能力
論理的思考能力(ロジカルシンキング)はコンサルタントにとってクライアント企業の課題解決のために必要不可欠であり、面接においても、面接官は必ずこの部分を見てきます。またケース面接というコンサルティングファーム独特の面接試験でも、この論理的思考能力(ロジカルシンキング)があるのか見られます。
コミュニケーション能力はコンサルタントとしてクライアントから信頼を得るため、そしてどこに問題があるのか相手の立場に立って探るために必要です。近年のコンサルティングは戦略立案で終わらず、企業に入り込み実行支援まで行うことが主流となってきたため、現場の社員たちを巻き込んでプロジェクトを遂行するためのコミュニケーション能力は非常に重要視されています。

資格について
特に資格は必要ありません。
ただし、資格の場合たとえば公認会計士・税理士資格者を求めているファームや、中小企業診断士を持っている方を優遇するファームもあります。実際にほとんどのコンサルタントはこれらの資格は持っていませんので、特に何かなければいけないということではありません。

英語について
英語については、コンサルティングファームによって求められる場合があります。
有名なファームで例を挙げるとマッキンゼーにおいては英語は必須になってきます。面接や筆記試験ではすべて英語のため、まったく出来ない方にとっては難しいでしょう。(同じく戦略・経営コンサルティングファームで英語必須としているファームはいくつかあります。)また海外進出やグローバルに関わるコンサルティングに携わりたい方にとっても英語は必須といえるでしょう。
コンサルのグローバルプロジェクトは多くなっていますし、今後のキャリア展開を考える上でも英語については身に付けておいた方がいいでしょう。

コンサルタントになるには/求められるスキル・資格

初めての方へ

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

未経験からのコンサルタント転職 求人特集 未経験からコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

キャリア相談会 今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。ざっくばらんにお話をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

ボストン コンサルティング グループ(BCG)特別キャリアセミナー 2022年2月9日(水) 19:00~20:30 締切:2月1日(火) ボストン コンサルティング グループ(BCG) 特別キャリアセミナー ボストン コンサルティング グループ(BCG)にてオンラインセミナーが開催されます!

【オンライン】スカイライトコンサルティング キャリアセミナー 2022年2月3日(木)19:30~20:30 スカイライトコンサルティング キャリアセミナー 申込多数により日程追加!若手コンサルタントと直接話ができる座談会・キャリアセミナーが開催されます!

PwCコンサルティング Operations Transformationチーム Meetup(部門紹介セミナー) 2022年1月28日(金)12:00~13:30 PwCコンサルティング Technology Consulting(TC)部門 女性向けキャリアセミナー Technology Consultingのチーム紹介、プロジェクト事例、女性のキャリアなどをご説明致します。ランチタイムの開催ですので、ランチを食べたりドリンクを飲んだりしながらお気軽にご参加いただければと思います。

クニエ サプライチェーンマネジメント(SCMチーム)セミナー 2022年1月26日(水) 19:00~20:00 クニエ サプライチェーンマネジメント(SCMチーム)セミナー NTTデータグループにおいて戦略的ユニットを担っているクニエが、サプライチェーンマネジメント(SCMチーム)について紹介します。

みずほリサーチ&テクノロジーズ オンラインセミナー 2022年2月5日(土) みずほリサーチ&テクノロジーズ オンラインセミナー みずほリサーチ&テクノロジーズが4つのポジション(組織人事、サステナビリティ、デジタル、経営戦略)で説明会を開催いたします。興味のある方はぜひご参加ください!

東大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

東工大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東工大出身者のために、今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。ざっくばらんにお話をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田・名古屋などの大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

女性のためのキャリア相談会 元コンサルの女性キャリアコンサルタントが対応させて頂きます。転職について、これからのキャリアについて個別相談会を実施しています。

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

その他セミナー一覧はこちらから

SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。 SDGsプロジェクト始動! ムービンは持続可能な開発目標を支援しています ムービンはSDGsに賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

株式会社ムービンストラテジックキャリア

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

プライバシーマーク

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • 医療コンサルタント転職サイト医療コンサルタント転職サイト
  • ポストコンサルタント転職サイトポストコンサルタント転職サイト

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

コロナウイルスによるコンサル採用動向は?

コロナウイルスによるコンサル採用動向は?

実は今がチャンス?転職事例から見るコンサル転職市場の実態

皆様からよく頂くご質問

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

【必見】未経験からのコンサル転職

【必見】未経験からのコンサル転職

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法などをご紹介いたします。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

ご登録はこちらから

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録

コンサル業界への転職ならムービン

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

無料転職登録