ベイン・アンド・カンパニー ケース・チーム・リーダー 井上 佳代氏 インタビュー

1973年に設立、世界37か国に58拠点を持ち、クライアントと共に「真の結果」 の実現という共通の目標に向かって、企業が競争力を持った強い組織へと変革し、業界のルールを再定義できるように戦略提言を行っている「ベイン・アンド・カンパニー」。
どのような社員が、どのような思いのもとで働き、そしてやりがいを見出しているのでしょうか。現在、ケース・チーム・リーダーとして働く入社4年目の社員、井上佳代さん(中途採用)に話を伺いました。

  1. 入社の動機「グローバルな環境で活躍したい」
  2. 「True Northの追求」「思考の深さ」は、コンサルタントの第一条件
  3. 増加するトランスフォーメーション案件。事業会社での経験が活きる現場
  4. 気になる社内のこと。プロジェクトへのアサインは? ワークライフバランスは?
  5. 英語スキルは、自分の心がけ次第。ベイン入社後にブラッシュアップできる環境も
  6. ベインで得られるスキル、やりがいとは
  7. ベインが求める三つの人材像

※役職・肩書、インタビュー内容は、本インタビュー時のものになります。

ベイン・アンド・カンパニーの特徴・強み

movin:

まずは井上さんの経歴を教えてください。

井上様:

前職は化学メーカーで働いていました。新卒入社からしばらくは愛媛県にある製造プラントで原価管理や設備投資の計画立案といった経営管理に携わり、その後、本社の経営企画部門に異動しました。そのタイミングで、かねてより希望していたMBA留学の許可が会社からおりたので渡米し、2年間学びました。

movin:

コンサルティング業界へのキャリアチェンジを明確に意識したのは、いつごろでしょうか。

井上様:

留学前はまったく考えておらず、アメリカで学ぶうちに徐々に興味が芽生えてきました。これは、一緒に学んだコンサルティング業界出身の仲間から、たくさんの刺激を受けたことがきっかけになりました。授業のなかにスタートアップ企業のケースを扱うコンサルティングの疑似体験のような課題があったのですが、同じチームのコンサルティング業界出身の友人は、プロジェクトを率いる力、組織の問題を突き止める力が抜群に優れていました。その姿に感銘を受けたことを機にコンサルティング業界に興味を持ち、短期間のインターンシッププログラムに参加してみたら、とてもおもしろくて。次第にコンサルタントとして働きたい思いが募り、卒業後ベインに入社しました。

movin:

転職にあたり、コンサルティングファーム数社から話をお聞きになったそうですが、そのなかからベインを選んだ理由を聞かせてください。

井上様:

大きく三つあります。一つ目は、「圧倒的にグローバルな環境にある」ことです。私はシカゴで面接を受けましたが、面接官は南アフリカ出身の男性でした。このエピソードだけでもベインに国や国籍の垣根が無いことを理解するのに十分でした。そして、入社の準備を行うなか、東京オフィスもまた日本人だけでなく、様々な国籍の人や、受けた教育や育ってきた環境など様々なバックグラウンドを持つ人々によって構成されていることを知りました。留学先のアメリカでの就職の可能性も検討していましたが、ベインなら日本にいながらもグローバルな環境で働けることをひしひしと感じ取れた点は、入社を決めた一つの要因になりました。
二つ目は、「人の育て方がユニーク」なところです。コンサルティングファームと聞くと、各業界の専門家集団をイメージする人もいると思うのですが、ベインは、統合的な思考、知識を養いつつ、自分の専門分野を築いていけるように人材を育成しています。これは、ベインがクライアントにとって単なるアウトソース先になるのではなく、クライアントが持ち合わせていない思考や知見を補完し、提言する役割を担うために重要です。私は、様々な業界に興味があったので、人材育成の根底にこうした考えがあるのであれば、幅広い経験ができるだろう、と期待できたことも理由として挙げられます。
三つ目は、「働いている人の良さ」です。入社前に社員とやり取りをするなかで、純粋に良い人が多いと感じました。コンサルティングファームと聞くと、偉そうな人がたくさんいる場所をつい想像してしまったのですが、ベインの社員はそういうおごりが全くなく、むしろ誰もが素のままで楽しく仕事をしている印象を受けました。このような環境なら私も楽しんで働いていけると思いました。

「True Northの追求」「思考の深さ」は、コンサルタントの第一条件

movin:

入社後、井上さんのこれらの印象をさらに決定づけた出来事はありましたか。

井上様:

最後に挙げた「働いている人の良さ」は、その印象をより強めることになりました。社歴や役職に関係なく、クライアントにとって正しいと思うことを実直にぶつける姿勢を全員が持っていることはポジティブな驚きでした。というのも、それまでの私はコンサルティングの仕事を、クライアントが描くゴールに向けてシナリオに沿ったサポートをすることだと勘違いしていた点がありました。ところが、実際はまったく異なりました。ベインは、分析をするなかでクライアントが当初想定していた方向とは異なる結果が出てきた場合には、正しい方向に舵を切り直すことを進言し、納得していただけるように思考を張り巡らせながら説得をします。そういう場面に立ち会うなか、この姿勢こそベインの良さなのだと感じることが何度もありました。
ベインには、「True North(真北)の追求」という信条があります。これは、通説や一見正しい答えではなく、企業と社会の最大価値追及の視点から、客観的な事実の分析に基づき実行可能性も考慮された「本当の答え」を提供するマインドを示すもので、ベインのカルチャーになっています。

movin:

ちなみにベインには、井上さんのように中途入社する人も多くいると聞きます。それぞれにどのようなバックグラウンドを持っているのでしょうか。

井上様:

私と同様、MBAを修めた人が入社するケースと、一般企業や官公庁での就業を経て入社するケースの二つが大半だと思います。会計士あるいは弁護士のようにプロフェッショナルファームから転職してきた社員もいます。

movin:

それまでのキャリアは違うものの、ベインで活躍している社員が共通して持っているマインドやスキルはありますか。

井上様:

考えることが好きな人が集まっていると思います。それも「問題があるなら良くしよう」と誰もがポジティブなエネルギーに満ち溢れています。考えることに息詰まりそうになる日もあるはずなのですが、それでも突き詰めることをやめない人たちの集団だと感じます。

movin:

しかし、新たに入社した人が、そのマインドを体得するまでには苦労することもあるのではないでしょうか。井上さんご自身の経験と、克服していくまでのストーリーをぜひ聞かせてください。

井上様:

個人差はありますが、この突き詰めて考えられるようになるには、訓練が必要だと思います。私の場合、前職では、他部門から渡されたビジネスアイデアに付加価値を加えることよりも、いち早く別の部門に割り振り、円滑にプロジェクトを進めていくことを求められていました。ベインに入社してからもしばらくは、クライアントから相談されたことを誰かに振る、もしくは深く考えるより、とにかくその場でいち早くお戻しするというような仕事の仕方をしていました。やがて、チームメンバーから「もっとクライアントのもとにある根源的な原因をしっかり探ったうえで、答えを出さなければならない」と指摘され、ようやく以前の仕事のスタイルとはまったく異なる働き方を求められていることに気付きました。パスを早く回すのではなく、ボールをギュッと握って考え、出した答えをクライアントにお返しする。さらには、行動に移していただく。これができないことには、コンサルタントとしての真の価値が生み出せないと気付くには、多少の時間がかかりました。 さらには、こういった手順を踏むにも当初は思考力が足りず、立ち止まることもしょっちゅうで……。ただ、ベインには、その踏み込みの力の強い人が多数います。傍らで傷だらけになって学びながら、どうにか進んできました。

movin:

その深い思考力を体得させるために、ベインではどのようにして育成していくのでしょう。

井上様:

ベインでは個々人の成長を促すためにグローバル、国内両方で様々なトレーニングが組まれていますが、私は日々のディスカッションに尽きると思っています。ケースに存在する一つひとつの問題にどう切り込み、答えを出すのかをディスカッションを通じて見つけることを繰り返します。すると、入社当初は「現在、こういう状態ですが、どうすればよいと思いますか?」と自分の意見よりもほかの方の意見を先に聞いていましたが、「私はこう思います。どう思いますか?」というようにディスカッションの基盤になり得るものをこちらから提供できるようになり、それによって答えの精度や答えを出すまでのスピードも上がってきたように思います。ここへ至るまでに私は約半年かかりましたが、この"仮説思考"を体得したことで初めてコンサルタントの道が開かれたように感じます。

増加するトランスフォーメーション案件。事業会社での経験が活きる現場

movin:

続いて、ベインが扱うケースについて聞かせてください。最近ではどのような案件が増えているのでしょうか。近年のマーケットの動きを交え、お聞かせください。

井上様:

ベインがご相談を受けるケースでは、日系・外資問わずトランスフォーメーション案件が増加傾向にあります。国内の競合他社と戦っていればよかった時代は終わり、国も業種もボーダレスの現代は、さまざまな相手とさまざまなフィールドでしのぎを削らなければなりません。私は現在、小売業のケースを担当していますが、Amazonのような巨大プラットフォーマーや専門性の高いプロダクトを提供する新興企業など、さまざまなプレイヤーに先を越され、追いつこうにも追いつけずに苦しんでいる企業を目の当たりにしています。しかし、その厳しい現状と対峙し、自らのビジネスモデルをトランスフォームしようとチャレンジする企業が出てきているのも確かです。

movin:

このトランスフォーメーション案件に携わるにあたって、武器になる経験やスキルは何だと考えていますか。

井上様:

プロジェクトマネジメントの経験は活かしやすいと思います。加えて、「変革の推進力になる」という考え方を備えていることも大きな武器になるでしょう。
また、コンサルティングをするうえで、あるときはクライアントに大胆なアクションを素早くとることを促し、あるときは手を取り合って慎重に進めるという局面を迎えることもあります。ここは、トランスフォーメーションの最も難しい部分であると同時に、コンサルタントの腕の見せどころなのですが、事業会社で働いた経験のある方は、そういう場面に遭遇した経験を豊富にお持ちなので、感覚的にこのような繊細な場面にも適切に対応できる人が多い。このクライアントの状況に応じた判断力もまた、活かせる部分と考えます。

初めての方へ

コロナウイルスによるコンサル採用動向は? コロナウイルスによるコンサル採用動向は? コンサル転職をお考えの方へ 実は今がチャンス?転職事例から見るコンサル転職市場の実態

キャリア相談会 今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。ざっくばらんにお話をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

A.T. カーニー オンラインキャリアセミナー 2021年10〜11月複数開催 A.T. カーニー オンラインキャリアセミナー 【オンライン開催】出身業界別セミナー・ケース対策を兼ねた会社紹介セミナーなど5つのセミナーを開催!複数のセミナー申込みも可能です!

ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー 2021年11月4日(木)19:00〜 締切:10月24日(日)まで ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー 【オンライン開催】世界的な戦略コンサルティングファームであるベイン・アンド・カンパニーにてキャリアセミナーを開催します。

アクセンチュア Strategy 女性のためキャリアセミナー 2021年11月4日(木)19:00〜 締切:定員なり次第 アクセンチュア Strategy 女性のためキャリアセミナー 【オンライン開催】本セミナーは女性限定となっており「女性が活躍するアクセンチュア 戦略コンサルタントが語るアクセンチュアのキャリア」と題しまして当部門の第一線で活躍する女性社員が登壇予定もございます。

【オンライン】スカイライトコンサルティング キャリアセミナー 2021年11月8日(月)19:30〜20:30 スカイライトコンサルティング キャリアセミナー 申込多数により日程追加!若手コンサルタントと直接話ができる座談会・キャリアセミナーが開催されます!

グローバルヘルスコンサルティング 会社説明会@オンライン 2021年10月23日(土)13時〜15時(予定) グローバルヘルスコンサルティング 会社説明会@オンライン 【年1回の貴重なセミナーです!】今回は、同社会長のアキよしかわ様が登壇する予定で、「医療コンサルタント」を目指す方向けに同社説明会が開催されます。

アクセンチュア (CFO&EV)女性向けオンライン座談会 2021年10月複数日程あり(昼・夜) アクセンチュア (CFO&EV)女性向けオンライン座談会 「アクセンチュア」がFunction_Consulting(CFO&EV)領域にて女性社員が登壇する少人数カジュアル座談会が開催されます。

【オンライン】マーサージャパン 1日選考会 2021年11月13日(土) 【オンライン】マーサージャパン 1日選考会 この度、世界最大の組織・人事コンサルティングファームであるマーサージャパンがオンラインで1日選考会を実施することになりました。

女性のためのキャリア相談会 元コンサルの女性キャリアコンサルタントが対応させて頂きます。転職について、これからのキャリアについて個別相談会を実施しています。

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

東大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

東工大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東工大出身者のために、今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。ざっくばらんにお話をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田・名古屋などの大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

絶対に年内転職したい!プライベート相談会開催中! 絶対に今年中に転職したい!とお考えの方はまずは一度ご連絡頂ければ幸いです。弊社でもスピーディーにご対応させて頂きます。

その他セミナー一覧はこちらから

SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。 SDGsプロジェクト始動! ムービンは持続可能な開発目標を支援しています ムービンはSDGsに賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

TOPへ

株式会社ムービンストラテジックキャリア

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

プライバシーマーク

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • ポストコンサルタント転職サイトポストコンサルタント転職サイト

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

コロナウイルスによるコンサル採用動向は?

コロナウイルスによるコンサル採用動向は?

実は今がチャンス?転職事例から見るコンサル転職市場の実態

皆様からよく頂くご質問

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

【必見】未経験からのコンサル転職

【必見】未経験からのコンサル転職

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法などをご紹介いたします。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

ご登録はこちらから

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

無料転職登録

Page Top

コンサル業界への転職ならムービン