ドリームインキュベータ(DI) 代表取締役社長COO 三宅孝之氏インタビュー

ドリームインキュベータ(DI) 代表取締役社長COO 三宅孝之氏インタビュー

日本発のグローバル戦略コンサルティングファーム「ドリームインキュベータ(DI)」。「次世代のソニー・ホンダ社を100社創る」を企業理念として掲げ、戦略コンサルティングや、ベンチャー企業に対する投資、自ら事業経営することによって成長を支援するインキュベーションを行っている。 今回は、代表取締役社長COOの三宅様に、ドリームインキュベータの特徴や強み、そして今後ドリームインキュベータの目指しているもの、そして求める人材像についてお話を伺って参りました。同社について詳しく知れる内容となっております。ドリームインキュベータにご興味のある方はぜひご一読ください。

※役職・肩書、インタビュー内容は、本インタビュー時のものになります。

三宅孝之(みやけ たかゆき)
代表取締役社長COO
京都大学工学部卒業、京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修了(工学修士)、通商産業省(現 経済産業省)、A.T. カーニー株式会社を経て、DIに参加

movin:

本日はお時間いただき誠にありがとうございます。
はじめに、ドリームインキュベータの特徴を教えていただけますでしょうか。

三宅様:

ドリームインキュベータはコンサルティング会社でありながら、業務改善やコスト削減といったオーソドックスなコンサルティングをやらない不思議な会社です(笑)。
では何をやっているのかというと、「ビジネスプロデュース」と言っているのですが、大手企業に1000億円、3000億円、あるいは1兆円という規模の新規事業を創造するというテーマにコミットしています。

大きな規模で事業創造を行なう場合には、戦略以上に構想が大事だったりします。つまり、「世の中はこうあるべきだ」とか「業界の構造をこう変えなければならない」といった個社の枠を超えた発想の部分ですね。そのために仲間(大企業や政府等で変革マインドをお持ちの方々)を増やし、必要に応じて政策やルールの変更を働きかけ、産業そのものを創っていこうとしています。

movin:

ありがとうございます。なぜドリームインキュベータでは“新規事業創出”に特化しているのでしょうか。

三宅様:

今までの大企業の事業の多くは既存事業をしっかりやり続けることで問題なかったと思います。しかし、現在の変わりゆく社会の中では、既存(事業)での価値が飽和してしまっており、そこにお金を使っても事業は大きくできない、つまり新しい領域でないと価値が生まれなくなってきています。

だからこそ、我々は世の中にインパクトのある新規事業創出に注力しています。企業側もその重要性に気づき、近年では新規事業に割く予算が急増しているのを肌で感じています。

ここでいう“価値”というのは、お金を含めて自分の持っているものを出してでも欲しいと思うものの総称です。分かり易いものでいうと、カッコいいクルマ、とか、美味しい食べ物などが挙げられますが、雰囲気のよいレストランならコーヒーに1000円を払うということもありますよね。更に言うと、Googleの検索機能を使う個人はお金を払いませんが、Googleにお金を払っているのは検索機能を使う個人ではなく、広告を出す企業だったりします。これらは全て価値なのですが、分かり易い価値を扱うビジネスは、もう既に世の中に飽和していて、ここで新しい価値を生み出すのは大変です。ところがGoogleのようにビジネスモデルを工夫することで、色んな新しいタイプの価値を生み出すことはできるので、それをやっていきましょうよ、っていうことです。

新しいタイプの“価値”を生み出すには、より高い視座で業界を跨ぎながら物事を見ていく必要があります。例えば、クライアントが持っているものが一つだと上手くいかないことなどあります。しかしそれを別の場所のものと組み合わせてみたり、時間を置いてみたり、既存の法令なども含めた制度を変えてみたりすると、大きなビジネスが生まれる可能性が出てきます。これが我々が“ビジネスプロデュース”と呼んでいるものです。

こういったサポートを実現するために、現在、社内では大きく3つのプラクティス体制を敷いております。
これまでにない大きな産業構想をクライアントや関係省庁/自治体とともに生み出す産業プロデュース、
その中で事業の成長を促すビジネスプロデュース、
ビジネスプロデュースの実行自体を支援する、定常的に事業創造が可能となる組織を作るインストレーション

これによって、構想策定フェーズ、戦略策定フェーズ、実行フェーズ全てをご支援できる体制を構築しています。

movin:

新しいことを生み出すことは非常に難しい中で、構想から実行までサポートする体制を取ることで、実際に事業が立ち上がることまでしっかりと支援してらっしゃるんですね。

三宅様:

そうですね。実は、その一方で自分たち自身の事業創造にも取り組んでいます。
例えば、今年の7月に事業開始したSIB(ソーシャルインパクトボンド)事業というのがあります。

SIBは、本来であれば自治体が先行して投資しておくと、住民や自治体のためにもなるし、将来のコストが下がったり収益が上がったりするような案件に、民間が代わりに取り組み、しかもそれを金融が先行投資リスクを引き受けるというスキームで、うまくやると色んな社会課題の解決に使える仕組みです。

その第一弾として、介護予防分野に着目し、高齢者の社会参画を促すサービスを多くの企業に仕掛けてもらい、将来急増していく介護費を大幅に削減し、その削減効果の一部をリスク負担してくれた金融プレイヤーに還元していくという事業を開始しました。高齢者の社会参画が進むと介護費は15〜40%も削減されるという学術論文から試算すると、介護費を10兆円と少なめにみても、本事業の国内市場規模は1.5〜4兆円という計算になります。

このビジネスモデルを組む上では、自治体、サービス事業者(多数)、金融、その評価機関と、色んなステークホルダーが絡みますが、これらが有機的に役割分担を設定することで新しい価値が生まれた典型例ですし、ビジネス性を担保しながら社会課題解決にも大きく貢献するという意味で、非常に意義の深い事業だと思っています。

movin:

自らも事業創造に取り組まれているのですね。ビジネスプロデュースについてよくわかりました。
ところで、他のコンサルティングファームとドリームインキュベータのコンサルティングはどのように違うのでしょうか。

三宅様:

この質問は、候補者から面接でよく聞かれるんです(笑)。
端的には、「ビジネスプロデュースを軸にしている」とか「新規事業や成長戦略に振り切っている」と答えていますが、実はもっと本質的に違う点があります。
普通のコンサルティングはクライアントの中にどれだけ入りこめるかということがポイントになっています。クライアントの組織論理や歴史・文化をどれだけ把握して、組織的な課題の特定や対策を打ち出せるか、といった点が非常に重要です。

一方、ドリームインキュベータのビジネスプロデュースの場合は、「社会のこと」をどれだけ把握しているかが大事です。社会課題に対する理解はもちろんのこと、他の大企業やVB、政府や自治体等がどういうことで悩んでいるのか、どんなことをしたいと思っているのかということを如何に広く深く、立体的に把握できているかどうかということですね。その上で、クライアントと他の企業や政府等との関係をどう変えれば良いかを考え、どうやってwin-winの事業関係で繋ぐ仕組みを生み出せるかを大切にしています。

つまりは世の中(社会)とクライアントの可能性を繋いでいるところがビジネスプロデュースであり、ドリームインキュベータのコンサルということになります。これを社内にはクライアント企業の新ビジネスの先導役(エージェント)になると表現しているオフィサーもいます。

どちらのコンサルティングもクライアントから“頼られている”という点は共通なのですが、“頼られ方”が違うということだと思います。

movin:

なるほど、よくわかります。そのように他コンサルティングファームとは異なる取り組みをされる中で、最近の電通さんとの連携の背景や、狙い等は、どういったものだったのでしょうか?

三宅様:

両社とも企業の成長を通して社会をより良くしていく志が合い、今回提携することとなりました。
提携前はどんな感じになるのかなと予想もつかなかったこともありましたが、打合せを重ねる中でトップライン重視の「成長志向」という部分で、非常にカルチャーが近いことを実感しています。

最初は、今あるプロジェクトを一緒にやったり、相互に得意な分野を分担したりということから始めて、クライアントさんに営業に行くようにもなっています。今後は、新しいコンセプトを打ち出し、これまでなかったような

ソリューションパッケージを作っていきたいし、金融スキームを絡めたり、ビジネスと連動したデジタル化を仕掛けたり、そこに政策連携なども入れて行って、知恵はあってやりたくてもドリームインキュベータだけだとリソースが足りなくてできなかった新しい価値を提供していけるようにしたいね、って話をしています。

movin:

両社の良さを上手く出し合って更なる価値提供を目指されるということですね。最後にドリームインキュベータが応募者に求める人材像について教えてもらえますでしょうか。

三宅様:

一言で言うと、“新しいことを知りたい、作りたい人”じゃないかと思います。
新しい物を生み出すことに注力するので“好奇心の旺盛さ”が大前提としてあって、さらに、“事業をやりたい。でも1つじゃつまらないから10個やってみたい”って思う人、“1人でやっていると小さくなりがちだが、ドリームインキュベータという基盤を使って企業や国を巻き込み、より大きな事業や産業を作りたい”という人、にはピッタリなんじゃないかと思います。

私の話ですけど、このままコンサルティングだけやっていたら将来、孫に自分がこれやっていたなと言えないと思ったんですよ。それはそれで面白かったけど、孫とかに“おじいちゃんはこういうことしていたよ、幸せだったよ”と言いたい。そしてそれが1つではつまらない、3つぐらい欲しいなって思って。それがビジネスプロデュースを始めたきっかけでもあります。
だからこそドリームインキュベータには、それにトライしたい人に来ていただけると嬉しいなと思います。

ドリームインキュベータは今3つのプラクティス体制を敷いていますが入社後は全部体験してみれば良いと僕は思います。全部体験した上で方向性を決めたって問題ありません。まずは興味を持つことが大事です。
自分で実際に取り組んでみて“何が面白いんだ”と突き詰めていくことが将来のビジョンにつながります。

そして最後に仕事を楽しむことが大事です。
やることだけやっていても成長が遅い、好きだったらそれなりに成長する、楽しかったらどんどんのめり込んで想像を超えた成長が出来る。まさにDo <Like< Enjoy!なのです。
仕事が楽しめると新しい事業や機会を生み出せるんですよ。そして、1人ではできないこともドリームインキュベータであれば(クライアント含む)仲間と一緒に楽しんで出来る、大きな事業を生み出していける。
そんな期待をもって、ドリームインキュベータで大きな事業や産業を作りたいと思う人に是非とも来ていただきたいですね!

movin:

本日はどうもありがとうございました。

ドリームインキュベータにご興味のある方へ

またコンサル業界全般の動向や今後のキャリアについての無料プライベート相談会を随時開催しております。 最新の採用動向や求人情報などの情報提供をさせていただきながら、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、最適なキャリアチェンジ機会のご紹介、キャリアチェンジ成功のためのアドバイス等できればと思っております。 お気軽にお問合せください。

ご登録はこちらから

PRIVATE SEMINAR

まずはキャリア相談会から

コンサルタントへの転職・キャリア相談会を電話・オンラインで随時開催中

コンサル業界にご興味をお持ちの方へ

などコンサル転職における疑問点や不安な点についてお答えいたします。

もちろん現在の各社の採用状況や、転職タイミングのご相談など今後のキャリアについてのご相談もお受けしております。

ご登録・ご相談はこちらから

ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー オンラインキャリアセミナー 2024年7月23日(火)19:00 締切:2024年7月11日(木) ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー ベイン・アンド・カンパニーが、グローバルリーダーを目指すビジネスパーソンを対象にオンラインキャリアセミナーを開催いたします。希望者にはケース面接対策ワークショップを実施いたします。是非ご参加ください

KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 毎週第一・第三水曜日 12:00~13:00 KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 現場で働く生の声を候補者に届けようとスタートした取り組みで、毎週、現場社員と採用リクルーターがトークセッションを実施しています!是非お気軽にご参加ください!

ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 開催日程多数! ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 高年収かつWLB良好!コンサル経験者必見!急成長中の総合系コンサルティングファームでキャリアセミナー開催!

DTFA 事業再生部門 一日選考会 2024年8月3日(土) 締切:2024年7月28日(日) DTFA 事業再生部門 一日選考会 内定獲得者多数!有名FASで事業再生に関わりたい方はこの機会にご応募下さい。

【外資系コンサル】アバナード アドバイザリー部門 一日選考会 2024年7月20日(土)締切:2024年7月16日(火) 【外資系コンサル】アバナード アドバイザリー部門 一日選考会 未経験から外資系コンサルへ!アバナードにて一日選考会が開催されます。エンジニアやSler出身者、コンサル経験者はこの機会にご応募ご検討下さい。

その他セミナー一覧はこちらから

SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。 SDGsプロジェクト始動! ムービンは持続可能な開発目標を支援しています ムービンはSDGsに賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

TOPへ

株式会社ムービンストラテジックキャリア

初めての方へ

弊社ムービンをはじめて知った方、はじめてサイトに来て頂いた方に、弊社ムービンの転職サービスについてのご紹介と弊社HPの活用方法をご紹介いたします。

20年以上にわたりコンサル業界に特化したご転職支援を行っています。スタッフも少数精鋭でホンモノの人脈・情報を有しております。

コンサルティングファームはもちろん、国内・外資の大手事業会社をはじめ、ファンド、投資銀行、ベンチャーなど様々な支援実績がございます。

コンサル業界専門だからこそ各コンサルティングファームの圧倒的な情報量を保有しており、戦略系、総合系(BIG4)、IT、人事など外資系日系を問わず、国内大手の有力ファームすべてがクライアント

プライバシーマーク

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

【必見】未経験からのコンサル転職

ノウハウ大公開!
コンサルタント転職・対策方法

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法をご紹介します。

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

これから何を準備すればいいのか、疑問・不安に思っている方へ「コンサル転職対策プライベート相談会」を開催します。

パートナー 特別キャリア相談会

パートナー 特別キャリア相談会

弊社トップエージェント陣による特別キャリア相談会(1on1)を開催します。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

1分程度の入力で簡単登録できます

コンサルタント転職支援、実績No.1の人材紹介会社ムービン。業界出身者が転職をサポート!

ムービン

まずはキャリア相談から

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

日本初!コンサル業界特化転職エージェント 創業25年以上の転職ノウハウ