ドリームインキュベータ(DI) 執行役員 西村篤史氏インタビュー

日本発のグローバル戦略コンサルティングファーム「ドリームインキュベータ(DI)」。「次世代のソニー・ホンダ社を100社創る」を企業理念として掲げ、戦略コンサルティングや、ベンチャー企業に対する投資、自ら事業経営することによって成長を支援するインキュベーションを行っている。 今回は、執行役員の西村様に、ドリームインキュベータのプロジェクト事例やアサイン・育成方針、また求める人材像についてお話を伺って参りました。同社について詳しく知れる内容となっております。ドリームインキュベータにご興味のある方はぜひご一読ください。

※役職・肩書、インタビュー内容は、本インタビュー時のものになります。

西村篤史(にしむら あつし)
執行役員
一橋大学商学部卒業、東京海上日動火災保険株式会社を経て、DIに参加

movin:

本日はお時間を頂き誠にありがとうございます。

早速ですが、ご入社されて実感された特徴や強み、そしてドリームインキュベータで働く醍醐味を教えて頂けますでしょうか。

西村様:

ドリームインキュベータの特徴は、『社会を変える 事業を創る。』というミッションのもとに活動していて、まさに社会課題を解決する、今の世の中にはない、新しい産業やビジネスを創造することに特化している点にあると考えています。クライアント企業から任されるプロジェクトテーマも、まさにミッションと合致する大きなテーマばかりです。私自身もドリームインキュベータに入社する前は、採用活動のPRとして言っている部分もあるんじゃないかと思っていましたが、入社後に全くギャップがないことに驚きました。クライアント企業から、ここまで抽象的で大きなテーマをお願いされるのだ、と。こうした仕事が出来るのがまさにドリームインキュベータで働くことの醍醐味だと考えています。

movin:

可能な範囲で、どのようなプロジェクトがあるか等、もう少し教えて頂けますでしょうか。

西村様:

少し抽象的なお答えになってしまうのですが、最近ですと、社会課題としては、カーボンニュートラル社会の実現、医療費・介護費等の社会保障費の削減、インフラ老朽化への対応といったものや、ビジネスの領域で言うと、エネルギー、データアナリティクス、デジタル決済、モビリティ、ヘルスケア等、最近トピックに挙がることの多い領域のものがほとんどです。
また、今の世の中にない仕組みを考え、実現するので、徹底して市場調査をした上で、構想を考えるというのは当然やるのですが、省庁などとあるべき市場のルールや政策を議論したり、パートナー候補の大企業やベンチャー企業、自治体に協業提案をして、アライアンスの構築、構想の共同検討、PoCの実行まで話を進めていくことも多いです。

こうした活動を行っていると、クライアント企業ではなくとも、『ドリームインキュベータさん、今回はどんな面白い話もってきてくれたの?』と喜んで話を聞いてくれる、ドリームインキュベータのことを好意的に見てくれている“仲間”も増えてきて、活動もしやすくなってきていると感じています。

また、大きなテーマのプロジェクトが多いのが事実なのですが、クライアント企業とお付き合いさせて頂いていると、その中で既存の事業や取組みついてご相談頂き、ご支援させて頂くことも増えてきています。
私自身も、マネジャーの頃から、あるクライアント企業さんと3年以上、新規事業関連のご支援をさせて頂いているのですが、その中で、既存事業の今後のビジョンや戦略・戦術に関することや、組織変革等に関するご相談を頂き、プロジェクトとして支援させて頂くこと等も行っています。このようなプロジェクトは、いわゆるコンサルティングファームでも、よくあるプロジェクトテーマではないかと思います。

movin:

大きな構想を策定したり、実行していくというドリームインキュベータならではのプロジェクトがある一方で、
一般的な戦略コンサルティングプロジェクトもあるとのことですが、コンサルタント、ドリームインキュベータでいうビジネスプロデューサーに求められるものも非常に多岐に亘るのではないでしょうか?

西村様:

どんなプロジェクトでも、一般的なコンサルティングスキルがベースになると考えています。論点思考や仮説思考といった、汎用的なスキルですね。プロジェクトテーマに答えを出すにも必要ですし、ビジネスプロデュースをしていく上で、多くのステークホルダーとスムーズにコンセンサスを形成していくためにも重要になります。

ただ、私たちが重視しているのは、特定の業界や領域に閉じずに知見やネットワークを持って活用することです。社会にインパクトを与えるような新しいビジネスは業界内に留まっていては実現できないですから、クライアント企業に対しても、社内にはない全く別の視点から示唆を出したり、全く別の業界・領域と繋げて考えることが高い価値になると感じています。

さらに頭で考えるだけでなく、現場に行くこと、知ることも大事にしています。例えばですが、地方創生がテーマのプロジェクトでは、1週間で全国数十都市を回って、まちを視察して、自治体や現地のスナックまで飛び込んで話を聞いたり、実態把握をしたこともありますし、テーマによっては、デリバリーサービスの配達員をやってみたり、介護施設のスタッフとして働いてみたりすることもあります。頭だけでなく、体も使って、出来る限り価値の高いアウトプットを出すことは徹底していると思います。

movin:

業界に閉じずに価値を出すというのは、言うのは簡単ですが難易度が高そうですね。
それを実現するため、組織面や人材面では、どのような特徴があるのでしょうか?

西村様:

先に申し上げた通り、幅広い業界に携わっていくことを重視しているので、組織として、業界やビジネス領域で区切ったプラクティスはありません。ですので、プロジェクトごとに、異なる業界や領域、テーマで仕事をしていくことになります。正直、毎回キャッチアップが必要になるので相当大変ではありますが、少しずつ知見が溜まっていくと、『この業界って、あの業界と構造が同じだな』とか『この構想に、あの領域を組み合わせしまえば、もっと面白くなるな』とか、よりアプトプットにもレバレッジが効くようになってきます。

人材面ですが、まず共通しているのは、ドリームインキュベータのビジョンのような『社会課題を解決する事業をつくりたい』『日本を元気にしたい』というような志を持っているところですね。なので、前向きな人が多いですし、ビジョンが共通しているので、プロジェクトチームでなくても、教え合ったり、助け合ったり、議論したりが活発に行われています。役員も含めて上下関係も非常にフラットで風通しは非常によいと思います。私もドリームインキュベータ入社前は、いわゆるプロフェッショナルファームなのでドライで殺伐とした雰囲気を勝手にイメージしていたのですが、これは良い意味で裏切られました。一方で、バックグラウンドは本当に様々でして、業界で言えば私のような金融出身の人間もいれば、省庁、コンサル、商社、広告、メーカー出身など多岐に亘りますし、職種も企画職が多いわけでもなく、営業職、技術職、研究開発職など様々です。

特定の業界や領域に閉じずに知見やネットワークを持って活用することを重視しているので、こういう組織構造・人材構成になっているんだと思っています。

movin:

入社した後の、育成の方針や、どのようなプロジェクトに入るかアサインの方針についても教えて頂けますでしょうか?

西村様:

育成方針としては、入社後、まずは2~3年は様々なプロジェクトを経験してもらい、ビジネスプロデューサーとして必要なスキルをつけてもらうことを前提にしています。その後は、やりたいことがあれば、会社とも相談して、徐々にその方向性に振っていくことも可能です。

基本的なスキルは、入社後に、OJTを中心に、業務へのフィードバックを通じて、日常から徹底して習得してもらっています。本人のスキルのフェーズに応じて、Off-JTの研修プログラムも用意しています。
また、中途入社後、半年間はマネジャー以上のメンバーがメンターとしてついて、本人の特徴やクセを把握した上で、基本的なスキルや仕事の進め方をレクチャーして、戦力として早期に立ち上がってもらえるようサポートするようにしています。

また、アサインについてですが、『力のあるビジネスプロデューサーであれば、どんなプロジェクトでも価値を出せる』というのが基本的な考え方なので、特定のルールみたいなものはありません。
ただ、本人の希望と、適性・育成の観点は踏まえるようになっています。近々始まりそうなプロジェクトは社内でオープンにしていますので、興味があるテーマがあれば、手を上げることは可能になっています。プロジェクト開始前から、そのプロジェクトを担当するオフィサー(執行役員)やマネジャーに直接申し出てくれれば、プロジェクトの提案や事前準備から手伝ってもらうこともあります。提案から事前準備に関わってもらうことで、理解度が深まりプロジェクト開始後のスタートダッシュが出来たり、自分がマネジャーの立場になった時の事前練習になったりというメリットもあります。
もう一つの適性・育成の観点ですが、当然、しっかり価値を出すことが大前提になりますので、技術の専門的な調査や議論が必要になりそうなら、技術への理解力の高いメンバーをアサインする等の体制構築を行います。一方で、育成の観点から、苦手や部分や特にストレッチしたい部分が特に求められるようなプロジェクトにアサインしたり、なかなか自信を持てず伸び悩んでいる人間に、活躍しやすいプロジェクトにアサインすることもあります。

movin:

立ち上がりに苦労される方も多いと思いますが、皆さん、どのように乗り越えたり、ブレークスルーされているのでしょうか?

西村様:

中途で入社してくる方は、前職で活躍されていた方がほとんどですし、それぞれ必ず何か強みがあります。その強みを軸にしつつ、足りないスキルを身に付けていってくれるとよいと、個人的には考えています。
それは、対外折衝力でも、調査力でも、技術への理解力でも何でもよいと思っています。

例えば、私の場合は、入社後最初のプロジェクトが、クライアント企業を含む3社のある協業案件の企画・実行だったのですが、3社それぞれの目的が果たせるようにしつつ上手く調整しつつ進めていくことが求められました。その際に、前職の保険会社での営業経験や、企画部門で行ったステークホルダーの調整経験が、ものすごく活きて、結果3社とも満足頂けるような成果を得ることが出来ました。この時に、前職で培ったスキルでもプロジェクトに貢献できる部分があると感じたことが大きかったですね。コンサルティングスキルはまだまだだったので、そのプロジェクトのマネジャーや他メンバーにかなりサポートしてもらいながらになりましたが、強みと言える部分でプロジェクトに貢献しつつ、他のスキルを身に付けて全体のレベルアップを図っていけばよいと思えたので、その後も気持ち的にすごく健全に仕事をしていくことが出来ました。

movin:

最後に、どういう人にドリームインキュベータを参画してもらいたいか、一緒に働きたいか、教えて頂けますか?

西村様:

先に申し上げたドリームインキュベータのビジョンや取組みに共感してくれて、前向きでポジティブな人に来て欲しいと思います。
そういう人にとっては、これ以上はないと言える仕事と環境をご提供出来ると自信を持って言えます。
逆に言うと、非常に難易度の高いプロジェクトばかりで、常に七転び八起きしながら仕事を進めていくことになりますので、志がないと続かないですし、すぐに凹んでしまうネガティブな人だとなかなか厳しいと思います。
あとは、色んな業界・領域の知見を活用したり、ネットワーキングで価値を出していくことが多いので、友達が多い人、つくるのが得意な人にも、是非来て頂きたいですね。
この記事を読んで興味を持って頂いた方には、是非応募してきて頂きたいです。

movin:

よくわかりました。本日はどうもありがとうございました。

ドリームインキュベータにご興味のある方へ

またコンサル業界全般の動向や今後のキャリアについての無料プライベート相談会を随時開催しております。 最新の採用動向や求人情報などの情報提供をさせていただきながら、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、最適なキャリアチェンジ機会のご紹介、キャリアチェンジ成功のためのアドバイス等できればと思っております。 お気軽にお問合せください。

ご登録はこちらから

PRIVATE SEMINAR

まずはキャリア相談会から

コンサルタントへの転職・キャリア相談会を電話・オンラインで随時開催中

コンサル業界にご興味をお持ちの方へ

などコンサル転職における疑問点や不安な点についてお答えいたします。

もちろん現在の各社の採用状況や、転職タイミングのご相談など今後のキャリアについてのご相談もお受けしております。

ご登録・ご相談はこちらから

ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー オンラインキャリアセミナー 2024年7月23日(火)19:00 締切:2024年7月11日(木) ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー ベイン・アンド・カンパニーが、グローバルリーダーを目指すビジネスパーソンを対象にオンラインキャリアセミナーを開催いたします。希望者にはケース面接対策ワークショップを実施いたします。是非ご参加ください

KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 毎週第一・第三水曜日 12:00~13:00 KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 現場で働く生の声を候補者に届けようとスタートした取り組みで、毎週、現場社員と採用リクルーターがトークセッションを実施しています!是非お気軽にご参加ください!

ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 開催日程多数! ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 高年収かつWLB良好!コンサル経験者必見!急成長中の総合系コンサルティングファームでキャリアセミナー開催!

DTFA 事業再生部門 一日選考会 2024年8月3日(土) 締切:2024年7月28日(日) DTFA 事業再生部門 一日選考会 内定獲得者多数!有名FASで事業再生に関わりたい方はこの機会にご応募下さい。

【外資系コンサル】アバナード アドバイザリー部門 一日選考会 2024年7月20日(土)締切:2024年7月16日(火) 【外資系コンサル】アバナード アドバイザリー部門 一日選考会 未経験から外資系コンサルへ!アバナードにて一日選考会が開催されます。エンジニアやSler出身者、コンサル経験者はこの機会にご応募ご検討下さい。

その他セミナー一覧はこちらから

SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。 SDGsプロジェクト始動! ムービンは持続可能な開発目標を支援しています ムービンはSDGsに賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

TOPへ

株式会社ムービンストラテジックキャリア

初めての方へ

弊社ムービンをはじめて知った方、はじめてサイトに来て頂いた方に、弊社ムービンの転職サービスについてのご紹介と弊社HPの活用方法をご紹介いたします。

20年以上にわたりコンサル業界に特化したご転職支援を行っています。スタッフも少数精鋭でホンモノの人脈・情報を有しております。

コンサルティングファームはもちろん、国内・外資の大手事業会社をはじめ、ファンド、投資銀行、ベンチャーなど様々な支援実績がございます。

コンサル業界専門だからこそ各コンサルティングファームの圧倒的な情報量を保有しており、戦略系、総合系(BIG4)、IT、人事など外資系日系を問わず、国内大手の有力ファームすべてがクライアント

プライバシーマーク

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

【必見】未経験からのコンサル転職

ノウハウ大公開!
コンサルタント転職・対策方法

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法をご紹介します。

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

これから何を準備すればいいのか、疑問・不安に思っている方へ「コンサル転職対策プライベート相談会」を開催します。

パートナー 特別キャリア相談会

パートナー 特別キャリア相談会

弊社トップエージェント陣による特別キャリア相談会(1on1)を開催します。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

1分程度の入力で簡単登録できます

コンサルタント転職支援、実績No.1の人材紹介会社ムービン。業界出身者が転職をサポート!

ムービン

まずはキャリア相談から

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

日本初!コンサル業界特化転職エージェント 創業25年以上の転職ノウハウ