【積極採用中!】財務アドバイザリーコンサルへの転職

財務アドバイザリーコンサルへの転職

財務アドバイザリーにおけるコンサルティングは企業のCFO領域業務である財務、経理、M&Aなどの幅広いテーマについて支援を行っています。財務アドバイザリーファームはFASとも呼ばれていますが、単に財務アドバイザリーと言ってもその領域は広く、ご転職をお考えの方は、どの領域の「財務アドバイザリー」を想定しているのかを明確にしたうえで、どんなファームがあるのか、そして求める経験やスキル、人材像を把握し、しっかりと選考対策をする必要があります。
ここではM&Aなどを手掛けるFASと、財務・経理領域を手掛けるマネジメントコンサルティングファーム、2つ、各社ごとの特徴から、選考においてのポイント、さらにどんな方が転職に成功しているのか事例も合わせてご紹介していきます。

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。 コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業25年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業25年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

財務アドバイザリーの採用動向

大手財務系アドバイザリーファームについては引き続き積極採用中で、通常選考に加え集中的に採用を行うための休日選考会を行っており、高い採用意欲が伺えます。
若手ジュニアポジションであるアソシエイト?シニアアナリストクラスを中心に、依然として現場からの採用ニーズは高く、採用人数も多い状況です。特にM&AのPMI領域においてはファイナンス経験関係なくIT・デジタルや人事経験者の引き合いも多く、これからファイナンス領域でキャリア形成していきたいという方は絶好のチャンスかと思います。
さらに中堅の財務アドバイザリーファームについても同様に人手不足が続いており、採用がひっ迫している状況です。

財務アドバイザリーポジションの選考

選考ステップ
各社ごとに若干の違いはありますが概ね、 書類選考→適性検査→面接2~3回 となっています。面接についてはリモートで行うファームもあれば最終面接だけ対面で、というファームもあり(今後のコロナ影響や働き方などの制度により、変更があるかもしれませんが)、応募ポジションによってはケース面接を実施するファームもあります。

面接ポイント
面接では経歴や志望動機について「なぜ?」という深堀質問から論理的思考能力やコミュニケーション能力などの「コンサルタントとしての適性があるのか」というポイントを徹底的に見られます。
なぜ現職に入ったのか、なぜ転職するのか、転職理由・志望理由は?、自身の強みは?それはなぜ?入社後は何をやりたい?といった形で質問されますが、気を付けたい点としては、一貫したキャリアの軸と共に論理的に答えることです。
学生時代は○○と思っていて、就職してからは△△で、今は××です。といった形で主軸がブレブレの人はNGになりやすいので、まずはご自身のキャリアの棚卸から応募ポジション・コンサルとの親和性や探しながらストーリを作っていくと良いかと思います。
また財務アドバイザリーファームは、入社後に経験できる業務内容がファームによって大きく異なりますので、しっかりと会社の特徴を把握した上で選考に臨むことが重要です。

1人でこうした情報収集から選考対策をするには限界があると思います。
財務アドバイザリーファームへのご転職をお考えの方は、ぜひ弊社ムービンにご相談頂ければ幸いです。国内有力ファームすべてがクライアントであり、支援実績も豊富にあるため、候補者様の「何をやりたいのか」から、適切なポジションのご紹介も可能です。
随時キャリア相談会も行っていますので。まずはご相談頂ければ幸いです。

キャリア相談会

随時開催中 キャリア相談会 ムービンではコンサルティング業界や事業会社のマーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を定期的に随時実施しています。

キャリア相談会

随時開催中 キャリア相談会のご案内 ムービンではコンサルティング業界や事業会社のマーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を定期的に随時実施しています。

求められる人材像
応募部門によって異なりますが、 大手・中堅共に、採用ニーズの高まりから、様々なバックグランドをお持ちの方が内定まで至っております。会計士、税理士などの士業の方や、銀行員、証券会社はもちろんの事、公務員バックグランド、経理・財務出身者、M&A仲介出身者等多岐に渡っております。
他領域のコンサル経験者はもちろん、第2新卒を含めたポテンシャル採用も行っていますので幅広い方にチャンスがあるかと思います。
上記経験がなくとも、バックグラウンド関係なく例えばUSCPA取得者についても転職成功していらっしゃる方もいます、またプロジェクトにおいて会計システム導入などもあるためSIer・ベンダー出身者についても十分に可能性があります。

財務アドバイザリーとは?

財務アドバイザリーは企業のCFO領域である、経理・財務・法務・M&Aに付帯する業務へのコンサルティングを提供しています。現在においてはFASとも呼ばれていますが、いわゆるFASにおいては財務・経理領域へのコンサルティングを手掛けることは少なく、主にM&Aアドバイザリーが主体となっているため、業界においても実は財務アドバイザリーは○○の領域、FASは○○の領域と決められた区切りはありません。

マネジメントコンサルティングファームにおける財務アドバイザリーのコンサルティングテーマは以下のようなものがあります。
財務経理組織の将来像検討
連結経営管理
経営管理システム導入
財務経理業務改革(BPR)
国際会計基準の対応支援
グローバル連結経営の導入
内部統制の強化

FASの場合
M&A(M&A戦略・DD・バリュエーション・PMI)
企業・事業再生
フォレンジック
PPP/PFI

などがメインのコンサルティングテーマとなっています。

代表的な財務アドバイザリーを手掛けるファーム

財務アドバイザリーについては、ファームとして主体的に行っている場合と、大手コンサルティングファームにおいて部門としてサービス提供しているケースの2パターンがあります。またFASの場合にはBIG4系を中心に展開するファームや、上記の財務アドバイザリーとFAS両方の機能を持って、テーマフォーカスしてコンサルティングを展開するファームなど様々です。以下代表的なファームをご紹介していきます。

デロイト トーマツ コンサルティング(Finance & Performanceユニット)

Deloitte Touche Tohmatsu(世界約150カ国に25万人以上のプロフェッショナルを抱える)のメンバーファームで、監査法人トーマツ(最大級の会計事務所)、DTFA(財務アドバイザリー)とも連携し、あらゆるサービスラインでコンサルティングを提供しています。
Finance & PerformanceユニットではCFO・会計領域に関するコンサルティングサービスを提供しており、DTCの各インダストリチームと連携してクライアントへの提案活動を推進する体制をとっています。
デロイト トーマツ コンサルティング

PwCコンサルティング(BT Finance Transformation)

PwCネットワークの一員。PwCあらた有限責任監査法人、PwC税理士法人、PwCアドバイザリーなどの国内グループファーム(PwCジャパン)やPwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援しています。
BT Finance Transformationでは経営管理・会計領域の知見・経験と最新のテクノロジーを駆使し、デジタル時代における「あるべき姿」の構想策定から業務プロセス改革、情報システムの再構築、財務経理機能、組織・人のビジネスパートナー化、それらの定着化まで、一貫して支援しています。
PwCコンサルティング

アビームコンサルティング(財務・会計)

日本発の大手総合系コンサルティングファーム。国内においてはBIG4系と同等の規模を誇り、アジアを中心にグローバルプロジェクトも手掛けています。アビームの組織構成としては業界軸とサービス軸に部門が分かれておりプロジェクトにおいてはこの2つの軸が1つのチームとなってワンストップでコンサルティングを提供しております。
財務アドバイザリーを提供する部門では財務会計/経営管理分野において、クライアントの経営課題解決に直結するコンサルティング業務を行っている組織であり、業務BPRやシステム導入支援、内部統制やM&A統合支援などを手掛けています。
アビームコンサルティング

アドバンスト・ビジネス・ダイレクションズ

アーサーアンダーセン(現:アクセンチュア)出身者が立ち上げた財務戦略アドバイザリーファーム。大手商社から地方の中堅企業まで幅広い顧客を対象にコンサルティングを行っており、再生、M&Aアドバイザリー、バリュエーション、事業戦略立案、経営管理制度の改革等幅広いテーマを手掛けています。
少数精鋭のため、チームで分担して一部のパートのみを担当するのではなく、総合的にクライアントのあらゆる経営課題に向き合うことができることが特長であり計画を作って終わりではなく、計画実行までをサポートするコンサルティングスタイル。
アドバンスト・ビジネス・ダイレクションズ

エスネットワークス

「日本にCFO経営を根付かせる」ことをスローガンにかかげる、急成長アドバイザリーファーム(FAS)。最大の特徴は常駐型支援。ファームでありながら、クライアントの経営陣とともに内部から事業会社の経営に携われる稀有なファームであり同規模ファームの中では、起業家輩出ファームとしても有名。同社設立から15年で、CEOやCFOを30名以上輩出している。CFO的な全方位の視点を身につけることを目的に、ファームでは珍しく部署間の移動も積極的。
サービスラインも経理・財務・経営企画支援からM&Aプロセス支援、IPO・MBO、さらには海外進出なども手掛けています。
エスネットワークス

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)

デロイト トーマツ グループの4つのコアビジネスの一つである、ファイナンシャルアドバイザリーを提供しています。国内のみならず 海外においても、M&Aや企業再編、ファイナンス、不正調査などを手掛けており、特にM&Aにおいては戦略策定から統合後のサポートまでカバーしており、外資IBDと比べると、対象となる案件の範囲が広いため、ディールフローが厚くなっています。
企業統合プロセスであるPMI領域においてはファイナンス領域経験者だけでなく、未経験でITや人事領域の方も採用しており、ファイナンス未経験からのM&A領域へのチャレンジが可能となっています。
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)

KPMG FAS

フィナンシャル・アドバイザリー業務を提供する会計系アドバイザリーファームのリーディングファームです。戦略の策定からディールのオリジネーション・実行、ポストディールの経営統合からシナジー効果の実現、グループ経営およびガバナンスの強化、更には不正リスク対応まで、各分野のプロフェッショナルが有機的に連携し、クライアントの企業価値向上を支援しています。多様な出身母体の人たちにて構成されており、KPMGインターナショナルのメンバーファームとして「個人を尊重する」、「オープンかつ率直なコミュニケーションを図る」という行動理念を掲げています。風通しの良い雰囲気が醸成されており、上下関係を気にせず意見を言い合える環境です。又、BIG4の中で、先駆けてFASとしてサービスを提供しております。長年のノウハウと経験の蓄積により、クライアントからの信頼も厚いです。
KPMG FAS

財務アドバイザリーの仕事内容

財務アドバイザリー各社のサービスは、M&Aにおいては、例えば買収側であればM&A戦略の策定から、ターゲット企業の財務・税務デューデリジェンス、ストラクチャー構築とディールのコーディネイト(利害関係者との調整)、バリュエーション(株価算定)、統合戦略策定と実行等、M&Aにおける一連の流れをサポートします。最近では特に市場でニーズの高い中堅・中小企業向けの事業承継や組織再編に伴うM&Aの仲介も実施しているケースが増えています。
加えて、M&A分野に並ぶ事業として、クライシス(企業が窮境や危機に陥っている状態)への対応にフォーカスしたアドバイザリーサービスの提供、いわゆるフォレンジックサービスや、経営不振に陥っている企業の再生アドバイザリー(リストラクチャリング)を行っており、これらを組み合わせたアドバイザリーサービスも行っています。さらには、民間企業だけでなく国や自治体、地方公共団体等を対象に、公共サービスの向上や公共経営改革の支援も行っています。
またクライアント企業のCFO領域に関わる、経理・財務部門や、法務・内部統制領域をカバーするファームもあり、業務効率化やコスト削減、経営管理システム導入や国際会計基準の対応支援などを手掛けています。

<財務アドバイザリーのサービス例>
◆M&A
・M&A戦略策定
・M&Aトランザクション/バリュエーション
・デューデリジェンス
・M&A後戦略策定、実行支援(PMI)
・クロスボーダーM&A支援

◆フォレンジックサービス
・不正調査
・eディスカバリー(電子証拠開示)
・ロイヤリティ監査(知的財産価値最大化)
・贈収賄・汚職および競争法関連サービス
・デジタルフォレンジックス(データ分析による不正の兆候発見)
・贈収賄・汚職および競争法関連サービス(反汚職コンプライアンスプログラムの構築支援)
・契約コンプライアンス監査

◆事業再生、事業再編・再構築、経営改革
・事業計画策定支援
・計画実行・モニタリング支援
・利害関係者調整支援
・事業再編、再構築、M&A(不動産を含む)支援
・危機対応支援

◆官民パートナーシップ・PPP・PFI・民営化アドバイザリー
・PPP・PFI・民営化アドバイザリー
・公共経営アドバイザリー
・民間応札支援
・海外プロジェクト支援

◆CFO領域
財務経理組織の将来像検討
連結経営管理
経営管理システム導入
財務経理業務改革(BPR)
国際会計基準の対応支援
グローバル連結経営の導入
内部統制の強化

財務アドバイザリーポジションのキャリアパス

財務アドバイザリーファームでは、経験年数や期待される役割に応じて職位が分かれており、各ファームによって呼び名も職位数も変わってきます。
以下は各ファームのキャリアパスになります。参考程度に見て頂ければ幸いです。
※中途入社の場合、多くが職位の一番下もしくは次のコンサルタントポジションでの採用になります。コンサルにおける経験やスキルが備わっていないためまずはその基礎を習得するためという意味もあり、逆にマネジャーポジションでの入社になるとプロジェクト全体をコントロールしていく立場になるため、コンサル未経験者にとっては難しくなります。

KPMGFAS DTFA PwCアドバイザリー
ジュニアアソシエイト/アナリスト ジュニアアナリスト アソシエイト
シニアアソシエイト/アソシエイト アナリスト シニアアソシエイト
シニアマネジャー/マネジャー シニアアナリスト マネージャー/シニアマネージャー
ディレクター ヴァイスプレジデント ディレクター
パートナー/マネージングディレクター シニアヴァイスプレジデント パートナー
パートナー/ディレクター

財務アドバイザリーの特徴

ここでは財務アドバイザリーというコンサルティングテーマではなく、専門的にサービス提供している財務アドバイザリーファームの特徴をご紹介していきます。

大きな特徴はM&Aプロセスにおける支援でしょう。
外資系証券会社の投資銀行部門やPEファンドと同じように売り手、買い手側におけるアドバイザリーサポートから、さらにマネジメントコンサルティング領域にもなる企業間統合のPMIにおけるサポートまで、一連のM&Aをカバーしています。
またさらに、M&A戦略・DD・バリュエーション・PMIとプロセスごとに部門を持っており、より専門的なアドバイザリーサービスが提供できる体制を整えています。

財務アドバイザリーファームの年収

財務アドバイザリーファームの年収ですが、openworkから年収を比べてみました。
そもそもコンサルティング業界の年収は日本国内においては平均以上の給与額であり、高年収の分類に入ります。以下平均年収はコンサルタントだけでなくバックオフィスポジションも含めた給与になりますが、1人当たりの平均給与461万円より高いことが分かります。
個別のコンサルティングファームの実情と比較すると数値が異なる場合もありますのであくまでも参考数値として見て下さい。

ファーム名 平均年収
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー 1061万円
KPMGFAS 1281万円
PwCアドバイザリー 1006万円

転職体験談・転職事例

弊社で財務アドバイザリーファームにご支援させて頂いた転職事例をご紹介していきます。多種多様なバックグラウンドをもつ方々がコンサルタントとして中途採用で入社されています。
以下弊社で直近ご支援させて頂いた方々のご経歴になります。(中途入社・過去決定事例の一部)

転職事例一覧(一部抜粋)

前職 ご年齢 学歴 転職先
独立行政法人 34歳 有名国立大 BIG4系FAS
独立系ファーム 25歳 有名私立大 BIG4系FAS
外資系銀行 27歳 有名国立大 BIG4系FAS
生命保険会社 24歳 有名私立大 BIG4系FAS
M&A仲介 31歳 有名私立大 BIG4系FAS
メガバンク 24歳 有名国立大 BIG4系FAS
監査法人 31歳 有名私立大 BIG4系FAS
総合商社 30歳 有名私立大 BIG4系FAS
地方銀行 29歳 有名私立大 独立系財務アドバイザリーファーム
監査法人 30歳 有名私立大 独立系財務アドバイザリーファーム
税理士 28歳 有名私立大 独立系財務アドバイザリーファーム
政府系金融機関 27歳 有名国立大 独立系財務アドバイザリーファーム
監査法人 29歳 有名私立大 独立系財務アドバイザリーファーム

財務アドバイザリーファームに転職するために必要なこと

財務アドバイザリーファームへの転職は、他職種と比べると難易度が高いです。そして選考において「コンサル適性がある」と示せなければ書類の時点でお見送りになってしまいます。また面接においても同様であり、これらについて十分な対策が必要になってきます。

だからこそ転職エージェントを利用してください。

ムービンでは、コンサル出身者がキャリアコンサルタントです。業界情報のご提供から、履歴書・職務経歴書の添削、ケース面接・選考対策(各社ごと)、面接日程調整から内定後の条件交渉や入社日交渉など、転職に必要なすべてを無料でサポートしております。
個別相談会も随時行っていますのでお気軽にご相談ください

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。 コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業25年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業25年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

財務アドバイザリーファームへの転職 キャリア相談会 詳細

日程 いつでも!(担当キャリアコンサルとご相談ください)
場所 オンラインやお電話
もしくは
弊社オフィス
費用 無料(一切かかりません)
対象 ・20?30代
・財務アドバイザリーファームへのキャリアをお考えの方

今後のキャリアについてのご相談をお受けしております。
ムービンではコンサルティング業界や事業会社のマーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。
相談会の内容も「転職ありきではなく」ざっくばらんにお話をさせて頂き、長いキャリアを踏まえたディスカッションができればと思います。
完全プライベートで無料の相談会になりますのでお気軽にご相談ください。ご登録に来たからといって転職を強要することは全くありません。まずはお気軽な気持ちでご登録いただけますと幸いです。
お申込み方法は、既に弊社へのご登録がお済の方は、弊社担当者に直接お問い合わせください。
ご登録頂いてない方は、こちらからお申し込み下さい。ご応募お待ちしております。


メルマガ登録はこちらから

キャリア相談会 プライベート個別相談会開催中 キャリア相談会 コンサル転職に関する疑問・不安はプロに聞くのが一番早い!ざっくばらんに話せる個別相談会を随時実施しています。今すぐの転職をお考えでない方も歓迎していますのでお気軽にご相談ください。

PIVOT出演記念企画 久留須シニアパートナー特別キャリア相談会 個別相談会開催中! PIVOT出演記念企画 久留須シニアパートナー特別キャリア相談会 ビジネス映像メディア「PIVOT」出演を記念して20名様限定でコンサル業界のこと、キャリアのこと、をお答えする特別キャリア相談会を開催します!

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

スカイライトコンサルティング スポーツビジネス キャリアセミナー 2024年3月19日(火)12:00~13:00 スカイライトコンサルティング スポーツビジネス キャリアセミナー スポーツ×ビジネスに興味のある方必見!代表自ら登壇し、同ビジネスの取り組み背景や今後の可能性について、プロジェクト事例も交えてお話しします。

【PEファンド】日本共創プラットフォーム(JPiX)ムービン限定スモール座談会 2024年3月18日(月)19:00 締切:2024年3月15日(金) 【PEファンド】日本共創プラットフォーム(JPiX)ムービン限定スモール座談会 経営共創基盤(IGPI)が立ち上げた投資会社のJPIXにてムービン限定のスモール座談会が開催決定!充足次第締め切りますのでお早めにお申し込みください!

【官民共創】NTTデータ経営研究所 戦略コンサルタント 集中選考会 2024年4月13日(土)17日(水)18日(木) NTTデータ経営研究所 戦略コンサルタント 集中選考会 NTTデータ経営研究所の戦略部門にて集中選考会が開催されます!官民双方に強みをもつコンサルティングファームですので興味のある方はこの機会にご応募ご検討下さい。

KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 毎週第一・第三水曜日 12:00~13:00 KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 現場で働く生の声を候補者に届けようとスタートした取り組みで、毎週、現場社員と採用リクルーターがトークセッションを実施しています!是非お気軽にご参加ください!

その他セミナー一覧はこちらから

SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。 SDGsプロジェクト始動! ムービンは持続可能な開発目標を支援しています ムービンはSDGsに賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

TOPへ

株式会社ムービンストラテジックキャリア

初めての方へ

弊社ムービンをはじめて知った方、はじめてサイトに来て頂いた方に、弊社ムービンの転職サービスについてのご紹介と弊社HPの活用方法をご紹介いたします。

20年以上にわたりコンサル業界に特化したご転職支援を行っています。スタッフも少数精鋭でホンモノの人脈・情報を有しております。

コンサルティングファームはもちろん、国内・外資の大手事業会社をはじめ、ファンド、投資銀行、ベンチャーなど様々な支援実績がございます。

コンサル業界専門だからこそ各コンサルティングファームの圧倒的な情報量を保有しており、戦略系、総合系(BIG4)、IT、人事など外資系日系を問わず、国内大手の有力ファームすべてがクライアント

プライバシーマーク

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

【必見】未経験からのコンサル転職

ノウハウ大公開!
コンサルタント転職・対策方法

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法をご紹介します。

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

これから何を準備すればいいのか、疑問・不安に思っている方へ「コンサル転職対策プライベート相談会」を開催します。

パートナー 特別キャリア相談会

パートナー 特別キャリア相談会

弊社トップエージェント陣による特別キャリア相談会(1on1)を開催します。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

1分程度の入力で簡単登録できます

コンサルタント転職支援、実績No.1の人材紹介会社ムービン。業界出身者が転職をサポート!

ムービン

まずはキャリア相談から

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

日本初!コンサル業界特化転職エージェント 創業25年以上の転職ノウハウ