コンサル転職失敗例 - よくある事例から注意するべきポイントを紹介

コンサル転職失敗例 - よくある事例から注意するべきポイントを紹介

失敗原因の多くは情報不足。転職失敗、入社してからの失敗、両方ともです。コンサル業界を熟知した転職エージェントを使い、選考可能性を高め、企業と自身のマッチング度合いを高めることが一番いい方法です。スカウトされたから、知人・友人がいるから、給与が高いからと決めてしまうと、「自分の希望合う、雰囲気の合うファーム」とは離れてしまう可能性が大きいでしょう。

「コンサルタント」という職種が以前より人気が出て、新卒・中途に限らずコンサルタントへのキャリアを目指す方が多くなりました。
コンサルタントへの転職についての面接対策や、筆記テスト、履歴書・職務経歴書、志望動機など多くの指南本が書籍やWebサイトで出ており、コンサルティングファームについても業績好調から規模拡大のため積極採用をするファームも増えております。

しかし、コンサルタントという知名度があがり、各社積極採用とは言え、その難易度は以前と同じであり、やはり転職するには難しい職種です。ファームによっては一度不採用になれば二度と応募できない、数年は応募できないなど、再チャレンジが難しい可能性もありますので、転職活動は十分注意して行動しなければいけません。
中にはせっかく時間と労力をかけてコンサルティングファームへの転職を成功させても、自分と転職先の適応が上手にできず転職を後悔する人たちもいます。
ここではコンサルタント転職を目指されている方に、「こんな人はコンサル転職に失敗する可能性大!」と題しまして転職準備から面接、応募、選ぶ紹介会社、転職後の失敗を防ぐための対策など、気を付けたいことをご紹介していきます。

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。 コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業28年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサル転職前に知っておくべきこと

信頼できるエージェントを選ぶ!

コンサルタント転職おいてまず重要な点は、付き合うエージェントです。
人材紹介会社といっても、すべての会社が同じクライアントを持ち、同じコンサルティングファームに紹介できるとも限りません。幅広く自身の可能性を見たい人にとっては、ここは重要でしょう。
また、コンサル業界に精通しているか、というのも大事なポイントです。
紹介は出来るが、コンサル業界についても、受けるコンサルティングファームについても良く知らないエージェントは実は多くいらっしゃいます。エージェントがコンサル転職の肝を押さえているのかいないのか、ここで合否が決まってしまうといっても過言ではありません。
相談しに行った紹介会社にコンサル業界のことや、各ファームについての特徴を聞いてみて下さい。しっかりと答えてくれれば問題はないでしょう。逆に何も答えずはぐらかしたり、この本を読んでくださいなど、エージェント自身の言葉で教えてくれない紹介会社は要注意です!

他力本願はダメ!自分でも勉強する!

転職エージェントや知り合いに話を聞いたり、面接対策をしてコンサルタントへの転職準備を皆様しているかと思いますが、注意したいのが頼りにし過ぎてしまうことです。
弊社でも転職のご支援をさせて頂いた時に、弊社からの情報だけでなくご自身でもファームのHPや関連するインタビュー記事を読み漁り、知り合い、友達に話を聞いたり、ご自身で書籍を用意して勉強したりする方が転職成功する傾向が圧倒的に多いです。
自分で探究心を持って動いていくことはコンサルタントに必要不可欠な能力ですので、転職準備、選考対策のうちから自分自身で行動していくことを心掛けていきましょう。

クイックレスポンスを心掛ける!

現職で働きながら転職活動をする方がほとんどで、日々の仕事が忙しく転職エージェントや応募企業からの返信が疎かになってしまいがちですが、答えられる内容であればなるべく早く返信するべきでしょう。またすぐの判断が難しいときはその旨を返信するといいでしょう。
これは印象の問題ですが、返信が遅いと「この人は仕事でもレスポンスが遅いのではないか」と思われてしまう場合があります。実際に仕事をしていらっしゃることは十分に理解していますが、例えばプロジェクト等で過密になる場合には先にその旨を話しておいたり、短い文でも構いませんので何かしらの返信はしておくべきでしょう。
エージェントも応募企業側も自分が忙しいのは知っているだろうし、返信は先でもいいや、という思いから先延ばしにていると、「この人は面接調整が出来ないからお見送りに」と不採用になってしまうケースも稀にありますので注意が必要です。

ほとんどの方が現職において仕事をしながら転職活動をしています。今は忙しいからと言って先延ばしにしてしまうと逆に転職できるチャンスを逃してしまうこともあります。まずは転職エージェントに相談し、進め方などを相談すると良いでしょう。
弊社では初めてのご相談から2・3年、時にはもっと長い期間のお付き合いからご転職されたケースも多々あります。ここぞというチャンスをものにするためにもエージェントからの情報は必要不可欠です。少しでもコンサルタントへのキャリアをお考えの方は是非一度ご相談頂ければ幸いです。

面接・選考時(気を付けるべきポイント5選)

身なりは重要!

ロジカル、思考能力が武器のコンサルタントですが、大手企業の経営陣と話し、クライアント企業とのリレーションも強くしていかなければいけませんので、身なり、清潔感、明るさは必須です。
現職では私服だから、ノージャケット・ノーネクタイだからといってそのまま面接に臨まれる方もいらっしゃいますが、それで不合格になってしまうケースもございます。
ファーム側は面接に来る姿=クライアントに会う姿と捉えるため、髪、服装、態度や男性であれば髭等も気を付けたほうが良いでしょう。
また冬であればコートも気を付けるポイントです。あまりビジネスに不向きなものについてもNGになる恐れがあります。
メラビアンの法則では視覚は相手の印象を半分以上決めてしまうと言われています。ご自身では普通と思っていても、ファーム側はNGの場合もありますので、転職エージェントと相談するといいでしょう。

素直さが大事!

コンサルティングファームの面接は「自分は大丈夫、問題ない」。社会人として難しい局面をのりきってきた経験や、専門分野の深い知識と実績から、自信を持つことは大切ですが、逆に空回りしてしまい失敗するケースもあります。
コンサルは地頭力を見られる、つまり頭が良ければいいのではと考え、服装や態度が面接官にとって印象が悪く不採用になってしまうこともあります。悪い意味で自己評価が高い、高圧的な話し方、人の話を聞かないといったケースではコンサルタントになってからもチームとして機能しないことや、コンサルティングもお客さんあっての商売ですので、クライアントからの印象も悪く、最悪契約を切られてしまうこともあるかもしれません。

現役コンサルタントの方々に聞いても一番伸びる人は「素直な人」という声をよく聞きます。中途採用でコンサルタントに転職した場合、「出来過ぎる部下」「若すぎる上司」に必ず出会います。このような局面でプライドを捨てきれず、自分のやり方に固執してしまうような方はあまり伸びず、逆に謙虚に自分のやってきた事の良さ・強みはこの部分で、その他の部分はゼロから学ぼう、たとえ若いスタッフからでも吸収できるものは吸収しよう、というようなスタンスが必要です。社会人経験面でのアドバンテージは絶対にありますので、「素直」な気持ちで臨みましょう。

面接は言いたいことを言う場ではない

コンサルタント転職に失敗してしまう一番のケースかもしれませんが、よく勘違いされている方が多いのが「面接は自分をアピールする場」と思っている方です。
コンサルティングファームの面接では人事部門も面接官として出てきますが、多くは現場のコンサルタントが登場します。彼らにアピールするべきポイントは「一緒に働きたい」と思ってもらうことの1点です。
自分の言いたいこと、伝えたいことを言うのではなく、面接官とのコミュニケーションにおいて心地良いパスを出しながら「一緒に働きたい」と思わせること、これが面接成功の秘訣です。もちろんロジカルな部分も見られるため、コミュニケーション力だけではなくしっかりとした対策が必要になってきます。

給与、待遇なども大事ではあるが、、、

コンサルタント=高給与ということもあり、非常に期待する方も多いですが、あまり高望みをし過ぎると思わぬしっぺ返しをもらうかもしれません。弊社からご支援させて頂いた方のほとんどが現職からの給与アップでご転職を成功させておりますが、あまりにも給与に固視しすぎると評価がマイナスになってしまうケースもあります。
給与や待遇など言いにくい部分を代弁し交渉するのが我々転職エージェントの役目であり尽力しておりますが、現職と乖離がありすぎる場合には我々も難しいのが現状です。
ファーム、企業側からは頑張って給与もキャリアも上げていってほしい、そのポテンシャルがあるので採用したという思いもありますので、ファーム側の想いも汲み取りまずはコンサルタントとして1人前になっていくことを目指しましょう。

コンサルティングファームの面接はケースだけではない!

コンサルの面接=ケース面接、と大きな誤解を持っていらっしゃる方がしばしばいらっしゃいます。確かにコンサルタントという職種は論理的思考能力が重要ですが、ケースばかり対策しすぎて他選考対策が疎かになってしまい、ケースの前の一般的な面接で不合格になるケースもあります。これでは折角対策した時間が非常にもったいないです。
コンサルティングファームの選考プロセスは各ファーム共通ではありませんが、順番を把握し、しっかりとポイントごとに対策をしていくことが重要です。

コンサル転職後に後悔した人の失敗と対策【体験談】

失敗例:コンサル転職前と転職後のギャップが大きい

せっかくコンサルティングファームに入社しても地道な仕事が多かったり、やりたいプロジェクトに参加できなかったり、前職でのスキルや経験があまり活かせず業務についていけないという転職後のギャップを後悔している方が多いです。

弊社のコンサルファーム経験者に聞いたよくある失敗について以下のように述べています。 コンサルティングといえば大企業の戦略立案や事業企画などの上流の案件に関わって仕事をする華やかなイメージを持つ方が多いですが、経験年数や役割に応じて任される仕事が異なります。なので、イメージと違ったなと感じましたね。
特に第二新卒など社会人経験が少ない未経験からコンサルに転職すると最初の数年は情報収集・分析や資料作成など地道な仕事が多いです。社会人経験5年程度の未経験からの中途入社では一般的にイメージされる「コンサルタント」の業務を行うことが多いですが前職までのスキルや経験がコンサルティングファームでは通用せず、自分はコンサルには向いていないと感じてしまう人も多いようです。
働き方に関して、コンサルティングファームは一般的な事業会社と違いプロジェクトベースで働きます。 プロジェクトを受注するとその都度チームが組成されます。ほとんどの場合希望するプロジェクトにアサインできますが、育成のために希望してないプロジェクトに参加することもあります。
プロジェクトベースで働いた経験のない方はやりたい仕事ができないと感じてしまうことがあるかもしれません。

対策:コンサルタントの仕事や働き方を知る 転職する前にコンサルタントの仕事や働き方をしっかりと理解する必要があります。コンサルタントの仕事はコンサルティングファームの領域や種類によっても異なります。自分がどの業界でどんな仕事をコンサルタントとしてしたいのか、明確にしておきましょう。
コンサル業界について詳しく知ることは履歴書・職務経歴書、志望動機、面接など転職するときの選考時にも役に立ちます。面接の時に実際に入社した場合、どのようにプロジェクトに配属されるのか、希望するプロジェクトに参加できるのかなど自分のイメージと実際の働き方をすり合わせていくことも大切です。
未経験から中途入社した最初のうちはコンサルという特殊な環境や優秀な社員に圧倒され、自分にはコンサルは向いていない、ついていけないと感じるかもしれませんが、コンサルタントとして働いている人たちも同じような経験を乗り越えています。最初はできないのが普通だと考え、できないならどうすればいいのかを考えて行動するといいのかもしれません。

失敗例:スキルセットが合わず自分の強み・バリューが出せない

弊社のコンサルファーム経験者に聞いたよくある失敗について以下のように述べています。 大手のコンサルティングファームでは、インダストリーやソリューションなど各部門やユニットに分かれていて、自分のこれまでの経歴や経験から専門性を活かしたコンサルティングをすることができます。しかしプロジェクトによっては自分の強みが出せない、思っていたバリューが出せないといったことで悩んでしまう方も多いんですよね。 プロジェクトによっては自分の専門性と比べ、ど真ん中ストレートのものもあれば、不得意な分野に携わることもあります。
もちろん書籍やファーム内の業界ノウハウなどの習得をしなくてはいけませんが、短期間でアウトプットをださなくてはいけないコンサルプロジェクトにおいては、なかなかすべてをキャッチアップすることは難しいでしょう。その結果、自分の知見が活かせる場面がなく、評価としても良くないものになってしまい例えば降格や減給になってしまったといったケースもあるようです。 特に現在はDX関連のプロジェクトが盛んであり、ITやデジタルの知識があまりない状態でプロジェクトアサインされ、困ってしまったという話も耳にします。

対策:パートナーやメンターの方とよく話し合う 最近のコンサルティングファームでは、ある程度当人の要望を聞いてプロジェクトアサインがされる仕組みになっています。ですので自分自身の強みを発揮できるプロジェクトに参画できるように相談した方がいいでしょう。入社前にも面接においてこういった質問をされるケースも多く、ここでも相談ベースで話した方が入社後のプロジェクトアサインで失敗はないかと思います。
もちろんパートナーやファーム側は新しい経験をしてもらうことでコンサルタントとしての幅を付けてもらう、成長を促す意味で自分の苦手・不得意領域にチャレンジしてもらおうと考えていることもあります。
こうした場合にも必ずパートナーからそういった趣旨の説明があったり、仮にそういった場面がなくとも、自らなぜなのか相談する姿勢を持って行ったほうがいいでしょう。

失敗例:コンサルティングファームのカルチャーについていけない

弊社のコンサルファーム経験者に聞いたよくある失敗について以下のように述べています。 コンサルティングファームでは、自らで意思決定をしていく必要があるので、自走しなければいけない環境で戸惑う方がいらっしゃいますね。 コンサルタントはクライアントから依頼された課題を解決するために必要な情報・作業を自分で判断していかなければならず、自分で考えて働くことが求められる場面が多くなります。
コンサルは忙しい業界なだけあって受け身の姿勢では誰も教えてくれません。
コンサルティングファームは社員の質を高く保つため充実した研修や学習ツールを揃えていますが、自発的に利用する必要があります。仕事をやっているうちにできるようになる成長ではなく、積極的な成長を求められる環境であるといえます。

対策:素直で自走できる人が成長する コンサルティングファームに転職する場合は、自分の目で耳で役に立つ情報をつかみ取りに行く姿勢を意識しましょう。
丁寧な研修とマニュアルがある日系企業とは違うこと前提に行動する必要があります。自ら積極的に動き先輩社員や上司に話を聞いてノウハウや情報得ることが大切です。自分よりも若い上司や仕事のできる部下から様々なことを学ぶ素直さもコンサルタントとして成長する秘訣です。
素直で自走できる人でないとコンサルティングファームで働くことは難しいということですね。

失敗例:精神的・肉体的な負荷に耐えられない

弊社のコンサルファーム経験者に聞いたよくある失敗について以下のように述べています。 現在は働き方改革がなされて以前と比べると残業もだいぶ少なくなりましたが、プロジェクトが山場をむかえていたり、クライアントの都合により帰宅が遅くなることもあります。なので、心身共に疲労することはあります。 特に未経験からコンサルタントに転職した場合、慣れるまでは成果を出すためにどうしても長時間働く局面や優秀な社員の中で勝ち残っていけるか、クライアントにとって自分は価値を出せているのかなど精神的に追い込まれる場面もあるかもしれません。
正解のない中で大金を出しているクライアントの課題を解決しなければいけないというプレッシャーもあります。

対策:自分がコンサルタントに向いているか客観的に評価しましょう コンサルタントは優秀なイメージがありかっこいいからという理由で転職することはおすすめしません。なぜコンサルタントになりたいのか、自分のスキルやマインドはコンサルタントに向いているのか、一度自分自身を棚卸してみるといいかもしれません。
プレッシャーを楽しめる人や自分を負荷のかかる環境において成長させたい人、精神的・肉体的にタフな人はコンサルタントに向いているといえます。
弊社では、業界出身のキャリアコンサルタントが、コンサルティング業界独自の視点から客観的な評価を致します。 自分では気付いていなかったコンサルタントとしての資質を見出せるかもしれません。是非一度弊社までご相談頂ければ幸いです。

失敗例:高年収・給与アップが目的で転職

弊社のコンサルファーム経験者に聞いたよくある失敗について以下のように述べています。 高年収や給与アップを求めることは大切ですが、それだけを転職目的にしてしまうと給与に見合わないスキルセットのために活躍が難しくなることがあります。 コンサルティングファームは他業界と比べ年収も高く、さらに昇進・昇格すれば20代で1000万円台もあり得る職業です。
特に売り手市場(求職者の方が有利)の場合、複数社でオファーを獲得すると、人材不足であるコンサル業界では給与交渉として年収アップやサインボーナスなどで、当初予定していた給与が上がるケースも稀にあります。
しかし、給与が高ければそれだけアウトプットを出さなくてはいけないのがコンサル業界です。また役職が上がれば当然責任も生まれます。
高年収を求めるあまり、自身のスキルセットと給与が見合わない状態となってしまい、うまく活躍することが出来ず評価も下がってしまい(いまでこそUPorOutは無いにしろ)給与も翌年下がってしまったケースもあるようです。

対策:自分に合うコンサルティングファームを選ぼう 「年収が高いから」という理由で決めることなく、そのファームの社風や風土、これまでのご自身が経験・蓄積してきた知識やスキルとマッチしているのか、しっかりとエージェントやファームとの面接インタビューを経て決めると良いでしょう。
実は非常に優秀な方でも、トップファームだけ不採用で他はオファー、逆に他ファームは不採用なのにトップファームだけオファーなど、といったケースがあります。これはファーム側も本当にその候補者が自分たちのファームに合っているのか、成長できるのか、その人の地頭だけでなく、考え方や性格、素振りなどすべてを鑑みて判断しています。
ファーム側も実績や地頭力だけで選んでいるわけではないので、候補者の方々も年収やブランドではなく、自分自身が1人前のコンサルタントになるために社風などと自分が合っているか、という目線も持ちながら転職活動をするといいかと思います。

失敗例:ファームからの直接スカウトで転職をすぐに決めた

弊社のコンサルファーム経験者に聞いたよくある失敗について以下のように述べています。 ファームからの直接スカウトを受けることがありますが、すぐに承諾してしまい転職前と転職後でギャップが大きくなってしまうことがあるのは注意した方が良いですね。 現在スカウトサイトやSNSなどファーム側が直接コンタクトを取り採用活動をする、ダイレクトリクルーティングが多くなっています。
これまでの応募方法は、自身で直接採用広告から応募する、もしくはエージェント経由で応募する、といった形でしたが、企業側から直接採用するという新たな選択肢が増えました。
エージェント目線からビジネス的に悪いと言っているのではなく、よくコンサルティング業界のことを知らないままスカウトされそのままオファーというケースでは、いざコンサル業界へと入り込んだ際にギャップが生まれてしまい、こんなはずではなかったと感じる方もいるようです。
弊社でも、こういった方からのご相談もしばしばあり、もう一度丁寧にコンサルティング業界についてインプットして頂きながら、その方に合うコンサルティングファーム、もしくは事業会社をご紹介していくのですが、 上記でもご紹介した「コンサル転職前と転職後のギャップが大きい」という結果となってしまい、非常に残念に感じています。 ファーム側から直接スカウトされたということは優秀な方ですので、転職前にこのギャップを少しでも埋めることが出来れば、優秀なコンサルタントとして活躍できたかもしれません。たられば言ってしまえばキリがありませんが、こうしたリスク回避は出来たかもしれません。

対策:コンサルタントの仕事を理解する 上記での対策方法と同じになりますが、転職する前にコンサルタントの仕事内容を把握することが大切です。コンサルタントの仕事はコンサルティングファームの領域や種類によっても異なります。スカウトを受けた際には、まずコンサル業界のことを知り自分に向いてるのか、どういう仕事をしたいのかはっきりさせておきましょう。

コンサル業界について詳しく知ることは履歴書・職務経歴書、志望動機、面接など転職するときの選考時にも役に立ちます。面接の時に実際に入社した場合、どのようにプロジェクトに配属されるのか、希望するプロジェクトに参加できるのかなど自分のイメージと実際の働き方をすり合わせていくことも大切です。
未経験からコンサル転職された方は、最初のうちはコンサルという環境や自分よりも優れている社員がおり、コンサルは向いていなかったと思うことがあるかもしれませんが、コンサルタントとして働いている人たちも苦難に立ち向かいながら日々を過ごしています。できないことは素直に聞き、できることを少しずつ増やしていきましょう。

失敗例:対クライアントでの失敗

弊社のコンサルファーム経験者に聞いたよくある失敗について以下のように述べています。 クライアントとのリレーションは本当に大切ですが、失礼な態度をしてしまったり連携が上手く取れずに結果を残せなかったりして関係が悪化してしまうことがあります。 コンサルタントは、対クライアント企業との仕事です。顧客とのコミュニケーションは重要であり、プロジェクト推進のためには良好なリレーションを築けているかというのもポイントとなります。
コンサルティングプロジェクトはすべてが新規クライアントの案件ばかりではなく、コンサルティング成果の実績からリピートで話が貰えることもしばしばあります。
これまでの働き方で社外の方と折衝経験がなく、対クライアントへの伝え方や期待値調整、交渉など自身の振るまいや言葉遣いには十分気を付けなくてはいけません。もちろんクライアントにとって耳が痛いことや、彼らのプライドに触ることも言わなくてはいけないのがコンサルタントですが、その伝え方やタイミングも十分に考えなくてはいけません。
こうしたシーンにおいて、専門家的な口調になってしまった、クライアント企業の状況を無視した発言をしてしまった、クライアント企業のチームと連携がとれなかった、といった結果から関係が悪化しプロジェクトの失敗を招き、今後のビジネスチャンスを逃してしまったケースもあります。

対策:コンサルは相手があってこそのビジネス クライアント企業側にとってみれば、これまで何十年と業界のトップランナーとしてビジネスを行ってきた自負があります。
そこでいきなりコンサルタントから、これが原因でダメだから、これをやりましょう、と言われたらどう思うでしょうか。もちろん言わなくてはいけないことですので結果的には言わざる負えないのですが、例えば伝え方や厳しい内容でもしっかりと分かってもらえるリレーションをその時までに築き上げなければいけません。
とはいえ、ベテランのコンサルタントでさえ、「なんだその言い方は」とクレームを貰うときもありますので、自分自身がしっかりとコンサルタントとしての責務を全うしているのであれば、気にせず次のプロジェクトで失敗を活かそうという気概も必要かと思います。
悪い例では、また言われるかもしれないと中途半端な姿勢となってしまい、リレーションがうまくいっているものの尻込みしてしまいプロジェクトが失敗に終わってしまうといったケースもあります。
コンサルタントとは本来どんな仕事なのか、そしてコンサルティングは、相手があってこそのビジネスだと認識しなければいけません。

失敗例:受け身になってしまい自発的に行動できなかった

弊社のコンサルファーム経験者に聞いたよくある失敗について以下のように述べています。 コンサル業界は自発的な行動が求められるため、受け身になってしまうと流れについていけないことがあります。 コンサルティングファームでは自発的に行動し、プロジェクトでの積極的な発言や、自分の意見やりたいことを伝え、成長していくことが求められます。これはファームそれぞれのカルチャーによって違うため、すべてのファームがという訳ではありませんが、総じて多いかと思います。
事業会社出身者の方にとっては、これまでの仕事は上から、これをやってくれと自身がやるべき仕事と、求められるアウトプットや役割が決まっており、どうしても受け身として動いていることやルーチン的な業務となっている場合もあります。
こうした環境に慣れてしまい、コンサルティングファームに入り、自ら積極的に動く姿勢に慣れていない方は、そのギャップに苦労する場合もあるようです。
プロジェクトのタスクが割り振られ、分からない部分は自ら資料を探したり、先輩やマネジャーに聞きながら自主的に動いていかないと逆に評価を落としてしまうケースもあります。
現役コンサルタントのインタビューからも、やはりコンサルタントとして成長が早い人は積極的に動いている人で、逆に「何かある?」と話しかけられるまで待ってしまう人は辞めていってしまう場合も多いと言っていました。

対策:自ら行動しよう! 意識的に自ら情報を取りに行く、分からない部分は誰であれ聞きに行く、積極的に発言していくことを心がけましょう。
コンサルティングプロジェクトでは、過去のケースからノウハウや解決策を探る場合もありますが、プロジェクトによってはそれらがない場合もあります。また充実した研修制度はあれど、しっかりとしたマニュアルなど、すべてが揃っているわけではないので、自ら情報収集していく姿勢が重要です。
また前述しましたが、ファームのカルチャーが影響している場合もありますので、面接において自分に合っているファームなのかフィット感を確かめ、入社後の働き方のイメージも想像しながら決めていくのも良いかと思います。

コンサル転職失敗してしまった、と思った方へ

「これまでコンサル転職に失敗しないために」というテーマでご紹介してきましたが、実際に「コンサル転職失敗してしまった」という方もいらっしゃるかと思います。
まずは現状で好転する方法を考えましょう。根本的な原因を突き止め、どうやったら自身が思うコンサル転職成功となるのか、それに対してどんなアクションを取れるのか、コンサルタントの仮説からの検証と同じですね。
しかし熟慮した結果、やはり自分だけでは解決に至らないのであれば転職を考えるほかないでしょう。
同じサービスライン、テーマを扱うコンサルティングファームは多いですが、個社ごとに色があり、カルチャーも特徴的です。どのファームもロジカルやコンサルタントとして必要なスキルセットは同じでプロジェクトの進め方が同じであれ、関わる人間が違えばまったく違う内容になります。
優秀な方がコンサルティングファームを受ける際に、優秀だからどのファームもオファーを出すというと、実は違い、やはりフィット感を重要視するファームもあり、全部採用となるケースはありません。
とはいえコンサルtoコンサル転職の場合、思考力やコミュニケーション能力などのスキルセットを評価されて入社できたことは事実なので、転職の成功率が上がる可能性があります。
もちろん面接においてお互いがこのフィット感を確かめなければいけませんが、昨今の人手不足から選考回数やスピードの短縮、ダイレクトスカウトからあまりコンサルを理解しないまま転職してしまった、という背景からカルチャーフィットを確かめきれず、コンサル転職に失敗してしまったという方も多いです。

弊社ムービンでは国内展開するコンサルティングファームのほとんどがクライアントであり、あなたに合うコンサルティングファームが見つかるかもしれません。
もちろんネクストキャリアもコンサルありきではなく、事業会社やベンチャー企業など、多くのクライアント企業ともパイプラインがある他、これまで多くの支援実績を重ねてきた弊社だからこそ、ある意味壁打ちとして現状問題の解決のための材料も生まれるかもしれません。
まずは一度ご相談頂ければ幸いです。

まとめ

色々と失敗するケースとしてご紹介してきましたが、これからコンサルタントへ転職する方にとっては反面教師としてご参考にして頂きたいのと、まだ入社が決まっていない現段階から失敗したらどうしようかと不安になる必要はありません。
人間だれしも体験したことのないことには不安を感じるものです。そして情報が少なかったり、正確な情報でなければ尚更ネガティブに考えてしまいがちです。 自分は体験していない、ある意味、不安は妄想であり、自身が勝手に作り出したものです。事実多くの方がコンサルタントとして成功し、キャリアアップ、年収アップを実現し様々なキャリアを実現していますので、コンサルというキャリアに対してポジティブに考えて頂き、実際に内定が出た後に行くべきかを判断して頂ければ良いかと思います。

コンサルタントへの転職には履歴書・職務経歴書などの書類対策、面接およびケース面接対策、そしてコンサルタントという職業への理解が不可欠です。これらすべてをご自身で準備していくことは難しいです。
ですので転職のプロ、コンサルティング業界に特化した転職エージェントである我々ムービンを是非頼ってください。今すぐのご転職をお考えでない方もまずはキャリア相談という形でざっくばらんにコンサルティング業界についてお話をさせて頂いておりますのでお気軽ご相談頂ければ幸いです。

プライベートキャリア相談会実施中!

随時開催中 キャリア相談会 ムービンではコンサルティング業界や事業会社のマーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

随時開催中 キャリア相談会のご案内 ムービンではコンサルティング業界や事業会社のマーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

キャリア相談会 詳細

日程 いつでも!(担当キャリアコンサルとご相談ください)
場所 Web・オンライン
費用 無料(一切かかりません)
対象 今後のキャリアについてのご相談をお受けしております。
相談会の内容も「転職ありきではなく」ざっくばらんにお話をさせて頂き、長いキャリアを踏まえたディスカッションができればと思います。
完全プライベートで無料の相談会になりますのでお気軽にご相談ください。ご登録に来たからといって転職を強要することは全くありません。まずはお気軽な気持ちでご登録いただけますと幸いです。

「コンサル転職に強いエージェント」ムービンの転職サービスについて

お申込み方法は、既に弊社へのご登録がお済の方は、弊社担当者に直接お問い合わせください。
ご登録頂いてない方は、こちらからお申し込み下さい。ご応募お待ちしております。


メルマガ登録はこちらから

キャリア相談会 プライベート個別相談会開催中 キャリア相談会 コンサル転職に関する疑問・不安はプロに聞くのが一番早い!ざっくばらんに話せる個別相談会を随時実施しています。今すぐの転職をお考えでない方も歓迎していますのでお気軽にご相談ください。

書籍出版記念 久留須シニア・パートナー特別キャリア相談会 個別相談会開催中! 書籍出版記念 久留須シニア・パートナー特別キャリア相談会 久留須シニア・パートナーの書籍出版を記念してコンサル業界のこと、キャリアのこと、をお答えする特別キャリア相談会を開催します!

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー オンラインキャリアセミナー 2024年7月23日(火)19:00 締切:2024年7月11日(木) ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー ベイン・アンド・カンパニーが、グローバルリーダーを目指すビジネスパーソンを対象にオンラインキャリアセミナーを開催いたします。希望者にはケース面接対策ワークショップを実施いたします。是非ご参加ください

KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 毎週第一・第三水曜日 12:00~13:00 KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 現場で働く生の声を候補者に届けようとスタートした取り組みで、毎週、現場社員と採用リクルーターがトークセッションを実施しています!是非お気軽にご参加ください!

ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 開催日程多数! ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 高年収かつWLB良好!コンサル経験者必見!急成長中の総合系コンサルティングファームでキャリアセミナー開催!

DTFA 事業再生部門 一日選考会 2024年8月3日(土) 締切:2024年7月28日(日) DTFA 事業再生部門 一日選考会 内定獲得者多数!有名FASで事業再生に関わりたい方はこの機会にご応募下さい。

【外資系コンサル】アバナード アドバイザリー部門 一日選考会 2024年7月20日(土)締切:2024年7月16日(火) 【外資系コンサル】アバナード アドバイザリー部門 一日選考会 未経験から外資系コンサルへ!アバナードにて一日選考会が開催されます。エンジニアやSler出身者、コンサル経験者はこの機会にご応募ご検討下さい。

その他セミナー一覧はこちらから

SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。 SDGsプロジェクト始動! ムービンは持続可能な開発目標を支援しています ムービンはSDGsに賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

TOPへ

株式会社ムービンストラテジックキャリア

初めての方へ

弊社ムービンをはじめて知った方、はじめてサイトに来て頂いた方に、弊社ムービンの転職サービスについてのご紹介と弊社HPの活用方法をご紹介いたします。

20年以上にわたりコンサル業界に特化したご転職支援を行っています。スタッフも少数精鋭でホンモノの人脈・情報を有しております。

コンサルティングファームはもちろん、国内・外資の大手事業会社をはじめ、ファンド、投資銀行、ベンチャーなど様々な支援実績がございます。

コンサル業界専門だからこそ各コンサルティングファームの圧倒的な情報量を保有しており、戦略系、総合系(BIG4)、IT、人事など外資系日系を問わず、国内大手の有力ファームすべてがクライアント

プライバシーマーク

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

【必見】未経験からのコンサル転職

ノウハウ大公開!
コンサルタント転職・対策方法

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法をご紹介します。

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

これから何を準備すればいいのか、疑問・不安に思っている方へ「コンサル転職対策プライベート相談会」を開催します。

パートナー 特別キャリア相談会

パートナー 特別キャリア相談会

弊社トップエージェント陣による特別キャリア相談会(1on1)を開催します。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

1分程度の入力で簡単登録できます

コンサルタント転職支援、実績No.1の人材紹介会社ムービン。業界出身者が転職をサポート!

ムービン

まずはキャリア相談から

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

日本初!コンサル業界特化転職エージェント 創業25年以上の転職ノウハウ