2019年 コンサル業界採用動向

戦略系コンサルティングファーム 採用動向

戦略系ファームについては、ここ数年の傾向を引き継ぎ積極採用中です。
基本的に事業会社からのポテンシャル採用を行っていますが、ファームによっては第二新卒クラスの採用を積極化したり、30代後半の専門性高い人材を積極的に採用する方針を出していたりしますので、昨年以上と言っても良いかもしれません。

年齢層別でみますと、第二新卒クラスは、昨年は採用を控えていたファームも今年から積極採用に転じたり、昨年積極的に採用していたファームは今年も引き続き積極採用モードです。
20代半ばから30代半ばは、戦略ファームが最も採用したい層ですが、こちらは依然として積極採用です。戦略ファームは少数精鋭ですが、ここ数年の業績好調のファームがが増えていますので、その結果採用人数自体が増加傾向にあります。選考基準は基本的に変わっていないですが、後述する業界の専門知識も加味されえますのでチャンスが徐々に広がっているとみることもできます。
30代後半は、昨年に引き続き、より高い業界知識や専門性を持つ方を採用する傾向が強まっています。また、AIやIoT、ロボティクス、アナリティクス、デジタルなどの新しい技術の知見がある方も非常に求められています。

業界別でみますと、製造業(特に自動車)、通信ハイテク、ヘルスケア、素材系、金融(特に生損保)、IT系(SIer、ベンダー)、商社、官公庁など、非常に幅広い業界の方を求めています。
これらの業界経験、専門性が高い方は30歳後半でも採用される可能性が高まっています。

専門性としては、特に近年は戦略系ファームでも戦略の実行支援や全社トランスフォーメーションなどのプロジェクトが増えており、営業やCRM、サプライチェーン(SCM)、研究開発、生産技術・生産管理などの領域の専門性が高い方が求められています。
また、戦略立案段階からITの知見を要するプロジェクトも増えているため、IT全般(オープン系、インフラ、ネットワーク等)やデジタル系(WEBマーケ・広告、アナリティクス等)の知見を持つ方が求められていますし、戦略立案もアジャイル型になりつつあるため、アジャイル開発の経験者にも興味を持ち始めています。

上記の業界知識や専門性に加えてコンサルティング経験がある方は、戦略コンサルタントとして早期の立ち上がりが期待できるため、総合系やシンクタンク系ファーム、独立系ファームからの転職事例も増えています。

英語については、日本企業は年々海外にシフトしていますので、グローバルプロジェクトの増加を背景として英語力が高い方の採用ニーズは益々高まっていますが、国内プロジェクトも多いため選考ステップの中で英語を必須にしているファームはまだ限られている状況です。

2020年には景気が落ち込むという予想や、RPA(Robotic Process Automation)の普及により昨年はメガバンクが大量の人員削減を行うことにしたり、今後AIがさらに進化・普及すること等を考慮しますと、今年は戦略コンサルタントへの転職のベストタイミングではないかと思います。
不景気になればコンサル経験者のみでポテンシャル採用をしないファームも出てきます。今後のキャリア形成も含め戦略コンサルタントへの転職はキャリアの上で優位になる可能性が高いです。まずは業界研究や情報収集などのご相談からでも全く問題ございませんので、お気軽にお問合せ下さい。

戦略系コンサル 求人情報
コンサルタントとして求められる人材像
【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

ご登録はこちらから

PRIVATE SEMINAR

まずはキャリア相談会から

コンサルタントへの転職・キャリア相談会を電話・オンラインで随時開催中

コンサル業界にご興味をお持ちの方へ

などコンサル転職における疑問点や不安な点についてお答えいたします。

もちろん現在の各社の採用状況や、転職タイミングのご相談など今後のキャリアについてのご相談もお受けしております。

ご登録・ご相談はこちらから

総合系コンサルティングファーム 採用動向

総合系コンサルティングファームは、その企業規模にもよりますが、部門・ポジションごとの採用をしているファームが多く、インダストリー(製造、金融、流通、小売、通信、ハイテク、ヘルスケア、エネルギー等)、ソリューション(戦略、経営管理、SCM、CRM、組織人事、財務会計、M&A、テクノロジー等)に関わる業務経験がある方を幅広く採用しています。
ここ数年の日本全体の好景気に加えて、高度・複雑化しているビジネスマーケットにおいて、コンサルティングファームへのニーズは益々高まっている状況です。その中でも戦略から各種実行支援まで幅広いアジェンダに対応可能な総合系コンサルティングファームに寄せられる期待は大きく、非常に業績好調なファームが多いです。
それに伴い、中途採用においては「良い方なら何名でも」といった感じで採用意欲が高い状況が続いていますが、一方で各社の選考基準は下がってはおらず、しっかりとした準備・対応が必要になっています。

バックグラウンド別採用動向

■事業会社出身者
事業会社出身者は、社会人経験5年目〜10年目程度(年齢としては20代後半〜30代半ばくらい)がメインターゲットとなっています。選考プロセスでは、お持ちのスキル・知見と応募ポジションとのフィット感が重要視されます。これまでのご自身のご経験をキチンと棚卸し、それがどんなスキル・知見に転嫁できるのかを整理していくことが大切になります。
また、上記ターゲットより若い方であればポテンシャルを、少し年齢が高くなればその専門性を、うまくアピールしていくことが重要となります。
いずれにしても「事業会社で経験したことをそのまま話すだけ」では、「コンサルタントとして何がどう活かせるのか?」が伝わりづらく、厳しい結果になることが多いですので、しっかりと準備・対策をしていくことが肝要です。

■IT経験者(Sier/事業会社のIT出身者)
IT経験者は、そのスキル・知見に加え、ワークスタイル等から、コンサルティングファームと親和性が高く、最近は積極的な採用対象となっています。
システム開発(所謂プログラミング)等を行っているファームはほとんどないのですが、「AIやブロックチェーン等の最先端のITをどう経営に活かすのか?」等、クライアントのテーマにはどういった領域であれテクノロジーは必須になっていることが多く、またコンサルタントとしてSIerとやりとりする場面もあることから、テクノロジー知見は優位に働くことが多いです。
また、「クライアントとプロジェクトスタイルで仕事をする」、「経験ではなくスキルで評価される」等、コンサルティングファームと似たワークスタイルを取っているため、環境への慣れという点でファームが採用したい人物像に合致します。
とはいえ、システムエンジニア→コンサルタントはあくまでもキャリアチェンジですので、活きる経験/そうでない経験等、留意点も多くありますので、うまく整理していくことが重要となります。

■第二新卒などのポテンシャル人材
引き続き積極採用中ではあるものの、ここ数年に比べて採用ハードルは少しずつ上がっています。
というのも、ここ数年で多くのポテンシャル層を採用してきたことに加え、新卒人気企業ランキングの上位にコンサルティングファームがランクインする等、新卒市場が活況で、ポテンシャルの高い優秀な若手が新卒で採れているためです。故に、これまで以上にご自身の持つポテンシャルを言語化してアピールしていくことが求められ、準備が重要となってきます。
また、丁寧な研修をセットにしていることから入社月を限定して募集されることもあり、応募タイミングを見計らう必要もあります。

■コンサルタント経験者
コンサルティングファーム出身者であれば、年齢問わずで積極採用中のファームが多く、ご経歴に近いポジションでの年収アップやタイトルアップ、また他インダストリー/ソリューションへのキャリアチェンジといった、ご自身のやりたいキャリアを実現される方が非常に多くなっております。

■その他経験者
幅広い知見を持つ経験者を求める傾向がある(企業として幅広く受け入れる柔軟なマインドがある)ため、例えば、国家公務員、医師や弁護士等といったバックグラウンドの方の採用にも十分なチャンスがあります。

総合系コンサルティングファーム 求人情報
コンサルタントとして求められる人材像

プライベートキャリア相談会実施中!

随時開催中 キャリア相談会のご案内 ムービンではコンサルティング業界や事業会社のマーケット情報から最新ニーズはもちろん、候補者様のご志向に合わせた、今後のキャリアについてのご相談など個別相談会を随時実施しています。

ビジネス&IT系コンサルティングファーム 採用動向

IT系コンサルティングについては、以前各社高い採用意欲が継続しています。
近年のトレンドとしては、AI(Artificial Intelligence:人口知能)やRPA(Robotic Process Automation)がございましたが、引き続きこれらを活用したプロジェクト案件は数多くあるようです。

また、戦略ファームや総合ファームでも、ITやDigitalを用いた実行支援型のプロジェクトも増加をしているようです。IT系コンサルティングファームにおいても同様ですが、特に戦略ファーム、総合ファームとの比較の中では技術に一日の長がある企業も多いため、クライアントからの期待も高く、多くの案件が舞い込んでいるようです。

AIやRPAのような領域以外にも、CIO/CTOアドバイザリー、IT戦略立案、IT中計策定、ERP導入(SAP,Oracle EBS等)、クラウド活用(AWS,MS Azure, Google Cloud Platform等)、PMO(Project Management Office)、サイバーセキュリティ(Cyber Security)といった従前から存在する案件についても、多くの引き合いがあるようです。

ITコンサルタントは恒常的に不足をしていますので、上述しましたような領域での経験がある方以外にも、いわゆるWeb系/Open系のSE,PG、ネットワーク・インフラエンジニア、社内SE、プリセールス、ITソリューション営業の方々にも、ITコンサルタントとして更にクライアントへの貢献価値を高めたいという強い意欲があれば、十分にITコンサルタントへのステップアップが可能な状況といえます。

ビジネス&IT系コンサル 求人情報 - ITコンサルタント転職サイト
コンサルタントとして求められる人材像

財務アドバイザリー系コンサルティングファーム 採用動向

BIG4(デロイトトーマツフィナンシャルアドバイザリー合同会社、PwCアドバイザリー合同会社、株式会社KPMG FAS、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社)を中心とする財務系コンサルティングファームにつきましては、全体的に引き続き高い採用意欲を保っています。

BIG4につきましては近年立ち上がったM&Aの戦略部門の他、従来のコーポレートファイナンス(M&Aアドバイザリー)、バリュエーション、トランザクションサービス、及び不正調査を行うフォレンジックと公共領域においてPPP・PFIアドバイザリーを中心に展開するパブリックセクターの各部門が積極的に採用を行っています。

中堅の財務アドバイザリーについては、各社ごとの温度差はあるものの全体的に人材不足の傾向が続いており、BIG4同様にM&Aアドバイザリーで積極的に人材ニーズがあるほか、引き続き中堅・中小企業の再生領域において、公認会計士や銀行出身者等、高い財務の知見を有する人材の引き合いが強い状況です。また、オーナー企業の事業承継案件も急増しており、こちらではM&A仲介企業を中心に、証券リテール出身者など、案件の獲得が出来るセールス系人材を積極的に登用しています。

中堅の財務アドバイザリーについては、各社注力している領域や、入社後に経験できる業務内容が大きく異なりますので、しっかりと会社の特徴を把握した上で選考に臨むことが重要です。

財務アドバイザリー系 求人情報 - 金融、ファンド、M&A転職サイト

会計士の資格をお持ちの方へ会計士の採用ニーズについて金融、ファンド、M&A転職サイト内でご紹介しておりますので是非ご覧下さい。
コンサルタントとして求められる人材像

組織人事系コンサルティングファーム 採用動向

組織人事系ファームは、今年も引き続き、組織人事外資系コンサルティングファーム、組織人事制度系コンサルティングファーム、シンクタンク、人材育成・組織開発系など各ジャンルで幅広く、未経験者採用も積極的に行っています。
以下各ジャンルごとにご説明させていただきます。

組織人事外資系コンサルティングファームではクライアントからの依頼がさらに増えており、通常は経験者しか採用していなかったコンサルティングファームでも未経験者採用を行い始めております。例えば、マーサージャパンは大阪にもオフィスを出すなどロケーションも広げています。
「外資系企業の社員=英語ネイティブ」のイメージがありますが、若手ポテンシャル採用枠として基本的な論理的思考力、コミュニケーション能力を面接で発揮できる方は現時点では英語力がない方も採用されています。
従来人事制度回りの案件が中心だった組織人事外資系コンサルティングファームにおいても、HRTechや人材開発・組織開発、アナリティクス領域などにも手を広げ始めています。

組織人事制度系コンサルティングファームは引き続きHRtechやBPR(業務改善)、タレントマネジメントなどのニーズが高まっています。また、大手日系企業からの引き合いを中心にグローバル案件は引き続き多くあります。更にアナリティクスを使った仕組みづくりやエンプロイー・エクスペリエンスといった新しい人事のあり方を提案するような案件も増えてきています。
そこで、コンサルティングファーム経験者はもちろん、Sier、ITベンダー在籍者へのニーズが高まっています。また、若手で英語が得意な人材、事業会社の企画職人材など何か1つでも特徴がある方は人事関連未経験者も採用されている状況です。

シンクタンクにおいても組織人事領域の採用は引き続き活発です。
グループ・銀行からの紹介案件は引き続き増え続けており、組織人事外資系、組織人事制度系と同じくコンサルティング未経験者の採用を行っております。

人材育成・組織開発系も大手から設立間もない小規模ファームまでどこの会社も業績好調で積極採用しております。
組織開発・人材育成に興味がある方であれば、職務経験はあまり問わず営業・企画・SEなどいろいろなバックグラウンドの方が入社しております。
また、大手会社を中心にEdTech事業の立ち上げメンバー、営業企画、SEといった職種の募集が多く出てきております。

以上、今年も引き続き組織人事コンサルティングファームは積極採用です。
組織人事コンサルティング領域は、他のコンサルティング領域に比べて女性(ワーキングマザー)が活躍している会社が多いのも特徴です。家庭とのバランスがとりたい方は是非一度ご相談いただけると幸いです。

組織人事/チェンマネ系 求人情報 - 組織人事コンサルタント転職サイト
コンサルタントとして求められる人材像

医療コンサル系コンサルティングファーム 採用動向

医療コンサルティングファームの採用は引き続き堅調ですが、完全なポテンシャル採用は抑え気味で、何かしら尖った経験やコンサルティング経験をお持ちの方に絞って採用する傾向が強くなっています。

まず昨年採用意欲の高かった総研・シンクタンクのヘルスケア部門ですが、ある程度ポテンシャルでの採用は落ち着き、ヘルスケア業界での経験に加え、高い英語力をお持ちの方、一流大学卒業で高い情報処理力が期待できる方、データ分析や統計学などの知識・経験を持ちデータ分析に強みを持つ方など、何かしら尖ったご経歴をお持ちの方を採用する傾向にシフトしています。

また、総合系コンサルティングファームのヘルスケア部門もMR経験のみの方などの採用はかなり抑え気味で、高い英語力や、修士号以上を持ち医薬品の研究開発などの尖った経験をお持ちの方、何かしらコンサルティング経験をお持ちでヘルスケア分野の経験をお持ちの方などを採用する傾向が強くなっています。

独立系の医療コンサルティングファームでは、医療業界出身のポテンシャル採用も引き続き継続しており、看護師、薬剤師、放射線技師など医療専門職の若手や、病院の医事・会計業務経験者といった方々がコンサルタントへのキャリアチェンジを果たされており、今後もしばらくはこの傾向が続きそうです。

医療コンサルティングファームは、今まで積極的にポテンシャル採用を行ってきた背景もあり、各社ともに完全なポテンシャルの採用意欲は減退気味です。医療コンサルティングファームへの転職を果たすためには、一流大学卒といった学歴を武器とするか、英語力を身に着ける、統計学やデータ分析などの専門性を身に着ける、といった自主的な努力も必要になってくるものと思われます。

今の自分で医療・ヘルスケア分野のコンサルティングに転職可能なのか、転職するためには今後どのような準備をすればよいのか、ご興味・ご関心をお持ちの方は是非お気軽に弊社ムービンまでお問い合わせください。

病院・医療コンサルタント 求人情報 - 医療コンサルタント転職サイト
コンサルタントとして求められる人材像

ポストコンサル系 採用動向

2020年東京オリンピック開催に向けて好景気が続く中、各社の採用意欲は依然高い状況が続いています。
特に事業会社(WEB/ネット系、通信系、消費財系、製薬系、製造業系/自動車、等)、金融機関、その他ベンチャー企業などにおいては、新規ビジネスの立ち上げや海外進出等、これまでに無いスピードでさらなる事業拡大に向けた動きが目立つようになってきました。

こうした状況に対して、企業側としても即戦力を期待した中途採用を積極的に行っています。
弊社においても大企業をはじめ、中堅・中小、ベンチャー企業まで、数多くの企業様より採用支援依頼が届いており、ご相談いただく皆様にご提案をさせていただいている日々が続いております。

各社コンサルティングファーム出身者に対しては下記のようなご経験がある方を特に求めています。
・中期経営計画立案、マーケティング戦略コンサルティング(戦略系コンサルティングファーム)
・業務改革/改善、IT戦略・システム開発コンサルティング(総合系/業務・ITコンサルティングファーム)
・投資判断・M&A判断に関わるアドバイザリー/その他M&Aアドバイザリー関連業務経験(財務アドバイザリーファーム)
・スタートアップに対する投資・M&A支援、事業開発(独立系コンサルティングファーム、財務アドバイザリーファーム)

その他、直近ですと、ご経験に対する具体的なポストコンサルポジションニーズとしては下記が挙げられます。
・戦略コンサル経験者:PEファンド、ベンチャーキャピタル、金融機関(銀行・証券・保険等)、事業会社(特にWEB系、製薬系、製造業系)の経営企画・事業企画・マーケティング戦略
・業務、ITコンサル経験者:上記事業会社の事業企画、システム企画等
・財務アドバイザリーファーム:PEファンド、ベンチャーキャピタル、上記事業会社の経営企画(その中でもM&A戦略部門等)、財務企画等

外資系企業でのシステム関連のポジションについても最近は多く出ており、英語力があるとポジションを見つけやすい状況です。
ぜひ、この良いタイミングでさらなるキャリアアップに向けたご準備を進めていただき、ご相談いただけますと幸いです。

ポストコンサル系 求人情報

第二新卒ポジション 採用動向

第二新卒採用は戦略系ファームや大手総合系ファームを中心に、IT業界や大手事業会社なども含めて幅広い業界で実施されています。

コンサルティング業界の第二新卒採用は通年で実施されていることが多いため、4月または10月、1月・4月・7月・10月など年間を通じて入社のタイミングを選べることが多い一方で、事業会社の第二新卒採用は●月入社前提といった形で、1回限りで行われることが多い状況です。ですので、事業会社へのキャリアチェンジを検討されている若手の方はタイミングを逃さないよう日々案件をチェックすることが重要となってきます。

引き続き第二新卒の求人は多い状況ですので、異業種・異業界へのキャリアチェンジを目指す若手の方にとっては、多くのチャンスがある状況と言えます。

第二新卒 求人情報

ご登録はこちらから

PRIVATE SEMINAR

まずはキャリア相談会から

コンサルタントへの転職・キャリア相談会を電話・オンラインで随時開催中

コンサル業界にご興味をお持ちの方へ

などコンサル転職における疑問点や不安な点についてお答えいたします。

もちろん現在の各社の採用状況や、転職タイミングのご相談など今後のキャリアについてのご相談もお受けしております。

ご登録・ご相談はこちらから

キャリア相談会 プライベート個別相談会開催中 キャリア相談会 コンサル転職に関する疑問・不安はプロに聞くのが一番早い!ざっくばらんに話せる個別相談会を随時実施しています。今すぐの転職をお考えでない方も歓迎していますのでお気軽にご相談ください。

PIVOT出演記念企画 久留須シニアパートナー特別キャリア相談会 個別相談会開催中! PIVOT出演記念企画 久留須シニアパートナー特別キャリア相談会 ビジネス映像メディア「PIVOT」出演を記念して20名様限定でコンサル業界のこと、キャリアのこと、をお答えする特別キャリア相談会を開催します!

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

スカイライトコンサルティング スポーツビジネス キャリアセミナー 2024年3月19日(火)12:00~13:00 スカイライトコンサルティング スポーツビジネス キャリアセミナー スポーツ×ビジネスに興味のある方必見!代表自ら登壇し、同ビジネスの取り組み背景や今後の可能性について、プロジェクト事例も交えてお話しします。

【PEファンド】日本共創プラットフォーム(JPiX)ムービン限定スモール座談会 2024年3月18日(月)19:00 締切:2024年3月15日(金) 【PEファンド】日本共創プラットフォーム(JPiX)ムービン限定スモール座談会 経営共創基盤(IGPI)が立ち上げた投資会社のJPIXにてムービン限定のスモール座談会が開催決定!充足次第締め切りますのでお早めにお申し込みください!

【官民共創】NTTデータ経営研究所 戦略コンサルタント 集中選考会 2024年4月13日(土)17日(水)18日(木) NTTデータ経営研究所 戦略コンサルタント 集中選考会 NTTデータ経営研究所の戦略部門にて集中選考会が開催されます!官民双方に強みをもつコンサルティングファームですので興味のある方はこの機会にご応募ご検討下さい。

EY新日本有限責任監査法人 気候変動・サステナビリティ領域(ESG、人権、金融)休日説明会/選考会 2024年3月9日(土)11:00 EY新日本有限責任監査法人 気候変動・サステナビリティ領域(ESG、人権、金融)休日説明会/選考会 サステナビリティ・ESG領域にてコンサルタントを目指す方のために休日選考会が開催されます。説明会のみのご参加も可能ですのでぜひこの機会にご参加をご検討ください。

KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 毎週第一・第三水曜日 12:00~13:00 KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 現場で働く生の声を候補者に届けようとスタートした取り組みで、毎週、現場社員と採用リクルーターがトークセッションを実施しています!是非お気軽にご参加ください!

その他セミナー一覧はこちらから

SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。 SDGsプロジェクト始動! ムービンは持続可能な開発目標を支援しています ムービンはSDGsに賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

TOPへ

株式会社ムービンストラテジックキャリア

初めての方へ

弊社ムービンをはじめて知った方、はじめてサイトに来て頂いた方に、弊社ムービンの転職サービスについてのご紹介と弊社HPの活用方法をご紹介いたします。

20年以上にわたりコンサル業界に特化したご転職支援を行っています。スタッフも少数精鋭でホンモノの人脈・情報を有しております。

コンサルティングファームはもちろん、国内・外資の大手事業会社をはじめ、ファンド、投資銀行、ベンチャーなど様々な支援実績がございます。

コンサル業界専門だからこそ各コンサルティングファームの圧倒的な情報量を保有しており、戦略系、総合系(BIG4)、IT、人事など外資系日系を問わず、国内大手の有力ファームすべてがクライアント

プライバシーマーク

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

【必見】未経験からのコンサル転職

ノウハウ大公開!
コンサルタント転職・対策方法

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法をご紹介します。

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

これから何を準備すればいいのか、疑問・不安に思っている方へ「コンサル転職対策プライベート相談会」を開催します。

パートナー 特別キャリア相談会

パートナー 特別キャリア相談会

弊社トップエージェント陣による特別キャリア相談会(1on1)を開催します。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

1分程度の入力で簡単登録できます

コンサルタント転職支援、実績No.1の人材紹介会社ムービン。業界出身者が転職をサポート!

ムービン

まずはキャリア相談から

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

日本初!コンサル業界特化転職エージェント 創業25年以上の転職ノウハウ