「ケース面接」を突破するための対策方法と勉強法

コンサル業界特有の「ケース面接対策」を突破するための対策方法と勉強法

コンサル転職支援実績No.1を誇るムービンがケース面接のすべてを解説!
ムービンでは25年以上にわたりコンサルティング業界への転職のご支援をさせて頂いており、マッキンゼー、BCG、デロイトへの転職支援実績数において毎年1位を獲得しています。

コンサル業界専門だからこそ圧倒的な情報量を保有しており、過去数十万件の豊富な面接経験から抽出した面接ノウハウから「ケース面接対策」を突破するための対策方法などをご紹介していきます。

対策方法を知る前に知っておくべき大事なこと - そもそもケース面接とは

ケース面接ではコンサル適性があるのか「考え方」を見られている そもそもケース面接とは、コンサルティングファームで実際に取り組むような課題について解決策を面接官とディスカッションしていく形式の面接です。現役のコンサルタントが面接官をやることが多く、ケース面接を通じて候補者の論理的思考力や課題に取り組む姿勢をチェックし、コンサルの現場で一緒に働いていけるかを判断しています。
ですので「特定の回答を出すこと」を求められているわけではなく「考え方」を見られており、論理的に説得力のある自分なりの結論を示すことが求められるのです。

多くのコンサルティングファームでケース面接は実施される ケース面接は多くのコンサルティングファームで実施されおり、コンサル転職活動において重要な対策項目の一つです。 ⇒コンサル転職対策のトップページはこちら
ケース面接の流れとしては、まずは課題が出され、自分で解決策を考えます。次にその解決策について面接官とディスカッションしていきます。ケース面接にかかる時間は一般的に20分~40分です。

普段から物事を論理的に考える訓練が必要 ケース面接対策で効果的なことは日頃から物事を考えることです。面接官は対策されつくされていることを知っているので、当日の会話の内容から予想もできないような問題を出すことがあります。そのためケース面接に対して解き方や答えを覚えて挑もうとすると必ずボロが出ます。 どのような問題がでても対応できるように普段から物事を論理的に考える訓練が必要です。

それでは、ケース面接対策方法として、どのように考えていけば良いのか一緒に見ていきましょう。

ケース面接で評価されるポイント・求められる力とは?

ケース面接でコンサルティングファームが評価するポイントは3つあります。

論理的思考力(ロジカルシンキング)

「考え方」をみているケース面接で最も評価されるポイントといってもいいでしょう。
コンサルタントとして、クライアントから依頼される課題に対して、直感で解決策を提示するわけにはいきません。「答え」のない課題に対して解決策を提示し実行してもらうためには、問題の本質をとらえ、クライアントを納得させる論理的思考力が必要となります。

コミュニケーション能力

コンサルティングの現場ではチームで課題に取り組むことがほとんどであるため、周りの意見を取り入れながら一緒に解決策を考えていくためのコミュニケーション能力が必要となります。1人で解決策をプレゼンして満足、はい終わり、では当然面接官も採用したいとは考えません。ケース面接のディスカッションの時にはこの部分も意識するといいですね。

発想力

他の人と違う考え方をして独自性を出すことでまわりとの差別化を図ることができます。
ただし、ケース面接は「ロジカルシンキング」を見られている場になります。いきなりジャストアイデアのように伝えることは返って逆効果になる可能性もあります。いつ伝えるかが重要です。それにより面接官が興味を持ってくれてライバルの候補者に差をつけることが出来るでしょう。

大事なことなので繰り返しお伝えしますが、ケース面接で重要なことは「答え」を出すことではありません。面接官はなぜその回答になったのか、どうやって導き出したのか、ディスカッションを通じてロジカルに考えられているかをチェックしています。

ケース面接でよく耳にするフェルミ推定って何?

フェルミ推定はケース面接で使えるツール フェルミ推定とは、実際に調査することが難しい数値を、わずかな情報を元に論理的な推論を進め、短時間で概算をすることです。ケース面接を論理的に進めるためのツールとして、このフェルミ推定は非常に有効な考え方です。推定の問題には以下のような問題があります。

・日本の囲碁人口は?
・日本にある傘の数は?
・日本全国のガソリンスタンドの数は?

突然質問されて答えることができますか?考え方を知らないとなかなか難しいと思います。
では実際に問題の1つを推論していきましょう。

例題:日本の囲碁人口は?

国内の囲碁人口を特定していきます。
論理的に推論を進めていくにあたり条件を整理していきます。

・プロ棋士の母数は非常に少ないと考えて算出対象外とする
・囲碁人口は、月に1回以上囲碁をする人とする
・碁会所の他、オンラインゲームでやっている人も含むとする
・囲碁は知的ゲームであり義務教育が始まることと肉体的な衰えによる影響は少ないことを考え、6歳~80歳までの人口から算出する
・自分の高校の経験から300人中6人程度が囲碁部に入っていたので各年齢の2%が囲碁人口の算出対象とする

人口 1.2 億で、0歳~80歳を100%とし、年齢に対して人口が一様分布していると仮定すると、おおよその計算は

1.2億人×74/80=1億1100万人

このうち、2%が囲碁人口に相当することから、
1億1100万人×0.02=222万人

フェルミ推定の結果、現状の囲碁人口が222万人と特定できました。

ケース面接でよく出題される数値算定系の問題では、フェルミ推定を用いて算定された数値を利用して解決策を考えることが多いですが、その他にもフェルミ推定を使わないケースもたくさんあるためこちらも見ておくべきでしょう。

ケース面接問題(代表的な例題・パターン、ケースの種類)

ケース問題は実際のコンサルプロジェクトで取り組むような経営課題に関する問題が出る コンサルティングファームで出題される頻出パターン3つを紹介していきます。
ケース面接では実際のコンサルティングプロジェクトで取り組むような経営課題をテーマにしたケース問題が出されます。
内容は例えば社会問題や、あなたの趣味、その日の新聞内容、ニュースなど様々で、コンサルティングファームによって既に決まっている問題が出されることもあれば、面接官によっては当日の面接内容から問題が決まるなど、その問題内容は異なります。

数値算定系の問題

  • 囲碁人口を 5 倍に増やすには?
  • メロンの売り上げを2倍にするには?
  • 年末特番の視聴率を10%上げるには?

ケース面接で頻繁に出題されるのが数値算定系の問題です。売上・利益向上施策や人口を増加させる方法など実際に数値を算定して解決策を考える問題です。先ほど紹介したフェルミ推定などを利用して考えていきます。

所属する企業・業界に関する問題

  • 農機具メーカーの成長戦略を提案してください
  • 国内菓子メーカーが米国市場に参入するためにはどうすればよいか?
  • ネット証券が台頭してくる中で対面証券が生き残っていくための戦略は?

次によく出題されるのが所属している企業・業界の課題について考える問題です。面接官とのディスカッションも非常に重要になってきます。

その他(新規事業・社会問題など)

  • リモートワークの広がりで大ヒットが予想される新商品を考えよ。
  • 高齢化・人口減少が問題になっている地方を活性化するにはどうしたらいいか?
  • 昆虫の脚はなぜ6本なのか?

新規事業など0から1を考える問題や、ビジネスとは関係ない社会課題の解決方法を考える問題、答えのない問いについて考える問題が出されることもあります。 実践編!外資系戦略コンサルティングファームのケース例題

ボストン コンサルティング グループ(BCG)
グローバル消費財メーカーがパリ協定の環境影響削減目標を達成するためにはどのようなアクションを行うべきか?

マッキンゼー・アンド・カンパニー
ヨーロッパのトラックメーカーが電動トラックの生産及び販売に事業投資すべきか考えてください。

A.T.カーニー
クライアントである欧州の菓子メーカーが米国市場に高級商品ラインで参入しようとしている。このクライアントはそれを実行すべきか?

実際に戦略コンサルティングファームで公表されているケースを考えてみたい方はこちらをご参照ください。
ケース面接 問題集・ヒント集

実際にケース問題を考えてみましょう - ケース面接の思考方法

実際にケース面接の問題を一緒に考えていきましょう。
※今回紹介する思考方法は一例に過ぎず解き方の公式として覚えることはおすすめしません。
この項目を通じて論理的に考えるとはどういうことなのか、イメージを持っていただければと思います。

「考え方」をみられるケース面接で面接官に論理的思考力をアピールするために 最も重要なポイント「どうやって考えたのか」を明確にするために、解決策の手順を分解して考えていきます。
大きく分けると
1. 前提条件の確認
2. 現状分析
3. 原因特定
4. 解決策提案
の4つに分けることができます。

ケース問題:囲碁人口を5倍に増やすには?

今回は数値算定系の問題の1つを考えていきましょう。フェルミ推定を利用して数字を計算する部分など、ご自身で考えてみてください。「自分で考えること」が大切です。

前提条件の確認

抽象的なお題に対して、「何年以内に5倍にするか」「資金出資者は誰か」「囲碁人口の定義」など、具体的な条件を自分で設定したり面接官に確認したりして定義づけします。そうすることで今後論理的に推論を進めていくことができます。
今回の場合は
・国内の囲碁人口を5倍にする
・3年以内に5倍にする。
・日本棋院が囲碁の普及活動のために1億円の投資資金を提供する
・囲碁人口とは碁会所やオンラインゲーム、地域の交流所など場所を問わず、月に1回以上囲碁を嗜む人とする
を前提条件として定義します。

現状分析

3C分析やSWOT分析などのフレームワークや、さきほど紹介したフェルミ推定などを用いて現状の分析をしていきます。現状を把握することで原因特定の段階を論理的に進めることができます。
この問題では現状の囲碁人口を求めていきます。先ほど紹介したフェルミ推定を利用して囲碁人口を求めてみましょう。

原因特定

現状分析で示された結果を踏まえ囲碁人口を5倍にするために取り込む年齢層やターゲットを考えていきます。取り込める可能性が高く効果が大きいターゲットを特定します。この手順を踏むことで、なぜその解決策を提案したのか、を説明するときに説得力が増します。
今回の場合は年齢の観点でターゲットを特定していけそうです。あなたがターゲットとして考える層の人数を求めてみてください。

解決策の提案

いよいよ解決策提案の段階です。論理的に考えたうえで出てきた解決策ならば十分ですが、余裕のある人はさらに独自性のある解決策を提案することで、ほかの候補者との差別化を図ることができます。いくつか出した解決策の中で効果と実現性をふまえて決定したものの仮説検証をしていきます。

まずは解決策として先ほど考えた取り込める可能性が高く効果が大きいターゲット層の取込方法を考えます。
「囲碁を題材にした人気漫画を小・中学校の図書館に置く」
「週に1回囲碁大会を開き参加賞を配る」
「囲碁をやる子供は頭が良くなるということを伝える」
「日本棋院がオンライン上で大会を開き、レートが近い人同士を対戦させ勝ったらポイントがもらえる仕組みを作る」
等いろいろな考えが思いつきます。
期間や金額を考えてどの施策をとるか決定します。
前提条件の日本棋院の出資金1億円の有効的な使い道を考えてプランを考えるといいでしょう。
具体的なプランを立てたら次は仮説検証です。実現可能性や資金の観点で検証していきます。仮説検証することによりプランの説得力を強めることができます。

ケース面接においては「論理的に考える」ということが重要
いかがだったでしょうか。一つ一つ段階を追って考えることで論理的に解決策を導くことできます。ケース面接では解決策の提案後に面接官とディスカッションする時間があります。論理的に考えることでこのディスカッションもスムーズに進めることができるでしょう。

繰り返しになりますがケース面接の目的はコンサル適性があるのか「考え方」をみることです。答えばかり気にしすぎると本質から外れます。この部分を意識していないと長時間かけて対策をしても面接通過には結びつかないでしょう。
次の項目ではケース面接の失敗例をご紹介します。

ありがちなケース面接失敗例

・「正解」にこだわりすぎる
正確性を意識しすぎてしまう。論理的に考えられたうえで結論が出ているかが重要。

・面接官に質問をせずにケース問題を進める
ケース問題を正確に進めるために、前提条件の確認など必要な質問をしましょう。

・思考が浅い
自分自身で深く考えずすぐにフレームワークを使ってしまう。ツールとしてフレームワークを利用するのはいいが、何故そのフレームワークを使ったのか論理的な説明が必要。

・優先順位を考えない
論点が複数ある場合、全部解決しようとするのではなくインパクトの大きいものに焦点をあてる。

・他人の意見を聞き入れることができない
面接官とのディスカッションで出された意見を取り入れることができない。

ケース面接の対策として問題と解き方をひたすら暗記しようとする方が多いですが、それでは面接官である現役のコンサルタントには通用しません。面接官は予想もできない問題を出してきたり、鋭い質問をしてきたりします。ケース面接を成功させるにはどのような対策をしたらいいのでしょうか。

ケース面接の対策方法・勉強法は?

答えや解き方の暗記は通用しない!論理的思考力を磨くことが一番大事
ケース面接の対策で最も有効なのは、ご自身で問題集や面接練習などを通じて多くの問題に触れて論理的思考力を磨いていくことです。ケース面接の解き方や答えを教わったからといってできるようになるわけではありません。日頃から自己研鑽しておくことで、どのような問題が出題されても焦らずに対応することができます。

最後にひとつ注意して頂きたいことはケース面接はあくまでも選考プロセスの1つに過ぎないということ。 他にも書類選考や通常の面接など重要な選考プロセスがあります。これらを突破するためにはコンサル業界について詳しく知る必要があります。ケース面接のみに囚われて他プロセスを疎かにしてはいけません。
コンサル転職の全体像はこちらから
未経験からコンサルタントへ転職するための対策方法を一挙公開!少しでもコンサルに興味をお持ちの方は是非一度ご覧ください。

コンサルティングファームは非常に人気企業となっていますが、その門戸は狭いものとなっています。
ムービンではコンサル業界出身者のキャリアコンサルタントが、業界情報のご提供から、履歴書・職務経歴書の添削、ケース面接・選考対策(各社ごと)から面接日程調整など、転職に必要なすべてを無料でサポートしております。
ムービンのサービスについて

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。 コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業25年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサルタントへの転職をお考えの方へ

転職サービスはすべて無料となっております。
ムービンではお一人お一人に合わせた転職支援、そしてご自身では気づかれないキャリアの可能性や、転職のアドバイス、最新の情報をご提供致します。
コンサルタントへの転職をお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

圧倒的な支援実績を誇るムービン
・日本初のコンサルティング業界特化転職エージェント
・創業25年以上の実績とノウハウ、コンサル業界への転職支援実績No.1
・国内コンサルファーム約95%を網羅、BCG、DTCなど大手ファームにおける支援実績第1位

まずはキャリア相談から

コンサル出身者がおススメする参考書籍

ボストン コンサルティング グループ(BCG)、ローランド・ベルガー、デロイト トーマツ コンサルティング、アクセンチュアなど業界を代表するトップコンサルティングファーム出身の転職エージェントがおススメする参考書籍をいくつかご紹介します。

東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート

東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート
どんな問題も「3ジャンル、5ステップ」で解ける、東大発、新思考システム!試験問題、日常の問題、ビジネスの問題……世の中にはさまざまな「問題」があり、それぞれの問題を解くには専門知識が必要と思われがちです。

現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート

現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート
東大生も感動した、最高の思考トレーニング。「フェルミ推定」とは、日常生活、勉強、就活、ビジネスまで、あらゆる場面で一生役立つ万能の脳力を鍛えてくれるトレーニング・ツール。

過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題

過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題
外資系コンサル会社で実際に出題されている地頭力を問う面接問題とその模範解答例を紹介する。地頭力を鍛えたいビジネスパーソンにおすすめの一冊。

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
最新の情報はインターネットでいくらでも入手することができる、今の時代にこそ必要な「考える力」。それは、膨大な情報を選別して付加価値をつけていくという、本当の意味での創造的な「考える力」である。

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル
論理的に思考を整理する技術:MECEとSo What? / Why so? MECE(ミッシー)ー話の重複・漏れ・ずれをなくす技術。本書では、知っておくと便利なMECEのフレームワークをご紹介。技術を実践できる「集中トレーニング」が載録!

戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法―――マッキンゼーの元面接官が教える秘密のノウハウ

戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法―――マッキンゼーの元面接官が教える秘密のノウハウ
世界100カ国以上のコンサル志望者が読んでいる、マッキンゼー、BCG、ベイン、A.T.カーニー、ローランド・ベルガー…など外資系戦略ファームの必勝法。面接テクニック、思考法、フレームワーク活用法、勉強法までを網羅。

もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?

もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?
多様な業界・企業・団体の経営について投げかけられる「あなたが●●の責任者ならばどうするか?」という問いに対し、大前氏が解説する現状分析・課題設定・解決策提示をなぞりながら「自分ならばどうするか?」と繰り返し問いかけ、経営の思考トレーニングを積むことができます。

コンサルティングファームの選考対策

コンサルタント転職 関連情報

キャリア相談会 プライベート個別相談会開催中 キャリア相談会 コンサル転職に関する疑問・不安はプロに聞くのが一番早い!ざっくばらんに話せる個別相談会を随時実施しています。今すぐの転職をお考えでない方も歓迎していますのでお気軽にご相談ください。

PIVOT出演記念企画 久留須シニアパートナー特別キャリア相談会 個別相談会開催中! PIVOT出演記念企画 久留須シニアパートナー特別キャリア相談会 ビジネス映像メディア「PIVOT」出演を記念して20名様限定でコンサル業界のこと、キャリアのこと、をお答えする特別キャリア相談会を開催します!

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

スカイライトコンサルティング スポーツビジネス キャリアセミナー 2024年3月19日(火)12:00~13:00 スカイライトコンサルティング スポーツビジネス キャリアセミナー スポーツ×ビジネスに興味のある方必見!代表自ら登壇し、同ビジネスの取り組み背景や今後の可能性について、プロジェクト事例も交えてお話しします。

【PEファンド】日本共創プラットフォーム(JPiX)ムービン限定スモール座談会 2024年3月18日(月)19:00 締切:2024年3月15日(金) 【PEファンド】日本共創プラットフォーム(JPiX)ムービン限定スモール座談会 経営共創基盤(IGPI)が立ち上げた投資会社のJPIXにてムービン限定のスモール座談会が開催決定!充足次第締め切りますのでお早めにお申し込みください!

【官民共創】NTTデータ経営研究所 戦略コンサルタント 集中選考会 2024年4月13日(土)17日(水)18日(木) NTTデータ経営研究所 戦略コンサルタント 集中選考会 NTTデータ経営研究所の戦略部門にて集中選考会が開催されます!官民双方に強みをもつコンサルティングファームですので興味のある方はこの機会にご応募ご検討下さい。

EY新日本有限責任監査法人 気候変動・サステナビリティ領域(ESG、人権、金融)休日説明会/選考会 2024年3月9日(土)11:00 EY新日本有限責任監査法人 気候変動・サステナビリティ領域(ESG、人権、金融)休日説明会/選考会 サステナビリティ・ESG領域にてコンサルタントを目指す方のために休日選考会が開催されます。説明会のみのご参加も可能ですのでぜひこの機会にご参加をご検討ください。

KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 毎週第一・第三水曜日 12:00~13:00 KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 現場で働く生の声を候補者に届けようとスタートした取り組みで、毎週、現場社員と採用リクルーターがトークセッションを実施しています!是非お気軽にご参加ください!

その他セミナー一覧はこちらから

SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。 SDGsプロジェクト始動! ムービンは持続可能な開発目標を支援しています ムービンはSDGsに賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

TOPへ

株式会社ムービンストラテジックキャリア

初めての方へ

弊社ムービンをはじめて知った方、はじめてサイトに来て頂いた方に、弊社ムービンの転職サービスについてのご紹介と弊社HPの活用方法をご紹介いたします。

20年以上にわたりコンサル業界に特化したご転職支援を行っています。スタッフも少数精鋭でホンモノの人脈・情報を有しております。

コンサルティングファームはもちろん、国内・外資の大手事業会社をはじめ、ファンド、投資銀行、ベンチャーなど様々な支援実績がございます。

コンサル業界専門だからこそ各コンサルティングファームの圧倒的な情報量を保有しており、戦略系、総合系(BIG4)、IT、人事など外資系日系を問わず、国内大手の有力ファームすべてがクライアント

プライバシーマーク

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

【必見】未経験からのコンサル転職

ノウハウ大公開!
コンサルタント転職・対策方法

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法をご紹介します。

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

これから何を準備すればいいのか、疑問・不安に思っている方へ「コンサル転職対策プライベート相談会」を開催します。

パートナー 特別キャリア相談会

パートナー 特別キャリア相談会

弊社トップエージェント陣による特別キャリア相談会(1on1)を開催します。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

1分程度の入力で簡単登録できます

コンサルタント転職支援、実績No.1の人材紹介会社ムービン。業界出身者が転職をサポート!

ムービン

まずはキャリア相談から

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

日本初!コンサル業界特化転職エージェント 創業25年以上の転職ノウハウ