HP、IT予算を可視化できるプロジェクト管理製品

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は9月14日、IT財務管理をサポートするプロジェクトポートフォリオ管理ソフトウェアの最新版「HP Project and Portfolio Management 8.0」(PPM 8.0)を発表した。最新版では、従来と同様にITプロジェクトに関する統合的管理機能や、投資決定に関するサポート機能を提供するほか、新たにIT財務に関するさまざまな可視化機能を提供する点が特徴だ。


 PPM 8.0は、IT財務に関わるさまざまな可視化機能を搭載したプロジェクトポートフォリオ管理製品。資産管理製品と連携することで、ITプロジェクトで重要な“人”と“モノ”の両方の管理が可能になる。最新版では、IT財務管理機能を強化。IT投資を決断する際に材料となる各種財務情報を可視化し、ITに関するコストの最適化をサポートする。価格は最小構成時で710万4720円から。
 日本HP HPソフトウェア・ソリューションズ統括本部 ビジネス・テクノロジー・ソリューション事業本部 マーケティング部長谷修氏は、「リーマンショック以降の不景気で、IT予算は2008年の前年比8%増から、2009年は同3%減になると予測されている。つまり、前年比 11%減の状態だ。当然そのような状況だと、情報システム部も“○△コスト削減プロジェクト”というものが中心となり、新規システム/サービス開発プロジェクトは激減しているだろう。しかし、“危機はチャンス”という言葉もあるように、投資を激減させるとその後の景気回復時に衰退する可能性もある。このような状況を踏まえて、ITコストをきちんと可視化し、投資すべきものにはきちんと投資することが重要だ」とIT財務状況を可視化する重要性を説いた。
 PPM 8.0で主に強化されたのは、「IT財務機能」「他製品との連携」「日本語対応」の3つ。日本語対応ではPPM 8.0をインストールすれば、それぞれのユーザーが別々の言語で利用できるようになった。例えば、米国人のAさん、中国人のBさん、日本人のCさんの3人で行っているプロジェクトがあった場合、Aさんの画面には英語が、Bさんの画面には中国語、Cさんの画面には日本語がそれぞれ表示されるようになった。


 他製品との連携では、サーバなどの固定資産を管理する「Asset Manager」、要件を登録・管理できる「Quality Center」などとの連携を実現。他社製の資産管理製品との連携も可能だという。同社 ビジネス・テクノロジー・ソリューション事業本部ソフトウェア・ソリューション技術本部 技術第三部中村靖雄氏は、「IT財務管理を行ううえでは、“人”と“モノ”の管理が重要だ。その意味でも資産管理ソフトウェアとの連携は重要なポイントだった」と説明した。
 IT財務機能の強化では、IT財務サマリー画面を設定し、予算や実績管理と割り当てられた予算の消費ペースの管理などが可能になった。この機能によって、予算消化完了の時期が判明する。例えば、「このままの予算消化スピードだと、1カ月後には予算を使い果たしてしまう」といったことがグラフ化して表示することができる。また、リスクと効果を縦軸・横軸に設定したバブルグラフを表示することで、「リスクが高い割には効果が少ない」といった案件を一目で見つけることが可能だ。
 「もちろん役職や立場によって、見せる機能は異なってくる。例えば、ITポートフォリオマネージャというIT予算を割り振る役職がいたとすると、その人に対しては、『どのプロジェクトに予算をつけるか?』といった点を判断するためのさまざまな情報を提供する。これらの情報を可視化して提供するので、非常に直感的に判断できるだろう」(中村氏)とコメントした。
 PPM 8.0のメインターゲットは、社員1万人以上の大企業、もしくはIT部門員500人以上の企業。長谷氏は、「プロジェクトが多いほど、効果を発揮できるだろう。大企業でなくとも、プロジェクトが100個以上あるような企業では、かなりの効果が期待できるのではないか。パートナーやコンサルティングファームとも連携し、ITサービス管理市場でのリーディングベンダになりたい」と抱負を語った。

2009年 9月9日
atmarkIT

日本HP
2007年に総売上高で1000億ドルを超え世界第1位のIT企業となったコンピュータ関連企業。1963年に日本の横河電機とヒューレット・パッカードとの合弁企業、横河ヒューレット・パッカード (YHP) として設立。最近では、データセンターを中心とするIT基盤、および企業、個人、公共・公益におけるITサービスの変革に向けて『HP Cloud』を展開しており、その中で、クラウドを取り込みながらITサービスの最適化を実現する『HP Hybrid Delivery』ソリューションを提供している。また、クラウド環境の設計・構築・管理・運用のアーキテクチャの提供だけでなく、クラウドの企画段階までをサービスで体系化している。

日本HPについて

コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 

初めての方へ

A.T. カーニー 女性向けキャリアアップセミナー 女性コンサルタントがどのように活躍しているのか、実際のプロジェクト事例やワークライフバランスなど、実際のコンサルタントの方の体験談を交えながらご紹介頂けます。 締切間近

トリドール(丸亀製麺) 次世代リーダー キャリアセミナー 丸亀製麺で有名なトリドールが、9月27日(水)に次世代リーダーポジションについてのキャリアセミナーを開催いたします!

コーン・フェリー・ヘイグループ キャリア採用セミナー 経営戦略と組織・人をつなぐ組織戦略コンサルティングの仕事内容と、この分野で培うことができるスキルやキャリアについて解説いたします。

「キャリアを考える。」夏季特別プライベート相談会 売り手市場で広き門に。求人が多い状況、だからこそ立ち止まって考える必要があります。

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

キャリア相談会のご案内 今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top