東証アローヘッド特集:1カイ2ヤリの個人投資家は総撤退か

アローヘッドの導入によって一部の個人投資家は投資スタイルの変更を余儀なくされることになりそうだ。あまりの高速取引となるために、売買情報のみに基づいて取引判断するような手法は、事実上不可能になるからだ。
 今後は相場のトレンドやバリュエーションに基づいた投資手法が主流になる見通し。一方、機関投資家にとっては、アルゴリズム取引を行いやすくなるほか、トラッキングエラーの減少などリスクが軽減されるなどメリットが多い。
 <米国ではデイトレーディング学校が減少>
 最も影響を受けるとみられているのが、1カイ2ヤリといった超短期の取引手法を得意とする一部のデイトレーダーたちだ。1カイ2ヤリとは1円で買って2円で売るという意味。何円に何枚注文が入ってるのか個別銘柄などの板情報を見て、例えば101円で買って102円で売ることを繰り返し利益を上げる。
 板に売り注文が出てるのをみて買い注文を入れるのだが、アローヘッドでは、これまでの100倍というスピードで約定されてしまうため、買おうと思った次の瞬間には売り注文がなかったという事態が容易に起きうる。東証のホームページに15分の1のスピードに落としたデモ画面(  http://www.tse.or.jp/rules/stock/arrowhead/pamphlet.htmlを参照 )があるが、それでも人間の目では追えない速さだ。
 反射神経に頼るような投資スタイルは、高速・小口取引が可能になるアローヘッドが導入され、コンピューターのプログラムで自動売買するアルゴリズム取引や短時間に大量の注文を出すハイ・フリークエンシー・トレーディング(HFT)などのシステム売買の活発化が予想される中で、圧倒的に不利になる。
 実際、野村総合研究所・主席研究員の大崎貞和氏によると、米国にはかつて「デイトレーディング学校」なるものが存在し、個人投資家にデイトレーディングの方法を教えたり取引用の端末を貸し出したりしていたが、米国証券取引所のスピードが格段に上昇して行った2001年以降は目立って聞かれなくなったという。
 売買の価格を指定しない成り行き買いにも注意が必要だ。これまで約3─4秒かかっていた約定が、0.04ミリ秒以下になるわけだから、あっという間にストップ高・ストップ安がついてしまうことになる。思わぬ高値・安値で売買してしまうおそれもある。
 <流動性増加は個人にとってもメリット>
 ただ、すべての個人投資家が、機関投資家によるアルゴリズム取引や高速取引によって「食い物」にされるという見方も間違いだ。従来のオーソドックスな、バリュエーションやテクニカル分析をベースにした投資方法がなくなることはない。アローヘッドと同じ、もしくはもっと速いような高速約定システムを使っている欧米の株式市場でも、個人投資家は依然として十分な取引シェアを有している。
 ニューヨーク証券取引所では1990年代の終わりごろは1日50─60万件だった取引件数が、今年7月には900万件近くにまで拡大している。取引高速化に伴って、より小口の取引が多数入るようになったためだ。流動性の増加は、取引を行いやすくし、適切な市場価格により近づくことになるという市場全体のメリットもある。 
 成り行き注文には注意すべきだが、アルゴリズム取引などは価格の動きを一方向に加速させるプログラムだけではない。マーケットバリューから離れたと判断すれば反対売買を行うプログラムもあるため、逆にボラティリティを抑える可能性もある。
 投資歴20年になる、ある個人投資家(46)は恐れていないという。「約定が速いのはいいことだ。1カイ2ヤリといった取引手法は不利になるが、別の取引手法を見つければいい。流動性が増加すれば個人投資家にとっても取引がしやすくなる。大口取引によるマーケットインパクトが減ることも、個人にとってはメリットの1つだろう」と話している。
 <機関投資家は安全な約定が最優先>
 一方、機関投資家にとってはアローヘッド導入のメリットは多い。「呼び値」が縮小し、例えばこれまで2000円以上の株価は5円きざみだったが、来年からは1円きざみとなる。VWAPといった理論値に基づく手法では、より「理想的な」価格で購入することができるため、日経平均などとのかい離をできるだけ小さくしたいパッシブ系運用者も、トラッッキングエラーを減らすことができる。
 さらに大口の注文では自らの売買で値段に大きな影響を与えてしまうマーケットインパクトも、小口化により抑えることができる。
 「最良執行」についても、これまで以上に意識が高まる見通しだ。取引の高速化、システム化によってPTS(代替執行市場)の発達も予想されており、投資家は、そのなかで一番「最良」の価格で売買することができるようになる。日本では東証に取引が集中していた時代が長いためか、日本の機関投資家や運用者の中に「最良価格」を求める意識が低いとの声もあるが、今後は、PTSの価格を一覧で表示できるような端末も増えてくるため、投資家の間で「最良価格」を求める土壌が広がってこよう。
 ただ、ある機関投資家のファンドマネージャーは慎重な姿勢を崩さない。「最も重要なのは安全な約定。執行先などの選定は実際にアローヘッドが動いてからでも遅くはない」と「安全第一」を強調する。
 それだけに来年1月4日にきちんとシステムが動いてくれることを望むだけだという。

2010年 4月30日
ロイター

野村総合研究所
日本の最大手シンクタンク、コンサルティングファーム、システムインテグレーター。顧客の問題を先取りして解決策を導き、具体的な解決策を実施・運用していく、一貫したトータルソリューション(ナビゲーション×ソリューション)を提供できる総合的な体制に特色がある。ナビゲーション、ソリューションそれぞれのサービスにおいて、専門性が特化されてきた分野について、積極的に分社化し、NRIグループを形成している。金融業・流通業に強みがあり、日本郵政公社(現 日本郵政グループ)の郵政総合情報通信ネットワーク、簡易保険システムの構築など、公共分野も拡大している。ソリューションは、(1)社会・産業の予測と展望、(2)市場分析・業務分析・経営診断、(3)企業経営・政策立案に関する提言、(4)経営・業務革新のソリューション提示、(5)システム設計・ソリューション提供、(6)アウトソーシング・システム運用、(7)ビジネスの実行支援、の7つで構成される。

野村総合研究所について

コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 

初めての方へ

アーサー・D・リトル(ADL) キャリアアップセミナー 戦略コンサルティングファーム、アーサー・D・リトル(ADL)が11月26日(日)にキャリアアップセミナーを開催いたします。

デロイトトーマツコンサルティング合同会社(DTC) Strategyユニット中途採用セミナー 現役コンサルタントからDTCを選んだ理由やプロジェクト事例などの紹介もありDTC Strategyの理解を深めていただけるセミナーとなっております。

デロイトトーマツグループ 女性限定リクルーティングセミナー デロイトトーマツグループ全体でプロフェッショナルァームでのキャリアに興味ある女性を対象としたセミナーが開催されます。託児所も用意しております。

NTTデータ経営研究所 社会システムデザインユニット(公共系コンサル) 休日集中説明選考会 社会システムデザインユニット(観光、オリンピック関連、電子行政、インフラ輸出、IoTなど官公庁・政府向けのコンサルティング)にて集中選考会が開催されます。

PwCコンサルティング合同会社 大阪オフィス採用 1日選考会 Uターン・Iターン歓迎!週末の1日で、1次面接〜人事面接まで全プロセスを完了出来ます。普段はお忙しくなかなか面接に進めないという方は、是非ご参加をご検討頂ければと思います。

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

キャリア相談会のご案内 今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top