インタビュー:資産運用機関08年度末運用残高は前年比2割減=NRI・堀江氏

野村総合研究所(NRI)によると、日本における資産運用機関の運用残高は08年度末に約310兆円となり、前年度末に比べ2割弱減少した。
 株安や円高による資産価値の目減りが主な要因で、運用収入も同2割減少し、各社の収益環境は急速に悪化している。NRI金融市場研究室上席研究員の堀江貞之氏は17日、ロイターとのインタビューで「09年度も市況の急回復がない限り、損益トントン、または赤字の会社が増える可能性があり、運用機関を取り巻く環境はとにかく厳しい」と述べた。
 残高の縮小や減収を受け、運用各社は既に人員削減を含むコスト削減を進めているが、堀江氏は09年度も追加的なコスト削減が予想されるほか、外資系運用会社に絡む事業再編や国内メガバンク系運用会社による統合の検討など業界再編に向けた動きが出てくる可能性もあると指摘した。
 <投信残高の回復には2─3年かかる>
 NRIの推計によると、生保や信託銀行を含む資産運用機関の08年度末運用残高は前年度末比約64兆円減少し、同社が統計を取り始めた99年度以来最大の減少額を記録した。08年度の運用収入も同1759億円減の約7500億円となり、堀江氏は「07年度までの5年間で収入が約3倍に膨らみ、営業利益率が30%を超えるなど、ほぼ一本調子で成長してきた資産運用ビジネスが大きな転換点に立っている」とみる。
 08年度の運用収入の減少率をみると、投資顧問分野は10─20%にとどまったもようだが、公募投信分野は約26%と落ち込みが大きく「投信を運用の柱とする運用会社の中には運用収入が4割以上減ったところもあるようだ」(同氏)という。投資顧問分野については、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が財政融資資金の預託金償還で新規資金を投入したことが資金フロー面でプラスだったが、投信分野では昨年9月の米リーマンショック以降「投資マインドの冷え込みで個人マネーが投資から預金に逆流した」(同氏)ことが響いた。
 NRIは、資本市場の時価変動がなく、経済が正常な水準に戻ったと仮定した場合、投信残高が08年3月末の水準に戻るには「早くても2、3年はかかる」と予想している。同社によると、投信の資金流入回復には投資家が保有するファンドの損益率が一定水準まで改善することが必要で、日本株ファンドについては「日経平均1万2000円」、外債ファンドでは「円/ドル106円、円/ユーロ136円」が回復時期を占ううえで目安になるという。
 堀江氏は、個人マネーは中長期的には高い利回りを求めて投資性商品に再び向かうとみており、「日本の資産運用ビジネスは成長軌道に回帰できる」と楽観視している。ただ、足元では貯蓄率が上昇し、運用商品のなかで投信や個人年金ではなく国債など安全資産が好まれており、「これらの資金滞留が長期化することが(資産運用ビジネスにとって)最大のリスク」とみている。 
 <追加的コスト削減や再編の可能性も> 
 収益環境の悪化を受け、運用各社はコスト削減を加速している。「日本の運用会社の多くは人員に手をつけず、コスト管理に重点を置いているが、外資系では投信の販売会社サポート部門の人員を削減したり、広告費を削ったりしているところがある」(堀江氏)という。09年度についても同氏は「営業コストの引き下げなどさらなるコスト圧縮が続く」と予想する。
 ただ、コスト削減のため販社向けサポートを削っている運用会社と、厳しい環境下でもサポートを継続している運用会社とでは「販社側の評価が分かれるため、相場の好転で投資の流れが復活した時には残高や運用収入を積み上げる上で差が出てくる」とみている。
 堀江氏はまた、世界的な金融危機が長期化しているため「外資系金融機関の事業再編が進む可能性が高く、その中で運用子会社を売却することもありうる」と予想する。その結果、日本に進出している外資系運用会社で資本構成が変化するケースも考えられるという。さらに、メガバンクが資本を注入した外資系金融機関の日本の運用子会社と、傘下の運用子会社を統合させたり、国内の系列運用会社同士を統合させたりする検討を行う可能性もあるとみている。 
(ロイター日本語ニュース 大林優香記者)

2009年 4月11日
ロイター

野村総合研究所
日本の最大手シンクタンク、コンサルティングファーム、システムインテグレーター。顧客の問題を先取りして解決策を導き、具体的な解決策を実施・運用していく、一貫したトータルソリューション(ナビゲーション×ソリューション)を提供できる総合的な体制に特色がある。ナビゲーション、ソリューションそれぞれのサービスにおいて、専門性が特化されてきた分野について、積極的に分社化し、NRIグループを形成している。金融業・流通業に強みがあり、日本郵政公社(現 日本郵政グループ)の郵政総合情報通信ネットワーク、簡易保険システムの構築など、公共分野も拡大している。ソリューションは、(1)社会・産業の予測と展望、(2)市場分析・業務分析・経営診断、(3)企業経営・政策立案に関する提言、(4)経営・業務革新のソリューション提示、(5)システム設計・ソリューション提供、(6)アウトソーシング・システム運用、(7)ビジネスの実行支援、の7つで構成される。

野村総合研究所について

コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 

初めての方へ

その他セミナー一覧はこちらから

アビームコンサルティング  【大阪開催】キャリアセミナー 大阪並びに関西で、コンサルタントに興味を持っていただいている方は、是非この機会に参加して頂ければと思います。

ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー 現役コンサルタントによるパネルディスカッションのほか、会社紹介、希望者を対象に選考会を実施致します。

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

東大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

東工大出身者のためのプライベートキャリア相談会 東工大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

一橋大学出身者のためのプライベートキャリア相談会 一橋大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

キャリア相談会のご案内 一橋大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

メールマガジン

戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 6F
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

Page Top

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントへの転職方法

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録