「巨額の評価損」総会前に批判強まる 株式持ち合い、投資家ら追及も

 今月下旬にピークを迎える株主総会を前に、企業の株式の「持ち合い」に投資家が厳しい視線を向けている。金融危機に伴い巨額の評価損を決算で計上する企業が相次いだためで、日本の“企業文化”に批判的な外国人投資家だけでなく、国内の機関投資家や議決権行使助言会社も企業側に情報開示や説明を求めたり、総会での糾弾も辞さない動きが広がっている。

 大手資産運用会社の大和住銀投信投資顧問の蔵本祐嗣投資調査部長は「企業が持ち合いについて経済合理性の観点から説明ができるか注視する」と強調する。具体的には、最終利益の2割程度の有価証券評価損を計上し、とくに持ち合いなどについて合理的な説明ができない企業などに、総会で役員選任議案に反対する可能性があるという。

 やはり大手資産運用会社の日興アセットマネジメントは、5月に議決権行使ガイドラインを改定し、企業が守るべき原則について「企業価値に重大な影響を及ぼす有価証券投資の有無(の情報開示)」の文言を加えた。持ち合い株の評価損を意識したもので、「ただちに持ち合いの解消を求めてはいない」としているが、総会シーズンを前に、持ち合いの目的や今後の方針について説明を求める姿勢を明確にした。

 議決権行使助言会社の日本プロクシーガバナンスも2月にガイドラインを見直し、買収防衛策の導入について「原則反対」としながら、「株式持ち合いについての方針説明があること」などを条件に検討するとした。その背景には、日本企業の間では、「持ち合いが買収防衛策にも使われている」(東京海上アセットマネジメント投信)ことへの疑念があるようだ。

 実際、持ち合いは、バブル崩壊後に一時解消に向かったが、買収防衛目的もあり、ここ数年は再び増加。野村証券金融経済研究所によると、市場全体の時価総額に占める上場企業の「持ち合い比率」は、07年度まで2年連続で上昇している。

 しかし、昨年9月以降の株価下落で、09年3月期決算で大企業の多くが巨額の有価証券評価損を計上。NECは4057億円、三井物産は1723億円(いずれも単体)に上る。評価損は減益や赤字の拡大に直結し、投資家も減配や無配転落という形で「被害」を被った。「時価会計により、株価の下落が大きな損失につながる」(アナリスト)傾向は、今後も強まる見通しだ。

 エーザイは、総会の招集通知で持ち合いに関して詳細に説明しているが、こうした企業はまだ、ほとんどないのが現状だ。大和総研経営戦略研究所の藤島裕三主任研究員は「『日本は特殊』ということだけで、持ち合い批判をかわせた時代は過ぎた。個々の企業が持ち合いの理由をきちんと説明することが求められており、投資家もそれを期待している」と指摘する。

2009年 6月14日
フジサンケイビジネスアイ

大和総研
国内のいくつかの金融系シンクタンクと同様に、システムインテグレータ (SI) としての事業が主力である。大和証券グループのシステム開発・運用のほか、グループ外の証券会社、通信業者、地方公共団体などのシステム開発・運用を受託している。SI事業のほかには、金融・資本市場に関連するマクロ経済調査、企業調査などのリサーチ事業、経営コンサルティング、年金コンサルティングなどのコンサルティング事業を展開している。

大和総研について

コンサルティング業界の最新ニュースをお伝えします。最先端の業界で何がどう動いているのかをWatchすることで、広くビジネス界全体の今後の動きを展望することができるはずです。

ニュース検索はこちらから 

初めての方へ

20代、コンサルティングファームへの転職 20代、コンサルティングファームへのご転職をお考えの方は是非ご一読ください!

アーサー・D・リトル(ADL) キャリアアップセミナー 戦略コンサルティングファーム、アーサー・D・リトル(ADL)が11月26日(日)にキャリアアップセミナーを開催いたします。 締切間近

デロイトトーマツコンサルティング合同会社(DTC) IP&S ユニット 休日選考会 当日ご面接にお越しいただける方については、最終面接までを同日中に実施する予定です。休日に1日で面接プロセスを完了できる機会です。

多忙な方へ!! 早朝個別キャリア相談会 いつもより少し早起きをして、是非当社コンサルタントにご相談されてみませんか?

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

キャリア相談会のご案内 今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top