ドリームインキュベータ(DI) 代表取締役社長 山川 隆義氏インタビュー

ドリームインキュベータのビジネスプロデュース

movin:

今、山川社長からお話を頂きまして、ドリームインキュベータの本当の姿を垣間見た感じがするのですが、このようなビジネスプロデュースのための動き方は、一体どのようにして御社内で身に付いていくのでしょうか?
といいますのは、市場の認識や候補者の皆様から見ますと、ドリームインキュベータは戦略コンサルティングファームだと認識されている方が大多数だと思います。御社の会社紹介セミナーに参加した皆様は、事業経営・投資育成や次世代事業創出といったビジネスプロデュースのお話をお聞きになって、御社にとても魅力を持つ方が多いですが、それでもやはり戦略コンサルティングファームという認識のほうが強いと思います。戦略コンサルティングをベースにしてビジネスプロデュースもできる、というイメージですね。そうしますと、戦略コンサルティングファームであるという認識でご入社された方々が、どのようにして先程お話し頂いたビジネスプロデュースの仕方やマインドを身に付けていくのでしょうか?

山川様:

先程のような話を、多少はしていると思います。あとは、ビックピクチャーでかつロングタームで考えた時に、何か集中型で推し進めるよりも、分散型でそれぞれが動いて必要に応じて結びついた方が良いポジション取りができるはずだと考えています。まぁ、これはどうなるかは分かりませんけれど、我々はベンチャーですからそちらに賭けているというのもありますし、世の中の流れもそうなっているというのもありますし。

例えば、世の中すべての人が何を考えていて何を考えていなくて、何を知っていて何を知らないかを全部分かったとしましょうか。そうしたら、何かをやる時に瞬間で終わりますよね。この何かをやるうえで必要な人はこの人とこの人とこの人で、この人達にこれだけの時間を使ってもらえれば、はい終わり、みたいな感じです。知っていれば瞬間で終わります。ですが、知らないと一生懸命に努力して長い時間もかけて、実は余計なことにも時間をかけてしまったりして、結局やりたいことができなかった、というような話もあると思います。ですので、世の中のアーキテクチャーを全部もし分かっているとしたら非常に早く物事が進むわけです。ここまでではないとしてもドリームインキュベータは社内の人間が色々なことをやっているわけですから、社内の誰が何を知っていて誰が何を知らないかというのが分かったとしたら、何かをやりたい時に瞬間でできると思います。だから今ドリームインキュベータでは、あちらこちらで色々なことをやっています。
重要なのは、その中で自分自身をどういう風に見るかです。何かをやろうとした時に、少し全体像をみて、社内で既にやっている色々なところから何が持ってこれるか、持ってこれないところは自分がそこを知っている人間になれるか、知っている人間になれば次は他の人から使われることもあるか、ということが重要だと思います。

movin:

なるほど。
では、ドリームインキュベータのビジネスプロデューサーというのは、それぞれが得意領域を持っていて、他の領域の知見を持った方々や専門家の方々とのリレーションがあって、そのような社内外のネットワークを上手く使ってビジネスをプロデュースする人、ということですか?

山川様:

そうです。それが弊社の特徴です。で、その中でもちろんコンサルティングもやっていきます。例えば、コンサルティングの仕方も上手くネットワークを使います。まずは全体像をつかんで、それぞれの業界のパートナーと話をするわけですね。これは映画やテレビのプロデューサーに似ていますね。まずシナリオがあって、そのシナリオ通りにやるためにはこのような配役が必要だというのが分かって、そしたらその配役に交渉しにいかないといけない。シナリオは戦略に近いですね。では、その交渉をメインキャストから行うのか、サブキャストから行うのかとか色々進め方はありますよね。 例えばその交渉を進める中で、「メインキャストにはこのような方々がいてサブキャストにはこのような方々がいます。戦略シナリオも既にあります。このシナリオの中で、あなたにはこのような役でやって頂きたいのです。」、というような話ができたりしますよね。そうするとキャストも、「じゃあ、それでやりますか。」ということになります。このようにコンサルティングを進めて行くと、戦略作った後の実行がとてもスムーズに行えます。このためには、普段からネットワークを張っておいて信頼関係を築いておかないといけません。戦略作った後の実行支援という時になって初めて、「こんにちは。初めまして。我々こういうことを考えているのですが、一緒にやりませんか?」というところから始めても、「いやいきなり言われても無理ですよ。」となってしまいます。これでは何も進みません。普段からネットワークを張っておいて、相手と適宜コミュニケーションをとり、信頼関係を築いておかなければならないのです。

このようなネットワークを張ってビジネスをする、といのが弊社の特徴なのですが、私は外に向かって説明もしたことがないし表にも全く出ませんので、やはり戦略コンサルタントというイメージがついているのだと思います。戦略コンサルタントでもあることには間違いありませんので特に問題はありませんが、コンサルティングのやり方が少し変わっています。ドリームインキュベータ自体が色々なビジネスやベンチャーをやっていますし、他のビジネスパートナーもいるといったように、その時々に色々なアセットやネットワークがあり、いつも誰かと話をしていて信頼関係を作り上げていく。ですから、非常にインテレクチュアルな知恵だけで戦うのではなくて、もう1つの大きな目的は、人間同士の信頼関係をネットワークとして日本や海外に張っていくということです。これをやらないと、今後10年20年生き残れないと思います。同じ業界だけでネットワークを張るというのは、とてもリスクが高いとみています。

movin:

その人間関係、ネットワークを張っていくのは、どのようにして行われているのでしょうか?

山川様:

それはコンサルティングプロジェクトの中でもできますし、これまでベンチャーや投資サイドなどと話したり交渉したりしてきたことで、ロングターンのリレーションシップになってきました。信頼できて信頼関係が築けるところかそうでないところかを見極めながら、コツコツと作り上げてきた感じですね。

movin:

ということは、今のこの状態を目指してやってこられたというわけではなくて…

山川様:

結果論ですね(笑)。なんかごちゃごちゃやっているうちに「こっちの方向かな?」っていう感じで。
他と同じことをやっても仕方ないですので、こことそこを結び付けて新しいビジネスをプロデュースしようとしていたら、両方と信頼関係がないと結び付けられません。そのために色々なところと信頼関係を築いていたら、結果的にネットワークが広がっていきました。

movin:

そうなんですね。
となりますと、過去を振り返ってみますとリーマンショックの後には特別損失を計上したり、ちょっと苦しい時もあったかと思うのですが…

山川様:

ええ、そうです。4分の3ぐらい死んだみたいな時もありました。

movin:

4分の3??

山川様:

半殺し、じゃなくて、4分の3死んだみたいな(笑)。

movin:

あぁ、なるほど(笑)!
では、そこから見ると、現在のドリームインキュベータの状況はどのように見ていらっしゃいますか?

山川様:

これまで手探りでやってきたことがかなり形になってきたと思います。今は、単に知り合い、というところから、強い信頼関係があるところまで、かなりのネットワークができてきました。今後もさらにこのネットワークを広げていかないといけないと考えていますが、アセットを持つことにより、アセットを有効活用するためにはどうしても新しいネットワークを作っていかざるを得なくなりますので、ネットワークを作るというような強制力が働くのは良いことかなと思っています。ですので、戦略コンサルティングだけに特化することが重要とは考えていなくて、むしろ全くその逆で、色々なことをやって色々な人にアポイントを取ってネットワークを作って、さらにそこからクライアントを繋いでいくという、分散コンピューティングみないなものですね。 私は、コンピューターの世界で起こったことがやがて人間の世界でも起きてくるとかなり信じていますので、メインフレームだったところに分散コンピューティングが入って、またクラウドに戻ってくるわけですが、そういう意味で知恵が分散しても繋がる時代になったと思っています。そのため、弊社ではオフィサーだけでなく、マネージャーでも誰でも自由に分散してネットワークを作って信頼関係を作ろう、ということです。そうしておけば、何かを始めようと思ったら「こことこことこれを繋げばこう」みたいなのができますから、1つの会社の中だけでやるのではなくて、将来的にこういうことができるかもしれないから事前にこのあたりと話をしておこう、みたいな動きを常にしています。その中で今は、コンテンツや物流、保険などが結果として出てきていますが、まだ下の方には表に出てきていないものが沢山あるというように繋がり始めています。

これを戦略コンサルティングもやりながら行うわけですが、いくら仕事が滞ってて忙しいからといって、部屋から出ないで自分の頭だけを使ってガリガリやっても限界がありますよね。ですから弊社に入って来た人に言うんですけど、まずは社内で誰がどういうことを知ってるか知らないかを知るために、とりあえずは全員と3回ずつぐらい昼ご飯でも食べた方が良いよ、と。アジアオフィスも含めると何百人いるんだから、話をして何をやっているかを知れば、何か次を開くためのヒントが得られたり実際に開けたりするはずなんです。

movin:

なるほど。このようなネットワークは有機的に繋げていくわけですね。

山川様:

そうです。有機的に繋げていきます。
そうしますと、個人のネットワークがだんだん繋がっていってしまうと、もうドリームインキュベータにいる意味はないんじゃないか、という話になるんじゃないかというのもあるかもしれませんが、ドリームインキュベータにいることでネットワークを広げるチャンスがあったり、大きなノード(構成要素)を必要な時に使うことができたりしますので、ドリームインキュベータの中にいる意味は大きいと思います。ドリームインキュベータの外に出てしまうと、スタンドアロンになってしまう。自分だけになっても色々とネットワークあるかもしれませんが、ドリームインキュベータにいることで色々な角度から新しい情報が入ってきます。メインフレームと分散コンピューティングの戦いじゃないですけど、私たちはアナロジーとしては分散コンピューティングでクラウド化した形のビジネスを色々なところで提供していき、結果的にどんどん業界を広げていこう、という概念なんです。

movin:

なるほどですね!
今回初めてドリームインキュベータの特徴や目指している姿をお聞きすることができたと思いますが、このようなお話は候補者の方にはあまり伝わっていないのではないかと…

山川様:

全く伝わっていないでしょうね(笑)。

movin:

(笑)
となりますと、ドリームインキュベータに入社した方に対しては、このようなお考えをどのように伝えていらっしゃるのでしょうか?

山川様:

考えを伝えてはいますが、どれだけ分かってもらっているかはよく分からないですね(笑)。私は新入社員とも普通に話しますけど、常に全員と話をしているわけではありませんので、「なんかあの辺で変なことやってるなぁ」とか「なんかデジタルメディアとかに急に投資し始めたぞ」とか、「おいおいどういうことだ!?」みたいな感じもあるかもしれません。目の前の仕事で一杯一杯という人も多いかもしれませんが、昼ご飯も食べずに仕事してたらダメでしょう…、と思います。まぁ私も昔はそうでしたが、9時5時で仕事して、5時って朝の5時みたいな感じで(笑)

movin:

朝の5時(笑)!

山川様:

9時5時なんだけど朝の5時なんですよ(笑)。

movin:

(笑)
まぁ、昔のファームは本当にそんな感じですよね。

山川様:

そうですね。もう最初は本当に死にそうで、嫌でしたけどほとんど会社に住んでましたね。今はもうそれほどではないですが、やはり弊社では誰が何をやっているかを知った方が良いと思います。分散コンピューティングの世界は、どのノードがどこにあって何をやっているかをみんなが知っているからああいう分散コンピューティングができるわけだし、全体像のアーキテクチャーがあって、それを知っているからできるわけですよね。ですから、スタンドアロンで小さいノードになって必死に計算しても限界があるじゃないですか。

movin:

スタンドアロンでは限界でできないことをやるための分散コンピューティングですもんね。

山川様:

そうです。こういう話を普段からするようにしています。

movin:

となりますと、ドリームインキュベータの中で成長していくというのは、もちろん個人のスキルを高めていくのも重要ですが、このようなネットワークを繋げていくのも重要なわけですね。

山川様:

はい。個人のスキルを高めていくのも当然重要です。そうでないと、相手が繋がってもらえないですよね。相手に繋がってもらいたいと思っても、相手からみて自分がダメだったら無理ですから、まずは個人のスキルを高めましょうよと。ですが、自分が相手にはないアセットを沢山持っていると相手は繋がりたくなりますよね。ですので、個人のスキルの高さで繋がれるというのはもちろんありますが、この人に頼むと他の違う人が動かせるとか、色々な信頼関係があって違う人を引っ張ってこれるというのも立派な能力の1つになります。

movin:

なるほど!確かにその通りですね!
今更ですが、ドリームインキュベータはそういう会社だったんですね。

山川様:

私は、そういう会社になった方がいいと思っています。ですから、特に若いコンサルタントに話すのが、「めちゃめちゃ頭いい45歳とかになってどうするの?」「ネットワークと信頼があった方が、何かビジネスをやるとしたら楽でしょう?」と。例えばドリームインキュベータを辞めるにしても、ネットワークとコネを全部持って辞めるのと、一生懸命エクセル3年間使い倒してきました、というのは全然違うぞと。「とりあえずうちの会社の人間が何をやっているのかを全部おさえました、全員と繋がりました。」や「自分で会社やります。」という理由で辞めるのでしたら、この会社にいて良かったなと思います。 しかし、「ただエクセルとにらめっこしているのは、なんか向いていないので辞めます。」というのは、折角この会社にいるのに非常に勿体ないと思います。じゃあ、もしエクセルとにらめっこしたいんだったら、世界中の有名企業リストアップして20年間の売上入れて暗記するとか(笑)。競馬出走表を暗記している人いるんだから、それぐらいできるだろうって(笑)。そしたらすごいぞと(笑)。

movin:

ある意味すごいですね(笑)!

山川様:

こういう話はしていますけどね(笑)。

海外展開について

movin:

ありがとうございます。
そうしますと、海外オフィスはどのような位置づけになるのでしょうか?ベトナムで投資ファンドをやっていたり、シンガポールや上海にもオフィスがありますが。

山川様:

実は頭の中では全て繋がっていまして、ベトナムでは投資だけでなくコンサルティングもやっていますが、ファンドのLPはほとんどが日本企業です。そして投資先はチャネルが多いです。病院に入ってくる卸の最大手やドラッグストア・調剤薬局、消費財の卸などをどんどん入れています。そうするとアセットになります。どんなアセットかと言いますと、日本企業がベトナムで何かビジネスをやろうとすると、現地企業と連携しないと色々とやり難いですよね。彼らも日本企業と連携することはウェルカムなんです。ですが、資本関係が何もなくて中立的だと本当にそこと組めるかどうかは分かりません。また、我々が筆頭株主になることも彼らは賛成ですから、先に卸や流通に入って3割4割の株式を我々が持っておくと。 さらに我々はベトナムのトップティアに投資をしていますので、一緒に何かをやるとなると非常にビジネスチャンスが多いし、話が早いということになります。我々に相談頂くと、もう大体の色々なネットワークも信頼関係もできていますので、すぐに紹介してビジネスを始められますし、必要なら国(ベトナム)も全部巻き込んでやるというのもできちゃいます。

movin:

なるほど。
となりますと、シンガポールや上海はまた少し違う意味での繋がりがあるのでしょうか?

山川様:

シンガポールはインド人が多いのでインドのビジネスを中心に、インドネシアのビジネスもやったりしていまして、上海は上海のビジネスを中心にやっていますが、シンガポールと連携して色々なビジネスをやっています。ただ、コンサルティングがメインですね。シンガポールでは、これから投資も始めていきます。

movin:

中国の方でも投資は行うのですか?以前、中国での産業プロデュースは行っていらっしゃったかと思いますが?

山川様:

そうですね、中国で産業プロデュースはやっています。加えて、もちろん投資という考えもありますが、中国はかなり高騰してきましたので今はなかなか難しい時だと思います。ですが、チャンスがあればもちろん間隙を縫って行きますけれども。しかしそれも、信頼のネットワークがあって、その中で信頼できる話が出てきたらと思っています。

次のページ > 求める人材像

ムービンでは業界出身者が転職をサポート致します

ドリームインキュベータ 関連情報

初めての方へ

その他セミナー一覧はこちらから

アビームコンサルティング  【大阪開催】キャリアセミナー 大阪並びに関西で、コンサルタントに興味を持っていただいている方は、是非この機会に参加して頂ければと思います。

ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー 現役コンサルタントによるパネルディスカッションのほか、会社紹介、希望者を対象に選考会を実施致します。

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

東大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

東工大出身者のためのプライベートキャリア相談会 東工大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

一橋大学出身者のためのプライベートキャリア相談会 一橋大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

キャリア相談会のご案内 一橋大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

メールマガジン

戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 6F
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

Page Top

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントへの転職方法

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録