PMOコンサルタントへの転職 - 仕事内容と資格と年収

PMOコンサルタントとは? - 仕事内容やコンサルタント種類 -

PMOとはProject Management Office(プロジェクト・マネージメント・オフィス)が省略された言葉で、ITコンサルタントの方々には最近よく耳にする単語かもしれません。
一般的にはプロジェクトオフィス、プロジェクト管理オフィス、プロジェクト支援部門、プロジェクト監査部門等と呼ばれる事が多いようです。
PMOはクライアント企業内の部門組織で、進行中の全プロジェクトの管理支援を目的とした活動を行っています。
ITコンサルティング会社、SIer、ベンダーのように顧客サービスとしてITプロジェクトを複数抱える事業者のみならず、一般事業会社などのIT部門や業務部門等で常時複数のプロジェクト案件を抱える大企業においてもニーズが高まっており、PMO専門部隊を擁するファームが活躍しています。

PMOコンサルタントの仕事内容


特に顧客サービスとしてITプロジェクトを請け負うITコンサルティング会社やSIer、ITベンダーにとっては、ほとんど全てのビジネスがプロジェクトベースで動いています。
そのため個々のITプロジェクト管理の成否は、全体収益に直結する最重要経営課題です。
また、事業会社におけるプロジェクトマネジメントは費用対効果を意識した運営が求められるため、いずれにせよプロジェクトの成功を支援する組織のニーズは依然として高まりを見せています。特に大規模なシステム開発を発注する事業会社にとっては、自社内に設置されたPMOの力量によって、中長期で見たプロジェクトの成否を大きく左右します。

例として、ある国内のITコンサルティング会社では、顧客サービスとしてのシステム開発プロジェクトが常時、数十本走っています。
各ITプロジェクトにはそれぞれ担当案件の全責任を負うITコンサルタント系のプロジェクトマネージャー(PM)がアサインされています。しかしITプロジェクトの規模や難易度、また各ITプロジェクトマネージャー(PM)の持つスキルや経験によっては、責任者のキャパシティを超えていたり、リソース面でカバーしきれない部分が出てくる事も多く、それがITプロジェクト成功の阻害要因となっている事も珍しくありません。
スーパーマンのような、何でもできるITコンサルタントやITプロジェクトマネージャー(PM)を無尽蔵に抱えている企業であればPMOは必要ないのかもしれませんが、優れたITプロジェクトマネージャー(PM)はどの企業においても慢性的な人材不足となっていることから、解決策の1つとしてPMOの設置と強化を図る企業が増えています。

PMOの役割は多岐にわたり、複数のITプロジェクトで発生する庶務的な業務を代行するシェアードサービスのような一面もあれば、プロジェクト成功の阻害要因を抽出し、問題解決を支援する高度なITプロジェクトマネジメント・コンサルティングを提供するものまで、幅広くあります。
PMOは会社全体で進行している全てのITプロジェクトを横串で総合的に管理することで、組織全体のプロジェクトマネジメントの品質や能率を向上させることを目的としています。
具体的には社内のITプロジェクトマネジメント方式の標準化や研修などを通じての普及、実施中のITプロジェクトの管理業務の支援、ITプロジェクト間の調整などです。
最近では、自社でPMOを設置できない規模の企業などに向けて、PMO業務をサービスラインに追加して提供するITコンサルティング会社やITサービス事業者も増えてきています

PMOコンサルタント台頭の背景


日本のシステム開発におけるITプロジェクトの成功率は、どの程度かご存知でしょうか?
ITプロジェクトの「成功」を先に定義する必要がありますが、ここでは「予算」「納期」「品質」の3点を、当初の約束通りに遂行できたかどうか、と定義します。各種機関による統計調査をみると、日本のITプロジェクトの成功率は30%前後となっています。

これは裏を返すと70%近いITプロジェクトが何らかの理由で当初のゴールを達成できていない、つまり、失敗している事になります。
では、なぜ70%のプロジェクトが失敗するのでしょうか? 実は、PMOとはIT業界が抱える構造的な問題を解決するために台頭してきた部門組織なのです。

PMOが台頭する前は、ITプロジェクト管理の成否はITプロジェクトマネージャー(PM)の経験と力量に大きく依存していました。
ITプロジェクトを成功させるために、優秀なITプロジェクトマネージャー(PM)の確保と育成は最重要課題です。
しかし、ITプロジェクトマネージャー(PM)のスキルアップはPMBOKのような方法論を学び、PMP資格の取得が特効薬になるかというと、残念ながらそうではありません。最終的には現場での経験の積み重ねがものをいうために、育成が難しく、時間がかかる点が更にPM不足に拍車をかけてきたといっても過言ではありません。
また、優秀なITプロジェクトマネージャー(PM)は常に引き合いが強いため、現場を離れて後進の育成に回せるだけの余裕がもてない企業も少なくありません。 つまり、優秀なITプロジェクトマネージャー(PM)のニーズは高いものの、対象者は少なく育成も難しい事から、供給が追い付かないままITプロジェクトを走らせざるをえず、その結果、失敗率70%という数字に繋がってきたのです。

PMOはITプロジェクトマネージャー(PM)の支援部隊、全プロジェクトを成功へと導く司令塔です。
ITプロジェクトが大規模化すればするほど組織管理、ナレッジ管理、統合管理、スコープ管理、時間管理、コスト管理、品質管理、人的資源管理、コミュニケーション管理、リスク管理、調達管理は複雑化し、ITプロジェクトマネージャー(PM)の眼が届かない死角も数多く発生します。
それらの後方支援を行うPMOを設置した企業群に行ったアンケート調査では、設置してから3年程度でプロジェクトの成功率が大きく向上しはじめたというデータが出ています。

今注目のキャリアとしてのPMOコンサルタント


PMOは事業会社、ITコンサルティング会社、SIer、ベンダー等、ITプロジェクトを提供する顧客サービス事業者を問わず、ニーズがあります。
最近では、PMOコンサルに特化したサービスを提供するブティック型のコンサルティング会社が台頭してきています。PMOが機能することで、ITプロジェクトマネージャー(PM)不足という構造的な問題の解決に貢献することができます。

では、PMO(コンサルタント)にはどのような方が求められているのでしょうか?
経験、スキル、資質に分けると、実際にITプロジェクトマネージャー(PM)としてプロジェクトを回した経験者は、即戦力としての評価を得やすいです。
それも、プロジェクトの規模が大きければ大きいほど、プロジェクトの内部は複雑になるため、そこで培ったマネジメントスキルには即戦力性が伴います。
特にプロジェクトの中身をハンズオンで指導しながらリードしてきた業務アプリケーションの開発プロジェクト経験者は、ERP含め市場からの評価は高くなります(顧客との複雑な業務要件定義が発生するため)。
また、支援するITプロジェクトがどのような状況にあるのか、現場のITプロジェクトマネージャー(PM)からヒアリングし、適切な対応を行うためにもコミュニケーションスキルが重要になります。

資質としては、陰の黒子に徹してITプロジェクトをサポートするために、顧客サービス精神とITプロジェクトマネージャー(PM)の育成に対する情熱が重要になります。
また、ITコンサルティングにおいても、システム開発においても、ITプロジェクトマネージャーは常時1件のプロジェクトしか経験できないのに対し、PMOスタッフやPMOコンサルタントは全体の多種多様なITプロジェクトの管理体制について分析、支援を行っています。
そのため、従来のITプロジェクトマネージャーよりも幅広い視野でITプロジェクト管理の要諦を学ぶ事ができます。
実際のキャリアのケースとしては、20代後半~30代前半に20名程度のアプリ開発チームのリーダーを務めていた方が、PMOコンサルティング会社へ。
そこで3-5年程度の経験を経たのち、事業会社のIT企画部門や大手SIerのプロジェクト監査部門で活躍されています。

前述の通り、PMOに特化したファームが台頭してきています。20代後半以降になってきますと、やはりプロジェクトマネジメント経験が必須となってきますが、中には若手に限りポテンシャル採用を実施するファームもあり、PMO領域に興味のある方には非常にチャンスと言えるでしょう。
PMOにご興味のある方は是非弊社までご相談頂ければ幸いです。各ファーム採用動向、詳しい業界情報なども合わせ、最適なキャリアチェンジなどをアドバイスさせていただきます。



ITコンサルタント関連情報

SEから経営コンサルタント・ITコンサルタントを目指す方への転職相談会

SEからITコンサルタントを目指す方への転職相談会 SEから経営コンサルタント・ITコンサルタントを目指す方へ、今後のキャリアのご相談やコンサル業界、最新ニーズなどについて個別説明会を随時実施しています。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは? 未経験からITコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

SEが注意すべき転職時のポイント! - コンサルタント転職編 -

SEが注意すべき転職時のポイント! 非常にニーズが高い今だからこそ、正確な情報を持って転職活動をすることが大事です。

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

未経験からITコンサルタントへの転職 その対策方法とは?

未経験からITコンサル転職を目指している方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

SEが注意すべき転職時のポイント!

非常にニーズが高い今だからこそ、正確な情報を持って転職活動をすることが大事です。

SEからITコンサルタントを目指す方への転職相談会

SEから経営コンサルタント・ITコンサルタントを目指す方へ、今後のキャリアのご相談やコンサル業界、最新ニーズなどについて個別説明会を随時実施しています。

プロジェクト整備とクライアント社員へのノウハウ授与が大きな役割

プロジェクト運営のノウハウの整備

PMOが設立されていない、または十分な役割を果たせていない場合、プロジェクトごとにまったく異なる方法で管理され、担当者は自分以外の状況を把握できないケースが散見されます。
それを解決するには、まずはプロジェクトを遂行・管理する技能を1ヶ所に集約し、一貫性のある標準化されたプロセスを導入します。
その上で、統一されたツール・プロセスを用い、プロジェクトが管理・遂行されるようにします。

具体的に標準化される点には、
システムの企画から運用・保守のフェーズまでをいくつかのプロセスにわけ、タスクの洗い出し方法・役割分担・成果物を規定する「システム管理基準」があります。これにより、「各プロジェクトが現在どのプロセスであり、どのタスクがクリアできないのか」を明確になります。
もうひとつに、進捗管理、課題管理、リスク管理など、プロジェクトの主要な管理項目の管理手法・成果を規定する「プロジェクト管理基準」などがあります。

プロジェクト運営支援

プロジェクトの運営基準が整備されたら、各プロジェクトがこの基準に基づいて進行できるように支援し、円滑に進んでいるかモニタリングして問題に対応します。
また、同時に全プロジェクトを俯瞰して全体最適化を図ります。例えば、PMOにリソース配置に関する権限を持たせて、生産性を向上させたり、優先順位の高いプロジェクトに最良のスタッフを割り当てて専念させたりします。
また、費用対効果の悪いプロジェクトを中止したり、延期・縮小したりする際に必要となる情報を可視化する支援もします。

PMOの5大機能
■資源管理
■プロジェクト計画とアップデート
■進捗管理
■ベンダー管理
■レビューと監査

クライアント社員へのノウハウ移転

PMOのもうひとつの重要な役割が「クライアント社員へのノウハウ移転」となります。
コンサルタントがこの先ずっと常駐するわけにはいきませんし、クライアント社員だけでPMOの役割を果たせるような体制を構築しなければなりません。
クライアント先のチームメンバーと日々仕事をしながら、ノウハウを伝えることはもちろん、トレーニングを企画し実行することもあります。
なかには自社向けのPMOトレーニングプログラムをカスタマイズし、クライアントに提供しているコンサルティングファームもあるようです。

多くのファームでは、各プロジェクトで得られた知見を社内で共有し、最新の情報に基づいた質の高いトレーニングプログラムを作成しています。このノウハウをベースとして、顧客のニーズに応じてその都度カスタマイズし、コンサルタントが実際にクライアント企業社員を対象に研修しています 。

プライベートキャリア相談会開催中!

コンサルタントにご興味のある方へ随時キャリア相談会を開催しております。
相談会の内容も「転職ありきではなく」ざっくばらんにお話をさせて頂き、長いキャリアを踏まえたディスカッションができればと思います。
完全プライベートで無料の相談会になりますのでお気軽にご相談ください。ご登録に来たからといって転職を強要することは全くありません。まずはお気軽な気持ちでご登録いただけますと幸いです。

日程 具体的な日時については、担当コンサルタントと調整となります。※面談には30分~1時間程度を要します。
普段仕事がお忙しい方、遠方の方はお電話、Skypeでもお受けしております。
開催場所 弊社オフィス(新橋駅・内幸町・虎ノ門駅付近)※電話・Skypeでの対応も可能です。
対象 PMOコンサルタント他、コンサル業界にご興味のある方
20~30代の方
※弊社がご提供するサービスはすべて無料です。    
費用 無料

ご登録に来たからといって転職を強要することは全くありません。
まずはお気軽な気持ちでご登録いただけますと幸いです。
(遠方で直接お会いするのが難しい場合にはお電話やSkype、メールなどでご相談を承っております。)



ITコンサルタントについて - 関連情報

ITコンサルタントに求められるもの

ITコンサルタントに求められるもの 経営的視点や、論理的思考、コミュニケーション能力など“コンサルタント”としてのベーススキルが一番必要になってきます。

SEとITコンサルの違い

SEとITコンサルの違い 3つの点においてITコンサルタントとSEの違いについてご紹介していきます。

ITコンサルタントの1日

ITコンサルタントの1日 普段ITコンサルタントはどんな仕事をしているのか、領域別でまとめてみました。

IT戦略コンサルタントへの転職

IT戦略コンサルタントへの転職 IT投資や情報化人材戦略、CIO支援など、ITを企業の経営戦略の一部として活用し、計画、立案、実行を支援します。

ERPコンサルタントへの転職

ERPコンサルタントへの転職 ERPパッケージ(SAPやOracleなど)というツールを活用して企業の業務改革(BPR)を実現させ、企業成長を支援します。

CRMコンサルタントへの転職

CRMコンサルタントへの転職 顧客ニーズを把握し、顧客ごとにパーソナライズされた商品・サービスを提供する仕組みを構築、支援します。

SCMコンサルタントへの転職

SCMコンサルタントへの転職 SCM(サプライチェーン)戦略立案、計画から導入や、コスト削減、BPOなどのテーマにおいて課題解決、収益改善を支援します。

PMOコンサルタントへの転職

PMOコンサルタントへの転職 ITプロジェクトを総合的に管理し、組織全体のプロジェクトマネジメントの品質や能率を向上させ、全体収益に直結する支援をします。

SAPコンサルタントへの転職

SAPコンサルタントへの転職 圧倒的なシェアを誇るSAP社のERPパッケージの機能を活かし、クライアントのシステムを合理化することで、経営の効率化を支援します。



ITコンサルタント 転職関連情報

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントとは ITコンサルタントの仕事内容や、採用動向、求められる人材像など、ITコンサルタントへの転職ための業界知識を豊富にご紹介いたします。

ITコンサルタント求人

ITコンサルタント求人 厳選したITコンサルタントポジションを中心に、戦略・経営やベンチャーITエンジニアなど幅広い求人がそろっています。非公開求人も多数あり。

未経験からITコンサルタントへの転職

未経験からITコンサルタントへの転職 未経験からITコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントになるには ITコンサルタントになるには「何が」必要なのか。選考プロセスなど全体的な流れからご紹介していきます。

ITコンサル転職成功体験談

ITコンサル転職成功体験談 当社サービスを活用されて見事「ITコンサルタント転職」を成功させた方々からの体験談、転職秘話を一部ご紹介します。

コンサルティングファーム一覧

コンサルティングファーム一覧 コンサルティングファームやSier・ベンダー、IT・Web系企業など各領域に分けてご紹介致します。



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録