ITコンサルタントの年収・給与・報酬

気になるITコンサルタントの年収・給与。複数のコンサルティングファームや経済産業省がまとめた「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」、また各転職サイトで公表しているデータから情報収集し、役職別に年収水準を取りまとめました。
ファームによっては役職名の呼称やポジションが違うため下記の表には該当しない例外的な給与や役職の事例も存在します。また企業・階級によって大きく異なります。

※個別のコンサルティングファームの実情と比較すると役職名や数値が異なる場合もありますのであくまでも参考数値として見て下さい。

経済産業省がまとめた調査結果から見るITコンサルタント年収

経済産業省がまとめた調査結果によりますと(IT関連従事者5000名にアンケート)、ITコンサルタントの平均年収は928.5万円。ほかIT関連職種と比べてもトップの給与で、ITスキル標準のレベルが同じでも、ITアーキテクトやプロジェクトマネージャー職種より、ITコンサルタントの給与が高い結果となりました。
これはSE・プログラマからキャリアをスタートし、キャリアアップにより給与が上がってくるIT業界における一般的なキャリアパスかと思います。
また日本旧来の年功序列による給与の違いですが、コンサルティングファームにおいては、年功影響度はほとんどなく、役職やその能力・成果に応じた給与体系を取っているという結果も出ています。

大手転職サイトから見るITコンサルタント年収

次に大手転職サイトが公表しているITコンサルティング業界の給与平均ですが、経済産業省のデータと大きく違い、平均461万円となっています。これについては転職サイトのITコンサルティングカテゴリに登録されている求人がベースとなっており、業種としてITコンサルに分けられる企業だけでなくSIやWebコンサル、その他IT関連企業も含まれていることと、ほとんど若手クラスの採用求人のため経済産業省との平均給与に乖離が出ていると思われます。

総合系/IT系コンサルティングファームの役職と年収水準

弊社で扱っている総合系・ITコンサルティングファームの年収帯ですが、下記のようになっています。複数のコンサルティングファームから収集した情報をまとめ役職別に年収水準を取りまとめました。

役職 年齢 コンサル経験 固定給与 業績賞与
コンサルタント 22~30歳 0~3年 500~700万円 固定給の10~20%
シニアコンサルタント 25~35歳 0~6年 700~900万円 固定給の10~20%
マネージャー 28~40歳 2~10年 900~1400万円 固定給の10~20%
シニアマネージャー 32~45歳 5~15年 1300~1800万円 固定給の10~20%
パートナー 35歳以上 7年以上 2000万円以上 業績次第

各コンサルティングファームでも入社する際の役職や、今までのご経験に応じて変わってきます。
総合系・IT系コンサルティングファームでは30前後の場合、マネージャーかそうでないかにもよりますが600-1000位です。中にはパートナーレベルになれば戦略系以上というケースも多々あるそうです。(絶対ではありませんのでご留意ください。)

コンサルティングファームでは、年齢・性別に関係なく評価され、20代でマネージャーに昇進し1000万円以上の年収をもらっている方や、IT系ファームでも30代で2000万円以上という方、また30代前半でパートナーまで上がり数千万プレーヤーとなる方もいらっしゃいます。(有名戦略ファームでは30代で代表を務める方もいらっしゃいます。)
所謂、年功序列のような評価基準はなく完全に実力により、役職・給与が決定されます。

ITコンサルタントに求められるスキル

IT経験は必須として、その他重要なのは2点あります。

・論理的思考能力(ロジカルシンキング)
・コミュニケーション能力

になります。
ITコンサルタント、経営コンサルタントなど領域に問わず、すべてのコンサルタントに求められます。

論理的思考能力(ロジカルシンキング)はコンサルタントにとってクライアント企業の課題解決のために必要不可欠であり、面接においても、面接官は必ずこの部分を見てきます。
またファームによってはケース面接というコンサルティングファーム独特の面接試験を課す場合もあり、この論理的思考能力(ロジカルシンキング)があるのか見られます。
論理的思考能力(ロジカルシンキング)については勉強次第で伸ばすことができます。 弊社ムービンの転職支援ではどのように論理的思考能力を鍛えればいいのかアドバイスさせて頂きながら、コンサルタントに必要な基礎能力を伸ばすサポートしております。
コミュニケーション能力はコンサルタントとしてクライアントから信頼を得るため、そしてどこに問題があるのか相手の立場に立って探るために必要です。常駐プロジェクトの場合はもちろんですが、近年のコンサルティングは企業に入り込み実行支援まで行うことが主流となってきたため、現場の社員たちを巻き込んでプロジェクトを遂行するためのコミュニケーション能力は非常に重要視されています。
また、コンサルタントは個人で企業のコンサルティングを行うことはほとんどありません。プロジェクトごとにチームで課題解決にあたるため、メンバーとの意思疎通のためにも重要になってきます。

先に挙げた論理的思考能力(ロジカルシンキング)、コミュニケーション能力以外にも、素直さ、吸収力、体力・精神力と求められるものはありますが、上記2つが総じてコンサルタントとして求められる能力になってきます。



ITコンサルタントについて - 関連情報

ITコンサルタントに求められるもの

ITコンサルタントに求められるもの 経営的視点や、論理的思考、コミュニケーション能力など“コンサルタント”としてのベーススキルが一番必要になってきます。

SEとITコンサルの違い

SEとITコンサルの違い 3つの点においてITコンサルタントとSEの違いについてご紹介していきます。

ITコンサルタントの1日

ITコンサルタントの1日 普段ITコンサルタントはどんな仕事をしているのか、領域別でまとめてみました。

IT戦略コンサルタントへの転職

IT戦略コンサルタントへの転職 IT投資や情報化人材戦略、CIO支援など、ITを企業の経営戦略の一部として活用し、計画、立案、実行を支援します。

ERPコンサルタントへの転職

ERPコンサルタントへの転職 ERPパッケージ(SAPやOracleなど)というツールを活用して企業の業務改革(BPR)を実現させ、企業成長を支援します。

CRMコンサルタントへの転職

CRMコンサルタントへの転職 顧客ニーズを把握し、顧客ごとにパーソナライズされた商品・サービスを提供する仕組みを構築、支援します。

SCMコンサルタントへの転職

SCMコンサルタントへの転職 SCM(サプライチェーン)戦略立案、計画から導入や、コスト削減、BPOなどのテーマにおいて課題解決、収益改善を支援します。

PMOコンサルタントへの転職

PMOコンサルタントへの転職 ITプロジェクトを総合的に管理し、組織全体のプロジェクトマネジメントの品質や能率を向上させ、全体収益に直結する支援をします。

SAPコンサルタントへの転職

SAPコンサルタントへの転職 圧倒的なシェアを誇るSAP社のERPパッケージの機能を活かし、クライアントのシステムを合理化することで、経営の効率化を支援します。



ITコンサルタント 転職関連情報

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントとは ITコンサルタントの仕事内容や、採用動向、求められる人材像など、ITコンサルタントへの転職ための業界知識を豊富にご紹介いたします。

ITコンサルタント求人

ITコンサルタント求人 厳選したITコンサルタントポジションを中心に、戦略・経営やベンチャーITエンジニアなど幅広い求人がそろっています。非公開求人も多数あり。

未経験からITコンサルタントへの転職

未経験からITコンサルタントへの転職 未経験からITコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ、その転職方法と積極採用中の求人をご紹介いたします。

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントになるには ITコンサルタントになるには「何が」必要なのか。選考プロセスなど全体的な流れからご紹介していきます。

ITコンサル転職成功体験談

ITコンサル転職成功体験談 当社サービスを活用されて見事「ITコンサルタント転職」を成功させた方々からの体験談、転職秘話を一部ご紹介します。

コンサルティングファーム一覧

コンサルティングファーム一覧 コンサルティングファームやSier・ベンダー、IT・Web系企業など各領域に分けてご紹介致します。



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録