【SE必見!】SEからITコンサルタントへの転職 - 注意すべき転職時のポイント

【SE必見!】SEからITコンサルタントへの転職 - 注意すべき転職時のポイント

IT系のエンジニアが転職を成功する領域としては、やはりITテクノロジーのバックグラウンドを活かせるITコンサルタント・及びIT系ファームが多い状況です。
中途採用ですので、何かしら活かせるバックグラウンドが必要となりますが、コンサル未経験でもITコンサルタント職はシステムの知見を活かすことが出来、開発するフェーズから提案するフェーズへのキャリアアップを実現することが出来ます。  

応募資格について

戦略コンサルティングファームをはじめ、総合系の大手コンサルティングファームは大卒以上であることだけではなく、一部ファームでは高学歴であることも条件とされます。
一方で、一部の独立系のITコンサルティングファームや大手コンサルティングファームでも、企業によっては技術経験やプロジェクトマネジメント経験があれば、学歴をあまり気にしないチームを持つ企業もあり、PMOやITを用いた業務改善・集積向上を得意とするファームはエンジニアの転職には現在非常にチャンスがある企業だと言えるでしょう。
システムの新規導入だけではなく、運用マネジメントやアウトソーシング事業なども案件として増えていることがあり、また、よく大手ファームなどで言われるUp or Outの環境も技術を大事にするIT系ファームでは減りつつある印象です。  

転職難易度について

SE経験がありコンサルタントを目指す方の注意点として、チャンスが広がっているとはいえ、採用バーは決して低くはないということがございます。
私も長くキャリアコンサルタントとしてSEの方のご支援を行っておりますが、近年のITニーズが高いことを知ったうえで、あまり対策をせずに"SEとして経験し評価されたこと"をそのままPRとして使用し、コンサルタントとしての素養が無いとお見送りになってしまう方を多数見てまいりました。
企業からの直接のスカウトも増えておりますが、こちらが理解できていないままご応募し、お見送りになり弊社に登録される方が後を絶ちません。ここで注意したい点は、ITコンサルタントになるための経験として、SEの経験は非常に重要となりますが、ITコンサルタントに選ばれるためのPRポイントや職務経歴書の作り方は、SEと同様ではない、ということです。
企業や面接官の視点や欲しいPRポイントにズレが発生してしまうと、どんなに優秀なSEの方でもお見送りとなってしまうのです。

コンサルタントという職種・業界理解から、コンサルタントとして活躍するには何が必要なのか、という基本的なポイントを知っておくことが、ITコンサルタント転職への一番の近道なのです。

弊社ムービンでは、
・コンサルティング業界情報のご提供
・詳細な採用動向
・読むべき書籍
・受かるための書類・面接(ケース)対策
・面接調整
など「コンサルタントになるため」の転職支援をさせて頂いております。まずはお気軽にご相談頂けると幸いです。  

   

プライベートキャリア相談会も実施中!

キャリア相談会 ご転職をお考えの方、今後のキャリアをお考えの方を対象に、 ご志向に応じて各業界についての最新ニーズ、企業情報などの個別説明会を随時実施しています。完全プライベート・無料の相談会ですのでお気軽にご相談ください。

     

転職理由を考える

コンサルファームでの面接において、しばしば「なぜ弊社を受けようと思ったのですか?」「なぜITコンサルタントに?」と聞かれることがあります。
いきなりITコンサルタントになりたいからです、と面接の場でお伝えしても、面接官には伝わりません。

コンサルタントには論理的思考能力、コミュニケーション能力が不可欠です。
単純に「ITコンサルタントになりたいから」ですと、何も考えていない、コンサルタントには向いていない人と判断されてしまいます。
何故、SEからITコンサルタントへのキャリアチェンジを考えたのか理由を明確するには、日々のプロジェクトで悩まれたことを、ITコンサルタントの立場ならばどのように解決できたのか、と考えるといいでしょう。

SEの立場として問題解決にどのように取り組んだのか、また、自分の立場がITコンサルタントに変われば、その問題解決の方法がどのように変わるのか、考えを整理することで理由が段々と明確になってきます。
ITコンサルタントへのキャリアアップのため、とひと言でまとめずに、改めてこれまでのキャリアを振り返ってみることで、何故、ITコンサルタントへのキャリアアップを考えたのか、具体的に説明出来るようになってくると思います。
(※弊社転職支援サービスではキャリアの棚卸のお手伝い、そしてITコンサルへの志望動機を一緒に考え具体化していきます。)  

       

転職失敗事例から学ぶ注意ポイント

情報不足であったAさんのケース

Aさんは大手SIerに努める28歳。製造業界に向けシステム導入や開発を行っておりました。
現職は充実していたのですが、同期が数名転職し、別の会社でのキャリアを考え始めたころ、ITコンサルタントという職種を知ったのでした。元々新卒の就職活動時はコンサルティングファームについてはかなりハイレベルな印象があり見てはいなかったのですが、同期の中でもコンサルティングファームへの転職を実現し、忙しくも充実している話を聞いて興味を持つようになりました。

まずは転職サイトに登録したAさんでしたが、スカウトをはじめ様々送られてくるメールに、こんなにニーズがあるんだと驚いたと当時は思ったとのことです。
まずは一番初めにスカウトを頂いたエージェントと会話し、また、企業からの直接のスカウトも受け、いくつかの大手コンサルティングファームを受験しました。準備としては企業ホームページを調べ、新卒就職活動時代を思い出して自己分析を行い職務経歴書を作成。自己PRもしっかりと考えました。

結果は惨敗。
1次面接でお見送りの企業もあれば、書類さえ通らない企業もありました。唯一最終まで進んだ企業もあったのですが、最終でお見送り。理由はスキル不足や、コンサルタントとして活躍するイメージがわかないというもの。しっかりと対策をしたはずなのに、、、と落ち込んだところで、弊社にご相談に来ていただきました。Aさんの敗因は明らかな情報不足でした。
応募したセクターと経験にフィットするセクターが違っていたこと、そもそもPRするべき点がずれていたこと、面接官への回答が間違っていたことなど、様々修正点があり、今のご経験で内定を頂ける可能性がある会社を逃していてしまったのです。
Aさんはその後、弊社経由で違うコンサルティングファームへご転職を実現されましたが、少々勿体ない活動となってしまいました。

 

ケース - 転職成功事例

【Kさんのケース】社内SEから業務/ITコンサルタントへ

ご経歴 25歳 女性 私立大学卒
前職 大手保険会社 社内SE
転職後 大手総合系コンサルティングファーム 業務/ITコンサルタント
転職活動経緯 大学時代に海外留学も経験された後、大手生命保険会社への入社、情報システム部門へと入社をされました。
情報システム部門での業務にも大分慣れてきたのですが、学生時代より経営・事業戦略領域に強い関心があったことから、コンサルティングファームへの転職を希望され、入社3年目の後半に差し掛かった頃に当社へご登録をいただき、転職活動をスタートいたしました。
とても慎重な方で、履歴書や職務経歴書、志望動機書などを何度も添削をしたり、正式な書類応募の前にコンサルティングファームが開催するセミナーへ参加されるなどの準備を入念に行われました。
また、社内SEということで外部顧客との折衝経験がないことも懸念をされていたのですが、社内において重要度の高いプロジェクトについての内容を深掘りして職務経歴書や記載をされたり、その中での自身の役割をしっかりと口頭で説明出来るような面接対策のトレーニングなどを行わせていただきました。
その結果、2社のコンサルティングファーム(業務/ITコンサルタント)から内定をいただきました。
キャリアコンサルタントから 上述していますが、慎重な方であったために、転職活動当初はかなりスロースタートでした。
早い方では我々とお会いしてから数日~1週間程度で企業へ応募をするのですが、この方は1か月強の準備期間を経ての応募開始となりました。
コンサルタントはよく、「走りながら考える」と言われますが、この方のように慎重に、入念に準備をされて内定を勝ち取る方もいらっしゃいますので、当社としても極力その個人の方の思考や行動のタイプに応じてサポートをさせていただくようにいたしております。
一方で、ITコンサルティングファームの第二新卒やポテンシャル採用のポジションは採用枠や採用期間(入社日)が限定されている事が多いため、応募タイミングを逃さない事もとても重要となります。

【Uさんのケース】大手ITベンダーからITコンサルタントへ

ご経歴 26歳 男性 私立大学卒
前職 大手ITベンダー システムエンジニア
転職後 大手総合系コンサルティングファーム ITコンサルタント(金融グループ)
転職活動経緯 有名大学院で情報工学を専攻、修了後に新卒で大手ITベンダーへと入社をされました。銀行向けの製品開発チームに配属となり、製品自体の設計・開発や、プリセールス等も経験をされていました。業務内容には満足をされていたのですが、在籍企業が超大手であるが故に、金融領域の中でも地方銀行を中心としたキャリア形成にならざるを得ず、経験を広げる事が困難であると判断をされ、当社へ相談をいただき転職活動をスタートいたしました。
活動開始当初は戦略コンサルティングファームや業務系コンサルティングファームも視野に入れられていましたが、これまでの経験や強みを整理させていただき、金融領域のITコンサルタントにフォーカスをして正式応募を開始いたしました。数社選考終盤まで進まれましたが、一番早くオファーをいただいたスピード感とお会いした方々の印象の良さ、幅広い金融領域でのソリューション、といった点から、大手コンサルティングファームの金融グループへの転職を決定されました。
キャリアコンサルタントから ご自身の経験と強みを明確にされたうえで、各社へ応募された事が転職成功要因でした。20代の若手の方によくある志向として、「どのような業界やソリューションでもいいので幅広くやりたい」と仰られるのですが、それは即ち、これまでの経験をほぼゼロリセットする事を示します。それでもいいという方もいらっしゃるのですが、経験を活かせる領域である方がITコンサルタントとしての採用可能性は高く、入社後の立ち上がりも早いのは道理です。
こういったお話を当方よりさせていただき、「金融×IT」というこれまでの経験、強みを活かしていくことになり、結果として非常にスムーズな転職活動となりました。
20代のうちに専門性を絞りたくない方もいらっしゃるとは思いますが、絞る事によるメリットも大きなものがあります。どちらがいい、悪い、という事ではありませんので、迷われている方は是非当社に一度ご相談をいただければと思います。

コンサルティングファームへの転職成功のカギは確かな情報

非常にニーズが高い今だからこそ、正確な情報を持って転職活動をすることが大事です。どんなファームが自身に合っているのか。経験にマッチするセクターはどこなのか、そして、そのようなPRやコミュニケーションがコンサルティングファームの面接官に響くのか。そして、その後のキャリアはどのようなものが描けるのか。ぜひ、正確な情報を持ったうえでの活動をしていただきたいです。
弊社ではコンサルティング業界を中心に各社の採用動向をはじめ、ざっくばらんに今後のキャリアやご転職についてご相談できるプライベート相談会を随時開催しております。
「色々とネット等で調べるのも面倒だし、とりあえず聞いてみたい」などというお考えでも結構ですのでお気軽にご相談頂ければ幸いです。  

         

【SE向け】厳選ITコンサルタント求人情報

現在、コンサルティング業界の中でもSEを積極的に採用しているファームや、制度・待遇面が充実している大手ファーム、そして今後のキャリア形成という所にフォーカスしていくつか求人案件をピックアップさせて頂きました。
ご興味のある求人がございましたら、まずは弊社までご相談頂ければ幸いです。もちろん下記以外にも多数求人もございますので、合わせてお問い合わせ頂ければ幸いです。

ITコンサルタント:アクセンチュア

会社名世界49ヵ国150都市以上に展開し、140,000名以上のコンサルタントを抱える、グローバル最大級のコンサルティング会社。
経営コンサルティングから情報システム構築、アウトソーシングまで、クライアント企業の収益向上に関わる全てのサービスを総合的に提供。
世界統一の方法論と人材を提供することで、常に世界のベストプラクティスを提供。
東京オフィスのクライアントは日本国内の業界トップクラス、グローバル企業も多い。
ポジションITコンサルタント
役割概要システム刷新プロジェクトなどの企画・計画フェーズから参画し、現行システムの機能棚卸し、IT組織のケイパビリティ評価などを通じて問題や課題、改善点を整理する役目を担います。これらの現状評価に基づきハイレベルなシステム化要件をクライアントと共に取り纏め、次世代システムのTo Be像を検討し、To Beに至るロードマップを策定する業務を担います。また、実行フェーズにおいてはシステム要件定義作業に携わる、もしくはPMOとして全体推進役を担い、プロジェクトを成功へと導きます。
応募要件◎以下いずれかに該当する方
・何らかのシステム開発の経験をお持ちの方
・ITアーキテクトの経験
・ITコンサルタントとしての実務経験
勤務地東京 (プロジェクトにより国内または海外出張有)
給与・年収※経験・能力・前職処遇を考慮

既に弊社にご登録頂いている方は、担当コンサルタントまでご連絡ください。
新規ご登録の方はこちらよりご登録ください。



ムービンの転職サービスについて

ITコンサルタント:デロイト トーマツ コンサルティング

会社名日本におけるマネジメントコンサルティングのリーディングファームのひとつ
Deloitte Touche Tohmatsu(世界140カ国に16万人以上のプロフェッショナルを抱える)のメンバーファームで、監査法人トーマツ(最大級の会計事務所)、DTC-FAS(財務アドバイザリー)とも連携し、あらゆるサービスラインで、かつ、クロスボーダー案件にも対応可能
外資系ファームと比較すると元々穏やかな社風で、人材を育成するという風土があるとよくいわれます。
ポジションITコンサルタント
役割概要テクノロジ戦略ビジョン&アーキテクチャーデザイン・最新テクノロジー事例検証・
ITビジネスマネジメント・Agileアドバイザリー・IT組織の改編・グローバルITマネジメント・
ITのM&A・IoTストラテジー・CIOトレーニング」等、幅広いテーマがあり、
ビジネスを広げる役割を担っていただきます。
応募要件下記のいずれかに関する知見・経験を持つこと

<企業全体のIT戦略構想に対する知見>
・クライアントの企業戦略から最適な業務・IT戦略に落とし込む知見/経験
・CIOをはじめとするCxOを相手にしたプロジェクトの推進経験
・業務分析結果に基づいた具体的なIT施策の提言に関する知見/経験
・ビジネス目標達成に向けて企業のITアーキテクチャーの設計と最適化に関する知見/経験
勤務地東京 (プロジェクトにより国内または海外出張有)
給与・年収※経験・能力・前職処遇を考慮

既に弊社にご登録頂いている方は、担当コンサルタントまでご連絡ください。
新規ご登録の方はこちらよりご登録ください。



ムービンの転職サービスについて

ITコンサルタント:フューチャー

会社名東証一部上場のITを武器とした課題解決型のコンサルティングサービスを提供する企業。
中小・中堅企業から大企業まで、お客様の抱える経営上の課題を経営者の視点で共有し、お客様のビジネスの本質を理解した上で、実践的なノウハウをもとに先進ITを駆使した情報システムを構築することで課題を解決するITコンサルティングが特徴。
また、 グループ企業を中心として、「パッケージ&サービス事業」「企業活性化・新事業開拓事業」等の事業を展開しており、コンサルティングに加え事業経営にも積極的に参画中。
ポジションITコンサルタント
役割概要◆グランドデザイン(基本構想、システム化計画)から開発、運用に至るまでのプロジェクト推進
◆変革テーマを詳細化し実現するプロジェクト全体を包括的に分析・リードし、マネジメントを実施
◆現行業務・システム分析から新業務・システム設計
◆新アーキテクチャ・移行方針設計
◆アプリケーション設計・開発・導入
応募要件・実務経験2、3年程度~10年以上の経験豊富なシニア層の方の応募も可能です。
・アプリケーション領域はJavaを中心としたオブジェクト志向言語での設計、開発経験を歓迎。
・インフラ/基盤領域についても先端的な技術経験、あるいは強い関心のある方を歓迎。
・業務コンサル領域は、流通・サービス、製造、銀行・証券・クレジットカード、グローバル等。
勤務地東京 (プロジェクトにより国内または海外出張有)
給与・年収※経験・能力・前職処遇を考慮

既に弊社にご登録頂いている方は、担当コンサルタントまでご連絡ください。
新規ご登録の方はこちらよりご登録ください。



ムービンの転職サービスについて

ITコンサルタント:キャップジェミニ

会社名フランスのコンサルティング会社。グローバルでは40か国、20万人のコンサルタントを擁するビッグファーム。
2013年2月、50人超の規模で日本法人を立ち上げ、製造業や金融業を中心に日本企業の海外展開、グローバル企業の日本事業の支援ビジネスを拡大している。日本オフィスでは現在、コンサルティングサービス (C/S)、テクノロジーサービス(T/S)、アウトソーシングサービス (O/S)を提供している。
ポジションITコンサルタント
役割概要CapgeminiグローバルのSIサービスが日本に適用できるかどうか検証およびそのモデル検討。具体的にはグローバルメンバにヒアリング・ディスカッションしながら現地サービス調査、日本企業への適用モデル検討・ギャップ検証を行う
応募要件・主流となるPackage・ITサービスに関する下記の知識、実績
・製品概要、機能・仕様など。 特にSAP全般についてご存知であれば望ましい。
・ IT導入に関する構想/要件定義/開発/導入/展開の一連のプロセス経験
・ ITマネジメント関するビジネスコンサルティングの知識、経験
・海外オフィスネイティブメンバとの協業経験
・外資系企業における日本市場のスタートアップ・市場開拓経験
勤務地東京 (プロジェクトにより国内または海外出張有)
給与・年収※経験・能力・前職処遇を考慮

既に弊社にご登録頂いている方は、担当コンサルタントまでご連絡ください。
新規ご登録の方はこちらよりご登録ください。



ムービンの転職サービスについて

ITコンサルタント:ノースサンド

会社名事業/IT戦略立案・各種プロジェクトマネジメント・IT運用設計までワンストップでサービスを提供するコンサルティングファームです。理念である「あなたの想いを世界の未来に」を掲げ、クライアント目線のきめ細やかな気配りで、クライアントにとって本当に価値のある成果を提供しています。
国内大手コンサルティングファームの出身の創業メンバーが、「クライアントが求めている事に対してもっと自由に誠実に提案できるような会社をつくりたい」、「胸を張って会社が好きだと言えるような家族的な組織をつくりたい」という想いで会社を設立しました。
コンサルタントの約半数は大手ファーム出身者で、更に裁量を持った働き方が可能な環境で離職率が非常に低いことやリファラル採用が多いことも特徴です。
ポジションITコンサルタント
役割概要・IT戦略立案、ITコスト削減、ITシステム調達、PMO等のコンサルティング
 ・業務改革、業務分析、業務設計等に関するプロセスコンサルティング
 ・大規模基幹システム刷新等の各種プロジェクトにおけるコンサルティング
 国内大手のクライアントを中心として、新規事業立案から業務改革、IT戦略立案、IT導入
 まで幅広いコンサルティングをご担当頂きます。
 担当するクライアントは、業界や外資・内資問わず
応募要件・設計~開発のご経験(アプリ/インフラ不問)3年以上
・PL/PM/PMOなど、何かしらのマネジメント経験(規模/業界不問)
勤務地東京 (プロジェクトにより国内または海外出張有)
給与・年収※経験・能力・前職処遇を考慮

既に弊社にご登録頂いている方は、担当コンサルタントまでご連絡ください。
新規ご登録の方はこちらよりご登録ください。



ムービンの転職サービスについて

プライベートキャリア相談会開催中!

日程 具体的な日時については、担当コンサルタントと調整となります。※面談には30分~1時間程度を要します。
普段仕事がお忙しい方、遠方の方はお電話でもお受けしております。
開催場所 弊社オフィス(新橋駅・内幸町・虎ノ門駅付近)※電話での対応も可能です。
対象 社会人として勤務経験のある方
SEとしてご活躍中の20~30代の方

※弊社がご提供するサービスはすべて無料です。  
費用 無料

ご登録に来たからといって転職を強要することは全くありません。
まずはお気軽な気持ちでご登録いただけますと幸いです。
(遠方で直接お会いするのが難しい場合にはお電話やSkype、メールなどでご相談を承っております。)






無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

 

SEMINARセミナー情報

【オンライン】アクセンチュア関西オフィス 採用説明会@関西

【オンライン】アクセンチュア関西オフィス 採用説明会@関西 2020年7月29日(水) 19:00~(予定)

日立コンサルティング 平日1day選考会

日立コンサルティング 平日1day選考会 2020年7月2日(木)~7月10日(金)まで平日毎日実施

他セミナー情報一覧



未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録