インフラエンジニアの転職 - これからのキャリア

転職のベストタイミングは? - いつ転職すればいいのか -

「一番いい転職時期はいつでしょうか?」

転職相談の場で、とてもよく聞かれる質問の1つです。
以下のグラフは、とある年の当社経由で転職された方の入社月をまとめたものです。(何年かデータをみてみても、ほぼ変わらない傾向でした。)  

一番いい転職時期
 

全体の傾向

傾向としては、1月、4月、10月 に入社される方が多いですね。
1月は1年間の切り替わり、4月は年度の切り替わり、10月は半期の切り替わり、といった、節目節目での入社が多いのは、転職者の方のマインドや、受け入れ企業側の事業計画や採用計画との相関性があるものと思われます。また、中途入社者向けに教育・研修のプログラムを用意している企業も多く、研修運営の効率性の観点からも、ある程度纏まった人数に入社いただきたいという事情もあるようです。

 

IT業界で就業されている方の傾向

転職相談の方々のお話を伺っておりますと、3か月~半年といった単位でのプロジェクト契約更新や、システムカットオーバー時期が多いようです。業界柄、公共や金融案件では3月末や9月末、のカットオーバー時期が多いようです。他、製造業や流通小売業といったところでは、案件によってまちまちではあるようですが、それでも3月末、9月末、あたりをメドと計画立案される事はやはり多いようです。
よって、プロジェクトの切り替わりタイミングで新天地へ転職をされるために、並行して転職活動をされるというのが合理的のようです。

 

動き出しのタイミングは?早めが良い?遅めが良い?

では、具体的にはいつから動き出したら良いのかですが、断然『早め』の動き出しが望ましいです。
以下、一般的な企業の選考フローで考えてみると分かりやすいと思いますが、
「書類選考→適性検査→1次面接→2次面接→最終面接→内定→入社」
というのが大まかな流れです。
内定→入社 までの期間は、一般的には1,2か月程度となり、内定を出した企業としては早めに入社して欲しいというのは勿論あるのですが、一方で、選考時での評価が高く、企業も「是非採用をしたい!」という方に対しては、入社時期を柔軟に調整いただける事が多いです。また、内定後の入社承諾者数で採用枠を調整している企業が殆どですので、仮に10月入社とした際に、8月や9月での内定よりは、6月、7月といった早い段階の内定の方が、当然ながら入社決定者としてカウントされていきます。よって、あまり後ろ倒しで考えるよりは、とにかく少しでも早めに動きだされて、早めに内定を確保されておくことが極めて重要なのです。中途採用は椅子取りゲームとして考えられた方が良いと思います。

企業にとっても採用は生ものと言われますので、転職市場の動向や各コンサルティングファームの採用動向を把握しておくためにも、当社のような転職エージェントを活用いただけると良いかと思います。

     

プライベートキャリア相談会開催中!

日程 具体的な日時については、担当コンサルタントと調整となります。※面談には30分~1時間程度を要します。
普段仕事がお忙しい方、遠方の方はお電話でもお受けしております。
開催場所 弊社オフィス(新橋駅・内幸町・虎ノ門駅付近)※電話での対応も可能です。
対象 社会人として勤務経験のある方
20~30代の方

※弊社がご提供するサービスはすべて無料です。  
費用 無料

ご登録に来たからといって転職を強要することは全くありません。
まずはお気軽な気持ちでご登録いただけますと幸いです。
(遠方で直接お会いするのが難しい場合にはお電話やSkype、メールなどでご相談を承っております。)



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

 


未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録