MRを続ける人向け 内資と外資のメリット、デメリット

日本における製薬会社には内資系製薬会社と外資系製薬会社がございます。
MR職は製薬会社間の転職がしやすい傾向にございますが、内資・外資の違いも知っておくと選択肢も変わってくるかと思います。
内資系と外資系のメリット・デメリットを下記にまとめました。

内資系製薬会社のメリット・デメリット

メリット

・外資に比べリストラは少ない
・制約が緩い
・外資と比べ年功序列の考えが根強く勤続年数が多ければ高年収
・外資と比べ50歳、60歳が多い
・現場からの声が届きやすい

デメリット

・外資と比べ新薬パイプラインが少ない
・国内売上の上位製品が少ない
・福利厚生は内資全体でみると中堅企業も存在するため悪くなる。
・会議が多く営業以外に時間がとられる。
・管理が厳しい
・内資系企業は慎重にビジネスを進める傾向が強い

外資系製薬会社のメリット・デメリット

メリット

・圧倒的な研究開発費で新薬のパイプラインが豊富
・実績そのものが評価される実力主義が主体
・売上上位の薬剤が軒並み外資系製薬企業の開発品
・給与福利厚生は良い=(内資は中堅企業が多いため)
・ビジネスのスピード感がある
・内資と比べ職務の管理は緩い
・オフィスが少ないため直行直帰が多い

デメリット

・内資系製薬会社と比べリストラが多い
・制約が厳しい(内資と比べやれることが限られる。)
・職場環境が変わりやすい
・内資と比べ50歳、60歳が少ない
・現場からの声が届きにくい
・オフィスに行ってから営業に出ることが多い

研究開発力

売上上位の薬剤が軒並み外資系製薬企業の開発品であることが上げられ、日本の市場では外資系製薬企業が圧倒的に強いです。
なぜ、外資系製薬企業の薬剤が上位を独占しているのかと言いますと、それは豊富な研究費によるものが大きいです。
医薬品の開発には膨大な費用が掛かるため、開発にかかる研究費を捻出できない会社は、今後新薬のパイプラインが少なくなり経営が厳しくなっていくことが予測されます。

制約

外資系の方が制約は厳しいです。
外資系企業は医師や薬剤師に対する情報提供活動上での制約が厳しくなります。医療機関の忘年会があったとしても、外資系MRは社内ルールのために出席できないなどの制約があります。
講演会の企画ルールについても制約が多い外資系製薬会社も存在します。
こうした会社で働くMRの場合、他社と比べハンデを背負うことになります。
ただそれだけ公正な情報提供を行えるようになるので「講演会のために、医師の付き人のようなことをして休日をつぶしてしまう」など通常業務以外の負担は少なくなるので、どちらが良いかは個人の判断に寄るかと思います。

リストラ

内資系よりも、外資系製薬会社の方がリストラは多いです。
日本では法律によって正社員を解雇できないとされています。つまり、内資系製薬会社は正社員としてMRを雇っている限り、会社都合によって正社員をリストラすることはできません。
それでは、外資系のメーカーではどうかというとリストラが存在します。仕事ができなかったり、思うような成果を出せなかったりするMRに対しては、「猶予期間」を設けることがあります。この猶予期間の経過後でも結果を出せない場合、そのままリストラされてしまうのです。

職場環境の変化

内資系よりも外資系のメーカーのほうが、職場環境が変わりやすいです。
例えば、成績が悪いとすぐに他の土地に転勤させられることがあります。また転勤をしなかったとしても、自分の上司が何度も変わることが多いです。
その代わり、実力次第では大学病院や基幹病院の担当となったり、マネジメントを経験できたりなど、年齢に関係なく上のポストに就くことができます。
一方で内資系であると、企業にもよりますが落ち着いた雰囲気のなかで仕事をすることが多いです。外資系のように転勤が激しいわけではありません。ただ、成果に応じて給料は上がるものの、営業成績が良いことによる給料への反映は外資系に比べると少ないです。

現場の声の届きやすさ

外資は大元の資本は海外にあり、経営戦略はグローバルでの意思決定を要し、営業の意見はあまり通りません。何かプロジェクトを提案したとしても「なぜそれをやるのか」を聞かれ、そこで納得させてから「どうやるのか」というフェーズに移ることになります。
内資企業は意思決定のプロセスが外資と比べ少なく行動を起こす際に「なぜそれをやるのか」の説明を省けます。よって現場のMRの意見は積極的に採用され、営業の裁量が大きくなります。

如何でしたでしょうか?
転職をお考えの方に少しでもお役に立てましたら幸いです。
またMR以外のキャリアを考えていたり、将来に不安を抱えている方は弊社の経験豊富なキャリアコンサルタントに一度ご相談くださいませ。キャリア相談、企業情報の提供だけでなく、一緒に職務経歴書の作成、面接対策サポートさせて頂きます。個別セミナー、相談会等実施しておりますので、一度お気軽にご相談ください。

MR出身者のためのキャリア相談会

日程 いつでも!(担当キャリアコンサルとご相談ください)
場所 弊社オフィス(遠方の場合や、ご都合がつかない場合にはお電話/Skypeでも可能です)
費用 無料(一切かかりません)
対象 20代、30代のMRの方々で今後のキャリアについて悩んでいる方。

今後のキャリアについてのご相談もお受けしております。
※弊社がご提供するサービスはすべて無料です。
内容 本相談会では、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、キャリアチェンジ・キャリアアップ機会のご紹介、転職成功のためのアドバイスをさせていただいております。
備考 直近、ご転職支援させて頂いた方の入社実績としまして、
・戦略コンサルタント
・医薬品メーカー向け経営コンサルタント
・病院経営コンサルタント
・医療業界特化のマーケティング会社
・医療業界向けソリューション企業
などがあります。
ご都合の良い時間で相談会を開催しております。
お申込み後、弊社キャリアコンサルタントと日程をご調整下さい。


【MR転職】記事まとめ

MRからの転職 - その転職先とキャリアについて まずはこのページからご覧になるとわかりやすいかと思います。近年増加しているMRから異職種へのキャリアチェンジの傾向、各業界の採用動向、弊社が開催するMR向けキャリアセミナーなどの情報を掲載しております。

MRからの転職 - その転職先とキャリアについて まずはこのページからご覧になるとわかりやすいかと思います。近年増加しているMRから異職種へのキャリアチェンジの傾向、各業界の採用動向、弊社が開催するMR向けキャリアセミナーなどの情報を掲載しております。

【MR転職】関連記事

職種別 転職情報

医師からのコンサル転職 医師から「コンサルタント」へのキャリアを詳しくご紹介いたします。

MRからの転職 転職事例や採用動向、また転職の際に気をつけるべきことをご紹介。

セミナー

特集

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的な
プランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界に
ご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒107-6207 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー 7F
copyright (c) Movin Strategic Career CO .,Ltd. All Rights Reserved.

Page Top

よく見られているページ

はじめての方へ 初めて転職をお考えの方、初めてムービンHPにお越しの方へ、弊社サイトの活用法などをご案内いたします。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.