ローランド・ベルガー パートナー 中野 大亮氏 インタビュー

対談 ムービン・ストラテジック・キャリア 久留須 親

ローランド・ベルガーの特徴・強み

movin:

本日はお時間を頂戴しまして誠にありがとうございます。
まず、ローランド・ベルガーの特徴や強み、働くうえでの醍醐味についてお聞かせ頂けますでしょうか。

中野様:

そうですね、我々ローランド・ベルガーを理解して頂く言葉として「アントレプレナーシップ」というキーワードがよく使われます。
その意味としては、No.1ファームを目指す企業家という意味もありますし、クライアントを、そして新しいクライアントニーズを開拓して行くという意味でも「アントレプレナーシップ」とも言えます。いまやグローバルファームの一角となりましたが、それでもそのスピリットを忘れずにやっていきたい、という想いは持っています。

「アントレプレナーシップ」という言葉をもう少し分解していくと、1つには「攻め」、2つ目に「若さ」、そして3つ目に「自由度」、大きくこの3つの特徴が含まれているかと思います。

1つ目の「攻め」というキーワードについては、我々ローランド・ベルガーとしてクライアントから高い評価を頂き感謝されてきた1つの大きな要因として、「提案する力」や「仕掛ける力」があると私は思っています。これは我々が意図的に取り組んできたという面もあるし、そうせざるを得なかったという背景もあるとは思いますが、先ほどお話しましたように他競合ファームに対して、我々はブランドだけでものを売っていく訳にはいかない。そうすると我々としては、クライアントにとって「この人たちよく分かっているな」とか、「新しい切り口を持ってきてくれたな」とか、「我々の思いを汲んでくれているな」などと思って頂けるような、いわゆる"Audience Analysis(オーディエンスアナリシス)"を大事にしています。 つまり、ある1つのテーマでもその裏側に潜む"Hidden Agenda"のようなものが当然あって、例えば「クライアントのこのキーパーソンは次の昇進を目指して大きな手柄を欲しがっている」など、極端な話をするとそう言った「裏側」まで読みに行くような"Audience Analysis"にまで緻密に気を配っていますので、やはり「仕掛ける力」や「提案力」には高い評価を頂いていると思います。これはつまりプロジェクトが始まる前段階の部分に非常に拘っているとも言えると思います。この点を怠らず一生懸命やっているからこそここまで来れたと思いますので、これが「攻め」について重要な一要素と言えますね。
「攻め」についてもう1つの要素は「ビジネスモデル」。まだ十分に満足できるレベルではありませんが、コンサルティングというビジネスモデルをもっと柔軟に考えようとしています。つまり、3ヶ月で何人のコンサルタントをアサインして…という既存のスタイルだけではなくて、成功報酬の導入や、ベンチャーキャピタルやPEのような動き方、あるいはデジタル分野への投資だとか、新しいビジネスモデルを模索し我々も柔軟に変化して行くということ。それによってクライアントの期待に応えて行く、成功に繋げて行くというようなことを考えている、というのは「攻め」の姿勢の1つだと思いますし、我々の魅力的な要素の1つと言えるのではないかと思います。

2つ目の「若さ」について。事実として若いマネージャーも数多く、またその下のシニアコンサルタントでも他ファームに比べて若い人が多いと思います。実際のプロジェクトにおいても、若手のコンサルタントに責任を持って担当してもらうモジュールを大きめに設定して、どんどんと任せて行くという方針を採っています。もし仮にそれがうまく行かなかったとしても、マネージャーやその上のパートナーやプリンシパルがカバーして行くというようなカルチャーが根付いています。若手にどんどんと裁量を持たせる、任せて行く、チャレンジさせる、という傾向は非常に強いと思います。ともすると若いメンバーにはルーティンな作業部分を任せがちになるのですが、それはできる限りやらない。やはりその人の成長のために「チャレンジ」してもらうことを大事にしています。
「若さ」についてもう1つ、「積極的にプロモーション(昇進)させる」ということが挙げられます。やはり職階が高くなれば見えてくる景色も違ってきますし、ポジションが人を作るという要素は必ずあると思いますので。そう言った意味で、意図的にも結果的にも「若さ」が特徴として挙げられ、若い人たちでドライブされているファームだと言えるのではないかと思います。

最後に「自由度」について。コンサルティングファームでプロジェクトを獲得してくるのはパートナーやプリンシパルの仕事というのが通例かと思いますが、若手の人たちの中でも「こんなプロジェクトを提案したい、こんな仕事がしたい」という想いを持っている人も多いと思います。それをやらせるっていう文化もあると言えます。例えば、私自身もシニアコンサルタントやプロジェクトマネージャーの頃から、「こんな仕事がしたい!」と言って、自らプロジェクトの提案書を書いて、クライアント先に持って行く、またその場にパートナーを同席させるなどしていました。そういう風に「自分で仕事を作って行く。ドライビングフォースになる」といった、サントリーのような「やってみなはれ」的な風土があるのは良い点だと思います。我々の仕事のバリューチェーンの中でも、仕事が生まれてくる醍醐味っていうのを味わえるというのは、ローランド・ベルガーの面白さなんじゃないかと思います。

movin:

よく分かりました。ありがとうございます。
企業家精神を大事にされているとのこと、これは東京オフィス独自の文化なのでしょうか?それともグローバルでも共通なのですか?

中野様:

グローバルでも、「Entrepreneurship」、そして「Excellence」、「Empathy」という3つのコアバリューを掲げています。この中の「Entrepreneurship(アントレプレナーシップ)」は、東京オフィスのチャレンジャー精神を包含した概念だと思います。グローバルでもローランド・ベルガー自体が、米国系ファームへのアンチテーゼとして生まれた背景もあり、加えて、創業者のローランド・ベルガー氏が現役であることから、アントレプレナーシップのスピリットが脈々と受け継がれています。

movin:

先ほど「仕掛ける力・提案する力」に強みを持つというお話を頂きましたが、他ファームと比較してどのように違いを生み出されているのでしょうか。

中野様:

単純に言うとしっかりと「時間とリソースをかける」ことがあると思います。ここは結構他のファームと違うと思います。やはり最初に「何をやりたい」というのを明確にしないと最後に良いものができないと思うので、1番はじめの部分で、何をやるのか、クライアントの期待をどこに置いて、クオリティレベルをどこに置いて…と最初にきちんと詰めてから提案していかないと、結果としてクライアントの期待値を超える成果をデリバーできないと思いますので。且つその業界に関する知見もグローバルや東京オフィス内でも集約してアウトプットとして提案するという風に、最初の提案段階には時間とリソースを結構使っていると思いますね。

ローランド・ベルガーのコンサルティングスタイル

movin:

ありがとうございます。
次にこれまでの中野様の経験の中でローランド・ベルガーのコンサルティングの醍醐味を感じるようなエピソードをご紹介頂けますでしょうか。

中野様:

そうですね。まず我々の特徴の1つとして「リピートが多い」ということが挙げられると思います。その事例としては、例えば最初5社程度のコンペから獲得したプロジェクトでも、第1フェーズを進める過程でクライアントの高い満足度を得ることができ、その続きの案件や全くテーマが違う隣の部門の案件まで、「もうローランド・ベルガーさんにお願いして良いよね」という形で、コンペなしでどんどんとプロジェクトが始まって行くということがあります。
こういった事例は、プロジェクトにおけるアウトプットのクオリティが高かった証拠でもありますので、非常に醍醐味を感じることができました。やはりクライアントが我々のクオリティを理解して、感じて、味わってくれたという意味では、若手のコンサルタントにとっても非常に嬉しいことですし、「もうローランド・ベルガーさんでないと駄目だ」と言われることが多いというのは、端的な例なのでは、と思いますね。

movin:

他のコンサルティングファームでもクライアントファーストを大事にしているとは思いますが、クライアントの満足度を最大化させるためにローランド・ベルガーが特に注力しているようなことは何かございますでしょうか。

中野様:

そうですね、いかにクライアントの満足度を引出すかという時に、大事なのは先述の「Hidden Agenda」だと思います。企業にはステークホルダーが数多くいる中で、各々がそれぞれバラバラのことを主張することが多いので、うまくまとまらずに角が丸くなってしまい、その結果誤ったディシジョンをしてしまうということは往々にしてあると思います。ここに我々が介在することによって、各々の意見を最大公約数にするのではなく、それぞれの良いところをうまく組み合わせながら高みに持って行く、そういったことをきちんとやらなければならない。ステークホルダーの裏側を読むという、"Audience Analysis"をしっかりやっているということが強みなのだと思います。CEOだけを見てCEOだけを満足させるというのではなく、オーディエンスは数多く居ますので。

だから「現場力」というのは、CEOはやると言っているが現場でワークしないというような場合、これを繋いで行く、トップと現場をうまくバランスさせる、そういうことに一生懸命時間を割いているというファームなのだと思います。

movin:

よく分かりました。ありがとうございます。
そう言った「Hidden Agenda」や「経営層と現場を繋ぐ」と言っても、一朝一夕にできるようになることではないと思いますが、東京オフィス設立当初から引き継がれている何か、もしくはグローバル共通のノウハウのようなものがあるのでしょうか?

中野様:

いえ、これらはツールやメソドロジーでは担保できないところで、ある種の「こだわり」だと思います。結局のところ、CEOがやりたいことに対して現場がワークしないという状態を、「捨て置かない」ということだと思うんです。では「何がボトルネックなのか」、「こうやればうまくワークするのではないか」というところまで突っ込んで行くっていう意識をしっかり持てるかどうかだと思います。「そこまでやる」という意識、トップと現場を両立させるにはどうすればいいかを「きちんと考え抜く」というカルチャーが根付いているということだと思います。ですので、何か特定のフレームワークがあるとかそういうことではないんですよ。

movin:

なるほど、そういったカルチャーが組織にしっかりと根付いているということなんですね。

中野様:

だから、かつてよく言われた「現場力」というのは、ただ現場だけを満足させるということではダメで、「大きな戦略があって現場をどうするか」ということ、また「現場力という既存のケイパビリティをベースにいかに戦略を組み立てるか」という両方の意味を含んでいると思います。これまで経営トップにフォーカスされていた視点をあえて「現場」に振ることによって、トップと現場をきちんとバランスさせるっていうことだと思います。

初めての方へ

グロービス 法人コンサルティング部門休日説明会兼選考会 グロービスでは大手企業の経営層に対する組織人事コンサルティングにも力を入れております。グロービスのコンサルティングを理解できる貴重な機会となっております。 締切間近

アーサー・D・リトル(ADL) キャリアアップセミナー 戦略コンサルティングファーム、アーサー・D・リトル(ADL)が6月10日(土)にキャリアアップセミナーを開催いたします。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング キャリアセミナー 三菱UFJリサーチ&コンサルティングについてご興味をお持ちの方、またコンサルにご興味のある方、めったにないこの機会にぜひご参加をご検討ください!

ドリームインキュベータ 中途採用セミナー ドリームインキュベータを詳しく知りたい方、今後選考を受けようと考えている方は、是非ご検討いただけますと幸いです。

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

アビームコンサルティング ITMSセクター採用セミナー 1日選考会 なかなか平日に都合がつかない方にとっては「セミナー+選考」という絶好の機会かと思います。

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

キャリア相談会のご案内 今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

今すぐのご転職をお考えではない方へ「手に入れたいキャリアの築き方」 望むキャリアを手に入れる方法とは?弊社コンサルタントがキャリアの築き方をご紹介いたします。

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 6F
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

よく見られているページ

キャリア相談会 -コンサルタントへの転職相談-

最新のコンサル業界情報、採用動向、転職成功のためのアドバイス

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

コンサル業界採用動向

最新のコンサルティング業界採用動向を領域別ご紹介いたします。

求められる人材像

コンサルタントになるには「何が」求められるのでしょうか。

未経験からのコンサルタントへの転職

コンサル未経験からコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ

転職事例・体験談

弊社サービスを活用されて見事コンサルタント転職を成功させた方々の転職事例です。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

ローランド・ベルガー を含めたコンサル業界への無料プライベート転職相談会

ローランド・ベルガー プライベート転職相談会 ローランド・ベルガーを含めたコンサル業界全般の動向や
今後のキャリアについての無料相談会開催中!

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top