ボストンコンサルティンググループの書籍情報ボストンコンサルティンググループ 転職情報

戦略にこそ「戦略」が必要だ ―正しいアプローチを選び、実行する

著者:御立 尚資、木村 亮示 監訳、 須川 綾子 訳
出版社:日本経済新聞出版社
出版日:2016/2/16

今日、多くの企業が多様な競争環境で事業を営んでいます――成長市場とコモディティ化が進む市場、変動の激しい市場と安定した市場、等々。成功するには、それぞれの環境に最適な戦略アプローチを選んで実行し、複数のアプローチを使い分け、組み合わせていく必要があります。本書では、事業環境を5つの型に分け、それぞれに適したアプローチと活用のコツを企業事例を交えて解説します。

BCGの特訓 ―成長し続ける人材を生む徒弟制

著者: 木村 亮示、木山 聡
出版社:日本経済新聞出版社
出版日:2015/11/21

ビジネスでのパフォーマンスを上げていくには、必要条件としての「ハウツー」系スキルにとどまらず、十分条件といえる能力が求められます。必要な問題を正しく設定し解く能力、結論に基づいて人に動いてもらう能力、などがこれにあたります。この十分条件をどうしたら高速で身につけ、高めていけるのか。どうしたらそれを助けることができるのか。著者両名がBCGでの「育つ側」「育てる側」両面の経験を基に考えます。

ジオエコノミクスの世紀 Gゼロ後の日本が生き残る道

著者: イアン・ブレマー、御立 尚資
出版社:日本経済新聞出版社
出版日:2015/10/24

地政学、安全保障、国際政治といった要素が経済や企業経営に与える影響が増大するなか、経営層にもジオエコノミー(地政経済学)へのリテラシーを高めることが求められています。WEF Global Agenda Council on Geo-economicsのメンバーとして議論を重ねている両著者が、地政学と経済の相互関係や地政学リスクの背後にある構造的変化を読み解き、日本の経営層への示唆を提示します。

組織が動くシンプルな6つの原則---部門の壁を越えて問題を解決する方法

著者:重竹 尚基、 東海林 一 監訳
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2007/4/26

企業が直面するビジネス環境は複雑性を増し、時に相矛盾する多くの目標を満たさなければならなくなっています。従来の経営理論に頼り、組織構造や規則・マニュアル、インセンティブなどを使って対応しようとすれば、組織はさらに繁雑になり、機能不全に陥ることもあります。本書では、組織社会学などの観点から組織の複雑性への対応を考える「スマート・シンプリシティ」アプローチを6つの原則の形にまとめて紹介しています。このアプローチは、小さな変更を加えるだけで業務のコンテクスト(背景文脈)を大きく変化させ、従業員の自律的行動・判断や協働を促すことで、複雑な課題に創造的な解決策を編み出す組織能力を高めるものです。

ビジネスゲームセオリー:経営戦略をゲーム理論で考える

著者: 御立尚資、柳川範之 出版社:日本評論社
出版日:2014/6/20

ゲーム理論と経営戦略。アカデミアと経営コンサルタントの対話を通じて、さまざまな企業行動を異なる視点で見つめ直します。異なる立場の異なる視点がぶつかることで新たなものの見方が生まれます。

世界を動かす消費者たち:新たな経済大国・中国とインドの消費マインド

著者:市井 茂樹・津坂 美樹 監訳、北川 知子 訳
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2014/1/31

中国・インドの消費者市場は、2020年までに合計年10兆ドルに達すると著者らは予測しています。この空前の規模の成長を牽引する新たな中間層消費者たちのニーズ・願望や価値観、消費行動を、長年にわたる調査研究・経験を基に描き出します。彼らは両国の経済・社会を根本から変え、先進国を含む世界経済にも大きな影響をもたらします。本書ではまた、現地に適応した戦略、ビジネスモデルで成功している新興国企業・多国籍企業の事例も紹介し、先進国企業への示唆を抽出します。

BCG 未来をつくる戦略思考:勝つための50のアイデア

著者:御立尚資 監訳、BCG訳
出版社:東洋経済新報社
出版日:2013/10/11

産業革命以来といってよいほど大きな世界経済の変化を背景に、不確実性やボラティリティがかつてないほど高まっています。企業がこうした環境に適応し、競争優位を持続するためには、根本的な変革を実現していく必要があります。BCG創設50周年を機に、困難な課題をチャンスに変え、未来を切り拓くための50の論考を10のテーマにそって編集したのがこの本です。最近の論考を中心に編集されていますが、現在も経営層から高い評価を得ている古典的論考も一部収録されています。

BCG流 最強の思考プロセス――いかにして思い込みを捨て「新しい箱」をつくり出すか

著者:松本 剛史訳
出版社:日本経済新聞出版社
出版日:2013/10/12

ビジネス・イノベーションに関わる経営幹部向けワークショップを数多く手がける著者らの経験に基づき、既存の枠組みを超え、新たな構想を生み出すための、5つのステップから成る実践的方法について解説します。 クリエイティブな思考法とメガトレンド、消費者インサイト、シナリオ・プランニングなどの手法を組み合わせたアプローチを、事例を交え紹介します。

BCG流 プロフェッショナルの仕事力:世界屈指のコンサルティングファームでビジネスリーダーたちは何を身に付けたのか

著者: ボストンコンサルティンググループ (編集)
出版社:かんき出版
出版日:2013/9/20

BCG創設50周年を記念し、様々な分野で活躍するBCGの19名のアラムナイ(卒業生)に、「BCGでの体験を通じて、プロフェッショナルとしての心構えや考え方、スキルをどのように身につけ、それを今の仕事にどう活かしているのか」を語っていただきました。

御立尚資の「戦略眼」: 思考の補助線で変化を読む

著者: 御立 尚資
出版社:日経ビジネス人文庫
出版日:2013/10/2

一見、複雑きわまりないように見える事象も、「補助線」を引いてみると、鮮やかに解が見えてくることがあります。タテ、ヨコ、斜め、遠近、古今、さまざまな視点から眺め、類推しながら、日本の経済や社会を取り巻く「潮目の変化」を読み解き、次代を切り拓くヒントを探ります。日経ビジネスオンラインに連載された「御立尚資の『経営レンズ箱』」を基に加筆編集したビジネス・エッセイ。

使う力: 知識とスキルを結果につなげる

著者:御立 尚資
出版社:日経ビジネス人文庫
出版日:2013/4

「勉強して経営知識を増やさねば」―こんな不安感、焦燥感にかられることはありませんか。経営知識はもちろん重要ですが、本当に大事なのは、「知識」×「使う力」という掛け算で、結果を出すこと。ビジネスリーダーを目指す方々のために、正しい意思決定を行い、組織を動かして、結果を出していくために不可欠な「使う力」を、日々の仕事と学びを通じて楽しく磨いていく術を考えます。

BCG流 病院経営戦略: DPC時代の医療機関経営

著者: 植草 徹也、堤 裕次郎、北沢 真紀夫、塚原 月子
出版社:東洋経済新報社
出版日:2012/6/29

日本赤十字社の協力の下、医療現場の経営改善に向けて行った実証的研究を基に、医療の質と生産性を向上させる病院経営戦略の考え方と実践的手法について解説します。さらに、製薬・医療機器企業への示唆や、患者価値を向上させる視点から医療政策への示唆についても考察します。

変化の時代、変わる力: 続・経営思考の「補助線」

著者:御立 尚資
出版社:日本経済新聞出版社
出版日:2011/10/26

急激でインパクトの大きい環境変化がいくつも同時に起こり、複合的なリスクとチャンスをもたらす「変化の時代」。社会、企業、組織が変化に適応していくためにどう備えるのか、急激な変化にどう対応するのか。「変化」と「適応力」をめぐり、歴史、哲学、人類学、防災など多様な視点からの連想もまじえ思索を重ねます。 日経ビジネスオンライン連載「御立尚資の帰ってきた『経営レンズ箱』」「御立尚資の『経営レンズ箱』」を基に加筆編集したエッセイ集、第2作。

守りつつ攻める企業: BCG流「攻守のサイクル」マネジメント

著者: 井上潤吾
出版社:東洋経済新報社
出版日:2011/6/10

事業のライフサイクルには、誕生から成長にいたる「攻め」と、成熟から衰退に向かう「守り」の段階があります。成長を持続するためには、いかに円滑に攻めから守りへ移行し、いかに革新的に守りから攻めに転換するか、が重要です。これらの変曲点のマネジメントにはカイゼンとイノベーションが必須です。事業ポートフォリオマネジメントが浸透する一方で、この事業ライフサイクルマネジメントはまだ十分に活用されているとはいえません。本書では、日本企業がうまく攻めつつ守り、守りつつ攻めていくためにはどうすればよいかを考えます。

BCG流 経営者はこう育てる

著者:菅野 寛
出版社:日本経済新聞出版社
出版日:2011/2/2

優れた経営者との議論と筆者のコンサルティング経験に基づき、経営者に必須のリーダーシップ能力を抽出し、それらの能力を実践的に身につける方法を提案します。 経営者に求められる能力を、「科学系スキル」と「アート系スキル」に大別し、「アート系スキル」に焦点を当てて解説します。暗黙知である「アート系スキル」を、エッセンス・スキルに因数分解して、できる限り形式知化して習得する方法を追求しています。

BCG流 競争戦略 加速経営のための条件

著者:デビッド・ローズ、ダニエル・ステルター、訳:酒井 泰介、解説:内田 和成
出版日:2010/10
出版社:朝日新聞出版

歴史を振り返ると、業界秩序に変化が起こりやすい景気後退・低迷期に、市場ポジションを大きく向上させた企業も見られます。大恐慌などの経済危機・停滞期に同業他社を上回る業績をあげた企業の研究を基に、低成長期に持続的競争優位の礎を築くためのヒントを提示します。

ウーマン・エコノミー 世界の消費は女性が支配する

著者:マイケル・J・シルバースタイン、ケイト・セイヤー、監訳:津坂 美樹、森 健太郎、訳:石原 薫
出版日:2009/12
出版社:ダイヤモンド社

本書では女性の購買力とその深層心理に焦点をあわせました。世界各国1万2000人へのアンケートと、インタビューを通じ、現代のリアルな女性像をつかみ、彼女たちを味方につけるための企業への示唆を抽出しています。

思考する営業 BCG流営業戦略

著者:杉田 浩章
出版日:2009/10
出版社:ダイヤモンド社

これまでの成功法則が通用しない時代に、どうしたら疲弊する営業現場を再生し、営業の生産性を飛躍的かつ持続的に高めることができるだろうか。このような課題の解決に有効な手法が「営業TQM」です。そのポイントとして、「科学の目」、「営業の提供価値の再設計」、「営業組織としての『型』」、「思考する営業」の4つがあげられます。さまざまな企業の営業改革をお手伝いしてきたBCGの経験を基に、確かな介在価値をもった営業組織を創る方法論について解説します。

不況後の競争はもう始まっている 景気後退期の戦略行動とは何か

著者:ボストン コンサルティング グループ
出版日:2009/7
出版社:ダイヤモンド社

金融危機の背景と実態は何か。実体経済にどのような影響をもたらすのか。企業はどのような対策を講じるべきか。危機後の勝ち組となるには、何を考え、何をなすべきか。――これらのテーマについて論じてきたBCGのレポート「コラテラル・ダメージ」シリーズの一部、および、ハーバード・ビジネス・レビュー誌掲載の論考を再編集しました。

経営思考の「補助線」

著者:御立 尚資
出版日:2009/6
出版社:日本経済新聞出版社

一見、複雑きわまりないように見える事象も、「補助線」を引いてみると、鮮やかに解が見えてくることがあります。タテ、ヨコ、斜め、遠近、古今、さまざまな視点から眺め、類推しながら、日本の経済や社会を取り巻く「潮目の変化」を読み解き、次代を切り拓くヒントを探ります。
日経ビジネスオンラインに連載された「御立尚資の『経営レンズ箱』」を基に加筆編集したビジネス・エッセイ。

新興国発 超優良企業

著者:ハロルド・L・サーキン、ジェームズ・W・ヘマリング、アリンダム・K・バッタチャヤ、、監修:水越 豊、訳:中山 宥
出版日:2008/10
出版社:講談社

時代は「グローバリゼーション」から、「グローバリティ」へ。「グローバリティ」とは、あらゆる国の、あらゆるプレーヤーと、あらゆるものを争う時代。新興国発チャレンジャー企業の強みの源泉と、グローバリティ時代の競争に勝ち抜くためのカギについて考察します。

いま起こりつつある“かすかな兆候”を見逃すな! 競争優位戦略の視座

著者:ジョージ・ストーク、訳:太田直樹
出版日:2008/10
出版社:ファーストプレス "MEMO TO THE CEO"シリーズ

「タイムベース競争戦略」など数々の経営戦略コンセプトを開発してきたジョージ・ストークは、日頃から興味をそそられるテーマに関する「オープン・ファイル」を作成しています。その中から、近い将来、企業の競争戦略上重要になる「兆し」が見え始めたテーマを5つ取り上げ、考察します。

BCG流 成長へのイノベーション戦略

著者:ジェームズ・P・アンドリュー、ハロルド・L・サーキン、監訳:重竹尚基、小池仁、訳:遠藤 真美
出版日:2007/11
出版社:ランダムハウス講談社

いま多くの企業が成長の源泉として、新商品・サービス開発、事業開発、新たなビジネスモデルや顧客体験の創造、プロセス改善などのイノベーションに熱い視線を向けています。しかし、カネ、ヒト、時間の投入に見合うリターンをあげている企業は多くはありません。本書は、イノベーションを事業として結実させ、キャッシュリターンを生み出すための、体系的なマネジメントの枠組みを紹介します。アイデアの創出だけでなく、プロセス/ポートフォリオ全体の包括的なマネジメントや、最適なビジネスモデルの選択、適正なリーダーシップや組織連携が不可欠です。

コンサルティング入門

著者:内田 和成
出版日:2007/7
出版社:ゴマブックス BBTビジネス・セレクト

ビジネス専門チャンネル「ビジネス・ブレークスルー(BBT)」で放映された「経営コンサルティング講座 入門編・応用編」が、ライブ感を活かした新書になりました。

BCG流 非連続思考法

著者:リュック・ド・ブラバンデール、監訳:森澤 篤、訳:秋葉 洋子
出版日:2006/7
出版社:ダイヤモンド社

どうすればもっとクリエイティブになれるのだろう? 組織も個人も、既存のジレンマや矛盾を越えてクリエイティブに進化を遂げるためには、“現実の継続的な変化”という坂道と、“認識の断続的な変化”という階段を上る必要があります。頭の中でパチンと音を立てて「非連続な認識のジャンプ」が生まれる瞬間は、どうしたら訪れるのか。クリエイティビティを生み出すメカニズムに迫ります。

使う力

著者:御立尚資
出版日:2006/4
出版社:PHPビジネス新書

「勉強して経営知識を増やさねば」―こんな不安感、焦燥感にかられることはありませんか。経営知識はもちろん重要ですが、本当に大事なのは、「知識」×「使う力」という掛け算で、結果を出すこと。ビジネスリーダーを目指す方々のために、正しい意思決定を行い、組織を動かして、結果を出していくために不可欠な「使う力」を、日々の仕事と学びを通じて楽しく磨いていく術を考えます。

仮説思考

著者:内田 和成
出版日:2006/3
出版社:東洋経済新報社

何も実行しないことが大きなリスクになる今日、網羅的な情報収集を続け、意思決定のタイミングを遅らせるわけにはいきません。限られた情報を基に最適な意思決定をするうえで有効なのが「仮説思考」です。早い段階から自分なりの答えをもち、全体像や結論から考えることで、迅速に課題の本質を解明し、実効を生む解決策をつくり出すことができます。仮説思考の効用、仮説構築・検証・進化のしかた、仮説思考力の高め方について解説します。

ボストン コンサルティング グループ 出身者一覧

戦略コンサルティングファームへの転職

ボストン コンサルティング グループ
無料プライベート相談会

ムービンでは戦略コンサルタント、ボストン コンサルティング グループ(BCG)へのご転職をお考えの方へ、随時キャリアを含めた相談会を実施しております。

その他の戦略コンサルティングファームリスト

【特別企画】コンサル業界を知る

その他 戦略コンサルティングファーム

アクセンチュア(戦略グループ)Accenture

アーサー・D・リトルArthur D. Little

A.T. カーニーA.T. Kearney

ベイン・アンド・カンパニーBain & Company

プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー(旧ブーズ)PwC Strategy&

ボストン コンサルティング グループThe Boston Consulting Group

コーポレイト ディレクションCorporate Directions, Inc.

ドリームインキュベータDream Incubator Inc.

マッキンゼー・アンド・カンパニーMcKinsey & Company

ローランド・ベルガーRoland Berger

モニターグループMonitor Group 2012年、モニターグループ日本オフィスは撤退しました。掲載されている内容は、2012年以前の日本オフィスの内容になります。

国内戦略コンサルティングファーム

P&EディレクションズP&E Directions

初めての方へ

ボストン コンサルティング グループ インタビュー 世界をリードする経営コンサルティングファーム「BCG」。その全貌とは... パートナー&マネージング・ディレクター 久保様をはじめ同社の特徴や強み、採用・育成、求める人材像など、お話を伺って参りました。

戦略コンサルタントへの転職特集 「戦略コンサルタント」の仕事や採用動向、転職方法をご紹介していきます。

未経験からのコンサルタント転職 求人特集 未経験からコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ。

戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

転職支援実績

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 6F
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

よく見られているページ

キャリア相談会 -コンサルタントへの転職相談-

最新のコンサル業界情報、採用動向、転職成功のためのアドバイス

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

コンサル業界採用動向

最新のコンサルティング業界採用動向を領域別ご紹介いたします。

求められる人材像

コンサルタントになるには「何が」求められるのでしょうか。

未経験からのコンサルタントへの転職

コンサル未経験からコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ

転職事例・体験談

弊社サービスを活用されて見事コンサルタント転職を成功させた方々の転職事例です。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

ボストン コンサルティング グループ を含めたコンサル業界への無料プライベート転職相談会

ボストン コンサルティング グループ プライベート転職相談会 ボストン コンサルティング グループを含めたコンサル業界全般の動向や
今後のキャリアについての無料相談会開催中

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top