経営共創基盤ものづくり戦略カンパニー インタビュー

  1. 今までのご経歴
  2. IGPIものづくり戦略カンパニーに入社されて
  3. 印象に残っているプロジェクト
  4. 今後の展望
  5. 候補者へのメッセージ

今までのご経歴

movin:

まず、簡単なご経歴をお伺いさせてください。

荒井様:

経営共創基盤(以下IGPI)ものづくり戦略カンパニーに入社する前は、大手の総合系・会計系コンサルティングファームで、流通や金融業界に対して、全社業務改革やIT導入のプロジェクトを行っていました。具体的には、経営目標を達成する為の業務・ITのグランドデザインと、その後のシステム構築、ユーザートレーニング等を含む業務定着化までを一貫して行うことをやってきました。

IGPIものづくり戦略カンパニーに入社されて

movin:

IGPIものづくり戦略カンパニーに転職を決意した理由は何だったのでしょうか?

荒井様:

元々、色々な会社の現場のオペレーションを実際に変えていくような仕事に関わりたくて、新卒でコンサルティング業界を選びました。若いうちから仕事を任せてくれる環境で、また、クライアントの業務全体を見渡して、部門間に跨る課題に取り組める仕事にやりがいを感じていました。
ただ、プロジェクトをいくつか経験し、任された仕事がそれなりに出来るようになってきた時に、IT導入を前提とした業務改革というアプローチだとITを導入する事が目的化してしまいがちになり、自分の仕事の範囲に限界を感じるようになりました。そうした中で、IT導入の先にあるビジネスをもっと強くするところまで踏み込んだ仕事や、会社全体にインパクトのある経営の意思決定に関わる様な仕事がしたいという思いが強くなりました。
このような事を考え、自分のこれまでの経験を活かしつつ、新しい挑戦が出来る様な戦略コンサルを探している中で、IGPIものづくり戦略カンパニーのコンサルタントの方から話を伺う機会があり、経営の意思決定から現場の実行まで携われる仕事内容と、徹底して成果にこだわる考え方に惹かれ入社を決意しました。

movin:

IGPIの中でもなぜIGPIものづくり戦略カンパニーなのですか?

荒井様:

IGPIものづくり戦略カンパニーは、IGPIカンパニーより現場視点のアプローチに重点を置いており、自分のこれまでの経験を活かしつつ新しい挑戦がしやすい環境ではないかと思いました。
後は、お会いしたコンサルタントの方々の話を伺って、ものづくり現場を変えていく事の地味だけどかっこいい仕事の面白さ、ものづくり改革と一口に言っても取り扱いテーマは本当に多様で経営に与えるインパクトも大きいこと、また、「日本の製造業を強くしたい」という明確な想いを聞いて、是非自分も貢献したいと思いました。

movin:

経営から現場まで幅広く支援が出来るというのは、ものづくり戦略カンパニーの売りである一方で、製造業の専門的な知識等が必要になってくるかと思いますが、不安はなかったのですか?

荒井様:

前職では、流通・小売、金融業界等のクライアントがメインでしたので、サプライチェーンやファイナンス等の知見はあったのですが、ものづくりで重要な部分を占める研究・開発・設計や生産周りの経験がなかったため、不安はありました。ちなみに当カンパニーは、8割が製造業の研究・開発・設計・生産部門出身で、コンサル業界出身でも、製造業領域の経験を積んでいる人が多いので、私の経歴はカンパニーの中でも特殊な方です。コンサル業界出身の人は特に、ものづくりの専門知識のキャッチアップが求められ、プロジェクトアサイン後もハードワークが続くと思います。
但し、入社後の立ち上げサポートとして良かった点が2つあって、1つは入社してすぐプロジェクトにアサインされるということはなく、少なくとも2週間は研修期間として確保されており、基礎的な内容が学べることと、2つ目は、上司や同僚が多様な業界の出身で、教育・サポート熱心な人が多く、出身業種の製品やビジネスの特徴等を親切に教えてくれるので、現場の実際の経験・知見を得やすい環境は整っている点です。

印象に残っているプロジェクト

movin:

印象に残っているプロジェクトはありますか?

荒井様:

プロジェクトのテーマは様々で、全てのプロジェクトが印象的なのですが、中堅の設備メーカーに対しての事業戦略・ものづくり改革案の策定と、その後の実行支援を行うプロジェクトが自分にとっての大きなチャレンジでした。
純粋な戦略ファームですと、外部・内部環境を分析した上で、事業を再生・成長させる戦略立案を行うのが通常かと思いますが、IGPIものづくり戦略カンパニーではそれに加えて、ものづくりの観点でプロセス改革まで踏み込めるのが強みです。このプロジェクトでは、中長期的な事業ポートフォリオと各セグメントでの事業戦略・技術戦略に加え、研究・開発・営業・設計・生産・アフターサービスのあり方までを分析した上で、戦略とものづくりの両面から事業を成長させることを検討しました。経営と現場にそれぞれ深く入り込んでいく、例えば、経営であればカウンターパートである社長と今後注力すべき分野とそのための中長期的に移行するべき組織体制をディスカッションし、また、現場であれば営業やマーケティング担当、開発・設計の技術者の方々と製品コンセプトや見積もり・設計プロセスのあり方をディスカッションしながら、実行可能な戦略・計画を立て、それに対してPDCAを回していくという仕事でした。組織を縦横に駆け回って・・・正に製造業の経営を実行している、という感がありました。
自分にとってはとてもハードルが高いプロジェクトでしたが、以前からこのようなプロジェクトをやりたいと思っていたので、その経験が出来ているのは非常に嬉しいです。
戦略や財務知見に加えて、技術的知見とオペレーション知見をも併せて持っており、経営・現場双方の全社的な改革に取り組めるということが、前職の経験との一番の違いであり、IGPIものづくり戦略カンパニーの最大の魅力だと思います。

movin:

ちなみに御社の中でIGPIカンパニーとものづくり戦略カンパニーの違いと言う点でいくと、経営の上流部分の資金調達や戦略立案がIGPIカンパニー、ものづくり戦略カンパニーはどちらかというと現場の改善というイメージがあるのですがそれは正しい理解ですか?

荒井様:

まず、ものづくり戦略カンパニーで取り組んでいるプロジェクトのテーマですが、元々強い領域である現場の改善等を中核としつつ、中国の生産拠点再建や、次世代製品のモジュール構想策定、グローバルでの材料費や加工費の削減等があります。

これに加えて、製造業の全社的な改革を行う場合のプロジェクトの組み方として、IGPIカンパニーのメンバーで事業戦略・計画を担当し、ものづくり戦略カンパニーのメンバーで、開発や生産といったものづくり改革を担当することは比較的多いです。これは、IGPI全体としては戦略ファーム出身者、会計士、弁護士、技術者等の多様な人材がいるため、各人の強みを発揮する適材適所の観点から自然な流れとしてそうなっています。実際、製造業が現実に直面している課題は戦略、技術、オペレーションが複雑に絡み合っているため、プロジェクトで発生する様々な課題に対して、お互いが緊密に連携をとって強みを発揮しつつ進めることがクライアントへの価値提供の観点から重要だと思います。実際、半分以上のプロジェクトがミックスです(笑)。

一方で、やりたいことが出来る環境でもあり、先程お話したプロジェクトにもあるように、ものづくり戦略カンパニーとして、戦略立案とものづくり改革の両方を一貫して行うプロジェクトや、純粋な戦略案件にものづくり戦略カンパニーのメンバーが主力として担当することもあります。

今後の展望

movin:

今後やってみたいこと、今後のキャリアについてはどのようにお考えですか?

荒井様:

まだまだコンサルタントとして未熟だと感じる事も多く、まずは目の前のクライアントに対して、高い価値を提供出来るよう必要なスキルを身につけたいと考えています。また、具体的なテーマは特に決めていないですが、日本の製造業に対して、技術を事業化し、外部との提携も含めた実行までをサポートする様な取り組みをやりたいですね。長期的には、コンサルタントとしてのキャリアはIGPIがゴールと考えていて、その後は、製造業のマネジメントを担える人材になりたいと考えています。

候補者へのメッセージ

movin:

最後にどのような人と一緒に働きたいと思っていますか?

荒井様:

2つあります。1つは「日本の製造業を強くしたい」「将来の製造業マネジメントを担う存在になりたい」という想いに強く共感してくれる人と一緒に働ければと思います。もう1つは、経営と現場をつなげて、クライアントに対して価値のある固有解を出したい、その為に必要な事はなんでもやる、というようなマインドセットを持てる人です。経営だけ、あるいは現場だけの視点ですと、本当の意味で企業変革には繋がらず、クライアントに対して与えられるインパクトは小さいと思います・・・なので、両方の視点を持って、リアルな価値を提供出来ることが、当社の特徴と考えています。このようなマインドを持っている人と一緒に働きたいと思います

movin:

本日はお忙しいところありがとうございました。

初めての方へ

20代、コンサルティングファームへの転職 20代、コンサルティングファームへのご転職をお考えの方は是非ご一読ください!

デロイトトーマツコンサルティング合同会社(DTC) IP&S ユニット 休日選考会 当日ご面接にお越しいただける方については、最終面接までを同日中に実施する予定です。休日に1日で面接プロセスを完了できる機会です。

30代・40代のIT経験者向け 個別キャリア相談会 今後のキャリアを見据えると40歳前後というのはとても大切な時期です。今後のキャリアに悩んでいる30代・40代のIT経験者の方は是非ご相談ください!

多忙な方へ!! 早朝個別キャリア相談会 いつもより少し早起きをして、是非当社コンサルタントにご相談されてみませんか?

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

キャリア相談会のご案内 今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top