スカイライト コンサルティング 代表取締役 羽物俊樹氏 インタビュー

  1. スカイライト コンサルティング 設立の経緯
  2. コンサルティングサービスの特長
  3. スカイライト コンサルティングのコンサルティングテーマ
  4. スカイライト コンサルティングの人材育成
  5. スカイライト コンサルティング 今後の事業展開

スカイライト コンサルティング 設立の経緯

movin:

本日はご多忙の中お時間をいただき、誠にありがとうございます。まず初めに設立に至った経緯をお伺いできますか?

羽物様:

まず、私には漠然とですが、いつかは起業したいという想いがありました。新卒での就職活動の面接で、「宝くじが当たったら何に使いますか?」という質問に対し、「少しだけ自分のために使って、少し周りにおすそ分けして、あとはいつか来るだろう自身の会社設立資金のためにとっておく」と答えたくらいです。でも、その当時は事業のアイデアが具体的にあったわけではありませんし、起業資金も人脈もありませんでした。また私が就職した1990年代初めは、自分で会社を立ち上げるのは相当にハードルが高いものでした。ベンチャー向けの法制度も投資環境も整っていなかったので、担保価値のある資産が無ければ、事業資金を融資してもらうのも難しかったのです。
1990年代後半に、状況が変わりました。新興市場が整備され、法制度や資金調達での規制緩和が訪れ、日本での起業のハードルが下がったことで、特にIT系の会社を中心に次々とベンチャーが起業するようになりました。実際に私の周囲でも、ベンチャーを起業する、あるいは、ベンチャー企業に参加する人が出てきました。自分自身にとっても、起業する選択も現実的になってきました。
その頃、私は大手コンサル会社で経験を積み、マネジャーとして、いわゆる大規模なコンサルティングプロジェクトを担当していました。大企業をクライアントとしたITの導入も絡むプロジェクトで、人数も予算も大規模なもので、そういうタイプの仕事については、経験も多数あり、実績を出せている自負はありました。ですが、だんだんとそれでも良いのか疑問を持つようになりました。

movin:

順調にキャリアを積まれていたようですが、どんな疑問を持たれたのですか?

羽物様:

一つは、その会社で「大きなクライアント」の「大きなプロジェクト」を受注する圧力が強くなったことです。利益を重視する営利企業なら、ビッグプロジェクトを受注することが良いことであるのは理解していますが、ターゲットにならない小さい企業は見向きもしないとなると、ちょっと違うのではと。コンサルティングを必要とする企業はコンサル会社側の都合で選んだ企業だけではなく、世の中にたくさんあるのだから、そういった企業に自分たちの力を提供できれば、もっと世の中のためになるのではないかと。
もう一つは、コンサルタントとしての成長という視点です。これは私の成長というより、会社に所属している若手コンサルタントの成長への疑問なのですが、ビッグプロジェクトになると、コンサルタントだけで数百人にもなります。そうなると、クライアントとほとんど接していないコンサルタントも存在してしまいます。階層型のプロジェクト組織になりますから、チームリーダークラスはクライアントの現場担当の方、プロジェクトマネジャーなら、クライアントの部課長クラスの方と日々コミュニケーションしながら仕事することになります。ですが、チームメンバーとなると、そうではなく、自社の上位コンサルタントからの指示を遂行する単なる作業者になってしまいます。ほとんどクライアントと接していない若手コンサルタントがいることを見て、これで良いのだろうかと思うようになりました。
誤解の無いように補足しますと、決してビッグプロジェクトが悪いとか要らないということではありません。そういうプロジェクトが本当に必要なクライアントはありますから。でも、そうすると若手コンサルタントはクライアントと接する機会がほとんどなくなる。それは当時所属していた会社では変えようが無い。じゃあ、外に出ようか、そう思うようになったのです。

movin:

なるほど、それで外部の資本を調達して、コンサル会社を設立したということですね。

羽物様:

はい。ですが、会社をやる決断に至るには、もう一つ重要な要素がありました。それは仲間の存在です。
私が感じていたことと同じようなことを感じている同世代のマネジャーが何人もいて、「一緒にやろう」となったのです。そのとき、私を含めて6名が中心になったのですが、同じコンサル会社の中でそれぞれ実績を上げてきた、力のある者ばかりでした。事業を回す経験は誰にも無いものの、能力がそれなりにある人間が、想いを同じにして一緒にやろうという。そういう仲間がいるのだから、まあ何があっても何とかなるだろう。
最初の6名は、フラットな関係で、取締役になり、そこからいろいろな人を「一緒にやろう」と誘っていったのです。今も6名のうち4名は、そのまま当社の取締役を務めています。だから、取締役会や経営会議は今でもフラットに議論しています。これはとても良いことだと思っています。

スカイライト コンサルティングのコンサルティングサービスの特長

movin:

では話題を変えまして。その後、15年経っていますが、御社のコンサルティングの特長を教えてください。

羽物様:

創業以来、変わっていない経営理念があります。「顧客の成功を創造し、顧客と成功体験を共有する」というものです。我々は、お客様のために、それも本当に価値のあることを、お客様と一緒になってやり切ろうとしています。
言われたことをこなすだけでは、成功の創造には至りません。発言の奥に本当の意図が隠されている場合もありますし、お客様自身が必要なことを表現しきれていない場合もあります。我々のバイヤーと密にコミュニケーションするだけでなく、なるべく他部門の方とも対話します。そして、外部環境も含めて考えると、どうすれば良いか、おぼろげながら見えてきます。まあ、このあたりはコンサルティングサービスなら当たり前ですね。
我々が意識しているのは、そもそもそうやって見えてきたことを実現しなければ、クライアント企業として果実を得ていないということです。絵に描いた餅は食べられず、米を蒸してつかなければ餅は食べられません。だから、成果が出るところまで、ちゃんと責任を持ってやり切ろうということです。
もう一つは、計画通りに行かないのが当たり前ということです。

movin:

計画づくりに携わったコンサル会社が、自ら計画通り行かないと発言するのは不穏なのでは(笑)?

羽物様:

もちろん、きちんと細かいことや企画時点で想定しうることも計画に盛り込み、段取ります。でも、ビジネスは動いていますから、前提とした状況は変わっちゃうことが往々にしてあります。それにそもそも、コンサル会社に仕事を依頼するくらいなので、業務改善だろうが新規事業だろうが、クライアント企業として何らか未知のことに挑んでいるわけで、事前に情報を集めきり想定しきることは不可能なのです。
まあ、こういうと開き直りみたいな発言に見えますが、100%完全に情報が集まるのを待っていたら、時間が経ちすぎて、意味の無い施策になってしまいます。だから、ある程度「確からしい仮説」をベースに進み出すしかないのです。
大切なのは、想定しえなかった事態が発生したり、環境が変わってしまったりしたときにも慌てず、そもそも実現したかった狙いが何なのかに立ち戻ることです。その上で、100%計画通りではないけど、本来の狙いが実現されるように軌道修正をすることです。未知のものを実現するためのプロジェクトなのですから、多かれ少なかれそういう軌道修正が発生するのは当たり前だと我々は思っています。

movin:

なるほど。

羽物様:

我々は仮説作りでもお客様と一緒に作っていくスタイルですが、その後、実現していくステージでも、一緒になってやります。常に対話をしながら、突発的に何かが起こってもお客様と一緒に軌道修正をし、所期の果実が得られるように心がけています。
こうしたスタイルが、お客様からも評価されています。年に1回〜2回、お客様満足度調査を行っています。そこでは評点とともにコメントもいただいていますが、たくさん頂戴するのは、「柔軟に対応してくれる」「コミュニケーションが良い」というものです。それも特定のコンサルタントに対してではなく、多くのコンサルタントに対して、同じようなコメントをいただいています。

スカイライト コンサルティングのコンサルティングテーマ

movin:

コンサルティングのテーマはどういうものが多いのでしょうか?

羽物様:

スカイライト全体で、「特定の業界」「特定の業務」というものはありません。製造業、通信業、小売り、金融業、ネット企業など、業界はさまざまですし、工場での生産系や、会計、マーケティング、ECなど、業務もさまざまです。企業規模も超巨大企業から中小企業までさまざまです。
ITが絡むことは多いですが、最近では事業企画のテーマも多くなっています。かつては当社でシステム開発を請け負うことも若干はあったのですが、最近ではITが絡むプロジェクトでも、それはありません。ITベンダーさんが別にいて、お客様から我々と別に発注される。そのITベンダーさんとお客様との間に立つような形になることが多いです。
先日、当社のコンサルタントと話をしていたら、ITが絡むプロジェクトを企画段階から担当すると、3種類の言語を話す必要があると言っていました。

movin:

それは、日本語と、英語と、コンピュータ言語ですか?

羽物様:

いえ、そうではなくて、お客様の現場と、お客様の経営層と、ITベンダーと、ということです。言語は同じ日本語でも、使い分けしないと意味が通じないということです。
事業立ち上げにしても業務改革にしても、どんな事業なのか、どんな業務なのか、現場視点での会話と、経営視点での会話は異なります。使う用語からして違います。現場視点での論理で経営層に上げても、ピンときません。経営視点の言葉や論理に翻訳する必要があります。これにITベンダーが登場すると、ITベンダー向けに翻訳しないと、会話が噛み合わないことになります。

movin:

なるほど。立場が違う人と会話するには翻訳のようなことが必要であると。

羽物様:

はい。事業企画を進めるケースでは、お客様企業と他の企業とジョイントでやることも多いので、その際には各企業のカルチャーに合わせて話をするように心がけます。極端な例で行くと、ベンチャー気質の企業と、昔ながらの大企業では、企業文化や価値観が全く異なるので、同じ話をしても違う解釈をすることもあると。そうすると、資料や話し方もそれぞれに合わせないと進まない。進まないどころかお互い不信感を持ってしまうこともあります。
あ、ちょっと、コンサルティングテーマから離れてしまいましたね。話を戻しますと、スカイライト全体では「特定の業界」「特定の業務」というものはありませんが、各コンサルタントの強い領域、弱い領域というのはあります。企業の会計システムやそれに基づいた経営管理に強いコンサルタントもいれば、データ解析に強いコンサルタントもいれば、製造業の生産系に強いコンサルタントもいる。それは会社として制限を設けていないということなのです。各コンサルタントの強い部分をより発揮してくれてもいいし、そのコンサルタントにとって経験の少ない領域でも、他のコンサルタントのサポートを得ながら取り組むのも良い。経験が拡がれば、より良いコンサルティングができますからね。そういう考えです。

初めての方へ

三菱UFJリサーチ&コンサルティング キャリアセミナー 三菱UFJリサーチ&コンサルティングについてご興味をお持ちの方、またコンサルにご興味のある方、めったにないこの機会にぜひご参加をご検討ください!

ドリームインキュベータ 中途採用セミナー ドリームインキュベータを詳しく知りたい方、今後選考を受けようと考えている方は、是非ご検討いただけますと幸いです。

野村総合研究所(NRI)キャリアセミナー 同社の説明とともに、中途社員によるパネルディスカッションも行われます。是非このチャンスにご参加をご検討ください!

P&G 企業相談セミナー 人気のあるマーケティングポジションの採用ニーズなどP&G出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

「事業会社企画職からのコンサルティングファームへの転職」個別キャリア相談会 事業会社において経営企画やマーケティングなどの企画職に従事されていらっしゃる皆様で、コンサルタント職にご興味をお持ちの方へ

東大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

東工大出身者のためのプライベートキャリア相談会 東工大出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

一橋大学出身者のためのプライベートキャリア相談会 一橋大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

キャリア相談会のご案内 一橋大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

今すぐのご転職をお考えではない方へ「手に入れたいキャリアの築き方」 望むキャリアを手に入れる方法とは?弊社コンサルタントがキャリアの築き方をご紹介いたします。

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 6F
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントになるために

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

よく見られているページ

キャリア相談会 -コンサルタントへの転職相談-

最新のコンサル業界情報、採用動向、転職成功のためのアドバイス

初めての方へ

ムービンのことや、弊社サイト活用法などをご紹介致します。

コンサル業界採用動向

最新のコンサルティング業界採用動向を領域別ご紹介いたします。

求められる人材像

コンサルタントになるには「何が」求められるのでしょうか。

未経験からのコンサルタントへの転職

コンサル未経験からコンサルタント転職を目指している方、転職活動をしている方へ

転職事例・体験談

弊社サービスを活用されて見事コンサルタント転職を成功させた方々の転職事例です。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録