アクセンチュア(戦略グループ)Accenture

TOPICS

アクセンチュア インタビュー アクセンチュア インタビュー アクセンチュアの特徴や強み、コンサルティング事例、同社での働き方そして、アクセンチュアが求める人材像についてお話を伺って参りました。

アクセンチュア 求人特集 アクセンチュア 求人特集 アクセンチュアで経験不問の第二新卒から、即戦力候補まで幅広く積極採用中!非公開求人もございます。ご興味のある方は弊社までご相談ください。

戦略コンサル転職 相談会 戦略コンサル転職 相談会 「戦略コンサルタントになるために」キャリアについてのご相談や、戦略コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています。

戦略コンサルティングファームへの転職

アクセンチュア(戦略グループ)
無料プライベート相談会

ムービンでは戦略コンサルタント、アクセンチュア(戦略グループ)へのご転職をお考えの方へ、随時キャリアを含めた相談会を実施しております。

ファーム情報

アクセンチュアの概要(特徴・強み)Description

戦略策定から実行まで、ファームの規模とフルラインサービスを活かしたワンストップでの包括的なソリューション提供はクライアントにも高く評価されており、近年も業績好調・成長傾向にある。

アクセンチュアは、世界で約20万人の従業員数を誇る世界最大のコンサルティングファーム。"High Performance. Delivered."という企業コンセプトを掲げ、世界中の様々な分野・産業に対し戦略、業務、ITなどのあらゆるコンサルティングを提供している。
経営コンサルティングを司る組織はマトリックス状に業界グループとサービスラインに分かれている。業界グループは、公共サービス・医療健康業、製造・流通業、通信・ハイテク業、素材・エネルギー業、金融サービス業の5つからなり、サービスラインは戦略をはじめとして、TOP、SCM、CRM、FPM 等に区分されている。

日本オフィスは1995年設立。戦略コンサルティング本部は、戦略コンサルティングサービスを提供する組織としても国内最大規模。
戦略策定から実行まで、ファームの規模とフルラインサービスを活かしたワンストップでの包括的なソリューション提供はクライアントにも高く評価されており、近年も業績好調・成長傾向にある。
特にグローバルネットワークを活かした海外戦略立案や、大規模M&A案件、その他 スマートグリッド・スマートシティなど環境系のプロジェクトにも力を入れている。
また、既存のコンサルティングの枠に留まらず、成果報酬型のプロジェクトを手掛けたり、また、ジョイントベンチャーで別法人を立ち上げる等、リアルビジネスの展開にも積極的であることも特徴。

他戦略ファームよりも若くて活発な組織であり、高いパフォーマンスをあげれば若くして速いスピードで昇進できる傾向にある。また、同社を卒業したコンサルタントが多く起業家として活躍していることも特徴。
また、ワークライフバランスの改善や、女性にも働きやすい職場環境づくりにも積極的であることも大規模ファームであるアクセンチュアとしての特筆すべき点である。

社名アクセンチュア株式会社 (Accenture Japan Ltd)
代表取締役会長:程 近智
代表取締役社長:江川 昌史
設立1995年 (創業:1989年)
所在地東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ

アクセンチュアの歴史・沿革 History

1953年 電子情報システムの開発と統合のサポート業務を行うコンサルティング業務を米国で開始。
1961年 アジア太平洋地域へ業務を拡大。
1962年 日本で業務を開始。
1989年 従来のビジネスであった税務・会計ビジネスからコンサルティング部門を分離独立。「経営と情報」のプロフェッショナルとして経営革新を推進する新会社(アクセンチュア株式会社の前身)を正式に設立。同時に東京事務所を開設。ビジネス・インテグレーションのコンセプトを確立。
1995年 日本において株式会社設立。
1996年 勝どきソリューション・デリバリーセンター設立。
1997年 ビジネス・インテグレーション・メソドロジーを発表。
2000年 アクセンチュアとマイクロソフトの共同出資によるマイクロソフト・プラットフォームに特化したテクノロジーコンサルティング&デリバリーの会社アバナードを設立。
2001年 アクセンチュアに社名変更。
日本法人をアクセンチュア株式会社に社名を統一。
アクセンチュア(グローバルグループ)、ニューヨーク証券取引所に上場。

【アクセンチュアの受賞実績】
セールスフォース・ドットコム パートナーアワード Custom Cloud of the Year
SAP Award of Excellence 2011(7年連続7回目)
2010J-WINダイバーシティAward 敢闘賞
第3回東洋経済ダイバーシティ経営大賞 女性管理職登用部門賞
SAP Award of Excellence 2010 Project Award 最優秀賞 (6年連続6回目)
マイクロソフト 2009 Enterprise Alliance Partner of the Year
Oracle Award 2009 Industry Award (Public Sector)
SAP Award of Excellence 2009 Project Award 優秀賞 (5年連続5回目)

他多数。

アクセンチュアの事業概要・コンサルティングサービス Consulting

アクセンチュアの経営コンサルティングは単にクライアントに変革の戦略を立案するだけでなく、実際に効果を手に入れていただくまで責任を持ってクライアントと共に仕事をします。クライアントのニーズに合わせ、戦略、財務・経営管理、人材・組織管理、CRM、サプライチェーン・マネジメントの分野において、日本だけでなく、グローバルオフィスのプロフェッショナルが企業価値創出と構造改革を支援しています。

Accenture Strategy

CFO&エンタープライズ・バリュー・サービス

CFO&エンタープライズ・バリュー・サービス

アクセンチュアは、組織の経済的価値を守る戦略責任者として、CFOが新たに担う幅広い使命の達成を支援するため、以下の3つのサービスを提供しています。

デジタル・ファイナンス
先進の財務計画&分析(FP&A)オペレーティングモデルやデータ構造、最新テクノロジーを活かして、CFOが計画や予測、レポーティング、分析などの能力を向上するためのお手伝いをします。また、テクノロジー/デジタル分野の戦略および投資の評価/管理の支援も行います。

エンタープライズ・バリュー・ターゲティング
多機能/多次元のベンチマーキングや評価、予測分析に基づいて、組織を横断した価値創造の機会の予測、測定、評価、トラッキングを行います。

統合オペレーティングモデル
業務プロセスも機能も異なるフロントオフィスからミドルオフィス、バックオフィスまでのすべての活動を統合し、ステークホルダーのためのサービス提供に主眼を置くことで、ビジネス・パフォーマンスの実現にフォーカスした新たなグローバル・オペレーティング・モデルの設計/構築をサポートします。

営業/顧客サービス

営業/顧客サービス

アクセンチュア独自のアプローチと強みを駆使し、お客様がリスクを最小限に抑えながら、新たなビジネス機会を創出しそれらを活かす支援を行います。

セールス・トランスフォーメーション(営業改革)
戦略的リソース配分の見直しと最適化、営業人材の育成・維持、営業に必要なケイパビリティの形成などを通じて、営業パフォーマンスの改善を目指す経営層の皆様をお手伝いします。営業戦略から営業ツール、人材管理、テクノロジーに至るまで、営業業務をあらゆる側面から見直し、最適化することで、売上高の拡大や営業生産性の向上を支援します。

サービス・トランスフォーメーション(サービス改革)
顧客に「満足」を超える体験を提供するために、あらゆるチャネルを効果的に統合した仕組みを設計/管理・運用することにより、お客様の顧客満足度/ロイヤルティの向上とともに業務コストの削減を実現します。

価格戦略/利益の最適化
より戦略的なプライシングを行うために必要な価格戦略の策定から、アナリティクスを含めた価格設定に必要な能力・仕組みの構築/実行/運用をお手伝いすることによって、企業が売上拡大を実現しながら、収益性を改善する支援をします。

IT戦略

IT戦略

アクセンチュアは以下の5つのサービスを通じてビジネスとテクノロジーを融合することで、お客様が変化や創造的破壊に対応し、成長のための革新的な機会を探る支援を行います。

IT戦略
包括的なIT戦略を策定して、株主価値とIT投資、デジタル&クラウド戦略、M&AやITにおける主要な要素(情報戦略、IT分野の調達、システム、インフラ戦略など)の評価を行います。

エンタープライズ・アーキテクチャ
ビジネスとIT戦略を支える、全社的なテクノロジーに係る青写真を策定します。従来型システム(オンプレミス)およびクラウド環境をサポートするエンタープライズ・アーキテクチャの提供と、青写真を実現するためのエコシステムの構築を目指します。

アプリケーション戦略
IT戦略を支えるアプリケーション戦略およびロードマップを策定・実行し、お客様が既存のアプリケーションおよび新しいアプリケーションから価値を創造するためのお手伝いをします。

IT変革
グローバルなIT運用モデルの設計と実践、ITガバナンスと投資ポートフォリオ、デリバリーの最適化、IT人材の変革など、IT戦略実行のためのプランを提供します。

アプリケーション・モダナイゼーション(レガシーシステムの最適化)
レガシーシステムの保守性向上および耐用年数の延長、不良IT資産の有効活用、アプリケーションの総所有コスト(TCO)を削減するためのテクノロジー活用など、モダナイゼーションの革新的な実行方法を提案します。

デジタル戦略

デジタル戦略

アクセンチュア・ストラテジーは企業経営者の皆様とともに、組織再編を通じてデジタル化時代の破壊的創造を味方につけ、持続的な成長を実現します。アクセンチュアは、以下の5つのデジタル戦略サービスを提供します。

デジタル・ビジョンの策定:お客様に最適なデジタル戦略を探る
デジタルはどのような成長と価値創造の機会をもたらすか? 現在のテクノロジーと顧客トレンドは? どのような脅威があるか? どのような新規参入者が考えられるか? 競合の現在のデジタル戦略は? お客様企業の今後の展望は?

デジタル有効性診断:お客様のデジタル戦略の健全性を、財務データを含む各種指標から診断する
デジタル主導のビジネス確立に向けてどのような指標を用いているか? 現在のデジタル有効性のレベルは? 競合に勝っているか/適切な競合をベンチマーキングしているか? 注力すべき領域とそこから得られる価値は?改善可能な領域は? 次になすべきことは?

デジタル・ビジネスモデル:新たなデジタル・ビジネスに取りかかる
顧客のニーズに応え続けるには? 業界内のどこで価値・収益が生みだされているか? 将来の収益源は? 新たに開拓するべき市場は? 異なるデジタル戦略を追究した場合にどのような価値が得られるか? 業界内で大きな創造的破壊が起こる可能性は? 新規参入によって業界内に変化が起こる可能性は? 他業界との統合の可能性は? 新たなデジタル戦略の妥当性は?

デジタル・組織:お客様の組織を再編し、デジタルがもたらす機会を生かす
デジタル・ビジネスにふさわしい組織体制か? 開発/獲得/アウトソースするべきケイパビリティは? 従業員に必要なスキルは? 構築/参加するべきエコシステムは? 素早く試作するための文化を醸成するには? 理想的な統治プロセスは? リスクと報酬をいかに管理するか? いかに成功を測定/評価するか?

デジタル・インキュベーション:スタートアップ企業とのパートナーシップ
注目すべき新規参入者やスタートアップ企業は? パートナーシップを結ぶ、または買収するべき相手は? 協働するスタートアップ企業の成功を支援するには? 新しい製品/サービス/パートナーシップといかに統合するか?

人材・組織管理

人材・組織管理

ビジネス戦略と整合性のとれたワークフォースや組織へと変革するためには、多くの複雑に絡み合う要素に対処しなければなりません。アクセンチュアは人的資本戦略、人事戦略、組織改革戦略における幅広いケイパビリティを活かして、お客様の支援をいたします。

組織
戦略実現に求められる組織の全体図とオペレーション・モデルの構築(全体の組織構造、ガバナンス、プロセス、レポートライン等を含む)からお客様を支援いたします。経営戦略に即した組織作りをすることで、戦略目標を達成するために組織のパフォーマンスを最大化することができます。

リーダーシップ
今日の変動的なビジネス環境において、企業はすべての階層に多才な能力を持つリーダーを必要としています。リーダーには、組織を安定的に運営しながら改革を主導し、個人とても優れた成果をだしながらリーダーシップ・チームの一員として効果的に機能すること、そして同様のスキルを持つ後継リーダーを育成できるような、企業活動に刺激を与える人物が求められます。

人材戦略
世界でビジネス展開をしている企業にとって、人材とはよく整備されたエンジンのような存在です。このような先進企業は、人材戦略から調達、採用、育成、パフォーマンス管理までを包括的に管理・実施し、成果を達成するために最適な人材を適切な職務に配置します。

人事戦略・変革
従来の人事戦略とそのアプローチはもはや通用しません。アクセンチュアは、総合的な人事戦略とその実現に必要なデジタル機能の見直しや、人事担当役員と人事スタッフに求められる新たな能力・スキルの習得を支援し、お客様の「人事」を再定義するお手伝いをいたします。

組織改革に向けた戦略
市場競争に打ち勝つには、刻々と変わる“ルール”に沿って戦うことが求められます。アクセンチュアは、アナリティクスを活用してめまぐるしく変動する市況を予測し、それに対応するための経営戦略を立て、その戦略に即した人材・組織を実現するための変革の支援をいたします。

タレントアナリティクス
アクセンチュアは、アナリティクスを活用し、人材やチーム、組織全体のパフォーマンスを分析・評価するサービスを提供しています。統計的・科学的なアプローチを取り入れることで、経営陣は客観的なデータに基づいて人材戦略上の意思決定を下すことができます。ひいてはそれが、業績改善等のビジネス上の効果創出へとつながります。

M&A戦略

M&A戦略

M&Aを活用した事業ポートフォリオ戦略
アクセンチュアは、お客様がM&Aを活かしてポートフォリオを見直し、再編する支援を行います。これには、M&Aでの価値創出に向けたターゲット選定、ビジネス/オペレーションのデューデリジェンス、リスクと不確定要素を軽減しながらM&A戦略を実施するためのロードマップの作成などが含まれます。

PMI
創出価値の最大化のためには、法的統合までのプロセスのスピード化と、M&Aにおける価値創出に不可欠な要素(=バリューアップドライバー)を失うことなしに価値創造のための打つ手を実行することが重要です。アクセンチュアは、企業が統合計画をすべてのビジネス領域で実行することで、確実に価値を創出し、M&Aの最大の目的であるビジネス上の相乗効果を生み出すお手伝いをいたします。

事業分離・売却
一部の事業を売却することも業績向上のための戦略の一つです。それにより、企業はビジネス・ポートフォリオを改善し、次の打つ手としての買収のための資本を増やし、ビジネスにおける戦略的優位性を高めていくことができます。

ジョイントベンチャー・戦略的提携
アクセンチュアの綿密なパートナー選定の枠組みを活用することで、お客様にとって大きな収益可能性を持つ提携先やジョイントベンチャーの相手を特定し、価値創出の推進に向けて迅速に関係を築く支援をいたします。

お客様のM&A能力開発
お客様自身がM&Aに関する経験を蓄積した専門部隊を設置することで、迅速に価値創造につながるM&Aを継続して実行する支援を行います。

オペレーション戦略

オペレーション戦略

アクセンチュアは、革新的な戦略にさまざまな業務に関する専門知識と技術的ノウハウを組み合わせることによって、サプライチェーンとオペレーションのバリューチェーン全体を横断する形で、包括的なサービスを提供しています。

イノベーションと製品開発
革新的なアイデアや新製品を市場での成功に結び付けるサポートを行うとともに、持続可能なR&Dの効率化を実現します。

製造
テクノロジーを基盤とした戦略により、製造分野で起こっている創造的破壊を活用し、サプライヤー、パートナー、顧客を巻き込んだグローバル・エコシステムの構築とその管理を支援します。

オペレーション&プロセス変革
企業を取り巻く状況の変化にダイナミックに対応できる経営モデルの導入とその運用により、競争優位性を確立します。

調達
サプライチェーンを人材や資源、プロセス、テクノロジーを含めた価値創造に必要なあらゆるリソースの柔軟なエコシステムとして捉える戦略で、ハイパフォーマンスの実現をサポートします。

サプライチェーン
戦略から運用モデル、プロセス、テクノロジー導入に至るまで、サプライチェーンのあらゆる側面を統合し、変革を後押しします。

アクセンチュアのキャリアパス・研修トレーニング Careerpath

経営コンサルタントは5つのポジションで実務を経験しながら、必要となるノウハウやスキルを着実に獲得していくことで、世界で通用する経営コンサルタントとしてのキャリアを形成していきます。

ビジネスアナリスト [2〜3年間]

プロジェクトメンバーとして、自身の作業の計画・設計・管理を行います。データ収集、分析、リサーチ等の実務作業を通じて、経営コンサルタントとして必要な基本スキルを身につけます。

コンサルタント [3〜4年間]

チームリーダーとして、チームの計画・設計・管理を行い、自身が担当しているチームの成果物に対する品質を担います。また、問題分析、仮説検証能力等を幅広く応用することのできるスキルを身につけます。

コンサルタント [3〜4年間]

チームリーダーとして、チームの計画・設計・管理を行い、自身が担当しているチームの成果物に対する品質を担います。また、問題分析、仮説検証能力等を幅広く応用することのできるスキルを身につけます。

マネジャー [3〜5年間]

プロジェクトリーダーとして、プロジェクトの計画・設計・管理を行い、プロジェクト全体の成果物に対する品質を担います。また、担当する業界や業務に関する専門的な知識やマネジメント能力を磨きます。

シニア・マネジャー [3〜5年間]

プロジェクトの進捗管理や予算管理、参画メンバーの人材育成等、プロジェクト全体の管理を通じて、お客様との良好な信頼関係を構築する役割を担います。また、お客様との良好な信頼関係を維持しながら、更なるビジネスチャンスの開拓も求められます。

マネジング・ディレクター

プロジェクトの最高責任者として、お客様に提供するサービスの品質と業務展開に対する一切の責任を持ちます。また、アクセンチュアの経営に参画し、経営責任を担います。

アクセンチュアには、経営コンサルタントに必要な知識やスキルを学ぶための最適化されたトレーニング・カリキュラムが、体系的かつ豊富に用意されています。
これらの充実した知的基盤を活用することで、誰もが世界で通用する経営コンサルタントとしてのキャリア構築を効果的に実現できる機会が提供されています。

世界共通基準のトレーニング・カリキュラム

アクセンチュアのトレーニングは、グローバルで統一されたカリキュラムで運用されており、アクセンチュア独自のコンサルティング方法論を学ぶ「アクセンチュア・メソドロジー・トレーニング」はもちろんのこと、様々な領域に対する専門的・実践的知識やノウハウを学習するためのコースが豊富に用意されています。
また、トレーニングに関するガイドツールが用意されており、多岐にわたるコースの中から、自分がいつ、どのコースを受講すべきか、といった情報を適切に把握・選択することができます。 社員は、このガイドツールを活用しながら、長期的な学習計画を各自で策定し、トレーニングを効果的に活用し、スキルアップを目指していきます。

多様な受講形態と充実したトレーニング

経営コンサルタントのトレーニングは、カリキュラム毎に、目的や内容に応じて最適な実施形態で設計されています。これらのトレーニングを通じて、経営コンサルタントとして求められる知識やスキルを効果的に学ぶことが可能です。

・クラス形式(開催場所は、国内、および海外)
・オンライン中継を使った疑似クラス形式
・オンライン形式(Webベースでのトレーニング)

また、上記以外にも経営コンサルタントとして必須の知識や考え方の習得を目的としたトレーニングを年4〜6回開催しています。
テーマは毎年見直し、極めて実践的な内容になっています。 その他、社内勉強会やセミナーも定期的に開催しており、他のグループに所属する社員であっても、任意で参加することが可能です。

入社後研修

アクセンチュアでは、どなたでも安心して、自信を持ってプロジェクトで活躍していただけるよう、入社直後はもちろん、プロジェクト配属後も継続的にフォローする仕組みが整備されています。

アクセンチュアの採用情報 Recruit

アクセンチュア(戦略グループ)が求める人材アクセンチュア Webサイト引用

清水 新 氏 戦略コンサルティング本部 統括本部長

コンサルタントというのは、社会を科学する人たちです。学部は不問ですが、そういう科学する眼を持ってもらえると面白い仕事ができるのではないでしょうか。また、今は変化の時代です。企業が変革すべき道を幅広く探っていくわけですから、チャレンジを厭わない心構えや海外に目を向ける視野の広さは必要だと思います。新卒者には、ある意味失敗しながらでもチャレンジする志と勇気と忍耐、ポテンシャルに期待しています。
他にもコンサルティング企業は数多くあるわけですが、アクセンチュアの戦略コンサルタントには、グローバルに存在する専門家チームと連携できるなど引き出しが多々あります。これからは確実にデジタルの時代がやってきます。アクセンチュアには既にデジタル専門チームが組織され、戦略コンサルタントとしても他社には真似できないダイナミックな提案を行うことが可能になっています。

アクセンチュアは、チャンスやサポートが充実している企業です。ハイパフォーマンスな仕事を実現するためには、何が必要か。私は「ケイパビリティ(能力)×モチベーション(心構え)×オポテュニティ(機会)」であると分析しています。アクセンチュアには、個人の能力を開花させるためのトレーニング環境がありますし、みんなが積極的に個人のモチベーションを向上させようというカルチャーもあります。

それに、アクセンチュアではダイバーシティを推進しています。現在、アクセンチュア全体では10万人以上の女性社員が活躍し、アクセンチュア・ジャパンの女性比率は約20%ですが、更に高めるべく女性の活躍を後押しする制度が存分にあります。また、外国籍を含むグローバル人材の採用にも積極的です。もちろん、新卒以外にも中途でさまざまな専門知識を持った人たちとも一緒に働くようになります。アクセンチュアではコアバリューの1つに「ベストピープル」を掲げています。これは様々な個性を持つ魅力的な仲間に刺激されながら成長していけると同時に、自分も周りに磨かれながら、人を引きつける魅力が備えられるということを謳っています。
他社にはない開かれた環境で、自分の可能性にチャレンジできる場がここにはあるのです。

アクセンチュアの中途採用では、通年採用を行っています。
ご興味がある方は、一度弊社までご相談ください。
ムービンではコンサル業界出身者がキャリアコンサルタントです。
コンサル独特のケース面接対策や書類添削など、専任コンサルタントが無料で全面サポート致します。

約20年、数十万人との面談により生み出され、数千人のコンサルタントへの転職成功の実績によって裏づけされた弊社独自のカウンセリングメソッドに基づく、適切なポジションのご紹介

元コンサルタントだからこそ得られる決して表には出てこない、コンサルティング業界・企業の最新情報を提供

コンサルタント候補としての必要なマインド・思考法・ドキュメンテーション能力等のビジネススキルを元コンサルタントが徹底指導

アクセンチュアの書籍情報Publications

クラウドが経営を変える!- 新ビジネスを創造する企業ITの変革

著者:アクセンチュア株式会社 テクノロジー コンサルティング本部
出版社:中央経済社
出版日:2012年1月

次世代エネルギー、広域無線ネットワー ク、高速鉄道、電機自動車、スマートフォン、スマートシティ。こうしたものを支えるITの中心には間違いなくクラウドが存在して います。かつてのように企業が全てを所有していた時代から、必要なもの を必要な時に利用する時代へ。クラウドが現実的なものとなってきた今、その本質をとらえ、企業が国がどう活用し、価値を創造していく べきかを本書では解説します。

IFRS適用までに会社がやっておくこと−部門別対応&システム整備

著者:アクセンチュア株式会社 IFRSチーム
出版社:中央経済社
出版日:2011年10月

2009年に金融庁よりロードマップが発表されて以来、多くの企業でIFRS導入に関する検討がされています。しかし、そのほとんどが経理部門による制度対応の取り組みにとどまっています。IFRS導入によって経理部門が大きな影響を受けるのは当然ですが、一方、社内の様々な部門についても影響はあります。
本書ではIFRS適用までに企業がやっておくべき作業を、そのスケジュールを示しながらやさしく図解したムック本であり、経理部門のみならず各部門別の影響と対応策を示し、特に影響の大きいシステム整備については丁寧に重点説明しています。

CMMI基本と実践 - プロジェクトが変わるプロセス改善のすべて

著者:アクセンチュア
出版社:ソフトバンククリエイティブ
出版日:2007/11/21

プロジェクトを成功に導くCMMIの実践的解説。理想論ではない。今ある現実のプロジェクトで活用できるからこそ価値がある。「基礎知識」+「方法論」+「ケーススタディ」+「リファレンス」でプロジェクトを成功に導くプロセス改善のすべてがわかる!

強い調達

著者:アクセンチュア調達戦略グループ
出版社:東洋経済新報社
出版日:2007/4/26

一般的に、企業の売上の60~70%が原材料や部品を購入するために支出されるといわれている。しかしその重要性に反し、「調達」を経営戦略の中核に据えている企業はまだまだ少ない。本書では「調達」を経営課題のひとつとしてとらえ、「強い調達」部門、すなわち自らの創意工夫により、低コストで、高品質な部材、サービスを調達しつづけることのできる組織の作り方を、順を追って解説している。机上の空論ではなく、数百社以上の調達改革をサポートし成功に導いてきた実績から得た知見を初公開する。

CFOインサイト −常勝企業のアウトソーシング術−

著者:スチュワート・クレメンツ、マイケル・ドネラン、翻訳:アクセンチュア
出版社:東洋経済新報社
出版日:2005/8/26

アクセンチュアの財務アウトソーシング戦略の専門家による「ビジネス・プロセス・アウトソ-シング」の指南書。先進企業の導入事例を紹介しながら、その概念と活用法を解説する。

STP戦略で変わる!金融機関-証券決済制度改革に勝ち残るためには-

著者:伊藤 嘉邦
出版社:金融財政事情研究会
出版日:2003/11

証券決済制度改革、とりわけSTP化の動きに対して、各金融機関が勝ち残るためのビジネスモデルを提示した本邦初の経営実践書!!証券受渡・決済制度改革懇談会(日本証券業協会主宰)報告書「証券決済制度改革の推進に向けて」を取りまとめた経験・ノウハウをいかんなく発揮。

知識創造経営の実践-ナレッジマネジメント実践マニュアル

著者:河崎 健一郎、アクセンチュアヒューマンパフォーマンスグループ
出版社:PHP研究所
出版日:2003/09

人や組織の生産性を最大化するにはどうすれば良いのか? ナレッジマネジメントという経営コンセプトは、「組織内で知識を共有化して活用していくことにより、個々人の生産性を向上させ、組織全体の生産性を最大化させようという試み」であると言われており、冒頭の問いかけに答えを見出すことができるコンセプトである。
本書は、ナレッジマネジメントを導入するにはどう設計し、定着化するためにはどこに注意すればいいか、を解説する実践マニュアルである。

crmマーケティング戦略[顧客と共に]

著者:三谷 宏治、アクセンチュア戦略グループ CRMグループ
出版社:東洋経済新報社
出版日:2003/08

十余版を重ねたベストセラー「CRM顧客はそこにいる」初版から5年、アクセンチュアにおける次世代CRMに向けた営業・マーケティング戦略を提示する。

決断力を鍛えるトレーニングブック

著者:池上 孝一
出版社:かんき出版
出版日:2003/02

決断力のある人たちが、どういうステップを経て物事を決めているのか、どんな行動様式をとっているかについて、その手順やツールを具現化させて、決断力を体系的に身につけられるよう解説したトレーニングブック。

アクセンチュア--価値の創造へ 7万5000人のビジネスエンジン

著者:中島 洋
出版社:日経BP企画
出版日:2002/10

グローバル経営コンサルティングとITソリューションのサービスを展開するアクセンチュア。アクセンチュアの業務内容、事業体制、人材育成のノウハウなど、ビジネスの未来像・あるべき姿を探る。

スマート・ガバメント 新たな行政改革の方向性

著者:アクセンチュア
出版社:東洋経済新報社
出版日:2002/02

機敏な、賢い、気の利いた政府を実現するための枠組みを明確化し、特殊法人改革と公務員制度改革の実行プランを示すとともに、公務員の能力向上システムを提案。 豊富なコンサルティング経験と経営手法の応用によって、顧客=株主(国民)と従業員(公務員)の満足度を高めるための方法論と具体策を示す。

アクセンチュア ECレポート 2005年に向けた次世代戦略

著者:程 近智、堀田 徹哉
出版社:東洋経済新報社
出版日:2001/09

B2C、B2Bからモバイルコマース、ブロードバンド、EMPまで、ECビジネスの近未来を完全予測。最も定評あるレポートに新たな調査と分析を加えた関係者の必携書。

CRM 顧客はそこにいる[増補改訂版]

著者:村山 徹、三谷 宏治、アクセンチュア、CRMグループ、戦略グループ
出版社:東洋経済新報社
出版日:2001/07

経営にCS(顧客満足)活動を導入する企業は多いが、クレーム処理の手間が増えたり、顧客から「満足」の反応があるのに収益に結びつかないといった例がよく聞かれる。1998年に出版された「日本初のCRM書」の増補改訂版である本書では、このような壁にぶつかっている企業のCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)を活性化するための考え方やアプローチが示されている。

戦略的ERPの実践

著者:近安 理夫
出版社:東洋経済新報社
出版日:2001/04

eビジネス社会のオープン性が企業にERP導入を迫っている。本書は、特に従来は見逃されてきた社内の人的な改革という視点から、ERP導入の成功策を提案する。

バリュー・ネットワーク戦略- 顧客価値創造のeリレーションシップ

著者:ピーター キーン、マーク マクドナルド、原著:Peter Keen、Mark McDonald、翻訳:仙波 孝康、西村 裕二、沢崎 冬日、中村 祐二、前田 健蔵
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2001/04

顧客価値をより高めるリレーションシップとは?他社とWin‐Win関係の提携を結ぶためには何をすればよいのか?その提携によるチャンスやケイパビリティを最大限に活用するには?すべてのカギはバリュー・ネットワークにある。

eラーニング- 実践的スキルの習得技法

著者:山崎 将志
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2001/01

知識とスキルを身につけたプロフェッショナルを育成するために、WBTの有効性と限界を明らかにしつつ、ITが持つ特性を最大限に生かした人材のスキルアップをどのように行っていくかについて紹介する。

ミッション・クリティカル 【ERPからエンタープライズ・システムへ】

著者:トーマス・H. ダベンポート、翻訳:アクセンチュア
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2000/12

ERP、またはES(エンタープライズシステム)の導入が、日本で本格化の兆しを見せている。欧米企業の事例を受けて書かれた本書はタイムリーな1冊と言える。ダベンポートは「情報システムと企業の文化や行動様式の変革を繋ぐ過程」を研究対象としており、本書も組織論研究の色合いが強い。戦略や組織との適合性、導入範囲の切り分けにとどまらず、ES導入で企業組織にどのような変化と問題が起こり得るか、プロジェクトチームはどのように組むべきかまで記されている。

役所の経営改革 目指せ! ハイパフォーマンス・ガバメント

著者:武田 安正、吉竹 正樹、後藤 浩
出版社:日本経済新聞社
出版日:2000/05

公務員も「顧客満足」しよう!!「人減らし」だけが行政改革ではない。国民にとって本当に便利なサービスを、効率よく提供するための手法を豊富な事例をもとにやさしく解説。

アクセンチュア 出身者一覧Alumni

上村 崇氏

ALBERT 代表取締役社長 早稲田大学商学部卒業。
在学中、インターン、契約社員としてインターネットリサーチの(株)インタースコープでテキストマイニングソフトの開発を担当。大学卒業後、アクセンチュアに入社。
04年、インタースコープに転職し、社内業務フローの整備や新規事業立ち上げに携わる。 05年にインタースコープ設立者で、ALBERT(アルベルト)現会長の山川義介氏とともに同社を設立、代表取締役社長に就任。

後藤 玄利氏

元ケンコーコム 代表取締役社長 東京大学教養学部卒業。
卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。1994年に同社を退社し、実家の製薬会社うすき製薬に入社、取締役に就任する。同年、株式会社ヘルシーネット(現ケンコーコム)を設立し、健康食品を中心とした健康関連商品の通信販売を行う。なお、1997年から2001年までは実家の製薬会社の代表取締役も務めている。

遠藤 直紀氏

ビービット 代表取締役社長 横浜国立大学経営学部卒業。
アメリカへの語学留学を経験した後、新卒でソフトウエア開発会社に就職。1年半後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に転職する。技術グループに配属となり、通信会社のインターネット活用戦略プロジェクトなどに参加。
2000年、ビービットを設立。ユーザビリティに特化したコンサルティングサービスを提供し、急成長を遂げる。

三谷 宏治氏

K.I.T.虎ノ門大学院 主任教授 東京大学理学部卒業。
ボストン コンサルティング グループ(BCG)、アクセンチュアで19年半、経営コンサルタントとして働く。92年 INSEAD MBA修了。2003年から06年 アクセンチュア 戦略グループ統括 エグゼクティブ・パートナー。2006年からは特に子どもたちを対象にした教育活動に専念。現在は大学教授、著述家、講義・講演者として全国をとびまわる。

神保 吉寿氏

株式会社チェンジ 代表取締役社長兼CEO 岡山大学法学部卒業。
アクセンチュア(当時アンダーセンコンサルティング)に入社。人・組織を中心テーマとして大手企業を対象に、新規事業計画立案、情報システム構築・導入等のプロジェクトを多数担当。
エンプレックス株式会社を経て、2001年9月神保コンサルティングオフィスを設立、企業再生等を手がける。
2003年4月、株式会社チェンジを設立、代表取締役社長兼CEOに就任。

関 一雄氏

株式会社ザ・ハウス 代表取締役社長 慶應義塾大学商学部卒業。
アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)、大前研一氏の平成維新の会、マーシーズ社を経て、2000年に株式会社ザ・ハウスを設立。同社、代表取締役社長に就任。

高山 知朗氏

株式会社オーシャンブリッジ 代表取締役社長 早稲田大学政治経済学部卒業。
アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。グローバルロジスティクス改革プロジェクト等の各種コンサルティングプロジェクトに従事。
1998年2月デジタル・マジック・ラボ入社。米国製ソフトウェア「Net-It Central」の事業責任者となり、事業経営全般を統括。 2001年6月オーシャンブリッジを設立、代表取締役に就任。

西尾 直紀氏

株式会社メディアシーク 代表取締役 東京理科大学理工学部卒業。
アンダーセンコンサルティングに入社。マネージャー、エクスペリアンスドマネジャーと歴任し、2000年株式会社メディアシークを設立、同社代表取締役に就任。
設立僅か9ヶ月で東京証券取引所マザーズに上場。

原田 英治氏

英治出版株式会社 代表取締役 慶應義塾大学法学部卒業。
アンダーセン・コンサルティング(現・アクセンチュア)でのコンサルタントを経て、1995年より一世印刷株式会社 取締役に就任。1996年代表取締役副社長。
1996年一世出版株式会社の役員辞任後、有限会社原田英治事務所設立、代表取締役就任。
2000年6月 英治出版株式会社に改組、代表取締役就任。「ブックファンド」など出版業界の常識にとらわれないビジネスモデルで事業を展開。韓国にも進出しそのフィールドを広げている

TOPICS

アクセンチュア インタビュー アクセンチュア インタビュー アクセンチュアの特徴や強み、コンサルティング事例、同社での働き方そして、アクセンチュアが求める人材像についてお話を伺って参りました。

アクセンチュア 求人特集 アクセンチュア 求人特集 アクセンチュアで経験不問の第二新卒から、即戦力候補まで幅広く積極採用中!非公開求人もございます。ご興味のある方は弊社までご相談ください。

戦略コンサル転職 相談会 戦略コンサル転職 相談会 「戦略コンサルタントになるために」キャリアについてのご相談や、戦略コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています。

その他 戦略コンサルティングファーム

アクセンチュア(戦略グループ)Accenture

アーサー・D・リトルArthur D. Little

A.T. カーニーA.T. Kearney

ベイン・アンド・カンパニーBain & Company

プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー(旧ブーズ)PwC Strategy&

ボストン コンサルティング グループThe Boston Consulting Group

コーポレイト ディレクションCorporate Directions, Inc.

ドリームインキュベータDream Incubator Inc.

マッキンゼー・アンド・カンパニーMcKinsey & Company

ローランド・ベルガーRoland Berger

モニターグループMonitor Group 2012年、モニターグループ日本オフィスは撤退しました。掲載されている内容は、2012年以前の日本オフィスの内容になります。

国内戦略コンサルティングファーム

P&EディレクションズP&E Directions

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • エグゼクティブ転職サイトエグゼクティブ層への転職支援

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア 〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 6F
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

Page Top

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

コンサルタントへの転職方法

コンサルタント転職は難しい。コンサルタントになるために必要なことをご紹介いたします

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.