【求人情報】サイバーセキュリティコンサルタント【TC-DT】PwCコンサルティング 求人特集

PwCコンサルティング

ポジションサイバーセキュリティコンサルタント【TC-DT】
業務内容官公庁・金融・製造・情報通信・エネルギー・交通機関・インターネットビジネスなどの幅広い業界のクライアントに対して、サイバーセキュリティをテーマとしたプロフェッショナルサービスを提供するポジションです。
PwCグローバルとも連携しつつ、サイバーセキュリティに関する戦略策定~実行支援まで幅広くクライアントを支援しています。
また、コンサルティング業務に従事していただく傍ら、市場調査やソリューションツール開発、執筆や寄稿などにも携わっていただくこともあります。

[主要なプロジェクト事例]
下記は、これまで実施したプロジェクトの一例です。

・ITセキュリティ戦略策定(セキュリティアセスメント・ロードマッピング)
 - クライアントのセキュリティに関する現状把握(アセスメント)を行い、課題を抽出する。
 - クライアントのビジネスや既存のIT環境等を加味し、実行する対策の計画(ロードマップ)を作成する。

・セキュリティアーキテクチャ策定
 - アセスメント結果やロードマップの内容等を加味し、セキュリティソリューションや対策が実装された後の全体像(青写真)を描く。
 - セキュリティアーキテクチャの実現に向けて、ソリューションの導入支援を行う。
  (PwCでは原則的に実装自体(SI業務)は担わず、要件定義やベンダー選定、ならびにプロジェクト管理等を行う)

・セキュリティガバナンス強化
 - クライアントにおける自社内、グループ会社またはグローバル拠点等に対するセキュリティの統制を、以下のような観点で支援する。
  1. ガバナンスモデル (組織・体制およびそれらの役割等) の構築
  2. セキュリティ関連規定(社内ルール等)の整備
  3. 上記1、 2に関する国内外拠点やグループ会社、業務委託先等への適用検討

・コンプライアンス対応支援
 - PCI-DSS等の各種業界規制、もしくはGDPR・中国サイバーセキュリティ法・個人情報保護法等各国法規制の準拠に必要となるセキュリティ対策について、各規制とのギャップ洗い出しおよび改善に向けた対策導入を支援する。

・セキュリティ関連業務プロセス整備
 - SOC (Security Operations Centre) やCSIRT (Computer Security Incident Response Team) 等、社内のセキュリティ専門チーム立ち上げに伴う各種業務プロセス(インシデント発生時の対応方法や対外公表基準等)を整備する。
 - 整備した業務の遂行にあたって、その必要性に応じてツール(システム)の導入を支援する(上記同様に、PwCでシステム実装自体は行わない)。

・OT (Operational Technology) 環境へのセキュリティ対策導入
 - OT (製造設備やプラント) 環境におけるセキュリティ上の課題を抽出し、その対策の提示・導入支援を行う。

・製品・サービスに関連するセキュリティ対策支援
 - クライアントが開発・発売する製品に対して必要となるセキュリティ対策の検討およびその実装を支援する。
 - AI、 IoT、 Connected car等の各種先進技術を用いるサービサーに対して、そのサービスまたは製品に対するセキュリティ専門家としての各種支援を提供する。
 - 発売した製品におけるセキュリティ上の瑕疵が発見された場合の対応プロセス整備や、その対応組織(PSIRT: Product Security Incident Security Team)設立等を支援する。

・レッドチーム訓練、従業員教育等
 - インシデント発生時に備えるべく、時には実システムへの攻撃試行も含めて、クライアント内における対応の適切性を評価するための訓練を支援する。
 - クライアント内の従業員やセキュリティ上役割を持つ者に対する教育手法を検討の上、その実行までを支援する。
応募要件Associate/Senior Associate
 (いずれも必須)
 ・問題解決スキルおよび付随する論理的思考
 ・チームまたはプロジェクト単位による業務経験
 ・コミュニケーションスキル (口頭および文書)
 ・ITおよびセキュリティに関する専門性習得の志向

 (望ましい)
 ・コンサルティングファームにおける実務経験
 ・以下のような領域における専門性
  - 各種セキュリティソリューション (ログ監視・分析、データ保護、認証、ネットワークセキュリティ等)
  - ネットワーク(エンタープライズ領域)
  - システム開発に伴うセキュリティ
  - OT領域の業務経験(ユーザー、ベンダー不問)
  - 社内IT部門としてのセキュリティ強化・維持活動

Manager以上
 Associate/Senior Associateの要件に加え、以下のようなスキル・経験を求める(いずれか必須)。
 ・大規模プロジェクト、グローバルプロジェクト等(コンサルティングプロジェクトだと尚可)の管理経験
 ・クライアントリレーション管理経験
 ・提案・営業経験
勤務地東京 名古屋 大阪
※ただし、プロジェクトによっては地方・海外の場合あり
給与経験、能力を考慮の上、当社の報酬規定による(月給制)
業績賞与:年1回(業績・貢献度に応じて支給)、昇給:年1回
その他待遇【諸手当】:時間外勤務手当、通勤手当、出張手当等
【勤務時間】:標準労働時間1日7時間、コアなしフレックスタイム制(7:00~22:00の間にて各自就業する時間を設定)、在宅勤務(リモートワーク)制度有(週2日まで)
【休日】:土、日曜、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)、統合記念日
【休暇】:年次有給休暇(年20日)、傷病休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇、試験休暇、出産特別休暇(有給)、育児特別休暇(有給) 、介護特別休暇(有給) 、子の看護休暇、公傷休暇等
【教育研修】:コアスキル研修、専門研修、海外研修、英語プログラム(英語学校費用補助、サマースクール研修等)、社内英語研修等
【福利厚生】:各種社会保険加入(健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険、労災保険等)、退職金制度(確定拠出年金、公認会計士企業年金基金)、慶弔見舞金、団体生命保険、長期所得補償保険、資格取得支援制度、契約施設・ホテル・スポーツクラブ等割引利用、各種クラブ活動(PwC Funs)、ベビーシッター補助、保活支援サービス、カウンセリング制度等


PwCコンサルティング 求人案件

ソリューション

インダストリー

ビジネストランスフォーメーション

東京以外



PwCコンサルティングについて

最も高い知名度を誇る経営コンサルティングファームの一つ「PwCコンサルティング」。今回は、いくつかの部門におけるポジションのみとなりますが、他のポジションも含めて、少しでもご興味をお持ちいただけたら、ぜひ movin までご連絡下さいませ。

戦略・財務・分析・業務プロセスについての豊富なスキルをもとに、経営戦略の策定から実行、事業の創造/買収/ファイナンス、業務パフォーマンスの改善、経営と内部統制の改善、クライシス・マネジメント、リストラクチャリングなど、様々な問題を抱える民間企業、公共機関に対し、ハイレベルなアドバイスとサポートを提供している。
いわゆるBig4の一角であり、世界157カ国776都市に208,000人以上を有するPwCグローバルネットワークの専門性やナレッジを活用するとともに、PwC Japan内の各企業、PwCあらた監査法人やPwCアドバイザリー、PwC税理士法人などと連携して幅広いサービスを提供できる点が最大の強みである。

PwCコンサルティングでの働き方

PwCコンサルティングでは、一人一人の能力を最大限に発揮できる制度と働き方を用意しています。

キャリアパス

アソシエイト→シニアアソシエイト→マネージャー→シニアマネージャー→ディレクター→マネージングディレクター→パートナー

アソシエイト、シニアアソシエイトなどの若手はコンサルタントに必要となる業務スキルとテクノロジースキルをバランスよく身に付けながら、自らの専門性を身に付けることが期待されています。
その後、マネージャーになると、プロジェクト全体の管理やクライアントとの関係構築など、高いマネジメント能力が要求されます。
PwCではマネジメント領域だけでなく、業務(戦略)のスペシャリストやテクノロジーのスペシャリストなどのキャリアパスが用意されており、どの方向に進むかを社員自らが選択することができます。会社が個人のキャリアを決めるのではなく、自らがキャリア形成を図るということが実践されています。

研修プログラム

Competency Traning
クライアントに対してプロフェッショナルとしてバリューを出すために必須の能力を育成することを目的としています。
コンサルタントとしての論理的思考能力、問題解決に向けたアプローチ、分析力、などの基礎的なスキルから、資料作成、マネジメント、コミュニケーション能力アップのためのプログラムが用意されています。

Advisory Onboarding
PwCの方法論やグローバルでの問題解決方法論、コンサルタントのマインドセットなどを学びます。

Consultant Core Skill
コンサルタントに必要なコアスキル、ロジカルシンキングや財務分析、プロジェクト管理からExcel・PowerPointなどの資料作成テクニックを学びます。

Program Overview ? GaRDP (Global acumen Readiness Development Program)
GaRDPプログラムは、PwCの将来を担う方々がグローバルな環境で高いパフォーマンスを発揮できるよう、カルチャー、リーダーシップ、コミュニケーションスキルなどを向上する一助となることを目指して開発されたものです。 受講対象者は、短期・長期の海外派遣(Global Mobility)や海外研修が予定されている方、近い将来グローバルな環境で活躍する可能性の高い方です。 GaRDPプログラムは、English coaching, Workshops, Self training and Networking eventsの4つにより構成されております。

グローバル環境

PwCコンサルティング合同会社では、世界的に展開するクライアントと日々対峙しており、海外とのコミュニケーションは日常的に行われています。
そのため、国際感覚を持ち、海外でも臆することなく発言し行動できる人材を育成するための育成プログラムを提供しています。一方で、オフィスには海外のPwCスタッフも多く在籍し、業務や交流を通じてコミュニケーションがとれる環境にあるのも大きな特徴です。
さらに、これからは若手から積極的に海外経験を積むことができるフィールドをさらに増やしていきます。世界の第一線で活躍する存在を早い段階で育てることで、グローバル対応力のさらなる強化を目指していきます。

福利厚生

ライフイベント(育児、介護)を迎えた方や、時間的・地理的制約を抱えた職員も、 最前線で活躍していただくために、法人としては多くの支援制度(具体的には法定制度以外にも出産育児に関連する休暇・支援)を導入しています。
またさまざまなケースで活用できる休暇制度も用意しており、有給休暇、リフレッシュ休暇、傷病休暇、介護特別休暇、特別試験休暇、結婚特別休暇、育児特別休暇、FWA制度などがあります。

PwCコンサルティング プライベートキャリア相談会開催中!

PwCコンサルティングをはじめITコンサルタントへのご転職についてのキャリア相談会を開催しております。
相談会の内容も「転職ありきではなく」ざっくばらんにお話をさせて頂き、長いキャリアを踏まえたディスカッションができればと思います。
完全プライベートで無料の相談会になりますのでお気軽にご相談ください。ご登録に来たからといって転職を強要することは全くありません。まずはお気軽な気持ちでご登録いただけますと幸いです。

日程 具体的な日時については、担当コンサルタントと調整となります。※面談には30分~1時間程度を要します。
普段仕事がお忙しい方、遠方の方はお電話、Skypeでもお受けしております。
開催場所 弊社オフィス(新橋駅・内幸町・虎ノ門駅付近)※電話・Skypeでの対応も可能です。
対象 ・大卒以上
・PwCコンサルティングにご興味のある方
・ITコンサルタント・経営コンサルタントへのご転職をお考えの方
※弊社がご提供するサービスはすべて無料です。    
費用 無料

ご登録に来たからといって転職を強要することは全くありません。
まずはお気軽な気持ちでご登録いただけますと幸いです。
(遠方で直接お会いするのが難しい場合にはお電話やSkype、メールなどでご相談を承っております。)



無料転職相談・登録はこちらから

初めての方へ

 


未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録