戦略コンサルタント 転職特集

戦略コンサルタントとは戦略コンサルタント 転職特集

近年の戦略コンサルタントは、手掛けるコンサルティングテーマの幅も広がり、オペレーション業務改善、新規事業立案、M&A戦略などのテーマから、企業の「戦略策定」だけではなく、その描いた戦略を実現するために実行の部分までお手伝いするコンサルティングサービスを提供しています。
転職市場においては、中途採用は戦略コンサルティングファーム各社積極採用中であり、平年に比べてかなりチャンスは広がっています。

そもそもコンサルティングファームとは?

コンサルティングファームという呼称からも推測できるようにコンサルティングファームの組織形態は一般企業とは少し異なります。
その中でも明確な所属部署がないことが一番大きな違いだといえます。
もちろん総務・人事などのバックオフィスもありますし、大手であれば部署もあります、しかし、実際のプロジェクトでは部署を横断してチーム編成をすることがほとんどです。
プロジェクトを受注するとその段階で社内から適切な人材を集めてその都度、プロジェクトチームを編成します。プロジェクトを受注したパートナーが、プロジェクトマネジャー・コンサルタント・アナリストがそれぞれ何人ずつ必要でどういうスキル・経験を持っている人材が必要かを考え社内で募集をかけて集めます。
そしてプロジェクトが終了すると、プロジェクトチームは解散し、個々のコンサルタントはまた新しいプロジェクトを担当します。

コンサルタントが担当プロジェクトを割り振られることを「アサイン」といいます。
このアサインの仕組みはファームによって異なりますが、一方的に割り振られる場合もあれば、アサインを希望するコンサルタントがパートナーと面談してから決定する場合もあります。
当然、人気のあるプロジェクトには希望者が殺到しますし、また若手でも実力のあるコンサルタントは引っ張りだこになります。その一歩で常に実力を求められる世界といえます。
また、ファームによっては同時に2〜3つのプロジェクトを担当する場合もあります。

コンサルティングファーム一覧
戦略ファーム一覧

戦略コンサルタントの仕事・業務内容

上場企業からメガベンチャーといわれる企業まで、ほとんどの有名企業では戦略コンサルティングファームがその背景で活躍しているといわれており、コンサルティング業界においても市場規模は年々広がってきています。
戦略コンサルタントの仕事は、企業の経営層(CxO)が抱える問題を解決することが主な役割であり、中長期の戦略立案、マーケティング戦略、新規事業立案、M&Aや人事などその領域は会社機能を包括し、様々なテーマにおいてコンサルティングを提供しています。
基本的にはチームで業務にあたり、社内やステークホルダー、時にはその領域に関する専門家へのインタビューを重ね、何が問題なのか、どう解決すべきなのか仮説を立て、クライアントにとって最適な提案をしていきます。コンサルタントの武器でもある論理的思考能力、分析力などを駆使しクライアントの問題解決に導きます。
昨今では戦略提案に留まらず、社内でしっかりと浸透させていくため机上の立案で終わらせないために「実行」の部分までコンサルタントが入り込んでコンサルティングを提供するコンサルティングファームも多くなってきています。

戦略コンサルタントの仕事

戦略コンサルタントのキャリア・職位

各コンサルティングファーム内で肩書き・役職名は異なってきますが、例えば30歳手前、転職で中途にて入社する方のほとんどは「コンサルタント」になります。
(ファーム内でのキャリアパス:アナリスト→コンサルタント→マネージャー→パートナー)

同じ職位の中でも「コンサルタント」と「シニアコンサルタント」のように細かく職位が分かれています。さらに、シニアコンサルタントでも細かく「ランク」が設定されています。職位が変わるとプロジェクト内での役割は大きく変わり、当然求められる能力も大きく違ってきます。

外資系ファームではいわゆる「Up or Out」という昇進しなければ退社というイメージを持っている方も多いと思いますが、日本においては厳格にこのルールを適用しているファームはなく、どのファームも「しっかりと育てていく」という方針をとっています。コンサルタント1年目で芽が出る人もいれば、5年掛かる人もいます。折角厳しい採用面接を通って入社したのであれば、コンサルタント適性もありますし、ファーム側も会社全体で育成しいくようその体制を整えています。
ただし実際には、周りの雰囲気、自分より後に入った人が上に立つなどの状況に直面すると自分から次を探すケースが多いようです。コンサルタントとしては芽が出なくてもビジネスをやる側に立ち、成功していらっしゃる方もたくさんいますし、逆にパートナーになってもパッとしないという方もいらっしゃいます。

大切なのは自分の人生の中でファームでのキャリアをどのように位置づけるかだと思います。外資系のレピュテーションの確立したファームであればそこにいたことはそれなりに評価されますから次の職に困るということはそれほど無いですが、やはり自分のキャリア戦略・生き方にどうフィットするのか、させるのかという点を良く検討することが大事でしょう。

職位別での戦略コンサルタントの仕事
戦略コンサルタント後のキャリア

戦略コンサルタントに必要な資格やスキル・能力

コンサルタントの仕事は「クライアントの収益をあげること」これに尽きます。企業の経営課題を明らかにし解決することが仕事ですが、経営の経験を積んだ若手は少数であることや、自らの経営経験を売るわけではありませんのでポテンシャルが重要視される傾向にあります。
ポテンシャルとは、クライアントの抱える問題解決のために仮説を立てていくための論理的思考能力(ロジカルシンキング)、情報収集し実行まで導くためのコミュニケーション能力を指します。これらの能力は鍛えれば能力をあげていくことは出来ますので、書籍や弊社ムービンでの対策などで十分可能でしょう。

また、やり遂げる力、体力、そして何よりプロジェクトを成功させるための高い職業倫理感や強い責任感が必要になってきます。
資格としては、特に必要はありませんが、例えばMBAや会計士資格などを持っているのであれば選考で有利になる傾向にはありますが、中途採用でファームが期待する点は上記で挙げたポテンシャルと、これまでの就業経験(業界知識)ですので、必ずしも必要ではありません。

求められる人材像

戦略コンサルタントの給与・年収

戦略コンサルタント=高給・高年収、と一般的に言われていますが、経験や実績に応じて各ファーム同じランクでも多少給与は変わってきますので、弊社独自で複数の戦略コンサルティングファームから収集し役職別に年収水準を取りまとめました。あくまでも参考数値として見て下さい。

役職 年齢 コンサル経験 固定給与 業績賞与
アナリスト 22〜28歳 0〜3年 500〜800万円 固定給の20%
コンサルタント 25〜35歳 0〜6年 900〜1300万円 固定給の20%
マネージャー 28〜40歳 2〜10年 1400〜2000万円 固定給の30%
プリンシパル 32〜45歳 5〜15年 1700〜2500万円 固定給の30%
パートナー 35歳以上 7年以上 2500万円以上 業績次第

戦略コンサルタントの労働環境

コンサルタントは激務だと言われていますが、近年では各ファームでワークライフバランスなど働き方について環境を整えていますが、コンサルタントは決められた期間でクライアントのためにプロジェクトを成功に導かなくてはいけません。ですので時には徹夜や土日どちらか出社をすることもしばしばあるそうですが、単純な業務をこなしている訳ではなく、頭を使い、クライアント経営層と同じ立ち位置で働いていることもあり、その達成感や充実感などは、他とは比較できないと言うコンサルタントの方が多いです。

戦略コンサルティングファームの種類

戦略コンサルティングとして有名なファームは、マッキンゼー、ボストンコンサルティンググループ(BCG)などですが、アメリカやヨーロッパを拠点にワールドワイドな展開をしているファームがほとんどです。各社ローカライゼーションをしながら、その国・地域に密着した経営コンサルティングを手がけています。

【有名戦略コンサルティングファーム】
アクセンチュア(戦略グループ)Accenture
アーサー・D・リトルArthur D. Little
A.T. カーニーA.T. Kearney
ベイン・アンド・カンパニーBain & Company
プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー(旧ブーズ)PwC Strategy&
ボストン コンサルティング グループThe Boston Consulting Group
コーポレイト ディレクションCorporate Directions, Inc.
ドリームインキュベータDream Incubator Inc.
マッキンゼー・アンド・カンパニーMcKinsey & Company
ローランド・ベルガーRoland Berger

戦略コンサルティングファーム一覧

戦略コンサルタントになるために

弊社ムービンでは、
・戦略コンサルティング業界情報のご提供
・詳細な採用動向
・読むべき書籍
・受かるための書類・面接(ケース)対策
・面接調整

など「戦略コンサルタントになるため」の転職支援を実績経験豊富なキャリアコンサルタントがサポートしています。
今すぐのご転職をお考えでない方も、今後のキャリアや転職のタイミングについてのご相談も承っております。
弊社サービスはすべて無料ですので、まずはご相談頂ければ幸いです。

ムービンの転職サービスについて
これまでの転職成功事例

戦略コンサルタント 関連情報- コンサル転職情報 -

戦略コンサルタント 最新求人情報

特集

「戦略コンサルタント」への転職は、他業界へのそれと比べて、はるかにハードルが高いものです。
書類作成から、コンサル独特のケースインタビュー、面接対策など入念な準備が必要になってきます。
弊社では、コンサル業界出身のキャリアコンサルタントが転職をサポート致します。
各コンサルティングファーム別の特徴や、最新の業界動向の提供、コンサルタント適性を高めるためのコーチングなど、「転職ありき」ではなく今後のキャリアを見据えてアドバイス・サポートさせて頂いております。

今すぐのご転職でなくとも、「戦略コンサルタント」というキャリアを少しでもお考えの方は、まずはご相談頂ければ幸いです。

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • ポストコンサルタント転職サイトポストコンサルタント転職サイト

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

20代、未経験からのコンサルティングファームへの転職

20代、コンサルティングファームへのご転職をお考えの方は是非ご一読ください!

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top