戦略コンサルタント 転職特集

採用動向(中途採用)戦略コンサルタント 転職特集

戦略系ファームについては、ここ数年の傾向を引き継ぎ積極採用中です。
基本的に事業会社からのポテンシャル採用を行っていますが、ファームによっては第二新卒クラスの採用を積極化したり、30代後半の専門性高い人材を積極的に採用する方針を出していたりしますので、昨年以上と言っても良いかもしれません。

年齢層別でみますと、第二新卒クラスは、昨年は採用を控えていたファームも今年から積極採用に転じたり、昨年積極的に採用していたファームは今年も引き続き積極採用モードです。
20代半ばから30代半ばは、戦略ファームが最も採用したい層ですが、こちらは依然として積極採用です。戦略ファームは少数精鋭ですが、ここ数年の業績好調のファームがが増えていますので、その結果採用人数自体が増加傾向にあります。選考基準は基本的に変わっていないですが、後述する業界の専門知識も加味されえますのでチャンスが徐々に広がっているとみることもできます。
30代後半は、昨年に引き続き、より高い業界知識や専門性を持つ方を採用する傾向が強まっています。また、AIやIoT、ロボティクス、アナリティクス、デジタルなどの新しい技術の知見がある方も非常に求められています。

業界別でみますと、製造業(特に自動車)、通信ハイテク、ヘルスケア、素材系、金融(特に生損保)、IT系(SIer、ベンダー)、商社、官公庁など、非常に幅広い業界の方を求めています。
これらの業界経験、専門性が高い方は30歳後半でも採用される可能性が高まっています。

専門性としては、特に近年は戦略系ファームでも戦略の実行支援や全社トランスフォーメーションなどのプロジェクトが増えており、営業やCRM、サプライチェーン(SCM)、研究開発、生産技術・生産管理などの領域の専門性が高い方が求められています。
また、戦略立案段階からITの知見を要するプロジェクトも増えているため、IT全般(オープン系、インフラ、ネットワーク等)やデジタル系(WEBマーケ・広告、アナリティクス等)の知見を持つ方が求められていますし、戦略立案もアジャイル型になりつつあるため、アジャイル開発の経験者にも興味を持ち始めています。

上記の業界知識や専門性に加えてコンサルティング経験がある方は、戦略コンサルタントとして早期の立ち上がりが期待できるため、総合系やシンクタンク系ファーム、独立系ファームからの転職事例も増えています。

英語については、日本企業は年々海外にシフトしていますので、グローバルプロジェクトの増加を背景として英語力が高い方の採用ニーズは益々高まっていますが、国内プロジェクトも多いため選考ステップの中で英語を必須にしているファームはまだ限られている状況です。

2020年には景気が落ち込むという予想や、RPA(Robotic Process Automation)の普及により昨年はメガバンクが大量の人員削減を行うことにしたり、今後AIがさらに進化・普及すること等を考慮しますと、今年は戦略コンサルタントへの転職のベストタイミングではないかと思います。
不景気になればコンサル経験者のみでポテンシャル採用をしないファームも出てきます。今後のキャリア形成も含め戦略コンサルタントへの転職はキャリアの上で優位になる可能性が高いです。まずは業界研究や情報収集などのご相談からでも全く問題ございませんので、お気軽にお問合せ下さい。

中途採用のプロセス - 戦略コンサルティングファームへ転職するには -

新卒採用とは違い、中途については通年採用を実施しているコンサルティングファームが大半です。しかし、採用目標の達成度やプロジェクト受注状況に応じて、各社の採用意欲は大きく上下します。半年前なら受かったであろう人でも、現在では状況が変わってしまって不採用になる、あるいは現状では不採用の可能性は高いが、もう少し待てば採用の可能性が上がるといったことも珍しくはありません。

コンサルティング業界に精通している方ではない限り、応募時の各社の採用意欲までは判断できないと思われます。そのため、実際に転職したい場合には業界に精通した人材エージェントを通すのが望ましいと思われます。
入社月を年何回と決めているコンサルティングファームもあるので、現職の都合で大欲時期が限定される人の場合には、早めに情報収集をしておくことをお奨めします。

プロセスに関しては、会社によって会社説明かがあったり、筆記試験がなかったり、ケースインタビューがあったり、あるいはプレゼンテーションを求められたりとファームによって若干違いがあります。
ケースインタビューケースインタビューに関しては、新卒採用より中途の場合のほうが高度な設問であり、より納得できる解答を求められます。
たとえば、「あなたが自社の社長だとしたら今後の戦略をどうするのか」「今朝の日経新聞読みました?その一面に○○社の××事業撤退の記事がありましたが、どうしてうまくいかなかったんでしょうね?」などの比較的、漠然としたものから、「これこれこういう課題をもつクライアントからIT導入で課題を解決したいと相談を受けたけれども、あなたならどう答えます?」「(資料を渡されて)20分考える時間を与えますので、この事例についてあなたの考えを聞かせて下さい」といった具体的に条件設定する場合もあります。

入社後の話になりますが、コンサルタント未経験者の場合には入社後のポジションは通常「アナリスト」か「コンサルタント」になります。コンサルタント経験者の場合、「マネジャー」「パートナー」での採用もあります。コンサルタント経験者の場合、「どこに所属していて、どういう職位だったか」でだいたい評価は出来るので、面接主体でそのコンサルティングファームろの相性や方向性の確認などが中心の採用試験になるようです。

戦略コンサルタント 関連情報- コンサル転職情報 -

戦略コンサルタント 最新求人情報

特集

「戦略コンサルタント」への転職は、他業界へのそれと比べて、はるかにハードルが高いものです。
書類作成から、コンサル独特のケースインタビュー、面接対策など入念な準備が必要になってきます。
弊社では、コンサル業界出身のキャリアコンサルタントが転職をサポート致します。
各コンサルティングファーム別の特徴や、最新の業界動向の提供、コンサルタント適性を高めるためのコーチングなど、「転職ありき」ではなく今後のキャリアを見据えてアドバイス・サポートさせて頂いております。

今すぐのご転職でなくとも、「戦略コンサルタント」というキャリアを少しでもお考えの方は、まずはご相談頂ければ幸いです。

Page Top

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • ポストコンサルタント転職サイトポストコンサルタント転職サイト

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

今後のキャリア形成について

どんなキャリアがあるのか、今後のキャリア形成をどうすればいいのか、いつでもご相談してください

20代、未経験からのコンサルティングファームへの転職

20代、コンサルティングファームへのご転職をお考えの方は是非ご一読ください!

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.

初めての方へ   無料転職相談・登録

Page Top