モニターデロイト デロイト トーマツ コンサルティング インタビュー

モニターデロイト デロイト トーマツ コンサルティング インタビュー

2018年6月より始動した「モニターデロイト」。世界最大のプロフェッショナルファームのデロイトと、多くの戦略コンサルティングプラクティスを持つモニターとのシナジーから先進性・専門性・独自性の高い戦略コンサルティングを世界で提供しています。
今回はパートナー藤井氏にモニターデロイトの特徴や、目指しているもの、そして採用も加速している同社での求める人材像についてお話を伺って参りました。

モニター デロイトを立ち上げた経緯について

モニター デロイトを立ち上げた経緯について

movin:

本日はお時間を頂きありがとうございます。
まずは、18年6月から日本で始動したモニター デロイトの立ち上げ経緯についてお伺いできますでしょうか。

藤井様:

モニター デロイトは、デロイトグループの戦略コンサルティング部隊です。先進的なCXOアジェンダを数多く創出してきたマイケル・ポーター教授に代表されるハーバードビジネススクールの教授陣が設立したモニターグループと、世界最大のプロフェッショナルファームとしての豊富な企業変革実績と広範な専門家ネットワークを要するデロイトグループの粋を集め、先進性・専門性の高い戦略コンサルティングを提供しています。
2018年6月より、日本でもモニター デロイトブランドを導入し、DTCの戦略コンサルティング部隊=モニター デロイトとなりました。
元々DTCでは、戦略コンサルティング部門を既存の組織から切り分けて運営する他の総合ファームとは異なり、DTC内の各専門家間の有機的連携の推進を優先する方針を採り、既存組織内で戦略コンサルティングサービスラインの事業成長を順調に実現させてきました。
今回このサービスラインが一定の競争力とビジネス規模を持つまでに成長してきたこと、また更なる成長加速に向けてモニター デロイトが有するグローバル共通の事業基盤・ブランド基盤を備えることが有効であると判断されたことから、日本でのモニター デロイトブランドの導入と組織の更なる強化を決定しました。
開始当初は、旧来より戦略コンサルティングサービスを実行してきた部門が核となりつつ、デロイトデジタルの戦略チーム、各インダストリー専門チームに属する戦略チームを加えて、モニターデロイトとしてスタートします。今後順次、組織的な拡大を図っていきます。

モニター デロイトが目指しているもの

モニター デロイトが目指しているもの

movin:

モニター デロイトとして成し遂げたいVisionなど目指しているものがあればお伺いできますでしょうか。

藤井様:

一言でいえば、戦略コンサルティング自体のイノベーションです。昨今、経営者が解くべき経営課題がより複雑化・高度化している中、伝統的な戦略フレームワークや戦略策定プロセスの有効性、あるいは戦略コンサルティング自体の価値が問われています。
企業あるいは社会全体のさらなる発展に向けて、戦略それ自体の重要性は揺るぎません。しかし、戦略コンサルティングには更なる「進化」が求められていると考えます。モニター デロイトは、その「進化」をリードする存在であり、その結果として、企業および社会の発展をクライアントとともに実現し続ける存在でありたいと考えています。

モニターデロイトの特徴

モニターデロイトの特徴

movin:

もっと踏み込ませていただき、モニターデロイトの特徴についてお伺いできますでしょうか。いわゆる戦略ファームとの差別化ポイントはどのような部分になるのでしょうか。

藤井様:

モニター デロイトの戦略コンサルティングを特徴づける提供価値は3つに集約されます。これらは元々我々が経営者から評価されてきたものであり、今後モニター デロイトの差別化された強みとして、より一層強化を図っていくポイントです。

1. ポスト資本主義時代の戦略リーダーとして
これは我々が過去より明確に差別化ポイントとして推進してきたEdgeの1つです。昨今ではSDGsやESGなどのキーワードが後押しし、社会価値創出に対する経営者の関心・問題意識が急速に高まっています。経営上、社会価値創出と競争戦略をリバランスさせる視点は、元々2011年にマイケル・ポーター教授が掲げた CSV(Creating Shared Value)というコンセプトに代表されます。我々はCSVに対する長年蓄積された豊富な知見を有しており、CSVを基軸としたビジネスモデル変革、新規事業戦略、サステナビリティ戦略や、中長期ビジョン、中長期計画、パーパス(Purpose)、ブランド・コミュニケーション戦略などの様々な支援をしています。また、グローバルに有する国際機関、各国政府機関、グローバルNGO等とのネットワークをテコに、様々なステークホルダーとの協調やアドボカシー、エコシステム構築などの支援実績も豊富にあり、モニター デロイトの強みを特徴づける提供価値の1つとなっています。

2. 非連続な成長をもたらす変革ドライバーとして
イノベーションやデジタルトランスフォーメーションといったキーワードはもはや既にバズワード化していますが、今後の企業の競争力を決める重要なアジェンダであることは揺るぎません。プラットフォームビジネスのように収益がExponentialに拡大するビジネスモデルが増え、産業構造の今後の変化が読みづらくなっています。企業はExponential Technology(AI、ビッグデータ等の産業に指数関数的変化をもたらすデジタルテクノロジー)を積極的に活用し自社ビジネスモデルの変革と新事業の創出を進めなければなりません。また同時に、経営の在り方、組織の在り方、人材の在り方、あるいは戦略策定・実行の在り方自体を抜本変革していかなければなりません。モニター デロイトはこの領域において、長年蓄積してきた知見、方法論、専門家、ネットワーク、データベース等に差別化されたEdgeがあります。
我々は、シリコンバレー、テルアビブ等の世界有数のイノベーションエコシステムへの広範かつ深いネットワークを有し、Exponential Technologyの総本山でもあるSingularity Universityとも深い関係を有しています。またTechharborという独自に開発したグローバルなテクノロジー情報プラットフォーム等も活用し、企業へのデータドリブンでの戦略策定プロセスとリーンな戦略実行・モニタリングプロセスの導入も進めています。また、単にテクノロジーへの知見のみならず、 破壊的イノベーションのメカニズムや、イノベーションに対する経営のジレンマとイノベーションマネジメントに関する独自の方法論と多くの変革実績を有しています。
更に今回、Doblinの日本展開も開始します。Doblinは、デロイトグループのデザイン・イノベーションファームであり、USではIDEO等と同様の歴史と実績を有しています。モニター デロイトは、Doblinが長年蓄積してきたサービスデザイン、ビジネスモデルデザインに関する豊富な知見・方法論を組み合わせて、戦略コンサルティングサービスを提供いたします。

3. 経営変革リーダーを創る、真のパートナーとして
このキーワードは最後までモニター デロイトを構成するパートナーの間で議論をして決めました。これは、これまでも厳然として、他の戦略ファームとの差別化ポイントとしてクライアントから評価されてきたことですが、我々は企業変革の実行局面で求められるガバナンス、業務プロセス、組織、人事、ITプラットフォーム、会計・税務・法務等の様々な領域の専門家をデロイトグループに有し、変革の実行まで一貫して支援し最終的に成果を出すことまでを見据えて戦略策定を行ってきています。また戦略策定から実行に到る過程でクライアントの経営チームと中長期で密に協働することで、結果としてクライアント内での次世代経営者の育成にも貢献してきました。
モニター デロイトとしても、これまで脈々と培ってきた我々のDNAにある誠実さや、最後まで逃げずに企業変革に向き合う姿勢を貫き、企業変革のパートナーとして、次世代層の育成までにコミットした戦略コンサルティングを提供していきます。

モニターデロイトでの働き方(アサインメント、人材育成、海外プロジェクト、働き方)

モニターデロイトでの働き方(アサインメント、人材育成、海外プロジェクト、働き方)

movin:

モニターデロイトのメンバーの特徴はどのようなものか、具体的にどのように働いているかについてお伺いできればと思います。
アサイメント、人財育成、海外プロジェクトなどのキーワードで、具体的にお聞かせ頂けますでしょうか。

藤井様:

モニター デロイトのメンバーの特徴の1つがダイバーシティです。現在約4割が女性、3割以上が外国籍のメンバーで構成されています。これはDTCの中でも特に高い水準です。デロイトの海外オフィスと連携するものや、海外に出張や常駐するものも含め、インターナショナルなプロジェクトの割合が非常に多いのも特徴です。
また、メンバーのバックグラウンドとしても、同業他社や事業会社出身者はもちろんのこと、官公庁、NGO、技術者・研究者、起業家・スタートアップ、VC、クリエイティブなどからの参画メンバーの割合も多いです。アサインメントや人材育成という面では、戦略コンサルティングに必要な基礎スキルは当然重視しつつも、このような多様なバックグラウンドを持つメンバーの強みを活かし、まさに戦略コンサルティングの進化に向けた新たな価値創出を常に進めています。

モニターデロイトが求める人物像、採用プロセス

モニターデロイトが求める人物像、採用プロセス

movin:

それでは最後に、モニターデロイトが求める人材像についてお聞かせ頂けますでしょうか。
デロイトトーマツコンサルティングと差異があるポイントがあればそちらを中心にお願いします。

藤井様:

よくある戦略コンサルティング部門として求める(特に能力面での)人物像は同様に前提としてあるとして、その他、特に歓迎する人物像の例を特徴として挙げるとすると、.▲献Д鵐聖峺、▲哀蹇璽丱觧峺、Inclusive志向です。.▲献Д鵐聖峺とは、我々が目指す戦略コンサルティングのイノベーションの一環で、自身で関与したいor自ら新たに立ち上げたいアジェンダを持っていること。▲哀蹇璽丱觧峺はそのものずばりでグローバルな環境で働くことを望むこと。Inclusive志向とはまさにダイバーシティが進む組織において、排他的にならず包摂的な視点でチームに貢献し、自他ともに成長することを志向できること。いずれもエモーショナルで概念的な要件ではありますが、このような人物が集まり、かつ長く居続けたい組織でありたいと考えています。
採用プロセスは通常3〜5回の面接(うち複数のケース面接)を行っています。また年に数回、中途採用者向けの説明会も実施していますので、関心がある方はぜひご参加頂ければと思います。

モニターデロイトにご興味のある方へ

またコンサル業界全般の動向や今後のキャリアについての無料プライベート相談会を随時開催しております。 最新の採用動向や求人情報などの情報提供をさせていただきながら、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、最適なキャリアチェンジ機会のご紹介、キャリアチェンジ成功のためのアドバイス等できればと思っております。 お気軽にお問合せください。

モニターデロイトについて

モニターグループの歴史は、ハーバード・ビジネス・スクールの教授陣が、1983年に戦略コンサルティングファーム「モニターカンパニー」を創設したことに端を発する。設立当初は、戦略コンサルティングにフォーカスしていたが、その後、顧客が必要とする様々なサービスを提供する方針に転換。1990年代の初期には、マーチャントバンキング事業を始め、プリンシパルエクイティファンドの立ち上げ及び投資と続いた。

日本に関しては、1989年にモニターグループ東京支社がアジア初のオフィスとして設立される。日本でのサービスは戦略コンサルティングにフォーカスされている。案件的にはマーケティング戦略や成長戦略等、純粋な戦略策定案件が多かった。
東京オフィスが設立され20年を過ぎたが、他の外資系ファームに比べ、一段とグローバル色が濃く、プロジェクトでもグローバル案件が多く、入社後直ぐにアジアの案件数ヶ月出張と言う様な事も多かった。
2012年に一度日本から撤退したものの、2018年6月に新生モニターデロイトとして再始動。

初めての方へ

20代、コンサルティングファームへの転職 20代、コンサルティングファームへのご転職をお考えの方は是非ご一読ください!

コンサルタント転職 いつから準備を始めればいい? トップキャリアコンサルタントが教える!コンサルタント転職活動、いつから準備を始めればいい?

高学歴 低収入からの脱出 - キャリアの大逆転!再構築方法 「思い描いていたキャリアとは違う」、「学生時代との同期と比べて給与が低い」、といった悩みを抱えている方へ

大手総合商社が新コンサル会社を設立予定! 新組織立ち上げ!! 大手総合商社が新コンサル会社を設立予定! コンサル経験者・マネージャークラスを積極採用中!!まずはご相談ください!

そろそろ30歳、ご転職をお考えの方へ ご転職をお考えの方へ 「そろそろ30歳」これからのキャリア 30代を迎える前にキャリアを考えてみませんか?

ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー 【オンライン開催】世界的な戦略コンサルティングファームであるベイン・アンド・カンパニーにてキャリアセミナーを開催します。

ドリームインキュベータ 中途採用セミナー 【オンライン開催】2020年11月28日(土)10:00〜ドリームインキュベータが、中途採用セミナーを開催いたします!

大手コンサルティングファームへの転職 キャリア相談会 大手総合系コンサルティングファーム出身者のキャリアコンサルタントがお答えします!

地方・遠距離の方限定:オンライン キャリア相談会 地方・遠距離の方など直接お会いして対面でのご面談が難しい方向けに、お電話や、Skype、Zoomなどを使ったオンライン面談を随時開催しております。

女性のためのキャリア相談会 元コンサルの女性キャリアコンサルタントが対応させて頂きます。転職について、これからのキャリアについて個別相談会を実施しています。

	戦略コンサルタントへの転職 キャリア相談会 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。

大阪開催 キャリア相談会のご案内 大阪開催決定!ムービンではコンサルティング業界の情報や人気ファームの最新ニーズにご興味をお持ちの方を対象に、今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています。お気軽にご相談ください!

東工大出身者のためのプライベートキャリア相談会 20代、30代の東工大出身者のために、今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。ざっくばらんにお話をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

出身大学別 キャリア相談会 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。

その他セミナー一覧はこちらから

メールマガジン

戦略コンサルティングファーム スペシャルインタビュー 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

無料転職支援・ご登録はこちらから

無料転職相談はこちらから

無料転職相談・登録

コンサルタントへ転職をお考えの方、コンサルタントから転職をお考えの方に、コンサルティング業界転職支援実績No.1の人材紹介会社、株式会社ムービンが圧倒的な業界知識を提供する転職支援サイトです。弊社キャリアコンサルタントはコンサルティング業界出身であるためコンサル経験者にしか出来ない転職コンサルティングを致します。キャリアチェンジをお考えの方はぜひ一度我々にご相談ください。

ムービングループサイト

  • コンサルタント転職サイトコンサル業界への、コンサルからの転職支援。
  • ITコンサルタント転職サイトITコンサルティング業界への転職支援
  • 金融転職サイトファンド、M&Aなどの金融業界への転職支援
  • 組織人事コンサルタント転職サイト人事コンサル、事業会社人事ポジションへの転職支援
  • ポストコンサルタント転職サイトポストコンサルタント転職サイト

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとはどんな職業で、どんな仕事をしているのでしょうか

皆様からよく頂くご質問

弊社にご登録いただき、ご面談した方からよく頂くご質問をまとめてみました。

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法などをご紹介いたします。

【必見】未経験からのコンサル転職

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

未経験からコンサル転職

初めての方へ

無料転職相談・登録

Page Top